2018年2月23日

PS4 / PS Vita / Windows『聖剣伝説2 Secret of Mana』インプレッション

title


 ネット上では、すでに炎上に近いレベルで酷評を受けている、リメイク版『聖剣伝説2』。
 前作の時点で、シリーズを再始動するには不安の色が濃いデキだったので、個人的には大して驚いていない。
 内製か外注かは知らないが、今の聖剣スタッフに対してはリメイクのデキ云々以前に、技術的な不安がスゴい。

 ネットの評判を見ていると、まず大量のバグが大問題になっていて、その次に、アレンジされた音楽の不評、という感じ。
 音楽に関してはオリジナル版との切り替えが可能になっているので、傷は浅い。
 バグに関しても、さすがにアップデートで修正していくと思われるので、最悪のスタートではあるが、
 現在騒がれている点は、そのうち沈静化するのではないかと思われる。

 本当の問題は、それ以外の部分だ。

title title

 前作のリメイクのように、イベントシーンがキャラの立ち絵だけということはなくなり、
 力が入っているのが分かって良い……のだが、キャラクターもボイス付きで喋るのに、まさかの口パクなしという所業。
 ランディは、この半開きの口のまま、「お~い、皆 待ってくれよう」と喋る。
 金髪はボブ、三角帽子はネスだが、彼らもそれぞれ、への字口、口閉じのまま喋る。
 キャラクターが口を開けたまま、あるいは閉じたままで身振り手振り喋る姿は、いっこく堂を見ているかのようだ。
 なんというか、力を入れるべき所と抜くべき所の選別判断が……。

 そして、これだけは書いておきたい。
 前作もそういうところがあったが、開発陣がリングコマンドの意味をまったく理解していない。

 リングコマンドは、「現在のゲーム画面」を薄暗く表示しつつ、キャラクターを中心にアイコンを配置することで、
 現在のゲーム画面の情報を極力遮らずに、どのキャラクターのコマンド選択中であるかを
 視覚的に把握しやすくすることが利点のシステム。
 ドラクエのように階層ごとにウィンドウをいっぱい開いたり、場合によっては画面そのものを
 アイテム画面など別のものに切り替えて現在のゲーム画面から一旦切り離してしまうものが多い中、
 これは当時、画期的だった。

 それから25年経ってリメイクされたものが、これだ。

title

 リングコマンドの真ん中にキャラが来ておらず、ただ単に画面の真ん中にメニューをリング状に並べている。
 この場合のリングの意味って、何だろう。少なくともこれは『聖剣2』のリングコマンドではない、別の何かだ。

 これはランディとポポイの2人パーティー状態だが、リングコマンドをランディからポポイに移動してみよう。

title
ランディ

title
ポポイ

 ほとんど間違い探しだが、分かるだろうか。カーソルの色が水色なのがランディ、緑色がポポイである。
 リングコマンドがそのキャラ中心に移動しないという時点で衝撃だが、
 現在選択中のキャラを、なぜこんなに分かりづらくしたのだろう。
 リング自体をキャラ中心に展開して、選択中のキャラクターに応じてリングの位置をそれぞれのキャラに移動することが、
 なぜできなかったのだろうか。

title title
Wii U のバーチャルコンソール版『聖剣伝説2』より。
リングコマンドはこのようにキャラクターの周囲に配置され、選択したキャラクターに応じてリングごと移動する。


 一応、良い点もある。

・『聖剣2』のダッシュの性能はクセがあり、使いにくい印象が強かったが、「普通のダッシュ」になった。
・前作は、見た目は3Dなのに当たり判定が2Dになっているボスなどがいて、
 「アクションRPGなのに距離感がおかしくなる」という致命的な欠点を抱えていたが、
 今回はちゃんと当たり判定が3Dになっている。

 ……いかん、2つしかない。しかも後者は当たり前のことだった。

 ・ ・ ・

 音楽面についても少し書いておこう。

 今回の一部の曲は、曲が主張しすぎていて、ゲームミュージックであることを忘れている気がする。
 村や町の曲「夏の空色」は、本当にやかましい。このためだけにオプションで音量を下げようかと思ったくらいだ。

 

 元は、村や町を散策しているときに流れていた、ホッとする感じの曲だったが、
 今回はお祭りでも始まったのかというほどに重低音で「ド! ドド!」と攻撃的なサウンドになっている。
 海外ではすでにYouTubeで流されていたりするのだが、そのコメント欄では
「OH NONONONONOOOOOOOOOOOOO」
「I want to die.」
「What the hell,kikuta... what were you thinking. (なんてこった、菊田……一体どうしたんだ?)」
 と、だいたい日本と同じ反応。「wow they raped it hard」というコメントもあり、
 日本でよく言われている「原曲レイプ」すら世界共通語かよと驚かされる。

 これがアレンジアルバムに収録された曲なら別にいいと思うが、当時の感動を現代に蘇らせるための、
 どちらかというと原作に忠実なリメイク作品でこういうアレンジはマズいんじゃないかなぁと思わされる曲が多かった。

 今回の『聖剣2』の曲群は、複数の作曲家がアレンジャーとして参加する形になっている。
 そのせいもあって統一感はなく、上記のような問題も出ているわけだが、一番の問題は、そこではない。
 各作曲者たちは、おそらく、曲しか聴いていないのではないか。その曲に合わせてゲームをやってみていない。
 サントラなどでその曲だけを単独で聴くことを前提として曲を作っている気がするのだ。

 あと、当時はボイスがなく、フィールドでザコ敵と戦うときは、敵を攻撃した音とBGMのみが響いていた。
 おそらく、そのおかげもあって、各BGMが強く心に残っていたのではと思う。
 今回は武器を振るうときに「せやっ!」などの掛け声が入り、しかもそれが3キャラ分。
 結果、BGMを遮りまくりで、少々やかましく感じる。しかも、そのBGMも主張が激しいわけで。
 ゲームを構成する各要素たちが協調しておらず、全員が「俺が俺が」と前へ出ようとしている感じだ。

 音楽は人によっては感じ方が違うものだし、昔と同じにするなら、作り直す意味がない。
 今回はオリジナル版を手掛けた菊田氏が編曲を担当している曲も多いのだが、それが不評になっているものもある。
 同じ漫画家でも、昔と今で絵柄が違ったりするわけで、これは本当に難しい問題だろうなぁと思う。

 個人的には『シークレット・オブ・マナ・ジェネシス / 聖剣伝説2 アレンジアルバム』のノリでそのまま全曲作っちゃえば良かったんじゃないの、
 と思っているのだが、世間的にはこのアルバム自体が不評の部類のようなので、これまた難しい。正解がない。

 ただ、オリジナル版が優れていると感じる点は、メインメロディー部分が聴き取りやすいこと。
 当時は使える音色にも音数にも限りがあって、要らないものは極力削ぎ落す必要があったわけだが、
 それらが制限なく使えるようになった今、その成果がよく分かるというか。

 ・ ・ ・

 とりあえず、致命的なバグがいくつかあるようなので、アップデートを待ってから、最後までプレイしたいと思う。


2018年2月20日

PS4『ワンダと巨像』

title


 PS4 版『ワンダと巨像』クリアー&新規追加要素しゃぶり尽くし&トロフィーコンプリート。
 なんかここ1週間、ずっとワンダやってた気がする。
 攻略ページもがんばって作ったので、今後プレイ予定の人は役立ててくれい。
 やっとYouTubeを本格的に使い始めた。

 PS2 時代から好きなゲームではあったが、当時はタイムアタックモードの存在が、どうにも馴染めなかった。
 『ワンダと巨像』のゲーム性に対して、「タイムアタック」という急かされる要素が合っていないように感じられたし、
 思い出すだけで二度と戦いたくない巨像もチラホラ居た。
 古えの祠の頂上に登るために周回プレイだけはやったが、それでお腹いっぱいになっていたというのもある。

 しかし今回は新規追加要素があり、それを楽しむにはタイムアタックモードの制覇が必須となった。
 「仕方ねぇ、13年越しにやったろうじゃん……」と腰を据えて挑んだところ、
 当時よりはこのゲームを俯瞰して分析できるようになったのか、予想よりサクサク進めることができた。
 ……まあ、規定タイムが延びてたりして以前よりラクになってる巨像も居るから、そのおかげかもしれんけども。

 『ICO』『ワンダと巨像』『人喰いの大鷲トリコ』といった上田文人作品に見られる独特のカメラワークは悪い意味で健在なので、
 そこが原因でどうにもやりづらい場面もあったが、総合的には、元は13年前のゲームとは思えないほど楽しませてもらった。
 今回のリメイクはとにかく「映像美」なので、4K & HDR 対応の液晶ディスプレイを早く買わねば……と焦るゲーム。
 1080p でも圧倒されたので、マジ楽しみ。

 この調子で『ICO』リメイクもしてほしい。今作のフォトモードもゼヒ追加してほしいけど、
 できれば、霧の城をもうちょっと自由に探索できれば……。
 今回の『ワンダ』は、「あれ? 昔は、こんなとこ行けなかったよね?」というような場所にも
 ジャンプでガンガン登れるようになっていたので、そのあたりも嬉しかった。古えの地はマジで探索し尽くしたよ。
 ただ、空中庭園は、もっと上のほうも行ってみたかったなぁ……。


title



2018年1月21日

Nintendo Switch『迷宮の塔 トレジャーダンジョン』

 


 18日に Nintendo Switch で配信開始されたダウンロードソフト、『迷宮の塔 トレジャーダンジョン』
 その攻略ページを勢いで仕上げたった。俺の大事な週末が……。
 ハッキリ言って攻略サイトなんか要らないレベルのゲームなのだが、なんかこう、マッピング欲がフツフツと沸いてきてさ……。
 限りなく居ないと思うけど、このゲームやってる人、これからやる予定の人は参考にしてくれよな!


 PVを見て「オイオイ、『Legend of Grimrock』じゃん」という興味から買ってみたのだが、
 思った以上に『Legend of Grimrock』だった。「法的にセーフなのか?」と思ってしまうほど。

 『Legend of Grimrock』と比べるとかなり難度を下げた感じで、数時間で終わってしまうため、
 ボリューム的にも物足りなさはある。けど、この系統のゲームの入門編としてはいいんじゃなかろうか。
 難易度「難しい」にするとさすがに敵も強いので、歯応えを求める人は「難しい」一択。
 あるいは、偏ったパーティー編成で難易度「普通」あたりで挑むのもいいかもしれない。
 攻略ページ作るため、「簡単」と「普通」で2周クリアーして、「難しい」で3周目に入ったところまでやったよ……。

 全体的に『Legend of Grimrock』のイージー版みたいな感じなのだが、やはりマウス前提だったあの操作を
 コントローラですべて行わなければならない点が、このゲーム最大のネックかもしれない。
 ほとんどの人が、最初は操作に戸惑うと思う。ただ、『Legend of Grimrock』もそうだったが、
 まだまだ可能性を感じる戦闘システムなので、よりライトな入口が増えるのは大歓迎。
 戦闘の操作はもうちょい洗練できそうなので、発展させた次回作とか見てみたい。
 この辺りが上手くいけば、『Legend of Grimrock』のコンシューマ移植も夢ではないのでは……と思わなくもない。

 個人的には、このテの3DダンジョンRPGではカニ歩きがL・Rで旋回は十字キー派なので、
 それが逆になっている本作は、最初慣れるのが大変だった。キーコンフィグさえあればなァ。
(※アップデートでコンフィグに追加された模様。)

 あと、このゲームでは戦闘中の移動はほぼ封じられているようなものなのだが、
 これの有無で戦略性が格段に変わってくるので、ここはちょいと残念な点だった。
 おそらく、操作がよりややこしくなることと、プレイヤーが考えなければならないことが増えるのを嫌ったのだろう。
 ボス戦なんか、一歩も動けないガチの殴り合いだしな……。

 そういえば、ザコの敵キャラに既視感があったのだが、『Crypt of the Serpent King』の敵モデルだった。
 蜘蛛、蛇、オーガ、スケルトンあたりは、色違いだったり、そのままだったり。
 もしかして、海外ではフリー素材みたいな感じで使われている敵キャラなのだろうか……。


 こういうゲームが出てくると、また『Legend of Grimrock』やりたくなってくるし、『ダンジョンマスター』もやりたくなるし、
 『ダンジョン飯』も読み返したくなる。とばっちり的に『ウィザードリィ』もやりたくなってくる。
 ダンジョン繋がりで、去年に何を血迷ったか『トバルNo.1』のクエストモードを久しぶりにやったことまで思い出してくる。クッソ難しかった。
 当時は制覇して鳥山ロボを使えるようにしていたが、我ながら信じられん。



2018年1月12日

PS4 / Xbox One / Nintendo Switch / Windows『DARK SOULS REMASTERED』5月24日発売予定

 

 先日「リマスター云々」と書いていたら、早速正式発表に。
 PS4 / Xbox One / Nintendo Switch / Windows の4機種で5月24日発売予定。
 個人的には「Xboxで、日本語でプレイできるダークソウル1」というだけで胸熱。

 元々 PC 版が存在していたので 1080p 化までは難しくないだろうと思っていたが、
 公式サイトには「PS4 Pro や Xbox One X だと、さらに高精細になる」というようなことが書かれている。

 title

 やはりスイッチはハードスペック的にやや苦しいようで、ドックから外さなくても 30fps となる。
 とはいえ、本来これクラスのゲームをキッチリ動かすことを想定したハードではないと思うので、
 むしろドックから外して、720p で携帯機として『ダークソウル』が遊べることのスゴさを評価すべきだろう。

 実績マニアとしてはトロフィー/実績がどうなるかも気になるところ。
 以前は DLC を導入してもトロフィー/実績には無関係だったが、さすがに今回は最初から DLC 全部入りなだけに、
 DLC が絡んだ内容のトロフィー/実績があると見ていいだろう。
 武器や魔法コンプのトロフィー/実績にしても、DLC で新たに追加された物も含みそうだし、コンプは、やや面倒になるか。
 DLC のボス、強いんだよなぁ……。

 ・ ・ ・
 しかし、これでダークソウル1~3が現行機で出揃ったので、オススメもしやすくなった。
 「死にゲー」の代名詞みたいになっているゲームではあるが、「死にゲー」→「難しそう」というイメージを持たず、
 やってみてほしいなァと思う。当時とは違い、度重なるバージョンアップによってバランスも調整されているし、
 各ボスの攻略法も出揃っている。特にボス攻略は親切な動画が多数アップされているので、当時とは段違いに攻略しやすいハズ。
 ……でもまあ、今回が初ダークソウルな人は、初見のガーゴイルとスモウ&オーンスタイン戦は阿鼻叫喚だろうなぁ。

 PS4ユーザーならば、3作がセットになって豪華特典もりだくさんの「トリロジーセット」も出るようだが、
 お値段まさかの49,800円。特典の中の「ダークソウルアイテム事典」が欲しかったが、さすがに5万は出せん。
 ブックエンドが特に高そうなので、3作セット+サントラ+アイテム事典だけのセットとかも別に出してほしかったぜ……。


2018年1月 9日

さらば、Wii ショッピングチャンネル

 

 昨年9月に発表されたが、「Wii ショッピングチャンネル」で買い物をするためのポイントの追加が今年の3月27日で終了してしまう。
 ショップ自体は来年1月までやっているようなので、「ふええ……買うゲームが決まらないよぉ」という人は、
 とりあえず3月27日までにポイントだけでも買って突っ込んでおくといい。
 といっても、結構端数が出るから、無駄なくポイントを追加するのは至難の業なんだけどね……。

 狙い目は「Wii Ware」、「Wii U のバーチャルコンソールで配信されていないモノ」、「アーケード関連」。
 ネオジオ関連は「アーケードアーカイブス」で最近ハムスターががんばってくれているので、
 買うならば、そちらのほうが高画質かつ快適だろう。
 ……とはいえ、今後、ネオジオの全タイトルが確実に配信される保証などないので、
 思い入れのあるタイトルがあるなら、今のうちに確保しておくといいかもしれない。

 『悪魔城ドラキュラ』シリーズのファンなら、Wii Ware の『ドラキュラ伝説 Re:Birth』、
 『魂斗羅』シリーズのファンなら、同じく Wii Ware の『魂斗羅 Re:Birth』あたりも確保だろうか。
 ただ、この2つはシリーズの中でも特にクセが強いので、「シリーズファンならゼヒ」という定番のオススメ文句は使えない。

 『魂斗羅』といえば、2016年にリリースされたサントラ『魂斗羅クロニクル Vol.2 The Beginning of the Legends』の在庫が、
 ついに尽きてしまった模様。昨年末に買おうかどうしようかずーっと迷っていたのだが、いざなくなると、後悔の念に駆られる。

  

 Vol.1のほうはまだあるのだが、どちらかというとVol.2に収録されているラインナップがメジャーで、Vol.1は、ややマニアックな曲群だった。

 ちなみに似たようなサントラ話で、『夢幻戦士ヴァリス SOUND COLLECTION B』も品切れになっている。

  

 こちらもAとBに分かれてのリリースだったが、AはPCエンジンの『夢幻戦士ヴァリス』~『IV』と、
 メガドライブの『SDヴァリス』、スーパーファミコンの『SUPERヴァリス』の曲を収録したもの。
 BはPC-98版・ファミコン版・メガドライブ版の『夢幻戦士ヴァリス』と、X68000版の『ヴァリスII』を収録したもので、
 Bのほうがマニアックな曲群。『魂斗羅』とは逆の売れ方をしたことになる。
 『ヴァリス』ファンなのでこれは買っておいたのだが、ホッとしている。

 『忍者龍剣伝』も昨年にサントラが発売されたが、ゲームボーイ版とPCエンジン版は収録されていないので、
 バーチャルコンソールのPCエンジン版『忍者龍剣伝』を曲目当てに確保しておくか悩む。
 80年代の歌謡曲みたいなフレーズが混ざる1面の曲好き。

 

 『忍者龍剣伝』シリーズはどれもプレミア価格になりつつあるので、Wii のバーチャルコンソールであれば、
 PCエンジンのパッケージ版を買うよりは安く、場所も取らずに保管しておける。

 ・ ・ ・

 他にも Wii U のバーチャルコンソールで配信されていないモノは結構あるのだが、
 レトロフリークの登場で、そのあたりはだいぶ助かった。『旧約・女神転生』とか『風来のシレン』とか。
 Wii U のバーチャルコンソールはどこでもセーブがあるが、Wii のバーチャルコンソールには一時的な中断セーブしかないので、
 レトロフリークでできるものは除外したい。……けど、ソフトそのものがプレミア価格になりつつあるものは、
 Wii のバーチャルコンソールで買ったほうが安上がりだったりして、困りもの。


 アーケード版の『スプラッターハウス』『ローリングサンダー』『ローリングサンダー2』あたりも迷うところなのだが、
 スイッチで発売されている『ナムコミュージアム』に収録されているので、やるならこっちのほうが高画質&快適。
 公式サイトには書かれていないが、どこでもセーブできるからね、コレ。セーブ箇所は1つだけど。
 なぜこんな重要な情報を書かないのか……。

title
オンラインランキングシステムがあるが、ロードをしたデータではランキングに登録不可能になる。

 『スプラッターハウス』は、やっぱりナタで敵を斬り飛ばしたときの音がホームランみたいでイイなぁ、
 と頭カラッポ状態で遊んでいたのだが、YouTube にノーコンティニューどころかノーダメージクリアーという、
 とんでもない動画が上がっていた。

 後半には小ネタや安全地帯の紹介などもあり、とてもお得な動画。

 ・ ・ ・

 個人的には、アーケードの『エメラルディア』、PCエンジンの『悪魔城ドラキュラ 血の輪廻』あたりを確保しておいた。
 PSPの『悪魔城ドラキュラ Xクロニクル』に入ってるからいいかー、とも思ったが、
 「もう入手できなくなるバージョンがある」と考えると、どうしても確保しておかないと、という気持ちが……。

 あとは『ワルキューレの伝説』のアーケード版をどうしようかなぁ……と悩み中。
 ナムコミュージアムのVol.5にも入ってるけど、起動の面倒臭さを考えると……
 ……と思ったけど、Wii も、どっこいどっこいか。
 「このタイトルを今遊ぶには、この方法がベスト」的な一覧表を自作せねばならんのかもしれん……。

 あと、Wii のショッピングチャンネルでの購入履歴はアカウントに紐付けられているわけではなく、
 「購入した本体に対してのみ」なので、ハードの寿命や故障とともに遊べなくなる。大量に買い込むのも危険。
 そのへんを踏まえつつ、3月27日まで、あれやこれやと検討してみたい。



 
footer