2022年1月17日

0117

title
Nintendo Switch『ダンジョンマンチーズ』パッケージ版が 7 月 28 日に延期へ

 Oh……。でもまあこれはやむを得ない事情だな……。

title
『イーグレットツーミニ』収録希望ゲーム大募集キャンペーン、1 月 31 日まで

 専用の SD カードでタイトルの追加が可能という話はあったが、その専用 SD カードに収録するタイトルの参考にするアンケート企画。

 各ジャンルごとに希望を 3 つまで書けるのだが、ここはやはり『タイムギャル』を推したい。iOS でも復刻されているんだけど、正直、アニメの画質があんまりよろしくなかったのよね……。当時の LD アニメデータ、残っていないんだろうか。まあダメモトで応募しておいた。
 ちなみにこのアンケート、「登録」ボタンの後に確認画面が出るように書かれているのだが、Firefox では何も起きず、「これ本当にちゃんと送信されてるのか……?」と気になったので Google Chrome でもう一度やってみたら、ちゃんと確認画面が出た。Firefox、もうアカンのですか……?

 電撃のインタビュー記事によると「今後他社さんのタイトルも収録できればいいかなとは思っています。」とあるので、タイトー以外のタイトルを希望してみるのもいいかもしれない。しかしこうなってくると、先日発表された『アストロシティミニ V』の存在が微妙に足を引っ張っている気がしなくもない。『アストロシティミニ V』に収録されたタイトルは『アストロシティミニ V』の制作陣ががんばった結果の目玉タイトルだろうから、入れられないだろうし。

 あっ、脱衣麻雀を片っ端からお願いします。

title
Nintendo Switch『タイトーマイルストーン』、いつの間にか『スペースシーカー』も追加へ

 見落としていたが、『クイックス』に続き、いつの間にか追加されていた。検索してみたら、昨年 11 月頃に報じられていたようだ。公式サイトにあった「and more」表記が消えているので、これで全部かな……。


2022年1月15日

0115

title
Nintendo Switch『ダンジョンマンチーズ』パッケージ版が 3 月 10 日発売予定

 Steam で早期アクセス中の、モンスター食ゲー。気になっていたのだが、なかなか日本語化されず、昨年末に Nintendo Switch のダウンロード版が配信。PS4 / Xbox One 版も今年春予定らしいが、そちらはパッケージ版まで出るかどうか怪しい。

 現在、Amazon で予約すると 2 枚組のサントラが付いて 2,682 円なのだが、ダウンロード版が 2,100 円ということを考えると、お得感がある。サントラは数量限定らしいので、サントラ目当てで予約するならお早めに。俺はした。サントラに弱い。


2022年1月 6日

0106

title
Limited Run Games にて PS4『Castlevania Requiem』の予約が日本時間の 1 月 15 日より開始

 PS4 の『悪魔城ドラキュラX セレクション』の海外パッケージ版。通常版(34.99 ドル)の他、その上の豪華版となる「Classic Edition(64.99 ドル)」、その名の通り究極版の「Castlevania Requiem Ultimate Edition(174.99 ドル)」の 3 種類が用意されている。

 月下スキーとしては飛びつき……たかったが、いまひとつビビッとこない同梱物。
 Classic Edition は、特製の箱とポスターとサントラ CD。Ultimate Edition はそれに加えて、アルカードソードとアルカードシールドのミニレプリカ(約 13 cm)、スティールブック、ヴァンパイアキラー(鞭)のエナメルピン、当時のパッケージを模したジャケ紙、データセーブ時の棺を模したケース、数量限定であることを示すナンバー入りの証明書、そして多分これら全部を入れる大箱。

 当時の海外版パッケージを模したジャケ紙はちょっと欲しいけど、そのためだけに 174.99 ドルはなぁ。174.99 ドルって、2 万円超えるし。アルカードのフィギュアとか付いてたら欲しかったんだが……。サントラ CD も「Soundtrack Selection」とあるから、全曲収録でもなさそう……?

 Limited Run Games のパッケージ版でトロフィーが別になっているタイトルを知らないので、多分トロフィーも既存のものと同じな気がするが、月下絡みのこんな企画はそうそうないし、通常版だけでも予約しておこうかな……。

title
Limited Run Games にて Nintendo Switch『Valis: The Fantasm Soldier Collection』の予約が日本時間の 1 月 8 日より開始

 先月に国内版が発売された、『夢幻戦士ヴァリス コレクション』の海外パッケージ版。通常版(39.99 ドル)と「Collector's Edition(89.99 ドル)」の 2 種類が用意されている。

 Collector's Edition の同梱物は、ポスター、アートカード 3 枚、ヴァリスソードのキーチェーン、ピンズセット、サントラ(4 枚組)、リバーシブルジャケット、それらを入れる大箱。

 サントラに関しては昨年にクラウドファンディングがあったこともあり、特に入手困難というわけでもないが、Nintendo Switch 版で知った人で「音楽良いじゃん」→「サントラ普通に売ってないのかよ!」という流れの中にいる人なら、思いがけず現れた新たな入手手段ともいえる。収録曲の詳細はよく分からんけど。

 目を引くのはやはり、リバーシブルジャケットの海外仕様面。この濃すぎる優子……いや優子なのか? 共通点がビキニアーマーしかないが……。たしか海外のターボグラフィックス版のジャケ絵だったと思うが、知らん! こんな優子は知らん!

 しかし Collector's Edition は日本円にして 1 万円ちょいなので、物理パッケージのゲームと 4 枚組のサントラがセットで他にもいろいろ付いてこの価格と考えると結構安い気もする。クラウドファンディングのときは、サントラ CD&ゲームの DL コードのみで 9,000 円だったからね……。

「Supported Languages」が「English」のみになっているため、国内版とは別の「海外版」を新たに作ったのだと思うが、そうなると、ゲーム内に収録されていた説明書のスキャンとかは海外の物になるのだろうか。うーん、だとしたら見てみたいぜ。Limited Run Games は基本的に「ダウンロード版しかないゲームの物理パッケージ化」を行うものだが、この『ヴァリス コレクション』に関しては、ダウンロード版も海外でまだリリースされていない(はず)。さて、どうなるのやら……。


2022年1月 4日

Xbox One『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』アイテムリスト&レシピリストの 100 %を達成

アイテム 100 % レシピ 100 %

 ゲーム中に「ビルダーのしょ」で確認できるアイテムリストとレシピリストの 100 %を達成。実績 1,000 達成後に「せっかくだし、ついでにちょっとやっておくか」という感覚で挑戦したら、エラい苦労した。俺の正月が……。

 攻略サイトの情報は、度重なるアップデートによって現在とは事情が異なるものも多かったのだが、一応、現時点での、達成までの注意点などをまとめておこうと思う。


●「ビルダーのしょ」コンプリートへの道

 この攻略サイトアイテムページには、お世話になった。「枯れた樹皮」以外のアイテムはすべて載っていたと思う。まずはリストとにらめっこして、「?」を埋めていくことから始まる。普通にプレイしていたのでは絶対に気付かないようなアイテムも多いので、攻略サイト必須。


・作業台にあるハンマーのマークのリストは未製作物。レシピリスト埋めは、このハンマーマークリストを潰していくことから始める。


・作物は、普通に入手したときとビルダーハンマーで入手したときの 2 種類ある。ビルダーハンマーで入手 Ver. は住民に収穫されてしまうとアウトなので、特にレア作物は実っているときに急いで確保しておくこと。そこまで大変ではないが、成長速度の遅いレア作物は、収穫されてしまうと結構待つことになる。


・ストーリー上、ビルドレベルが上がるごとに作業台がグレードアップするが、以前はこれを個別に作り直していないと、リストに残り続けたらしい……? 現在は修正されたのか、特に気にしなくても問題ないようだ。


・Xbox One 版は最初から DLC 全部入り状態だが、PS4 / Nintendo Switch 版の DLC に含まれる物は作らなくても 100 %になると思われる。


・レア作物を使用した料理はレシピを教えてもらえず、自分で試すしかないため、見落としがち。達成率に含まれる……はず。


・ジメジメ島などで手に入る「いたんだ作物」は図鑑に載らない。おそらく、達成率にも関係がない。


・きりかぶ作業台での「遺跡のかけカベ」は、通常、なぜかレシピ表示されない。

遺跡のかけカベ

 このページの情報では「手に持つとレシピ表示される」とあるが、手に入れた後、設置して破壊する必要があった。設置までではレシピが出現しないことを確認している。破壊は、普通のハンマーで壊して石材にしてもいいし、ビルダーハンマーで再入手してもいい。

 謎なのは、「遺跡のかけカベ」の初入手時に何らかのハンマーで破壊して入手しているはずなのに、入手後にもう 1 度設置・破壊が必要な点。実際、似たような「遺跡のひびカベ」とかは普通にレシピに出ている。


・禁断の錬成台でアイテムを作り出すことも含まれる。

「大地うがつ大牙」「かみくだく上牙」「かみくだく下牙」「まきつくホホびれ」辺りを見落としがち。
特に「まきつくホホびれ」は出現するアイテムが 4 種類あり、1 回の錬成でその内 3 種が出るため、1 回の錬成では足りないことも。
 これが原因かどうかは分からないが、レシピ 100 %の達成後に、ハンマーのマークで確認できる未製作物リストに、なぜか「まきつくホホびれ」の錬成が残ったままになっていたので、もう 1 回錬成したらリストから消えてくれた。

まきつくホホびれ


・いなずまのけん

 破壊天体シドーで 1 本入手できるらしいのだが、モンスターリストのドロップ欄の「???」も埋めようとすると、どっちみち「ハーゴンのきし」のレアドロップを狙うしかない。

いなずまのけん

 これが地味に、かなりの難関。ネット上の情報を総合してみると、ドロップ率はだいたい 2 ~ 3 %前後なのではないかと思われるが、問題はドロップ率ではなく、ハーゴンのきしの出現間隔が 5 分 ということ。MMO かよ……。ここがネックで試行回数そのものが稼げず、長時間化してしまう。

 トゲわなを敷き詰めて放置で倒し続ける手段もあるようだが、ハーゴンのきしの出現位置を固定する方法がイマイチ不明瞭で、実際、上手くいかなかったこともあり、マガマガ島(※ヤミヤミ島にも居る)に上陸して 1 体倒したらすぐにからっぽ島へ戻り、またマガマガ島へ……の繰り返しにした。幸い、上陸直後に必ず 1 体は出現し、島の出入りによって 5 分制限は無視できる。島の出入りにいちいちセーブを挟む仕様上、ちょっと手間ではあるが、トゲわな設置よりは時間的に早く終わるのではないかと思う。

ハーゴンのきし
倒した数は 85 体。ネット上の情報を見る限りでは 100 体以上倒して 1 本出るかどうからしいので、若干、運は良かったのかもしれない……? ドロップ率に調整が入ったのかもしれないが。


 入手後、特に表示はないが、まほうの作業台で「いなずまのけん」が作製できるようになっている。

 ・ ・ ・

 だいたい、こんなところだろうか。

 あと、「はかぶさのけん」を NPC に装備させると 2 回攻撃にはならない……という情報があったが、ちゃんと 2 回攻撃しているのを確認。アップデートで変わったのか……?

2 回攻撃

 ・ ・ ・

 その他、当時やり残していたこととして、マグネブロックを使ったエレベーターや、スイッチを 1 回押すだけで複数の畑に水を撒く散水システムなどを作ったりしていたのだが、「水車」を使えば定期的にスイッチをオンにできると知り、完全自動散水システムを完成させた。

完全自動散水システム

 約 10 秒に 1 回の間隔で上から水が落ちてきて、すべての畑への水撒きが完了。10 秒後には水門が閉じるため、水が引く。プレイヤーは何もする必要がない。農民 NPC とキラーマシンの行動の内、水やりは 1 日の大半を占めていたため、それがなくなるのも大きい。実質、NPC の行動が「収穫」のみになるため、昼過ぎにはもうやることがなくなり、暇そうにする農民 NPC やキラーマシンの姿を見ることができる。

暇を持て余す人たち

 ただし、このシステムには難点が 2 つある。
 水が流れるエフェクトが複数発生するため、多少重くなる(※ Xbox Series X の場合、ほとんど負荷は感じないが)であろうことと、10 秒に 1 回という頻度の高さが、作物の成長速度を遅くしている可能性だ。

 キャベツなどは、畑全体が水に浸かっている状態だと育たない。水を抜けば成長するが、上から水が降ってきて、それが抜けるまでの間は水に浸かっている状態になるため、この間、成長は止まっていると思われる。まあ、キャベツは成長が早いので大して問題にもならないのだが、コーヒー豆とかカラシはスゲー遅いからな……。

 んで、もっと良い方法はないかと考えていたが、ものすごく原始的かつ完璧な方法があった。畑 80 マスの中を、畑 1 列・水 1 列・畑 2 列・水 1 列・畑 2 列・水 1 列・畑 1 列の並びにすることだ。

スタンダード

 これ、2018 年の発売時から最もポピュラーな方法なのだが、すっかり忘れていた。収穫量は少し減るが、大事なのは NPC が消費する食物量を上回るだけの量を「常に供給し続けること」なので、これで問題ないはず。お、俺の自動散水システム製作に費やした時間は……。


2022年1月 2日

Polymega v1.1.18……と、v1.1.19

 昨年中にアップしておきたかった記事に追われる正月。

 昨年の日本時間 12 月 30 日の AM 1 時に、v1.1.18 アップデートが配信。不具合があったのか、その後すぐに v1.1.19 も配信された模様。

 このアップデートで、データベースにないゲームのインストールが可能になり、任意で特定のゲームに紐付けることも可能になったため、雑誌の付録等にあった「強力なセーブデータが収録されていたディスク」も使えるようになった。
 あと、撮ったスクリーンショットの画像サイズが大型化&正常化(1440×1080)した。これまではなぜか(330×240)だった(※ 320×240 ならまだしも、横に 10 ピクセル長いという謎)。また、一部のゲームでは撮ったスクリーンショットがひしゃげていたが、それも正常化したのを確認。

野々村病院の人々 野々村病院の人々

クロックタワー2 クロックタワー2
左が以前の画像、右が今回の物


 データベースにないゲームのインストールは、まったく新規のタイトルとして新たに登録する。この手段で登録したゲームは「EXTENDED SET」という欄に仕分けされる。

EXTENDED SET
「コレクション」の右端に追加されている


 登録タイトル名に漢字が使えないのが難点だが、とりあえずはどれがどれか分かればいいので、さほど問題でもない……と思っていたのだが、「メモリーカードデータブック」と入れたところ、「ッ」が「?」になり、これを再編集しようと「?」の部分を消そうとすると、本体の再起動がかかる。明らかに不具合なので、修正してほしいところ。v1.1.18 から間を空けずにすぐ v1.1.19 配信と聞いて、これの修正かと思っていたのだが、違うようだ。

「ッ」
この末尾の「?」を消そうとすると再起動がかかる


 自分で登録したタイトルはそのままだとノイズのようなサムネイルになるが、これは自分でサムネイルを設定することもできる。ただ、「そのゲーム中にスクリーンショットを撮ろうとする画面」でしか画像の設定ができず、撮った画像を保存しておいて、後からはめ込むことはできない。将来的に、オリジナルの画像を割り当てられるといいのだが……。

サムネイル指定
これはゲーム中にスクリーンショットを撮る画面だが、ここで X ボタンを押すことで、そのスクリーンショットをゲームのサムネイルに指定できる


 んで、セーブデータが収録されたディスクの使用法なのだが……これが、ちょっとめんどい。

 たとえば「スクウェア メモリーカードデータ コレクション」のディスクを使って、FF8 のセーブデータを使いたいとする。その場合、まず「スクウェア メモリーカードデータ コレクション」を「管理」→「ゲームデータの編集」→「データベースを使って解決する」と選ぶ。これで FF8 を探して決定すると、「アイコンが FF8 で、中身はスクウェア メモリーカードデータ コレクション」ができあがる。こうすることで、「スクウェア メモリーカードデータ コレクション」でセーブしたデータを FF8 の共有仮想メモリーカード内に保存できる。

FF8
使用可能確認


 めんどいのが、じゃあ次は『パラサイト・イヴ』のセーブデータを……というとき、先程の手順を繰り返して、今度は「スクウェア メモリーカードデータ コレクション」を『パラサイト・イヴ』と紐付けなければならない。動かないよりは断然マシなので、これでもありがたいが、やはり仮想メモリーカード単体でデータのコピーやバックアップができる手段は追加してほしい……。

パラサイト・イヴ
使用可能確認


 あと、厄介なのが、メモリーカードデータが収録されたディスクからセーブするときは、指定のセーブ番号を空けておく必要があること。たとえば FF8 の強力なデータが 1 番指定で収録されていたとしたら、そのデータを使う前に、FF8 側で仮想メモリーカードのセーブの 1 番は空けておかなければマズい。実機の場合、上書きされてしまう旨の注意文か、保存できない旨の注意文のどちらかが表示されるのだが、Polymega の場合、別々に保存されて、メモリーカードが共有でない状態になったりする。こうなると、一旦セーブを全部消して紐付けからやり直すことになる。

 他の手持ちのメモリーカードデータ系雑誌のディスクを試したところ、『メモリーカードデータブック Vol.2』『10th Anniversary PlayStation & PlayStation2 全ソフトカタログ スペシャルセーブデータコレクション』は動作。『広技苑 2000 年夏版』のディスクは読み込めず。『広技苑 2000 年夏版』のディスクを吸い出した物は PC 上のエミュレータで読み込めたので、ディスクの問題ではなく、Polymega 側の問題と思われる。

 また、『オフィシャル やるドラ ファンブック』という物もある。設定資料集に CD-ROM が付いた物で、グッドエンドのセーブデータを保存することができる。これも動作可能。

ダブルキャスト ダブルキャスト

 あとは、ゲームそのものに付いているおまけディスク系。『バイオハザード ディレクターズカット デュアルショックバージョン』の DISC 2 には『バイオハザード』『バイオハザード ディレクターズカット』『バイオハザード2』『バイオハザード2 デュアルショックバージョン』で使用可能なセーブデータが収録されている。

バイオハザード ディレクターズカット デュアルショックバージョン バイオハザード ディレクターズカット デュアルショックバージョン
バイオハザード ディレクターズカット デュアルショックバージョン バイオハザード ディレクターズカット デュアルショックバージョン
なぜか未だにデータベースにない『バイオハザード ディレクターズカット デュアルショックバージョン』。このセーブデータを使えば、最初から大暴れできる


『チョコボの不思議なダンジョン』の「不思議なデータディスク」もいける……はずだが、『トバル2』で試したところ、どうしても仮想メモリーカードの共有がうまくいかない。何だろう、不具合だろうか……。

チョコボの不思議なダンジョン チョコボの不思議なダンジョン


 セーブデータ系ではないが、『R4 -RIDGE RACER TYPE 4-』のボーナスディスクだった『リッジレーサー ハイスペック Ver.』もインストール可能になった。これ、「データベースにはあるのに、それと認識されない」という厄介なものだったのだが、そういうデータベースと手動で紐付けることもできるようになった。

リッジレーサー ハイスペック Ver. リッジレーサー ハイスペック Ver.
他作品の体験版なども入っている


 とりあえず、まだ不具合は多いが、できることの幅が広がって良い感じに。メモリーカードまわりはもちろんだが、Polymega の BIOS が起因のバグ修正、対応コントローラの増加とキーコンフィグあたりもお願いしたいところだ。


2022年1月 1日

2022

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 気付けば大晦日、そして元旦。ハエー
 年々、時間が加速しているように感じられるが、12 月最後の 1 週間は特に早かった。

 今年の抱負は「整理&スピード」でいきたい。「スピード」については前にも言っていた気がするのだが、部屋や持ち物が整理できていないことにより、「あれはどこへやったっけかな……ううむ、探すのが面倒なので後にしよう」→「やっぱりあれがないと先へ進まん……」のループが発生しやすく、何をするにも進行にブレーキがかかってしまう。今年は……とにかく物を捨てる!

 そんな感じで最優先事項は部屋の整理なのだが、気になっているのが、ゲームパスのゲーム。いつ外れるか分からないので、やりかけのゲームがあるなら、済ませてしまいたい。終わったゲームはアンインストールできるので、ストレージ内の整理にもなる。

 というわけで Xbox One 版の『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』。2018 年の発売時に PS4 版でトロフィーコンプまでやったが、2021 年のゴールデンウイークにゲームパスに来たので、またチマチマとやっていた。実績に記録された日付を見ると、ムーンブルク島を 6 月末頃にクリアした後、ストップしていたようだ。半年ぶりかぁ……。たしか、破壊天体シドーが面倒&しばらくからっぽ島に戻れないのがイヤで先延ばしにしていた気がする。

 せっかくだからと、前回と違った行動を心がけていたのだが、エンディングまではやれることが制限されていることもあり、どうしても似通ってしまう。
 印象的だったのは、最後のハーゴン城。以前は外壁を落下しながら壁を壊して中に入ったりして進んだせいか、ベリアル以外の悪霊の神々の影とは接触せずに進んでしまったのだが、アップデートで修正されたのか、ハーゴン城の壁はほとんど壊せないようになっていた。

 クリアまでいけばあとは早くて、1 回やって勝手が分かっていることもあり、大晦日に実績 1,000 を達成。

実績1 実績2
すべての実績を解除する実績「新たな伝説のビルダー」の解除率は 2021 年 12 月 31 日時点で 0.30 %。難しくはないが時間がかかるものが多いので、さすがに低い


 今回のプレイで初めて知ったのは、キラーマシンの性能の高さ。通常、畑の水やりや収穫は農民 NPC がやるのだが、キラーマシンは水やりと収穫を 9 マスずつ行うという高性能っぷりで、しかも食事とトイレの時間が不要という、農民の完全上位的な性能。機械化の波がこんな所にまで……。

キラーマシン
キラーマシンの勇姿。農民を 3 ~ 4 人使っていたのだが、もう全部あいつ 1 人でいいんじゃないかな……


 あと、PS4 版をやっていた頃は知らなかったのだが、ファミコン版の裏技で作れた「はかぶさのけん」がヒッソリと実装されていて、これがまた強い。何本でも作れて、仲間にも装備させられるのが良い。強敵討伐や、メタルキングもサクサク。

はかぶさ
全武器中最高の攻撃力で 2 回攻撃を行う最強の剣


 ハードスペック的に余裕ができたからなのか、PS4 版を PS4 Pro でやっていた頃と比べると映像が鮮明で高フレームレートを維持し、読み込みも速く快適だった。ブロックビルド系のゲームは見た目に反して処理が重いことが多いので、PS5 / Xbox Series X|S の性能でちょうどなのかもしれない。

 このゲーム、地味にいろんな発見があって、遊ぼうと思えばまだまだ遊べる。
 たとえば、農民 NPC がやたら遠い場所に水を汲みに行くので、どういうことなんだ……と思っていたら、どうやら、近辺の最も低い位置にある水場へ向かう習性があるらしい。さらに、2 × 2 の 4 マスの水場を作っていたとしたら、その 4 マスのカド辺りからナナメに汲もうとするため、4 マスの周囲も少し空けておかないと、その水場では水を汲めないと判断して別の場所へ行ってしまう。

 あと、NPC のジバコは青兵士だが、できた料理を箱に入れたり、配膳もしてくれるので、普通の青兵士より使い勝手が良い。

ジバコ
「えーい!」のかけ声と共に皿に料理を投げ込むジバコ。カワイイ……


 しかもジバコは夜間は衛兵としての見回りをするので、不眠不休で動くスーパーキャラ。ただし、他に兵士がもう 1 人いれば交代で休むようだ。ジバコちゃんを休ませてあげたい……せっかく作った部屋で寝る姿を見たい……という人は、兵士をもう 1 人配置しよう。

 逆に「お前それでいいのか……」と言いたくなるのが、女将軍アネッサ。行動を 1 日眺めていたら、特に何をするでもなく、やたらとキッチンに出入りし、酒樽の前で何か飲んでいやがる。

アネッサ
昼間からキッチンでビールをガブ飲みするアネッサ。このモヒカンヘルメット……


 訓練所があると、訓練する姿が見られるのだが、アネッサは衛兵ではないので見回りはせず、敵の襲撃がない限りは、その鍛えた筋肉も意味をなさない。1 日の行動が己の鍛錬と食事と排便という悲しい存在になりがちなので、メタルキングを倒しに行くときは「はかぶさのけん」を装備させて連れて行くことにしている……。

アネッサ
この訓練で、ほんの少しずつでも強くなるシステムならいいのだが……


 こんな感じで NPC の行動を観察しているだけでも結構楽しいのだが、DLC がすべて配信され、いろんなバグも修正された今だからこそ、せっかくだからレシピとかアイテムの図鑑を 100 %にしてみるか……とか、気付けば実績 1,000 を達成した後もやり続けていて、本末転倒な結果になるのでした。

 ・ ・ ・

 あと、昨年末頃から海外からのスパムが激しく、ブログシステム上のコメント欄を一時停止しています。元々ひどかったのですが、ちょっと、放置しておくとマズいレベルになってきたので……。とりあえず、何か御用がございましたら掲示板のほうへ。「コメント欄で一言ならまだしも、掲示板を使って伝えるほどのことでもないな……」という場合は、ほほえみながらこのサイトを見つめてやってください。


2021年12月26日

1226

title
Polymega のファームウェアアップデート「v1.1.18」が、日本時間 12 月 30 日(木)の AM 01:00 に配信予定(※ 12 月 25 日のニュース)

 今回のアップデートの目玉は、「データベースにないソフトもインストールが可能になる」点。データベースにある既存タイトルにソフト情報を手動でリンクさせることができるようになるらしく、廉価版などのバージョン違いでデータベースになくてインストール不可だった物はすべてインストール可能になると思われる。

 個人的に気になっているのは、当時の雑誌の付録などにあった、強力なセーブデータが収録されたディスク。このディスクを対象タイトルとリンクさせられるのであれば、さまざまなセーブデータが使用可能になる。

title
PS4 版『コットン 100 %』と『パノラマコットン』、日本語化されていたの巻

 10 月 29 日に海外ストアで配信開始された『コットン 100 %』と『パノラマコットン』が現在セール中で 14.99 ドル→ 9.89 ドルなのだが、Strictly Limited でパッケージ版を予約している(※来年 2 月発送らしい)ので、「トロフィー別じゃなかったらアレだしなぁ……まあいいや買ったれワハハ」と思って買ってみたら、両方とも日本語化されていた。ストアの「Screen Languages:」が「English」のみだったり、国内配信されていないことなどから、英語オンリーかと思われていたのだが……。

 ただ、トロフィーやシステムメニュー類は英語のまま。ゲーム内に言語設定が見当たらず、それでもゲーム内容だけが日本語化されるということは、本体設定の言語を参照しているのだろうか。


2021年12月25日

PS4『復活邪神2(海外版ロマサガ2)』

title

 以前に『復活邪神3』こと海外版ロマサガ3を紹介したが、先日、ロマサガ2も発売された。パブリッシャーはアークシステムワークス……ということはまたトロフィーが別の予感……ということで play-asia.com で注文しておいた物が本日届いた。やはり別トロフィーだった。ちなみに Nintendo Switch 版もある。

 タイトルはやっぱり『復活邪神2』らしい。『2』の敵は七英雄なので、邪神と言われると「えええ……」って感じだが、1 作目でついたタイトルをそのまま引き継いでいるなら仕方ないのか。1 作目は「三邪神」が敵で、まさに『復活邪神』だったしな……。

 あと、ロマサガ3のときはなかったのだが、パッケージ用のジャケット紙がもう 1 枚ついていた。デザインが異なっていて、ロックブーケを中心に据えたもの。ロックブーケファン歓喜。リバーシブルになっていて、裏はノエル。通常のパッケージのジャケ紙もリバーシブルになっているので、計 4 パターンのジャケットを楽しめる。

title

 取扱説明書的な小冊子(60 ページ)がパッケージ外に付いていたのも前回と同じ。パラパラと見ていたら、ところどころに七英雄のイラストを使ったページも。

title
「庫吉辛(クジンシー)」らしい。

 ちなみに、起動すると普通に日本語で遊べて、トロフィーもすべて日本語化されているので、「パッケージで持っておきたい」という人にもオススメ。復活邪神2だけど。

 ただ、なぜかは分からないが、国内版と比べるとフォントが微妙にダサくなっている。

国内版
国内版
海外版
海外版

 なんだろう、この……溢れ出る MS ゴシック感……。

 とりあえず Xbox One 版の実績がまだコンプできていないので、ちゃんと片付けて次に行きたいところだが、どこで止まってたんだっけ……と実績リストを遡ってみると、「コッペリアを皇帝にする」「冥術を習得する」「アバロンの樹を最大にする」「最終皇帝以外でクリア」「ドレッドクィーンを倒す」と、なかなか面倒臭そうなのが残っていた。でもロマサガ3よりはマシだと思うので、サッサと片付けてしまいたい。気付けば、PS Vita 版の発売から 5 年経っている。そろそろ 6 年。ヤベー

 というわけで、トロフィー狂の人に「別トロフィーのロマサガ2が出たよ」という情報提供をするためだけの超ニッチ記事でございました。


2021年12月17日

1217

title
『アストロシティミニV』2022 年 9 月 30 日発売?

 公式サイト。ついに『ドギューン!!』が……。シューティングゲームにガン振りした企画なので収録タイトルには偏りがあるが、逆に、そうしたことでマニア向け商品としてのアピール力は上がったように感じる。台数限定らしいが、具体的には謎。

 Amazon では 9 月 30 日になっているが、公式では「2022 年夏」表記。まだ確定じゃないんだろうか。Amazon 的に「9 月 30 日以降はもう夏じゃあるめぇ」という判断で、最も遅い可能性の日を載せているだけなのかもしれない。

 この調子で、完全 18 禁の脱衣麻雀ミニとか作ってくれんかなぁ……。

title
『Nintendo Switch Online メガドライブ』に 5 タイトルが追加

『ヴァーミリオン』『サンダーフォースII MD』『獣王記』『ダイナマイトヘッディー』『トージャム&アール』の 5 タイトルが追加。『サンダーフォースII MD』は海外版のメガドライブミニにもなかった初タイトルか……?


2021年12月16日

1216

title
PS4 / PS5 / Xbox One / Xbox Series X|S / Nintendo Switch『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』本日発売

 Xbox One / Xbox Series X|S 版は早速ゲームパス入りしている。初回特典のスペシャルブック(※ 32 ページの小冊子)とサントラ(全 22 曲)目当てで PS5 パッケージ版を購入したが、これが付いて 3,200 円(※ 12 月 16 日 時点での Amazon 価格)なら、なかなか良い買い物ではないだろうか。スペシャルブックには出渕 裕氏のイラストがふんだんに使われていて、角川スニーカー文庫の思い出が蘇る。設定資料と称したイラストも載っているのだが、ディードリットが可愛い……。

title
PS4『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』2022 年 3 月 18 日発売(※ 12 月 14 日のニュース)

 一時期、Nintendo Switch 版の後に PS4 版を出すパターンが多くてメーカー不信になりそうだったが、 本作の場合は Nintendo Switch 版から 2 年が経過しているので、「ま、まあそれなら……」感と、「今頃……?」感が交差する。

「あの『九龍妖魔學園紀』が復活!」と話題性が高かったときに同時発売していたほうが売れ行きも良かったのではという気もするのだが、Nintendo Switch 版で結構バグがあったので、我々が思っている以上に開発の規模が小さくて、PS4 版まで手が回らなかったのかもしれない。しかし、PS2 の『re:charge』版の要素を DLC で出してくれんものか……。

title
Steam『ウィザードリィ外伝 五つの試練』12 月 17 日 18 時に配信開始予定(※ 12 月 12 日のニュース)

 今年の 6 月頃に、配信予定日の前日に延期となったまま音沙汰のなかった『ウィザードリィ外伝 五つの試練』が、ようやく配信日決定。当時はタイトルの変更も示唆していたが、そっちの問題はクリアーできたっぽい……? エディタ関連は来年に延期ということだが、ひとまずちゃんとリリースできそうで、めでたい。公式 Twitter によると今後のマルチプラットフォーム展開も見据えているそうな。


adbar