2020年6月 3日

0603

title
PS Store で「Days of Play」セール(6月16日まで)
 いろいろセールになってるけど、PS Plus の 12 か月利用券が 30 %オフ。ちょうど昨年の今頃に買った1年分が切れそうなので、買っておくべきだろうか……と思いつつも、個人的にオンライン機能をほとんど使っておらず、フリープレイで何かもらうための出費と化しているのが気になる。
title
『ゲームギアミクロ』10月6日発売、全4色で税別 4,980 円
 小さすぎる本体、収録タイトルの少なさ、そして外部出力できないことに驚き。本体をここまで小さくするメリットは何かあるのだろうか。見づらいし、操作しづらいだろう。画面は 1.15 インチらしいが、1.15 インチ=対角 2.921 センチらしい。定規で測ってみてビックリだよ。収録タイトルも、さすがに4つは少ない。トドメに「4色全部買ったら拡大レンズ付き」って、商品として変なことになってんなぁという印象。レンズがないと見づらいってのを自ら肯定してしまっている。
 過去ハードの復刻ではなく、キーチェーンテトリスみたいな玩具としての方向性かなと思ったら、収録タイトルに『女神転生外伝 ラストバイブル』ってお前、がっつり腰据えじゃねーか。ダウンロードソフトで出してくれ。
 しかし、ちゃんとしたゲームギアミニと同時にこういう物も合わせて出すならまだ分かるけど、メガドライブミニの成功によって可能になったであろう、せっかくのゲームギア復活の機会をこういう形でフィニッシュしてしまっていいのか、セガよ……という気持ちはどうしても湧いてくる。

 収録タイトルと収録数はもうちょいがんばって、外部出力ありで、10,000~15,000 円前後で出してほしかった。ネオジオミニが 13,000 円くらいだったので、不可能ではないと思うんだが……。本体サイズは、スマホを横にしたくらいが丁度いいんじゃなかろうか。5,000 円の超絶ミニ本体が4つあっても、邪魔なだけだよ……。4つに分けたことで、えげつない商売感も増してしまった。

 Amazon楽天ブックスセガストアでの限定販売のみということだが、現時点ではどこも見事に売り切れており、Amazon では早速、品切れからの業者出品になっている。もしこれが元々コレクター向けの商売で、少数生産からの欲しい人に行き渡っての品切れならいいが、ほとんどが転売屋による買い占めだとしたら、もうホントどうしようもない……。ちなみに発売日までに生産数は増えると思われるので、欲しい人はちょくちょくチェックしてみるしかない。
 ……しかし、『女神転生外伝 ラストバイブル スペシャル』だけはやりたい。メガテンなのに、ゲームシステムをなぜか『ウィザードリィ』にガン振りした異端児。ハックされて外部出力が可能になる夢でも見るしかないのか……。

2020年5月30日

0530

title
Nintendo Switch『バイオショック コレクション』についてのメモ
 近年、Nintendo Switch にはハードスペックを超えたタイトルがどんどん移植されている気がするのだが、ついに『バイオショック』まで。しかもコレ、それぞれの追加コンテンツ入りの3作セットだからなぁ。あの小さいゲームカードによく入ったな……と思っていたら、「パッケージ版には、『バイオショック リマスター』、『バイオショック 2 リマスター』、『バイオショック インフィニット コンプリート・エディション』の序盤を収録した16GBのディスクが同梱されます。ゲームの後半コンテンツと追加コンテンツは、ダウンロードをする必要があります。 」とのこと。なかなか見ない形式。
 しかしダウンロード版のページによると、必要な容量が 12.5 GB になっていて、謎。3作は単品販売もやっているので、それぞれの容量を見てみると、『1』が 12.5 GB、『2』が 10.4 GB、『インフィニット』が 20.7 GB。合計 43 GB くらい要る計算になるが、「ダウンロードには最低 25 GB 必要」と書いてあって、もう何が何やら。もしかして、必要な容量の「12.5 GB」って、『1』だけをダウンロードした場合を指してるんだろうか。何にせよ、買う予定の人は気をつけられよ……。
 あと、PS4 と Xbox One でも『1』『2』『インフィニット』リマスター版の単品販売が始まったようで、この関係なのか、『バイオショック コレクション』のほうにもアップデートが来ている。何のアップデートだろう……。
title
いつの間にか、PS4 / PC 版『FF12』にアップデートが
 4月24日に、PC 版と PS4 版の FF12 に「ジョブのリセット機能」と「ガンビットを3セットに拡張」「ゲーム内のコンフィグ項目「MUSIC」に『OST』を追加」のアップデートが来ていた模様。でも「強くてニューゲームの強化(アイテム引き継ぎ)」だけはなさそう……? 後に発売された Xbox One 版と Nintendo Switch 版にはあった機能なんだけど、PC 版と PS4 版にはなかったので、PS4 版を買った FF12 スキーには嬉しいアップデート。発売から約1年経っているので、今更感はあるが、やっぱり要望が多かったんかな……。

2020年5月15日

0515

title
Nintendo Switch Online ファミリーコンピュータ & スーパーファミコン、5月20日に4タイトル追加
 ファミコンは『アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃』『ラフワールド』、スーパーファミコンは『スーパーパンチアウト!!』『パネルでポン』が追加。『アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃』と『ラフワールド』はバーチャルコンソールにもなかったタイトル。少しずつでいいので、貴重なタイトルをどんどん復刻していってほしい。
title
Nintendo Switch『LA-MULANA 1&2』、Amazon で予約受付中
 サントラ6枚付きの豪華 BOX は、あくまで「初回限定特典」なんだな……。てっきり、こういう形の限定版だと思っていた。Amazon だと 5,300 円くらいなので、かなりお得。そういえば、Xbox One の海外版『1』は少しだけ進めたのだが、PS Vita 版にあった図鑑がなかったのがショック。図鑑アプリ、どっかで手に入ったりするのだろうか……。
title
Nintendo Switch『NG』5月21日発売、同日に PS4 の廉価版も
 PS4 版は『EXPERIENCE SELECTION』として同日に発売。
title
Nintendo Switch『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』インタビュー(ファミ通.com)
 4月末に掲載されていたみたいだけど、見逃していた……。すでに記事の後編も。個人的に最も気になっていた「なぜ『re:charge』ではなく無印版なのか」について聞かれているが、この記事を読む限りでは、「とにかく、少しでも開発にかかる労力を削らないと無理だった」ということに尽きる感じだろうか。後編の記事では『九龍』と『魔人』の続編についても触れられているが、とにかくこのスイッチ版『九龍』が売れないことには何も始まらなさそう。売れてくれるといいなァ……と思うが、ゲームで使われている元素材やプログラムを作り直しているようなので、新たなバグが発生していないかヒヤヒヤ。今井秋芳作品は常にバグと隣り合わせだからなぁ……。

2020年4月30日

0430

title
Nintendo Switch『SNK GALS' FIGHTERS』本日配信開始
 税込 800 円という、意外な低価格。本作の移植自体も嬉しいが、ネオジオポケット作品の移植が可能な下地ができていると見て良さそうなのが最も朗報だろうか。壁紙のネオポケ本体カラーが豊富なのを手始めに、当時の液晶を模したフィルター(※本当にこんな感じだった)をかけられたり、当時の説明書(※すげぇ高画質)が見れたり、キー割り当て変更ができたり、画面は最大でここまでズームできたり巻き戻し機能があったり、海外版で再起動することもできたり、まさか2020年にこんな完璧な『GALS' FIGHTERS』が遊べるなんて……と感動。この流れで『水木しげるの妖怪写真館』を出してくれ。ネタで言ってるんじゃなくて、あれは本当におもしろかったぞ。
title
Nintendo Switch『ブリガンダイン ルーナジア戦記』体験版が本日配信開始
 今の時点で体験版を出すのは予想外だった。発売まであと2か月くらいあるぞ。体験版の容量は 1.5 ギガ、製品版の容量は 9.2 ギガらしい。とりあえず落としておいて、あとでやろう……。
title
PS4 / Nintendo Switch『インディヴィジブル 闇を祓う魂たち』7月16日発売
 Xbox One はダウンロード版すらもなさそう。海外 Xbox One では配信されているものの、英語。Steam 版は日本語化されたらしいので、遊ぶなら PS4 か Nintendo Switch か Steam か……。

2020年4月24日

0424

title
PS Store で GAME WEEK セール
 珍しく、『慟哭そして...』がセールに。PS4 版は 50 %オフ、PS Vita 版は 75 %オフ。PS Vita 版は中古相場も高いままで品薄傾向にあり、トロフィーが別なので確保しておいた。その他、『EVE burst error R』が 60 %オフ、『DESIRE remaster ver.』は 85 %オフなど。
title
PS4 / Xbox One / Nintendo Switch『La-mulana 1』8月6日発売、Nintendo Switch は1・2作目セットの限定版も
 春予定だったけど、だいぶズレ込んだ感じ。コロナ絡みかなぁ。1・2作目がセットになったパッケージの限定版も出るようだが、残念ながら Nintendo Switch 版のみ。Xbox One は分かるけど、まさか PS4 もダウンロード版のみとは。
 限定版は6枚組サントラと攻略本がセットになっているので欲しい……が、攻略本って、公式サイトで PDF 配信されているアレの紙版だろうか。
 そういえば、予約していた海外の限定版も届いたのだが、日本語が入っていなかった……。わざわざ日本語を抜くとは。しかし、ということは実績は日本語版とは別と思われる。
 しかし、海外限定版に入っていたサントラは1・2作目の曲が入って2枚組だったのだが、あと4枚も何が入っているんだ。La-Mulana のサントラは Amazon プライムでも配信されているが、なんか 75 曲もあるので、そういうのも全部入っているということだろうか。2作目の曲も、海外限定版のサントラに入っているもので全部ではないのかもしれない……。
title
レトロゲーム互換機『Polymega』7月9日発売
 これを書いている現在は「在庫切れ」表示だが、まだ商品情報が登録された段階なのか、予約が開始されて、もう品切れになったのか、どっちか分からん……。とりあえず、ちょくちょくチェックしてみるしかなさそう。
 2018 年9月に公式サイトで予約が開始され(※現在は公式サイトでの予約は終了している)、最初は 2019 年の4月に発売予定だった。それが夏予定に延び、9月予定に延び、秋予定に延び、昨年末に「2月に発売」と発表。そして今回、3月に入ってから「ベータ版の発送が4月から開始」になり、ベータ版の発送完了すら5月までかかり、それ以外の予約分は7月発売と発表された。2018 年9月の段階で予約しておいたのだが、正直、こんなにわけわからん延期を繰り返すとは思っていなかった……。最後の延期はコロナ絡みだろうけど。現在、やっとベータテスターの元に届いて、動画が投稿され始めている。YouTube で検索すると出てくるはず。各ゲームの動作などを確認したい人は、調べてみるといい。

 Polymega が画期的なのは、これまでの互換機では不可能だった CD 媒体のハードのゲームをインストールして遊べる点。Amazon の商品情報にある「BASE UNIT」で動くのは、PC エンジンの CD 系全部、メガCD、PS1、セガサターン、ネオジオCD。これに別ユニットを着けることで、NES、スーパーファミコン、PC エンジン Hu カード、メガドライブのカセットも起動可能になる。SNES とスーパーファミコン用のユニットや、メガドライブ用のユニットも Amazon で予約が始まっている。NES 用ユニットもあるが、現時点では NES のみで、ファミコンには対応していないようなので注意。あと、PCエンジンの Huカード用ユニットもあるはずなのだが、Amazon にはまだ登録されていないようだ。

 PS1 とセガサターンだけで膨大なタイトル数があるので、期待している……けど、もう延期はやめてくれよ……?

2020年4月23日

PS4 / Nintendo Switch / Steam『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』体験版

title

 1か月ほど前に体験版が配信されて、やってはいたのだが、「まあ、まだ日はあるし……」と思っていたらついに発売日を迎えてしまったので、今のうちに体験版の感想程度のものを書いておきたい。発売日ということで各メディアが製品版のレポートを上げている中、まさかの1か月前の体験版レポート。

『2』がアレだったので不安だったが、体験版をやってみた限りでは何の不安もない仕上がり。特に、ゲームシステムを 3D にしたのは正解。『1』と『2』のリメイクは、素材は 3D で作っておきながら、見せ方を 2D にすることにこだわったせいで変な不具合が色々とあったので、やっとまともなリメイクが出てきたという感じ。『聖剣』シリーズをしっかりとリブートするなら、いっそ、このシステムで『1』と『2』をもう一度リメイクしたほうがいいんじゃないだろうか。

title title
右スティック押し込みで敵をロックオン、□ボタンで回避行動が可能。敵の攻撃範囲は事前に分かるので、自分が範囲内にいたら回避しつつ、攻撃していく。スーパーファミコン版当時とは違って、「3D アクション RPG」というものと、その操作法のスタンダードが確立されている今だからこその取っ付きやすさと遊びやすさがある。
title title
必殺技はカットイン演出があるが、オプションで ON / OFF が可能。
title
街中でもジャンプできたり、気付きにくい場所にアイテムが隠されていたりと、探索する楽しみをちゃんと作っているのも好印象。

 名曲「Powell」も聴けて満足。特に変わったアレンジを施すこともなく、あくまで現代の音源で鳴らしました的な順当な進化。スーパーファミコン版のオリジナル音源も選択できる。あの印象的なドラムの音も、あえて再現している気がするが、うるさすぎない程度に調整されている感じで好感触。

title
BGM音源は、オプションでいつでもオリジナルとリメイクの切り替えが可能。

 あえて不満を挙げるなら、ダッシュが左スティック押し込みということだろうか。キャラチェンジが R2 / L2 ボタンに設定されているが、使用頻度を考えると、これとダッシュのボタンを入れ替えさせてほしい。キーコンフィグ機能はあるのだが、動作ごとに変更できるボタンが限られていて、ダッシュは「左スティック押し込み」「右スティック押し込み」「左右スティック同時押し込み」の3種類からしか選べない。まさか、背面ボタンアタッチメントがここで欲しくなるとは……。

 ……という内容を1か月前に手元にメモッていたのだが、発売日にダッシュに関するアップデートが行われるらしい。この書き方だとボタンはそのままかなーという感じだが、一度ダッシュボタンを押せば、立ち止まったりしてもダッシュ状態が継続されるようにできるみたいなので、それなら大丈夫か。しかし、わざわざこれだけアップデートするということは、結構寄せられた意見だったのかな……。

 スーパーファミコン版にはなかったスキルシステムなどの新要素もあり、レベルアップ時のパラメータ割り振りも合わせて、キャラクターの成長過程でカスタマイズの楽しみが広がっているのも良い。クラス3の上に、新たにクラス4も用意されているようで、パーティーの組み合わせの幅広さも考えると、長く遊べるのではないだろうか。できれば、工夫を凝らしたカスタマイズの見せ所として、スーパーファミコン版にはいなかった強敵の追加等があると完璧だと思うが……。

title
きっと後々輝くパラメータだと信じて、「運」に振ってみる……。

 体験版は、各キャラだいたい1時間半ほど遊べる。仲間の組み合わせもすべて試せるようで、セーブデータは製品版に引き継げるので、とりあえずどんな感じか試したい人は体験版をプレイしてみることをオススメする。体験版にかけた時間が無駄にならないのはいい。

 ・ ・ ・

 聖剣シリーズのリメイクは『1』『2』と続けて、正直ちょっと技術力不足を感じるデキだったことと、『1』と『2』に思い入れがある人がスタッフにいないのでは? とすら感じる、微妙な雑さと細かい配慮不足が目についた。
 そんな中での『3』は特にファンも多い作品だっただけにリメイクの重責は大きかったと思うが、新たなイメージイラストと、それに合わせたキャラクターのモデリング、ゲームシステム、BGM と、あらゆる面でリメイク3作の中では頭ひとつ抜けた最高峰のクオリティを見せている。時代に合わせて変えるべき所は変え、それでいて、オリジナルの良さを消さないよう、徹底的に配慮されている。カンタンなようでいて、難しい。このクオリティを『1』リメイクのときから出せていればなぁ。

title title
スーパーファミコン版当時の女性キャラ人気はリース一強だった記憶だが、今回のリメイクではアンジェラが随分と可愛くなっている。と言っても、性格も衣装も変わっていないが、やはり 3D モデルで見せられることの威力はスゴい。
title
ショップ店員は、やっぱり変な踊りを踊っている。このグラフィックでこれをやられると「何だコイツ……」感がスゴいが、この店員は『1』『2』と、もはや伝統なので、これで正解だろう。でもゲームボーイ版の1作目からそうだけど、聖剣ワールドの店員はなぜ踊るの……?

 サントラも早くも配信開始されていて(※サントラのパッケージ版はコロナの影響で未定に)、試聴で「Sacrifice Part Three」も、ちょっとだけ聴ける。『2』のラストバトルを経験した後で、『3』のラストバトル戦でこの BGM が流れるときの鳥肌よ……。

 あとは、バグさえなければ。こればっかりは発売してみないと分からないけど……。

■関連記事
PS4 / PS Vita / Windows『聖剣伝説2 Secret of Mana』
Nintendo Switch『聖剣伝説コレクション』レビュー
『シークレット・オブ・マナ・ジェネシス / 聖剣伝説2 アレンジアルバム』レビュー
iOS / Android / PS Vita『聖剣伝説』レビュー


2020年4月22日

0422

title
Nintendo Switch Online『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』の特別バージョンが2種類追加
 『トライアングルアタックバージョン」「クライマックスバージョン」が追加。既存タイトルの別バージョンとはいえ、2か月ぶりくらいのタイトル追加だろうか。『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』30周年の一環のようだ。
title
Xbox One / Windows『Gato Roboto』 配信開始
 昨年末に 4Gamer.net で書かせていただいたメトロイドヴァニア記事でもチョロッと紹介した、ネコが主人公の風変わりなメトロイドヴァニア。ありがたいことに Xbox Game Pass 対応なので、早速その恩恵にあずからせてもらおう……。Steam 版(※「日本語はサポートされていない」と記載されているが、日本語化されている)や Nintendo Switch 版は、すでに配信されている。Xbox Game Pass 対応の Windows 版も配信されているが、実績に対応しているのは Xbox One 版のみ。

adbar