2020年9月18日

0918

title
Nintendo Switch『スーパーマリオ 3Dコレクション』本日発売
『スーパーマリオ64』の画質向上っぷりが気になっていたので、早速ちょろっとだけやってみたが、グッジョブな仕上がり。Wii U バーチャルコンソール版とは別物で、ほぼリマスターといってもいいんじゃないだろうか。
 文字周りはこんな感じ(Wii UNintendo Switch)で、最初の広間はこんな感じ(Wii UNintendo Switch)。Wii U バーチャルコンソール版は画面が少し暗かったのだが、Nintendo Switch 版はそれが明るくなり、画面左上のマリオの残機数を示すアイコンや、画面右下のジュゲムのアイコンなどは描き直されているように見える。 マリオやキノピオなどのポリゴンモデルは大差ない感じだろうか。フォントは非常に似ている物を使っているというか、64版を元に、新たに作り直したんだろうか。ベタ移植かと思ったら意外と手間がかかっている。

 ただ、どこでもセーブ機能はないんだな、これ……。てっきり、あるものだと思い込んでいた。この点だけは、Wii U バーチャルコンソール版が優れている。くそう、ラクしてスター 120 個集めようと思ったのに……。

 久々でいろいろ忘れててよく分からんという人や、そもそも『マリオ64』初めてという人は、Wii U バーチャルコンソールの『スーパーマリオ64』のページから当時の取扱説明書の PDF がダウンロードできるので、これを読むといい。

2020年9月17日

0917

title
PS5、11月12日発売
 価格は 49,980 円(税抜)、ディスクレス型が 39,980 円(税抜)。大方の予想通り、Xbox Series X と同じとなったが、ディスクレス型の価格は PS5 のほうが 7,000 円も高い。これは、Xbox Series X のディスクレス型は性能そのものも落ちるからだろうか……? また、今回は発売日もたったの2日違いという接近戦に。あとは、まともに買えるのかどうかだが、果たして……。公式ブログでは PS5 の予約に関して「明日から順次、一部販売店にて開始」とあるので、18日からだろうか。興奮してきたな。
title
PS5『デモンズソウル』11月12日発売?
 公式ブログでさりげなく「PS5本体に合わせて発売を予定しており」と書いてあってビビった。マジかよ。な、なぜもっと大々的に宣伝しない。あくまで「予定」であって、出せるかどうかがまだ微妙に分からないのだろうか。あと、トレイラームービーがあったのだが、なんか消えてしまっているので、リンク先の URL は PS5 関連発表動画の中の『デモンズソウル』のパート。
title
PS5『ファイナルファンタジーXVI』発表
 FF15 がアレだっただけに、とりあえず FF7 リメイクを作りながら構想だけは練っているくらいの段階かなと思っていたら、もう作っていたとは。世界観は久々に中世っぽい……? でも、発売はまだまだ先だろうなぁ。

2020年9月16日

0916

title
Nintendo Switch Online スーパーファミコン、9月23日に4タイトル追加
 今回はすべてスーパーファミコンタイトルで、『スーパーテニス・ワールドサーキット』『スーパードンキーコング2』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』『ワイルドガンズ』の4本。トンキンハウス作品が初参戦か……? この調子で、パペパプーで有名なスーパーファミコン版『イースIII』が配信されたりしねぇかな……。
title
PS4 / Nintendo Switch『アレスタコレクション』12月24日発売
 問題は限定版。5つめのゲームギアミクロともいえる存在が同梱される他、拡大レンズ「ビッグウィンドーミクロ」を手に入れる別手段でもある。また、9月26日16:20からのセガアトラスTVにて続報があるとのこと。これはもしや、『武者』と『電忍』も来る流れか……と思ったが、すでに PV も上がっていて、PV 内で「4本」って言い切っちゃってるから、収録タイトル以外の何か別の特典だろうか……。明日17日から各店舗で予約が開始されるらしいが、考える前に予約しといたほうが良さそうだ。

2020年9月12日

0912

 1週間、早くない……?

title
初代『シャンティ』、Limited Run と BEEP で予約開始
 事前の予告通り、Limited Run で予約が開始。国内では BEEP が取り扱うらしく、こちらも予約開始している。10月11日までは予約を受け付けるようで、急がないと買えないということはなさそうだが、だからといってのんびりするメリットもない。
 BEEP のは価格が Limited Run より 3,000 円ほど高いが、Limited Run で買った場合も送料が 2,500 円くらいかかってしまうので、大差はないと思われる。それよりも、BEEP 特典で日本語の箱パッケージと説明書が付くってマジか。こっちも買っとくべきなのか。ちなみに BEEP 特典が付くのはあくまでゲームボーイカラー版だけのようで、Nintendo Switch 版は普通に北米版の輸入のようだ。普通にゲームができればそれでいいやという人は、ダウンロード版も出るはずなので、それを待つよろし。
title
Windows 10『魔界戦記ディスガイア4 Return』配信開始、Xbox ゲームパス対応
 Windows 10 で出るだけの話かなと思ったら、ちゃんと Xbox 実績があるようだ。オープニングからちょろっとだけやったが、2つほど実績が解除されたのを確認。ただ、現在は実績リストにタイトル名が出ないので、修正待ちかな、これは……(※追記:修正された模様)。しかし、なぜいきなり『4』からなのだろう。Steam には1作目から揃っているのに……って Steam にも『3』と『D2』はないのか。『D2』はトロフィーコンプ寸前までやり込んだなァ……いかん、また積みゲーを1つ思い出してしまった。
title
PS4 / Xbox One / PC『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 リメイク』2021年1月21日発売予定
 当時、PS2 版をかなりやった。タイトル通り、時間の巻き戻しがウリのゲームなのだが、何か失敗したらすぐ巻き戻せて……という要素よりも、なんか、敵の頭上を越えて背後からバサーッと斬って、また頭上を越えてバサーッの繰り返しで、随分とアクロバットな戦闘を延々と繰り返してた記憶があるぞ。
 海外では PS3 で『Prince of Persia Trilogy』という3作セットが出ていて、それに収録されているのだが、日本だと PS2 版以来となる。あれからもう 17 年だなんて……。遅すぎたリメイク。海外の公式サイトを見ると、マッキントッシュ版の初代『プリンス・オブ・ペルシャ』も遊べるっぽいが、たしか PS2 版にも初代が収録されていたので、同じやつだろうか。さすがに PS2 版に収録されていた初代は何版かなんて覚えてねぇ……。
title
『Xbox Sreies S』『Xbox Sreies X』11月10日発売。9月25日から予約受付開始
 PS5 と Xbox Series X は発売日と価格を頑なに伏せていて、もはやどっちが先に発表するかのチキンレースみたいになっていたが、どちらも前々から 11 月発売説が根強く、だとしたらもう2か月しかないぞという段階だったので、ようやくといった感じ。Xbox Series S はディスクレス型&やや性能が落ちる廉価版。その分、安いが、せっかくのハードスペックを考えると X 一択だろう。
 Xbox Series X は海外で 499 ドル、日本国内だと 49,980 円(税抜)。今の為替相場だと 499 ドル=53,000 円くらいで、これに消費税 10 %を加えると 58,000 円を超えるな……と思っていたのだが、少し遅れて国内での展開と価格が発表され、国内のほうが 3,000 円ほど安い計算に。PS5 と Xbox Series X は性能を考えると7万くらいいっちゃってもおかしくなかったので、正直ホッとした。PS5 も、これと大きくは違わないはず。

 特に Xbox Series X は互換性が幅広く、実質、今の Xbox One X の完全上位互換になると思うので、Xbox Series X 用タイトルで遊びたい物がなくても、買い換え需要が高いはず。かくいう俺の Xbox One X も最近調子がおかしいので、発売までもってくれと祈っているところだが、次は、ちゃんと買えるのかどうかの祈りに変わる……。
title
Nintendo Switch / Steam『不思議のダンジョン 風来のシレン 5plus フォーチュンタワーと運命のダイス』12月3日発売
 パッケージ版には特別冊子が付くそうなので、今回はそれ目当てにパッケージ版を予約しておいた。風来救助がワールドワイドになっているらしく、Steam 版は結構盛り上がりそうな気がする。ちなみに動画配信を意識した画面レイアウトも用意されているらしい。時代だなぁ……。

2020年9月 4日

0904

 完全に見落としていたのだが、昨日に「スーパーマリオブラザーズ35周年 Direct」が配信されていて、
その中でいろいろと発表があったようだ。個人的に気になったものだけメモ。

title
『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』11月13日発売、2021年3月末までの期間限定生産
 これもミニハード系の1つということになるのだろうか。ただ、収録タイトルが圧倒的に少なく、『スーパーマリオブラザーズ』の『1』と『2』、ゲーム&ウオッチ『ボール』の3作品のみ。ゲーム&ウオッチのタイトルをいろいろと詰め込んで外部出力も可能にしてくれていればもっと需要も高かったのではと思うが、スーパーマリオ35周年としての企画の1つなので、それだと趣旨からズレてしまうか。実際、この仕様でも、すでにどこも予約締切になるくらいには大人気。「期間限定生産」の文言が持つ攻撃力の高さよ……。完全なコレクターアイテムだと思うが、欲しい人はマメに各ショップ(Amazonヨドバシカメラ)をチェックするしかない。来年3月までとはいえ、まだ増産はするはず。
title
Nintendo Switch『スーパーマリオ 3Dコレクション』9月18日発売、2021年3月末までの期間限定販売
『スーパーマリオ64』『スーパーマリオサンシャイン』『スーパーマリオギャラクシー』の3本セット。『スーパーマリオ64』は Wii U バーチャルコンソール、『スーパーマリオギャラクシー』は Wii U でダウンロード販売されているが、『スーパーマリオサンシャイン』は初移植。しかも今回のは解像度の向上など改良されているようで、何より、パッケージ・ダウンロード版共に2021年3月までの期間限定販売という時点で、もう買う以外の選択肢がない。速攻で予約した(Amazonヨドバシカメラ)。しかし、発売日が9月18日というのは驚く。発売まで、あと2週間しかない。
title
『SUPER MARIO BROS. 35』10月1日~2021年3月31日まで期間限定無料配信
『テトリス99』のシステムを応用したと思われる、『スーパーマリオブラザーズ』を使ったバトルロイヤル。シンプルながら、おもしろそう。35周年だから「35」で、だからこそ期間限定なのだろうけど、普通に良コンテンツになり得るので、Nintendo Switch Online の1コンテンツとして常設すればいいのにと思わなくもない。
title
Nintendo Switch Online に『スーパーマリオコレクション』追加
『スーパーマリオコレクション』は 2010 年に Wii ソフトとしても期間限定で復刻しており、そのときにそれなりに楽しんだので……と思ったら、それがすでに 10 年前の出来事という……。

2020年9月 3日

0903

title
『アストロシティミニ』最後の 13 タイトルが発表
「来ねーかな」とか言ってた『アラビアンファイト』が本当に来て嬉しい。しかし全体的に、アストロシティというよりはもう少し昔のタイトルが多い印象。アストロシティ全盛期はカプコンの格ゲーが強い時期だった気もするが、こればっかりはゲーセンに出入りしていた時期の個人的印象にもよると思うので、そうとも言い切れないのかな。
 新たにいろんな特典付きの限定版(店舗別)も発表されたが、すでに予約している人も多いだろうに、後出しでこれは困るんじゃないだろうか。復刻インストカードとかパンフレット風クリアファイルは普通に単品で売ってほしい。あと、アストロシティに関してはまだ隠しネタがあるようで、9月末の東京ゲームショウオンラインのイベントで発表とか何とか。もう少しタイトルが追加されたりするのか、それとも違う方向性の何かなのか。
title
Xbox One『Touhou Luna Nights』本日配信開始、Xbox ゲームパスにも対応
 本日配信開始……なのだが、なんと Xbox ゲームパス対応。早速やってみたが、メトロイドヴァニアだけど結構アクション寄りかなぁ、これは。最初のボスで苦戦。この作品を経て『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』があるんだなぁとも感じさせられる。
title
Xbox One『Subnautica』国内配信開始、Xbox ゲームパスにも対応
 Xbox One 版は先日、国内でも配信開始されたのだが、それが早速 Xbox ゲームパス対応に。海外ではすでにゲームパスに対応していたので、本体設定を海外にすればプレイはできたのだが、それをせずにプレイできるのは助かる。ちなみに今年の3月頃に国内 PS4 版が発売したのだが、そのときに記事を書かせていただいた。ちょっとやってみて「よく分からん!」となったら、読んでみてほしい。
title
Xbox One『バイオハザード7』が Xbox ゲームパス対応に
『バイオ7』は発売当時にグロテスク Ver. を購入してクリアしたのだが、今回の Xbox ゲームパス対応は通常版とグロテスク Ver. の両方。つまり俺の場合、Xbox ゲームパスを利用して通常版の実績を解除するチャンス……なのだが、今年は『聖剣伝説3』以降の積みゲーが多すぎて、いよいよ時間停止の能力に目覚めないと時間が足りない。

2020年8月27日

0827

 なんかいろいろまとめて。全然新鮮じゃないニュースも混ざってます。

title
Nintendo Switch『Sa・Ga COLLECTION』12月15日配信開始
 ゲームボーイのサガ3作詰め合わせ。パッケージ版はなしのダウンロード専売。嬉しいけど、12月かよ! 動画を見る限りではほぼ完成してるっぽいし、ベタ移植にしてはまだ結構時間かかるのね……。
 高速モードは正直「やっとか……」という感じ。昔のゲームは「どこでもセーブ」と「高速化」を付けるだけで蘇る作品が山ほどある。「伊藤賢治氏の新たな楽曲も収録」ってとこが気になるけど、これはさすがにメニュー画面で流れる1曲だけとかそういうオチだろうなぁ。多分公式サイトで流れている曲のことではないかと思われる。「あらかじめダウンロード」も始まっていて、ダウンロードページの解説を見ると、海外版も収録されるらしい。これは地味に嬉しい。

 スクエニの e-STORE では限定版の予約も開始。サガ好きとしては買うだろ常識的に考えて……と思って同梱物を見たら、び、微妙。ゲームソフトはダウンロードコード、小説は過去の書籍に掲載されたものの再録で、小さく「※本商品は、後日単体で電子版販売の予定があります。」と書かれてるし、アレンジサントラも「※音源は、後日有料で頒布される可能性がございます。」と書かれてるし。「この限定版でしか手に入らないアイテム感」がまったくなく、いくらサガ繋がりとはいえ、ミンサガとかサガフロの攻略本に載ってた小説をまとめるのは違うのでは……。

 そこはホラ、ゲームボーイ版のパッケージを模した Nintendo Switch 用のゲームパッケージとか、過去の攻略本の復刻版セットとか、シルクハットの人のフィギュアとか、先生のフィギュアとか、チェーンソーのフィギュアとか、ワンダースワン版『魔界塔士 Sa・Ga』のダウンロードコードを収録とかさぁ。もっとマニア心をくすぐってくれよ!
title
PS4 / Nintendo Switch / Steam『ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド』2021年早春発売
 『モンスターワールドIV』のリメイク。これは期待。といっても、元のゲームの良さの大半があの可愛らしいドット絵にあると思うので、どう変えるのかが難しそう。今だと、本家はメガドライブミニに収録されていて、PS3 / Xbox360 でも 600 円くらいで配信されている。ちなみに PS3 のトロフィーと 360 の実績では微妙に内容が異なるんだよ。360 のほうは『モンスターワールドコレクション』だから『IV』以外の実績も入っていて、PS3 版は『IV』だけで販売されてるから、トロフィー内容は『IV』のみ。両方買ったから知ってるんだけどな!
title
『アストロシティミニ』収録タイトルが新たに13タイトル発表、発売日は12月17日に決定
 1週間前のニュースでアレだけど……。新たに発表されたタイトルは『コットン』『Shinobi』『シャドーダンサー』『サイバーポリス ESWAT』『クラックダウン』『ゲイングランド』『ぷよぷよ』『コラムス』『ボナンザブラザーズ』『イチダントアール』『ワンダーボーイ』『ワンダーボーイ モンスターランド』『ワンダーボーイIII モンスターレア』の13タイトル。正直、今回の発表は、発表済タイトルのシリーズ物やメガドライブに移植されているタイトルがほとんどで、驚きは少ない感じ。盛り上がりは、開幕の『コットン』がピークだった……。最後の13タイトルの発表は9月3日だそうな。
title
Xbox One『Touhou Luna Nights』9月3日配信開始
 Steam 版が昨年の2月に配信されたタイトル。東方の知識ほとんどないけど、メトロイドヴァニアとして評価の高い作品なので、良い機会かもしれない……。
title
『メガドライブコンプリートガイドデラックスwithマークIII』8月28日発売
 デラックス版商法が順調に進んでいる……。
title
『ALL ABOUT namco』インタビュー
 てっきり、昔の本をスキャンして終わりだと思っていたが、予想以上に手の込んだリメイク作業をしている模様。特に OCR でのテキスト取り込みは意外。でもたしかにこれをしないと、ただのスキャンでは小さい文字は潰れて読みづらくなったりすることがあるんだよな……。読んだ限りでは電子版の可能性がなさそう(?)な感じなので、Amazon で紙版を注文しておいた。高いのう高いのう。
title
Xbox One『ザ・コーマ2:ヴィシャスシスターズ』9月4日配信開始
 Xbox One 版は、『1』が国内未配信(※海外では配信されていて、日本語も収録)なのをなんとかしてからのほうがいいと思うけどなぁ。「本作は前作『ザ・コーマ:リカット』をプレイしていなくてもストーリーとゲーム内容ともにお楽しみいただけます。」とあるけど、やっぱりタイトルに「2」と付いている以上、普通は1作目が気になるだろう。ちなみに8月6日に Nintendo Switch で『1』『2』セットが発売されたところで、俺も買ったのだが、全然遊べていない……。今年は『聖剣伝説3』あたりから積みゲーが加速しつつある。

adbar