2021年2月20日

0220

 木曜日はニンテンドーダイレクト関連のニュースが多すぎて他のニュースをカバーしきれなかったので、そのへんもまとめて。

title
PS4 / PS5 / Xbox Series X|S / Nintendo Switch / PC『ディアブロ II リザレクテッド』2021 年リリース予定
 ただの復刻移植ではなく、色々と改良もされているようで、楽しみ。クロスセーブなので、据え置き機でやる人にとっても、Nintendo Switch 版の存在はありがたいかもしれん。対応機種が、PS は 4 と 5 の両方があるのに、Xbox は One が書かれていないのが気になったが、ファミ通.com の記事によると、One も含まれている模様。
title
Nintendo Switch『G-MODE アーカイブス ソーサリアン』配信開始
 ガラケー時代のゲームを復刻している「G-MODE アーカイブス」の1つ。日本ファルコムが持っているソフト資産の価値を、日本ファルコム自身に分かってもらうために買っておいた。たしか i-mode だったか、もう忘れたけど、『ブランディッシュ』もあったんだよ……。もはやネットのどこを探しても、画像1つ出てこない。
title
Nintendo Switch『Capcom Arcade Stadium』所感
 無料の『1943 ~ミッドウェイ海戦~』と『魔界村』を触るついでに、ベースのシステムに備わっている各種機能を「どれどれ」と確かめてみたが、かなり良い感じ。もう、カプコンの過去のゲーム復刻は全部これをベースにしてほしいレベル。
 どこでもセーブはもちろん、連射機能もあり、クレジットを増やすときはコインを入れる動作まで再現。なんといっても、いつでも手軽に巻き戻しと早送りができる快適性よ。コイン動作についてはプラチナゲームズの神谷氏がアーケード系の復刻作品が出るたびに指摘しているので、カプコンも意識したのだろうか……。

 また、PS4 や Xbox One でも展開予定だからか、Nintendo Switch 版にもゲーム内に「ACHIEVEMENT」機能がある。比較的カンタンな項目も多く、実績マニアとしてはソワソワしてくる。Xbox One 版、早よ。強いて気になった点を挙げるなら、ゲーム内の「STORE」からニンテンドーeショップに飛んでも、追加の DLC がリストに出てこないこと。本体のストアからなら表示されるのだが……不具合だろうか。
title
Xbox Series X「FPS Boost」機能発表
 旧世代機のゲームを最大4倍の fps で動かす謎技術。30 fps だったゲームが 60 fps になると、目に見えてその差が分かるので、対応タイトルによっては感動しそう。対応タイトルは少しずつ増えていくらしいが、現時点では個人的には特に思い入れのあるタイトルはないな……。フレームレートもいいけど、個人的には後方互換タイトルのほうを増やしてほしい。
title
Nintendo Switch『頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』配信開始
 わりといいペースで配信されているネオポケシリーズ。二頭身の可愛いモリガンと不知火舞のために買うか……。大昔の公式サイトがまだ残っているので、技表などを保存しておくなら今の内かもしれん。

2021年2月18日

Nintendo Direct 2021.2.18

 久々に内容盛りだくさんのニンダイだった。

title
Nintendo Switch『スプラトゥーン3』2022 年発売
 動画ではトリを飾っていたが、話題性はおそらくこれがトップだろう。ほぼイメージ映像だったので、中身はまだまだ不明だが、気になるのはバランス。『2』ですら、とてつもない回数のアップデートを繰り返しても、今なおユーザー間では論議が絶えず、新たなブキもどんどん追加するものだから、バランス調整が永遠に終わらないゲームという印象がある。今回も、弓のような新ブキが見えるが……?
『2』をやっていて気になったのは、ギアのカスタマイズにかかる時間。「こういう性能が付いたギアを作ろう」と思っても、その通りのギアを作るには、膨大な回数の試合を行わないといけない。それを達成する前に疲れてしまって、そのままフェードアウトしてしまいがち。もっと気軽に試行錯誤を楽しませてほしい。根本のゲームシステムはもう完成されているので、今回は何をどう変えてくるのかも気になる。
title
Nintendo Switch『Outer Wilds』2021 年夏配信
 動画内では新作もいろいろ発表されたが、その中でも特に気になった1作。22 分しか探索できない惑星が舞台のアドベンチャーで、22 分が経過すると、時が 22 分前に巻き戻ってしまい、そのループの中で調査結果だけが残る。なんとなく『Minit』を思わせる作り。……しかし、この作品は他機種ではすでに発売されていて、Xbox ゲームパスにもあることを知る。ズコー。あとで、やってみよう……。
title
PS4 / Nintendo Switch / Steam / iOS / Android『サガフロンティア リマスター』4月 15 日配信
 意外と早い発売日。なんか興奮してきたな。早く無月散水を閃かせてくれ。でも、Xbox One 版はやっぱりないんだなぁ……。
title
PS4 / Nintendo Switch / Steam『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』6月 24 日発売
 これもリマスターを作っていたとは……。画面から受けるイメージは、ほぼ PS1 版そのまま。ドット絵の魔界みたいな強烈なビジュアルを誇るゲームだったから、変に 3D とかにしないで正解だろう。ポケットステーションで遊べたミニゲームや、BGM のオリジナル/アレンジ ver. 切り替え、エンカウント OFF 機能、どこでもセーブ機能と、至れり尽くせり。あのプロレスの入場曲みたいな戦闘曲が、どうアレンジされているか楽しみ。
 公式サイトによると、限定版も 14,300 円で発売。同梱物を見ると、サントラは欲しいが……。ダウンロード版は税込 3,520 円なので、価格差がスゴい。ちなみに通常版はパッケージ版が存在しないらしく、この限定版にのみパッケージ版が同梱されるらしい。な、なんて卑怯な……!
title
Nintendo Switch『マリオゴルフ スーパーラッシュ』6月 25 日発売
『みんなのGOLF』シリーズはどうも停滞している感があるが、ゴルフゲーム需要はずっとあったはずで、これを機に、そういう層を本格的に全部かっさらわれそうな予感。ゴルフゲームの進化はもう限界じゃないかと思っていたが、動画内の要素紹介を見る限り、まだまだ伸び代があるもんだなぁ。
title
PS4 / Xbox One / Nintendo Switch / Steam『NINJA GAIDEN: マスターコレクション』6月 10 日配信
 このシリーズは追加要素などが異なる細かいバージョン違いがあって、特に1作目なんか、最新バージョンが PS Vita 版だったりするので、ようやく遊びやすい仕様のものが出てくれた感じ。Nintendo Switch 版だけ、タイトルに『Version D』が付いたバージョンも併売で、そちらはダウンロード専売になるらしい。
『Version D』というのは、公式サイトによると、残虐表現をマイルドにしたものらしい。ってことは、「CERO D」の D かなぁ。ところでこの動画内のキャラクター紹介で、あやねのところ、「あやめ」って言ってない?
title
Nintendo Switch『Capcom Arcade Stadium』配信開始、PS4 / Xbox One / PC 版は後日配信予定
 時期をすっかり忘れてたけど、もう配信なのか……。『アレスの翼』『プロギアの嵐』といった目玉タイトルの存在もだが、巻き戻し・どこでもセーブ・ゲームスピード変更など、過去作品を遊ぶ際に欲しくなる機能を完璧に備えた仕様。やっとエミュレータに追いついた感がある。
 ただ、公式サイトを見る限りでは PS4 / Xbox One / PC 版が後日配信予定らしく、個人的には、そっち待ちかなぁ。とりあえず、2月 25 日までにダウンロードすると魔界村が無料でもらえるらしく、ベースとなる無料部分をダウンロードするともらえる特典の『1943 ~ミッドウェイ海戦~』と合わせて2本は無料でゲットできるので、もらっておきたい。
title
Nintendo Switch『Project TRIANGLE STRATEGY』2022 年発売予定、体験版が配信開始
『オクトパストラベラー』で使われた “HD-2D” 技術を用いた作品第2弾。今回は RPG ではなく、シミュレーション RPG。クォータービューということもあり、画面のイメージは『タクティクスオウガ』を思わせる。その進化系ともいえるジャンルである RTS(リアルタイム・ストラテジー)ですら好調とは言えない中、もはや死滅しつつあるシミュレーション RPGへの挑戦。期待したい。体験版が本日から配信開始されていて、『ブレイブリーデフォルトII』と同様、それを元にフィードバックを反映させていくらしい。
title
Nintendo Switch『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』『ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女』5月 14 日配信
ようやく、という感じ。発表から、だいぶかかったなぁ。ビジュアル面は完全作り直しで、動画を見る限りでは一部アニメーションもするみたいなので、そのへんの手間だろうか。さすがにミステリーで話は気軽にアレンジできないだろうし……。
 以前の発表では悪い意味で同人臭い絵柄が気になったが、動画を見る限りでは、人物によってかなり印象が違う。主人公やヒロインはいかにも今風なスタイリッシュ感があるが、一部の脇役の絵柄がどうにも気になる。年齢の描き分けが上手いとは言えない印象の絵なので、緊迫したシーンでの迫力が、果たしてどうなるか。任天堂だし、『かまいたちの夜 輪廻彩声』みたいなことにはならないと信じたいが……。

『COLLECTOR'S EDITION』という限定版かつ唯一のパッケージ版も同時発売で、公式サイトを見ると、 ファミコン・スーパーファミコン版の全曲を収録したサントラや、ファミコン・スーパーファミコン版の開発資料を含む本が同梱。ファミ探ファンとして、これは即予約した。価格は税別 9,980 円。税込だと 10,978 円になるので、やや高く感じたが、ダウンロード版の価格を見たら、なんと各 3,980 円(税別)。えっ、そんなにすんの? 『消えた後継者』と『うしろに立つ少女』を両方買ったら、税込で 4,378 円×2=8,756 円。2,000 円ちょっとをプラスするだけでこの限定版が買えるなら、限定版一択だろう。

 しかし、ディスクシステム版にしてもスーパーファミコン版にしても、「書き換え」というスタイルで低価格な作品だっただけに、「4,000 円」と言われると、悪い意味でインパクトがある。声優を使って、画面もアニメーションさせたら、そりゃあ費用はかさむのは分かるけど、どんなにユーザーインターフェースを変えてもゲームシステムは昔ながらの推理アドベンチャーのままだろうから、『ファミコン探偵倶楽部』をプレイしたことがない、初めての人が触れたとしても、「4,000 円」の費用対効果は得られそうにない。しかも、リプレイ性がないジャンルだから、1回プレイしたら終わりだしなぁ。この際、ディスクシステム版とスーパーファミコン版と『BS 探偵倶楽部』も収録してくれたりしないだろうか。そしたら、ファン向けの決定版的アイテムとしての存在感で、なんとか……。

 絵柄は刷新して静止画で、BGM の音源を現代風にするだけにしておいて、低価格で復活させたほうが良かったんじゃないかな……と思うが、このへんは仕上がりを見る前から言うべきではないな。予約したからな! 「買って良かった」と感じさせてくれ!
title
Nintendo Switch『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み ~おわらない七日間の旅~』2021 年夏予定
これ、何気に『ぼくのなつやすみ』の精神的後継作では……? と思ったら、やはり同じ開発者らしい。『クレしん』抜きで気になる作品。
title
Nintendo Switch『ゼルダの伝説 スカイウォードソードHD』7月 16 日発売
2011 年に Wii で発売された『スカイウォードソード』のリマスター。『トワイライトプリンセス』より先にこっちが来るとは……。

2021年2月12日

0212

title
FF12 の Xbox ゲームパス対応はミスだったと公式が訂正
 ズコーっていうか、しっかりしてよぉっていうか……。ただ、いずれ配信する予定ではあるはずで、時期を間違えただけっぽいので、わざわざ中止にするくらいなら、スクエニと相談して配信予定のほうを変更して、そのまま配信しておいたほうが良かったのでは……。あと、PC 版はすでに起動できなくなっているのを確認したが、海外では変わらずゲームパス対応しているので、Xbox One 版は本体を海外設定にすれば多分いけるんじゃないかな……。俺は Xbox One 版はすでに買ってしまっているので確かめられぬ……。

2021年2月11日

0211

title
Nintendo Switch Online ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン、2月17日に4タイトル追加
スーパーファミコンからは『サイコドリーム』『真・女神転生II』『マリオのスーパーピクロス』の3本、 ファミコンからは『ソロモンの鍵2』。公式自ら裏技を紹介しているので、プレイ予定の人は参考に。
title
FF12 が Xbox ゲームパスに対応、Windows 10 版も配信開始
FF12 がゲームパスに対応したのだが、同時に Windows 10 版も配信開始されたようで、これは Xbox One 版とは実績が別となっている。同じ PC 版なので、既発の Steam 版と同じかと思いきや、Steam 版にあった「いきなりレベル90でスタートできる “強くてニューゲーム”」「ライセンスポイントやギルをいきなり MAX にする」などの機能はない模様。
 んで、ストアを見ていて気付いたのだが、昨年8月に Windows10 版 FF7、昨年11月には FF8 も配信されていて、これらもどうやら Xbox One 版とは実績が別っぽい……? Xbox Achievements で調べてみると、Xbox One 版の『7』Windows 10 版の『7』ではページが異なるので、別ソフト扱いのはず。これは FF8 も同様。ただ、FF9 は同じ……? 謎。

 とりあえず FF シリーズは順次ゲームパスに対応していくことが発表済みなので、『7』と『8』は、そのときに備えておこう。ゲームパス対応の FF といえば、最初に『15』が対応していたのだが、先日、パスから外れてしまったので、今回の『12』も、遊びたい人は早めにやっておいたほうがいいかも。

2021年2月 9日

海外セール

msa

 セールで$19.99→$5.99 だったので買った『METAL SLUG ANTHOLOGY』。海外ストアでしか売られていない。

『メタルスラッグ』の『1』『2』『X』『3』『4』『5』『6』の計7作品が収録されていて、中身は PS3(PS2 アーカイブス)/ PS2 / PSP / Wii で売られていた『メタルスラッグ コンプリート』の移植。日本語化もされている。ゲームを始めると、PS2 のロゴは出るわ、PS2 のメモリーカードがどうたらこうたらという表示まで出るわで、「PS2 アーカイブスから持ってきました」感がスゴい。

msa
PS2 アーカイブスなら「仮想メモリーカード」というシステムがあるので問題ない表示だが、一応は PS4 のソフトでこういう表示が出ると「オイオイ」と思ってしまう

 こんな感じなので、画面がボケボケなんじゃないかなぁという不安があった。PS2 アーカイブスは正直どのソフトも微妙にぼやけて、画質がよろしくなかったし、SNK はたまに「アンチエイリアスが強制的にかかって、解除できない」仕様の物も出すし……。

 しかし。

msa
※クリックすると、1920×1080の巨大な画像です
msa
拡大図

 まさか、ドットがここまでクッキリとは……。収録されているタイトルはザッとすべて起動してみたが、問題なさそう。元々のこのソフトのデキに関しては俺はまったく詳しくなく、もしかすると微妙な遅延とか音の再現性がイマイチとか、何か他の問題があるかもしれないが、俺はひたすらコンティニューを繰り返してヘビーマスィンガーンやドット絵の芸術を堪能したいだけの人なので、良い買い物だった。オプションで連射設定が可能なのも良い。

msa
『6』だけは連射不可能らしい。PS4 は連射コントローラが結構あるので大した問題ではないが……。
msa
トロフィーは日本語化されていて、タイトルも『メタルスラッグ コンプリート』になっている。日本での発売予定があったのか、立ち消えになったのか……?

 しかし、SNK には『メタルスラッグ』をより幅広い層に遊んでもらえるように工夫して、シリーズをリブートする手段をマジメに考えてほしい。M2 あたりと組んで、アクション下手な人でも遊びやすくなる現代風の補助機能を付けた『メタルスラッグ』とか出してくれたら、絶対買うのに……。でも、このソフトの国内未発売っぷりを見るに、復刻の壁になっている何かがあるのだろーか。

 ・ ・ ・

msa

 んで、海外ストアで、もうひとつ。『Castlevania Anniversary Collection』が$19.99→$4.99 だったので、こちらも購入。日本の『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』と同じ物なのだが、トロフィーが別となっている。Xbox One 版の実績は、日本と海外で同一のようだ。

msa

 同様に、『Contra Anniversary Collection』も$19.99→$4.99 だったので、こちらも購入。

 ちなみにアニバーサリーコレクションの2つは、日本・北米・欧州で別トロフィーらしいので、海外版を2バージョン買えば、日本版と合わせて3回楽しめるぞ! やったな!(錯乱)

 ちなみに、これらのセールは 11 日まで。あと2日で終わってしまう。どうせならもっと早く書けよって感じですな。


2021年2月 6日

0206

title
PS4 / Nintendo Switch / PC『ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド』4月 22 日発売
 昨年8月頃に報じられていたリメイク版。いつの間にか発売日が決定していた。見逃していた……。どういうリメイク具合になるのかが気になっていたが、映像は結構ガチに 3D 化しつつ、ゲームシステムは 2D サイドビューのままという感じだろうか。原作の可愛らしいイメージを損なわずに、良い感じにリメイクできているように見える。期待。
 パッケージ版は Nintendo Switch のみらしく、限定版扱いの「スペシャルパック」には、Amazon の商品情報によると「特製ボックスに 80 ページアートブック、40 ページキャラクターブックが同梱予定」らしいので、即予約。大空真紀先生のツイッターによると、先生が昔出した「同人誌の復刻(若干再編集)版」らしい……? あと、海外でも限定版が出るのだが、とんでもないレベルの限定版があって、日本円にして、だいたい 24,000 円くらいする。何これクッソ欲しいんですけど……。日本だと bit-games で取り扱っている模様。
title
PS4 / Xbox One / PC『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 リメイク』発売延期
1月 21 日発売予定から3月 18 日に延期されていたが、さらに延期に。地味に楽しみにしていたので、残念。今回は延期後の発売日が決まっていないことから、結構大掛かりな改修をしているのだろうか……?
title
【ただの個人の記録】『バイオハザード レジスタンス』で全アイテムを入手
ようやく達成。このゲームでは RP というポイントを貯め、それを消費してコスチュームや武器のスキンなどを手に入れていくのだが、総数が膨大で、1つ手に入れるのに 50,000 RP も消費するので、なかなか集めきらない。デイリーチャレンジをこなすと、どれかがランダムで1つもらえるので、昨年からこれをコツコツとこなしていた。このゲーム、かなりやり込んだ自負はあるが、さすがに、そろそろいいだろう。良いゲームだった。ラグとバグがなければ、もっと良かったが……。

2021年1月22日

0122

 あけましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします。元旦から堂々の3週間オーバー。

 個人的にここ数年の恒例行事と化していたゲオのセール参りも、今年は見送った。昨年の正月インフルも、ゲオに行ったことが原因なのでは……という疑いがあるし、さすがに同じ調子でコロナにかかりたくはない。ていうかここ数年のゲオのセールで買ったゲーム、ほとんど遊べてない説。

title
PS4 / PS5 / Xbox Series X|S / Xbox One / Steam『バイオハザード ヴィレッジ』5月8日発売
 Amazon も予約開始。5月か、意外と早い……と思ってしまったが、本当なら PS5 / Xbox Series X 本体と同時発売したかっただろうなぁというタイトルなので、半年くらい遅れた感じだろうか。ただ、現在の次世代機の入手困難さを考えると、本体に無理に合わせず、旧世代機にも対応して大正解だったと思う。
 PS4 版、Xbox One 版共に、PS5 / Xbox Series X|S 版へ無償アップグレードが可能らしいので、とりあえず旧世代機版を買っておけば、次世代機が手に入ったらそっちも楽しめる。他のゲームの例を見る限りでは、旧世代機と次世代機ではトロフィー/実績が別になるみたいなので、2度おいしい……か? 逆に、次世代機版を買うメリットがあんまりない気がする。

 気になった点といえば、舞台やシステムが妙に『4』に似ていること。昨年、カプコンの内部情報が漏れた際に「『4』のリメイクが開発中」みたいな話も漏れていたが、『ヴィレッジ』と『4』リメイクを併行して開発して、似通った部分を流用して開発費を抑えているのでは……という気がしてならない。
title
『バイオハザード RE:バース』発表。『バイオハザード ヴィレッジ』の購入特典に
 バトロワ系『バイオ』。『ヴィレッジ』購入者に付いてくるという、『RE:3』に『レジスタンス』が付いてきたのと同じパターン。ゲーム内容に関してはやってみないことにはワカランので何とも言えんけど、お祭りゲーだとしても、ジルやレオンといった普通の人間同士が「軽装のまま、銃で撃ち合う」というのは違和感がスゴい。普通の人間なんだから、ヘッドショットが当たったら即死だろうに。でも、やられた側は B.O.W. 化してリベンジするというシステムらしいので、そんな細かいことなど気にしない、もはや何でもアリゲーか。
title
『ダンジョン飯』10巻、2月13日発売
 現在、発売日を心待ちにしている唯一の漫画。『バーナード嬢曰く。』は2年に1度出るかどうかだし……。「ダンジョン飯 ワールドガイド 冒険者バイブル」なるものも同時に発売されるようで、ダブル予約完了。あと昨年末に 4Gamer でダンジョンゲー記事を書かせていただいたので、生活にダンジョンがないと死んでしまう系の人はゼヒ。
title
Xbox One / PC『Indivisible』、2月1日で Xbox ゲームパスのラインナップから外れる
 Xbox One 版と PC 版は別実績で、Xbox One 版は英語だったのだが、PC 版はなぜか日本語が入っていて、こいつぁラッキーだぜと思っていたら、早くもラインナップから……。遊ぶ側にも時間の都合があるんだから、そんなにすぐラインナップから外すのは……と思ったけど、よくよく考えたら去年の4月から始まったので、もうそろそろ1年になるのか。おかしいのは俺の時間の感覚だった。もう日がないけど、触れてみたい人はゼヒ。

2020年12月17日

1217

 ちょい忙しくてしばらく更新できなかったので、だいたい2週間ほど前からのニュースもまとめて……。

title
『アストロシティミニ』本日12月17日発売
 やっぱり、外部出力できるって良いぜ……。アストロシティミニ コントロールパッドも買ったので、かつてのアーケードゲームを家庭用機感覚で遊べるのも嬉しいが、本体備え付けのスティックも、動かすとカチカチと例の音がする作りで、デキが良い気がする。
 ボタン1つでクレジットをいくらでも投入できるから、先を見たいなら財力を投じるしかなかったゲームも存分に堪能できるぜぇ……と思ったら、『エイリアンシンドローム』はゲームオーバーになった時点で一旦タイトル画面に戻されるので、そうもいかない。他にもこういうタイトルはあるだろうけど、とりあえず『エイリアンシンドローム』に関しては 3DS の『セガ3D復刻アーカイブス3』に収録されているバージョンが圧倒的な完成度なので、俺のようなヘボプレイヤーはそちらで遊ぶのが良さそうだ。


『エイリアンストーム』ステージ前デモ。メガドライブ版ではカットされている。このデモが見たかったんだよ!


『エイリアンシンドローム』。二頭身キャラがカワイイ。しかし『エイリアンストーム』のカーラといい、黄色いボディスーツの女性キャラがやたら多い気がする。『宇宙戦艦ヤマト』の森雪の影響か……?


『ゴールデンアックス デスアダーの復讐』。プレイヤーキャラの中では唯一の女性キャラをケンタウルスにしてしまうセンスよ。


『アラビアンファイト』。ラマーヤ! 画像が粗いよ、ラマーヤ!

 事前情報以外に特に新発見はなさそうかな……と思っていたら、「BGMモード」なるものがあるらしく、「どこにあるんだ……」と探していたら、特定のタイトルのみ、ゲーム選択画面で右下のボタンを押すことで1曲のみ聴ける仕様のようだ。収録タイトルの全曲がサウンドテストできるならスゲェと思ったが、さすがにそれはさせてくれないか……。

 あと『アラビアンファイト』をやっていて感じたのが、コマンドで技が出るっぽいけど技表を確認する術がないこと。これは『ダークエッジ』にもいえる。今までのミニハードの説明書みたいに、各ゲームのインストカードを公式サイトで落とせたら良かったのだが……。アストロシティミニパーフェクトカタログなるものが1月26日に発売されるそうなので、これに期待するか……。
title
15 日連続で何かが貰える、Epic Games ストア「ホリデーセール」が本日から開始
 12月18日から毎日、何らかのソフトが無料で貰えるそうな。日本時間だと、深夜1~2時頃になるようだ。忘れそう……。
title
Nintendo Switch『サガ コレクション』配信開始(12月15日のニュース)
 ベタ移植なので、内容に関して特筆することはナシ。高速機能は BGM の速度はそのままなのがポイント高いが、移動時はこれくらいでいいものの、ザコ戦を高速で飛ばす目的であれば、さらに速くても良かった。3作ともエンカウント率が高いから、今やると、このへんはどうしても気になるところ。また、画面フィルターが、初代ゲームボーイの液晶画面を意識した緑色っぽいもの1種類しかないのは意外だった。
 あと、『魔界塔士 Sa・Ga』は後期バージョンのようで、バグ技の大半が潰されている。『サガ3』の敵で「チンドン」が出てきたのは確認したが、たしかこのへんは DS 版のときに修正されていた気もするので、「くいだおれ」とかもそのまま出てくるのかどうかは、進めてみないと分からない。現代だと問題があるような箇所は修正されているそうだが……。
title
Nintendo Switch Online ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン、12月18日に5タイトル追加
『くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』『ファイヤー・ファイティング』『すごいへべれけ』の4タイトルがスーパーファミコンから、ディスクシステムから『スマッシュピンポン』が追加。
title
『プレイステーションパーフェクトカタログ』上・下巻、12月26日発売
 ついに来たか……。ソフト数が尋常じゃないので、コレクターの確保と制作の手間の両面で実現しなかったと思うのだが、上下巻に分けての登場。これは速攻で予約。
title
Nintendo Switch / Steam『不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス』 に不具合、現在はアップデート済(7日のニュース)
 ヒッソリと購入して少しだけプレイしていたのだが、こんな恐ろしい不具合が……。知らなかった。 Steam 版は7日にアップデート済みで、Nintendo Switch 版は11日にアップデートされた模様。現在プレイ中の人も、これからの人も、アップデートは必ずされたし。
 しかし、このゲームの場合、正常終了しないと不正と見なされて所持アイテムをすべてロストして拠点に戻されるから、「ゲームが強制終了する」不具合が、超致命的な不具合と化している。前々から思っていたが、セーブは普通にプレイヤーが任意で記録するようにして、鍛えた武具をロストするような死に方をしたらロードできてもいいじゃん、と思う。スーファミ版初代、ニンテンドウ64の『2』、DC の『アスカ見参』は、風来日記のコピーでそれができた。強制オートセーブ&セーブデータ1つの仕様は緊張感を高めるためかもしれないが、緊張感は、最後の「全アイテム未識別ダンジョン」だけで充分だろう。
title
Nintendo Switch『Capcom Arcade Stadium』2021年2月予定(11日のニュース)
『ナムコットコレクション』の作りに似た、カプコンアーケードバージョンといったところだろうか。まず『1943 ~ミッドウェイ海戦~』が無料でもらえて、そこから DLC 形式で10タイトルずつ購入していくスタイル。『サイバーボッツ』『プロギアの嵐』といった、復刻系ではあまり見かけないタイトルもあって、良い感じ。
title
『月刊 妖 特別最終号』が電子書籍として配信開始(12日のニュース)
『真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER』の限定版に同梱されていた物の電子版。これはありがたい。これ目当てに限定版が欲しかったが、品薄&「アロマランプは要らないなぁ……」ということで断念していた。
title
Windows 10『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』
 12月3日に配信されたものの、妙にスピードが速い&ゲームを開始するとソフトが落ちるというバグがあったのだが、修正された模様。ただ、オープニングデモを見る限り、再生速度が異常に速いのはそのまま……? なにげに Xbox 実績ありで、Xbox のほうでは配信されていないという、実績目当てなら PC オンリーなタイトル。

2020年12月 5日

1205

title
PS4 / Xbox One / PC『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』昨日発売
 Xbox One 版は昨日の配信開始からずっと実績リストが表示されなかったのだが、5日の昼過ぎ辺りに、ようやく表示された。体験版からセーブデータを引き継ぐと実績はどうなるのか……が気になっていたが、懸念通り、体験版で通り過ぎた箇所で解除されるはずだった実績は解除されないまま。ふっかつのじゅもんで遡れば、レベルと所持金をそのままに戻れるので、最初からやるよりは早い。
 Xbox One 版と Windows 10 版は同実績で、Xbox One の体験版のセーブデータも PC から読み込むことができる。海外 Xbox One 版は別実績だが、言語が英語なので、たとえ実績マニアでも、日本版で1回クリアしてからがいいと思われる。なお、海外版にはふっかつのじゅもんシステムがない。

 Xbox Game Pass 対応なので、加入者はタダで遊べるのがありがたいところだが、現在、Xbox Game Pass ULTIMATE が3か月 100 円というキャンペーン中らしく、もしかしてこれを利用すれば、現在未加入者かつ Xbox を持っていない人でも Windows 10 版が 100 円で遊べるのでは……? 年末年始を含む3か月もあれば、大抵の人がクリアできるだろうし。3か月が過ぎる前に自動更新をオフにすればいいんじゃなかろうか。

2020年11月29日

1129

title
PS4 / Nintendo Switch / Steam / iOS/ Android『サガフロンティア リマスター』2021年夏予定
『2』と『3』をリマスターしたので、できれば『1』をリマスターしてロマサガ3作を揃えて欲しかったところだが、サガ関連に何も動きがないよりはいい。追加キャラのヒューズは PS1 版のときに攻略本で「泣く泣く削った」という話があったので、それを完成させたものだと思うが、他のキャラのシナリオに手を入れないのかは気になる。ブルー編はやっぱりラストバトル中に画面がセピア色になるのだろうか……。良い意味で気になるのは倍速機能。戦闘が8~9割を占めるともいえるゲームなので、これは嬉しい点。悪い意味で気になるのは、配信ハードに Xbox がないこと。な、なぜだっ……。

adbar