ホーム > Games > Bloodstained: Ritual of the Night > 危険な小技たち

■更新情報
2021/04/06 現在、その他のページの作業を進めています...(※現在、管理人が多忙のため、お寄せいただいた情報の中で検証が必要なものに関しては掲載が遅れています。ご了承ください……)
2021/04/06 スマホ版に斬月モードが実装されました。斬月モードのプレイには、アップデートの後、ストアでのダウンロードが必要で、 トゥルーエンド(※ジーベルを倒して終わり、ではないほう)でクリアしている必要があります。
wn
危険な小技たち

 発売当初から無数に発見されているバグ技たち。現状、どこまでが仕様で、どこまでがバグなのかが分からないことと、いつアップデートで潰されてもおかしくない類の物だと思うので、「危険な小技」として、ここにまとめておきます。使う場合は自己責任で。筆者自身が遭遇した現象、ネット上の動画などで有名な技やコメント欄に寄せられた情報を元に、最新バージョンの Steam 版で確認できたものを掲載しています。コメント欄に書き込んでくださった方々、ありがとうございます。

●目次

■永久氷棺での O.D. をカンタンに倒す方法

 O.D. との戦いになる小部屋に入った瞬間に出てまた入ると、会話イベント中に動くことができる。この間に O.D. を攻撃しまくり、体力を削りきってから会話を進めれば、戦闘開始と同時に倒したことになる。とてもラク。ノーダメージ撃破のメダル入手も楽勝だ。

17_0x
画像だと分かりづらいが、会話イベントの裏で絶賛攻撃中。

■O.D. を下から突き上げるのはインバートでも可能……だが、謎の副作用

 装飾品「鼻眼鏡」の取得などができる、O.D. のイス突き上げ。これはインバートでイスの下に乗ることでも可能なのだが、この場合、2つの変な現象が起きる。

 1つめは、O.D. のイスを突き抜けて、ミリアムが空中で静止してしまう現象。O.D. の頭上は見えない穴のようになっており、こうなると、上方向以外には動けなくなってしまう。先にインバートしてから O.D. のイスの下の穴に落ちると、こうなりやすい。

ドドドド

 先にハイジャンプで突き上げてからすぐにインバートすれば、この現象はだいたい防げる。

 2つめは、突き上げ回数によって下の部屋に出現する「鼻眼鏡」と「マカロニ&チーズ」の異変。通常、突き上げ10回で「鼻眼鏡」、30回で「マカロニ&チーズ」が入った宝箱が出現するのだが、インバートで O.D. のイスに乗った状態からハイジャンプで上の部屋に飛ぶと、それぞれハイジャンプ2回と3回で出現する。なぜこんなに回数を短縮できるのかは謎。

■フレイムキャノンによる、一部シャードの拡散範囲拡大

 ヒドゥンダート(トリガー・シャード)やスロースピアー(トリガー・シャード)とフレイムキャノン(ディレクショナル・シャード)を同時に装備すると、なぜかヒドゥンダート/スロースピアーの拡散範囲が拡大する。このバグはフレイムキャノンを装備した時点で発生するようで、ディレクショナル・シャードからフレイムキャノンを外しても効果が残る。発生後であれば、ストレイトアロー(ディレクショナル・シャード)や8ビットファイア(ディレクショナル・シャード)も同様に広がる模様。このバグは、他のシャードの組み合わせに変えてセーブし、タイトル画面に戻ってから再開すると元に戻る。

通常時

バグ?時

■ファミリア・ブラッドブリンガーとブラッドブリンガー(剣)を共存させる

 通常、ファミリア・ブラッドブリンガーを召喚した状態ではブラッドブリンガー(剣)を装備できず、ブラッドブリンガー(剣)を装備した状態ではファミリア・ブラッドブリンガーを召喚できない。しかし、どちらかをショートカットで装備すると、共存した状態を作ることができる。

ブラブラ

 なお、現在の装備武器が何であるかにかかわらず「武器欄が未設定、ファミリア欄がファミリア・ブラッドブリンガー以外のファミリア」のショートカットを使うと、なぜか装備欄から武器が外れて素手になる(※ブラッドブリンガー(剣)以外の武器とファミリア・ブラッドブリンガー以外のファミリアを1つのショートカットで同時に設定している場合は問題なく変更される)。この現象は「武器欄が未設定、ファミリア欄がファミリア・ブラッドブリンガー」のショートカットでは起きない。武器の強制解除がブラッドブリンガーを共存させないための正しい処理だとすると、本来、装備から外れる処理をされるべきファミリア・ブラッドブリンガーだけが逆に例外的な扱いになっていることになる。謎。

■ヴァルキリーソードの奥義で水中を強引に進む

 ヴァルキリーソードの奥義・Brynhild's Blessing(↓↓+攻撃)は、水の浮力を無視して地面に激突することができるため、上手く使えば、2周目以降はアクアストリームなしで序盤から禁忌地下水洞を突き進むことができる。

水中突撃

■リフレクションレイによるショートカット

 リフレクションレイのランクを上げると、禁忌地下水洞側から灼岩炎窟に侵入することができる。(※↓の画像はランク9)

裏口入場

裏口入場

 ただし、強化には「魔牛の羽根」が必要なため、活用できるとしたら2周目以降になるだろう。1周目でこの技を活用するには、別のショートカット技を駆使して先に東洋魔導研究棟へ行く必要がある。

※この他、燭台へのジャンプキックと旋空脚を利用したショートカットなど、シーケンス・ブレイクは無数にあると思われる。

■イスを使った床抜け

 通常、イスに座った状態では攻撃できない(立ち上がってしまう)が、ルァハ・バラルとルァハ・ヴェラーによる風の刃や、リモ・ダートやオラクルブレードによる攻撃は発生させることができる。これらの攻撃をイスに座った状態で1回以上発生させた後だと、なぜかイスに座ったままリフレクションレイを撃つことができるのだが、この状態でリフレクションレイで飛ぶと、床・壁・天井の判定が消失し、場所によっては下の部屋に突き抜ける。セーブ部屋のイスはもちろん、城内の各所に置かれているイスでも可能で、さらにトリガー・シャードの「サモン・チェア」を使えば、ほぼ、どこでもこの技が使用可能になる。

イスに座ってルァハ

イスリフレ

 使い方によっては大幅なショートカットが期待できるので、研究のし甲斐がある技ではあるが、基本的に天井・壁・床の中にハマった状態で動けなくなることが多く、非常に危険。動けなくなった場合、中断セーブをした後に再開すると、部屋の位置情報はそのままで、当たり判定が復活した状態で安全な位置から再開できる……が、絶対大丈夫とは言い切れないので、自己責任で……。

■チェンジバニー×ブラッドスティールの謎の挙動

 ブラッドスティール(トリガー・シャード)を装備した状態で、チェンジバニー(エフェクティブ・シャード)のナイフ投げ(※ランク6から可能)の出始め中にバニーの変身解除をすると、光の尾を引く謎の赤い弾を撃つことができる。タイミングは結構シビア。

謎の光弾
ほとんどレーザー光線だが、先端が赤黒いイガイガになっている

謎の光弾

 この光線は敵を自動で感知するようで、敵を貫いた後、ブーメランのように戻ってくることもある。また、空中に光のモジャモジャが滞留することがあり、これが発生しているときに近くを敵が通ると、その敵を攻撃するようだ。

モジャ

 光線の見た目はトリガー・シャード「ティス・レイフ」に似ているが、微妙に挙動が異なる。なぜこんな技が出るのかは謎。

ad

←トロフィー/実績ガイド特殊なエントリーネーム→
ad
コンテンツ
ad

scroll