2021年10月23日

1023

title
Nintendo Switch『夢幻戦士ヴァリス COLLECTION』のダウンロード版予約が開始

 驚いたのは、この画像の背景。現権利元のエディアのロゴになっている。こ、これだけドット絵の修正が可能なら、コスチュームも作れたのでは……。

title
【個人的メモ】Polymega、28 日到着へ……

 荷物が UPS に渡ったのは確かだったのだが、なかなか「Label Create」から動かず。UPS は土日は動かないとかいう話を前にどっかで見た気がするので、こりゃあ来週まで動きなしか……と思っていたら、 「Shipped」になり、28 日到着予定とのこと。ようやく現実味を帯びてきた……。


2021年10月22日

1022

title
Limited Run で『Bloodrayne: Revamped』『Bloodrayne 2: Revamped』のパッケージ版予約が開始

 2日ほど前に 11 月 18 日に出るらしいというニュースがあった『Bloodrayne: Revamped』と『Bloodrayne 2: Revamped』。その PS4 / Nintendo Switch パッケージ版が Limited Run で予約開始となる。

 1作目のほうは日本語音声と字幕付きっぽいので、おそらく Steam 版『Terminal Cut』の移殖かなぁ。今年の5月頃に、突然 Steam 版に日本語字幕と音声が入るアップデートがあってビックリしたのだが、このコンソール版の発売を見据えてのことだったんだなぁと納得。Steam 版には実績がなかったので、トロフィー/実績が付くであろう PS4 版と Xbox One 版には期待。

 Limited Run パッケージ版の目玉は Collector's Edition のサントラかなぁと思うが、『Bloodrayne』は環境音だけのシーンも多く、あんまり、曲に印象がないんだよな……。

title
Strictly Limited Games で『パノラマコットン』『コットン100%』のパッケージ版予約が近日中に開始

 PS4 と Nintendo Switch のほかに、『パノラマコットン』はメガドライブ / Genesis カートリッジ版、 『コットン100%』は SNES カートリッジ版も用意されている模様。ただ、おそらく英語のみ……かなぁ。海外の Nintendo Switch ストアでは『パノラマコットン』と『コットン100%』が 10 月 29 日にリリース予定になっているのだが、「Supported Languages」が「English」のみになっているので、今後、国内展開があるのかどうかは不明。

title
Steam『Sa・Ga COLLECTION』配信開始

 Steam 版の配信に際して気になっていたのは、Steam 実績。どういう設定にしてくるかな……「全員モンスターでクリア」とかあるのかな……と思っていたのだが、これは稀に見るガッカリ実績。実質「クリアした」しかない。しかもアイコンの色が金・銀・銅を意識しており、そのうち PS にも来そうな……。


2021年10月21日

1021

title
Polymega、ついに発送メールが届く

 紆余曲折ありすぎて、もう実際に届くまで何も信じないことにしていたが、ついに、お前……届くのか? 早く無事に届いて、実在したと証明してくれ……!

 ちなみに俺は 2018 年9月 11 日に予約、注文番号は 770xx。2018 年に公式で予約したけどまだ発送されなくてやきもきしている人は参考にしてくれ……。


2021年10月19日

1019

 ここ1週間ほどのニュースをまとめて……。

title
PS4 / PS5 / Xbox One / Xbox Series X|S / Steam『ELDEN RING』延期、2022 年1月 21 日から2月 25 日へ(18 日のニュース)

 延期は残念だが、たった1か月の延期で大丈夫か? という気もする。年度末の問題もあるから、延ばせても3月が限度だろうけど……。

 11 月にはネットワークテストもあるようで、テスターを 10 月 31 日まで募集している。当選発表は 11 月8日。開発中のバージョンとはいえ、一足早く遊べるわけで、応募しておいた。こういうとき、少数派の Xbox は有利なはず……当たれ~当たれ~

title
「Nintendo Switch Online + 追加パック」プラン詳細が明らかに。10 月 26 日より開始(16 日のニュース)

 単月プランがなく、年間のみで税込 4,900 円。今までの年間プランにかかる額の倍なので、任天堂としてはだいぶ攻めてきた感がある。正直、もう少し安いと思っていた。新プランだと、PS や Xbox と比べても、だいたい同じくらいになる。こうなってくると、新プランへの移行具合はニンテンドウ64 とメガドラの今後のラインナップの充実次第になりそう。

title
FC / FC互換機用『バトルトード』11 月 25 日に延期(14 日のニュース)

 予約していたビックカメラ.com からも延期のお知らせが届いていた。「製造及び貨物の遅れ」だそうな。コロナの影響で、海外での荷物輸送はニュースになるレベルで遅延が発生しているらしいので、それ絡みかなぁ。


2021年10月 9日

1009

title
『零 ~濡鴉ノ巫女~』リマスター版では浮遊霊リストが復活

 リンク先は 4Gamer のインタビュー記事。何気なく読んでいたのだが、さりげなく「霊リストに浮遊霊や残影も登録されるようになった」と書かれていて驚いた。『濡鴉ノ巫女』では、それまでのシリーズにはあった浮遊霊リストがなくなっていて、当時はガッカリしたものだった。これはますます楽しみに。

 8月頃にあったファミ通.com のインタビュー記事を合わせて読むと分かるが、やはり今回のリマスターはシリーズ復活の狼煙になるかどうかの試金石のようだ。『零』シリーズはホラーゲームの代表格のようなネームバリューを持つが、おそらく、我々が思うほど売れていない。それが、続編が途絶えている理由なのだろう。

 初期3作の大ファンとしてはリマスターしまくってほしいし、シリーズを応援したいが、個人の力でどうこうできるものでもない。クラウドファンディングしてくれないかな……結構集まると思うんだけども。ひとまずは『濡鴉ノ巫女』を買ってやり込むとしよう……。

title
PS4 / PS5 / Xbox One / Xbox Series X|S / Nintendo Switch / Steam『RPGolf Legends』2022 年1月 20 日発売

 公式サイトはココ。たまたま見つけたのだが、これは『RPGolf』の続編なのか、1作目に追加要素をプラスしたものなのかが分からん……。前作は発想がおもしろかったものの、細かい部分がだいぶ雑な印象を受けたゲームだった。今回は果たして……。


2021年10月 5日

1005

title
PlayStation Store での PS3 および PS Vita 用コンテンツ購入に関する重要なお知らせ

 PS ユーザーにはメールが届いていると思うが、リンク先はそのメールを画像化したもの。同内容は公式の「重要なお知らせ」の一番上にもある。やっと落ち着いたかと思ったら、またかよ……という感じだし、またまた微妙に説明が分かりづらいが、今回はさほど深刻ではない。

 10 月 27 日以降に発生する問題は2つあって、CERO Z のダウンロードタイトルが購入できなくなることと、買い方に制限がかかること。

 PS3 / PS Vita でウォレットにチャージできなくなるのはクレジットカード、デビットカード、または PayPal などの支払い方法を利用した場合のみで、プレイステーション ストアカード/チケットでのチャージや、PC・スマホ、PS4・PS5 からであれば、引き続きチャージが可能。つまり、10 月 27 日以降に PS3 / PS Vita の PS Store で買い物をしたいなら、プレイステーション ストアカード/チケットを使うか、PS3 / PS Vita 以外を使い、必要な額をあらかじめチャージしておく必要がある。

 とりあえず急ぐべきは CERO Z のタイトル購入だろう。ウィキペディアにCERO レーティング 18 才以上のみ対象ソフトの一覧というページがあるので、ある程度の参考にはなる。ただ、このリストも完璧ではないので、気になるタイトルは結局自分でチェックしたほうがいい。

 ストアをザッと見た感じでは、『アサシンクリード』シリーズ、『グランド・セフト・オート』シリーズ、『真 流行り神』シリーズ、『ウォーキング・デッド』シリーズ、『ウォッチドッグス』、『THIEF』、『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』、『トゥームレイダー』シリーズ、『ボーダーランズ』シリーズ、『お姉チャンバラZ ~カグラ~ With NoNoNo!』、『KILLER IS DEAD』、『God of War』シリーズ、『NINJA GAIDEN』シリーズ、『コールオブデューティ』シリーズ、『バイオショック2』……あたりだろうか。

 ~シリーズ、としているのは、同じシリーズでも CERO Z とそうでないものが混在していることがあるから。そもそもダウンロード版が存在せず、パッケージ版しかないタイトルも多い。マニアックなところだと、PS2 アーカイブスの『グランド・セフト・オート サンアンドレアス』、『グランド・セフト・オート バイスシティ』も CERO Z。

 落ち着いて把握してみると、今回はそれほど問題でもない。トロフィーにこだわる人で、ディスク版だと読み込みが多くて困る……という人くらいだろうか。それも、CERO Z のものに限られる。著名なシリーズ・タイトルが多く、PS4 版やリマスター版がリリースされているものも多いので、「あの貴重なタイトルが遊べなくなる!」という事態にもならなさそう。

 しかし、PS3 の PS Store で購入ボタンが見えない問題はそのままだなぁ……。


2021年9月30日

0930

title
Steam で『NEOGEO POCKET COLOR SELECTION Vol.1 STEAM EDITION』が配信

『NEOGEO POCKET COLOR SELECTION Vol.1』が Steam に登場! まではいいのだが、 家庭用には入っていた『頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』を抜いて『クラッシュ ローラー』を足すという謎の処理。そして『頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』は単品で配信。『頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』はカプコンも絡むから、後々ややこしくなりそうなのを避けて今の内に分離したのだろうか。

title
『零 ~濡鴉ノ巫女~』のフォトモード

 リンク先は 4Gamer の記事で、特に新情報があるわけではないのだが、「ゲーム中に[L1]ボタンと[□]ボタンを同時に押すと,追加要素となるフォトモードにアクセスできる。」とある。これまでの情報を見る限りでは、このゲームのフォトモードは「本編とは別で、自分でキャラや幽霊を配置して写真を撮るモード」だと思っていたのだが、ゲーム中にいつでも起動できて、かつ、その場に新たにキャラ&幽霊も設置できる、ということなのだろうか。だとすると、だいぶ話は変わってくるので、良い感じ。

 さらに、キャラや幽霊の配置にはコストが設定されているので、無制限には配置できない……ということも新たに判明。これはまあ妥当というか、いくらハイスペック機でも次々と配置し続けていたらフリーズの原因になりかねない。しかも Nintendo Switch でも出るんだから、数はそれなりに絞られるだろう。

 とりあえず普通にフォトモードとして使用できそうだということが分かっただけでも収穫。


2021年9月27日

0927

title
『ミュージック フロム 悪魔城ドラキュラ』予約開始

 予定通りに予約が開始されたようで、コナミスタイルに収録曲等の詳細が出ている。Amazon でもページができているが、「メガジャケ付」とあって、メガジャケって何だ……と思ったら、Amazon 限定特典で、部屋に飾る用の巨大なジャケットらしい。コナミスタイルのほうは、赤と黒を両方セットで買った場合限定の特典として『月下の夜想曲』の MIDI 版 CD が付属。買うならコナミスタイル有利か……?

 今回新たに収録となる『黙示録 外伝』『ドラキュラXX』は「黒」、サターン版『月下』の追加曲は「赤」に収録。「赤」では『奪われた刻印』のレコード使用時の曲が追加されたりもしている。『悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX』との差異をザッと見る限りでは、ほぼ完全上位互換じゃなかろうか。『ドラキュラ伝説 ReBirth』も新収録かな、これは……。

 コナミスタイルの特典は、『MIDI POWER Pro 6 悪魔城ドラキュラX ~月下の夜想曲~』と『悪魔城ドラキュラ MIDI コレクション』の中の『月下の夜想曲』に関する曲を抜き出したセットだろうか。『悪魔城ドラキュラ MIDI コレクション』そのものを入れられなかったのは、参加アーティストの権利問題とかかなぁ……。

 とりあえず考え得る限りの『ドラキュラ』音源をすべてブッ込んできた感じだが、やはり問題は価格。どうするかな……。1枚あたり 1,100 円だから安い、1枚あたり 1,100 円だから安い……(と念仏のように唱えながら右往左往する)


2021年9月25日

0925

title
PS4 / PS5 / Xbox One / Nintendo Switch『ロードス島戦記-ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』12 月 16 日発売、予約も開始

 アップデートが落ち着いたことで、Steam 以外のプラットフォームへの展開も……と7月頃に俺が言っていたことが現実に。やっぱり、そうくるよなぁ。気になるのはパッケージ版の初回特典。サントラとスペシャルブックが付いてくるらしく、公式サイトに詳細が。クッ……エックスボクサーだけど特典に釣られて PS 版を買わざるを得ない、最近よく見るパターン……!

 Amazon(PS5PS4Nintendo Switch) 、ヨドバシカメラ(PS5PS4Nintendo Switch)、ビックカメラ(PS5PS4Nintendo Switch)等での予約開始も確認。いつも最安値を誇る Amazon だが、現時点では 400 円ほど他店に負けている。Amazon はだいたい発売までに競って値下げしてくるので、あとで下がりそうかな、これは……。

title
『ミュージック フロム 悪魔城ドラキュラ』12 月 15 日発売。9月 27 日より予約開始

『黒』と『赤』に分かれての BOX で、なんと各 13 枚組、計 26 枚。価格は、片方で税込 14,300 円。つまり両方買うと 28,600 円。漢を試される価格。

 とはいえ、以前に発売された CD 18 枚組の『悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX』は高騰&ポツポツと足りない曲もあり、パーフェクトではなかった。今回は CD 初収録となる『黙示録外伝』、『ドラキュラXX』、NES版「ドラキュラII」、NES版「悪魔城伝説」、そしてサターン版の追加 8 曲も収録されるらしい。

 シリーズの主要なサントラはダウンロード配信もされているが、MP3 なので、音質が 320 kbps 止まり。なんだかんだで CD にはかなわん。そこまでこだわらないにしても、配信されていない曲が多く収録されるというだけで価値がある。価格は高いが、28,600 円で 26 枚組ということは、1 枚あたり 1,100 円。そう考えると安く感じ……たいけど、3万の出費はキツいなぁ。とりあえず 27 日の予約開始と同時にもう少し情報が出るだろうから、待とう。

title
『Castlevania Advance Collection』の王冠マーク

 自分で作った攻略ページのチェックも兼ねて、とりあえず『暁月の円舞曲』をクリアしたところ、タイトルの選択画面の右下にある王冠マークが点灯。ソウルコンプリートのトロフィーはまだ取っていないので、「そのタイトルに関するトロフィー/実績をすべて取ったら」ではなく、「本編のクリア」のようだ。何だろう、気になるなぁ……。

 ちなみに国内版と海外版で王冠マークは共通のようで、海外版に変更しても王冠はついている。4作をクリアした人が出てくれば判明するだろうけど、早くてもあと2~3日は待たないとかな……。


2021年9月24日

Nintendo Switch Online 2021.09.24



 久々のニンテンドーダイレクト……と思ったら6月にもやってたので、そんなでもなかった。

 今回は時期的にゲームショウ間近なので、先駆けていろいろと発表してしまおうということだろう。おそらく、マルチプラットフォームタイトルについてはゲームショウで改めて発表されるものもあるんじゃないかなーと。『スプラトゥーン3』と『ベヨネッタ3』の続報もあったが、2022 年発売ということくらいで、詳細はまだ不明な点が多いので割愛。

title
Nintendo Switch Online 新プランでニンテンドウ 64 とメガドライブタイトルが追加、10 月後半にスタート予定

 Nintendo Switch Online にゲームボーイ系が来るというウワサをどっかで見たような気がするのだが、ニンテンドウ 64 とメガドライブだった。タイトルとプラン価格次第だけど、これは、こっちに移行しそうな人が多い気がする。これまでのプランも、そのままある。

 メガドライブタイトルは、以前のメガドライブミニからの流用感がスゴいが、メガドライブミニの目玉タイトルでもあった『バンパイアキラー』『魂斗羅 ハードコア』、そして国内版では収録されていなかった『エコー・ザ・ドルフィン』『ザ・スーパー忍II』『ぷよぷよ』『ストライダー飛竜』があるのは大きい。あと『Ristar the shooting star』はメガドライブミニにはなかったタイトルな気がする。今後の追加タイトルにも期待。海外のラインナップも気になるなぁ。

 また、専用の64コントローラとメガドライブコントローラも発売されるらしい。ファミコン/スーパーファミコンとは違って、現在のコントローラで代替できないボタンがあったりするので、これは欲しい。特に 64。

title
PS4 / Nintendo Switch / Steam / iOS / Android『アクトレイザー・ルネッサンス』発表、そして配信開始

 サプライズにも程がある。よく配信直前まで情報を完全に伏せきったな……。しかもダイレクト終了後に即配信開始。買ったわ。脊髄反射で買ったわ。音楽は昔のバージョンと切替可能、しかも追加ステージもあるそうな。

title
Nintendo Switch『Castlevania Advance Collection』発表、配信開始

 予想通り……! というか『悪魔城ドラキュラXX』を入れてくるとは……。バーチャルコンソールで配信されていたので、入れること自体はラクだったのかも。

 巻き戻し機能、クイックセーブ/ロード機能、ギャラリーモード、サウンドモードと、コレクションらしい機能はだいたい入っている。しかも、ゲームごとにメニューから「図鑑」が確認できて、アイテム/装備/ソウル/敵の一覧が見れる。これ、最初からフルオープンになってるのやべぇな……『暁月の円舞曲』の「こもんじょ」に書いてある内容が最初から見れるのやべぇな……。

 ていうか価格が 2,200 円ということと、配信開始がダイレクト終了後すぐというのは驚き。公式サイトができていて、PS4 / Xbox One / Steam で出るのは確定しているが、今日中に配信されるのかどうかもよく分からんし我慢できないのでもう買いますわ。他機種版はトロフィー/実績が付くだろうけど、そのときはもう1回買いますわ。

 ギャラリーモードには当時の箱パッケージや説明書の、国内・海外版が全部収録されていて、グッジョブすぎる。ていうかゲームそのものも、国内版・アメリカ版・ヨーロッパ版が選択できる。

 あと気になったのが、各タイトルの選択画面の右下にある王冠マーク。クリアしたら点灯するのだろうか……? だとしたら、そんな要素を入れた理由は一体……。何か隠し要素が……?

(※昼前に PS4 版Steam 版も配信開始を確認。午後には Xbox One 版も配信開始。)


adbar