2017年10月 6日

2冊のミニスーファミ本

 ついにミニスーファミが発売となったが、買えるメドは立っていない……。
 ただ、今回は多く製造したというだけはあって転売価格の低下が早いので、
 年内には普通に買えるようになるのでは……と楽観視している。

 というわけで寂しさを紛らわすために、同時発売された2冊の本、
 『スーパーファミコン通信 ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン発売記念スペシャル号』
 『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine ミニスーパーファミコン特集号』
 の、比較レビューでも。

title  title

●DVDのファミマガ、企画のファミ通

 両誌はミニファミコンのときにもこうした本を出していて、そのときも両方とも購入して比較してみたのだが、
 ファミマガのほうは、当時掲載されていた雑誌の攻略情報のページなどをそのままスキャンしてPDF化。
 それらを大量に収録した付録DVDの情報量・価値が高かったため、全体的にファミマガ優勢な感じだった。

 ファミ通のほうは、ペーパークラフトやら、有名クリエイターたちに「あと1本追加できるとしたら何を入れたい?」の質問、
 当時を回想する高橋名人と毛利名人の対談……などが目玉だったろうか。
 クリエイターたちへの質問は、今回の本でも同様におこなっている。

title title
こちらは、ミニファミコンのときの両誌。

 今回もファミマガの付録DVDは圧巻の量だが、ファミ通側も負けていない。
 なんと当時の攻略本である、
 ・『ゼルダの伝説 神々のトライフォースのすべてがわかる本』
 ・『ファイアーエムブレム 紋章の謎 攻略の手引き』
 ・『星のカービィ スーパーデラックス ふわふわ大図鑑』

 の、3冊のデジタルデータを丸ごと付録につけている。

title title title
どれも古い本だが、『ゼルダの伝説 神々のトライフォースのすべてがわかる本』にいたっては、
そもそもAmazonに登録されていないほど。

 DVDではなく、BOOK WALKERで読める電子書籍のダウンロードコード形式なので、ちょいと手間ではあるが、
 スマホやタブレットはもちろん、PCで読めるアプリもあるので、Kindle と大差はない。
 なお、ダウンロードコードには期限があり、2018年10月4日までとなっているので注意。

 もし収録タイトルすべての攻略本が付いていたらさすがにファミ通の完勝だったが、
 双方、自社の強みである過去の資産をフル活用してきたなという感じ。
 というか、こういう機会に過去の攻略本を電子書籍化して売ればいいのに、と思う。
 古い物は貴重で入手困難なものも多いから、価格次第では、ミニスーファミを買わない人も買う可能性がある。
 これもまた何か権利関係やら、電子化の作業の労力に対して売上が期待できないとかの問題なのかなぁ……。

 そして一番驚いたのが、このファミ通の本の宣伝がファミマガに載っていること。
 その逆で、ファミ通のほうにもファミマガの宣伝が載っていた。
 争って共倒れになってる場合じゃねーぞということなのか、
 お互いに宣伝し合っても「ミニスーファミが琴線に触れる層なら確実に両方買うだろう」という目論見の上でのことなのか。


●内容の比較

 ファミマガは『スターフォックス』と『スターフォックス2』の攻略を小冊子で付けているが、
 『2』に関しては、ファミ通も本誌内で攻略。結果的に『スターフォックス2』は両誌とも15ページ前後で攻略している。
 両誌とも全タイトルの軽い紹介記事があるが、その濃さは、ややファミマガ優勢。

 今回のファミ通はミニファミコンのときと比べると60ページほど増量しているが、
 そのほとんどは、過去のファミ通からの攻略ページの再掲載。
 だが、掲載している攻略ページは『スーパーマリオワールド』『スーパーマリオカート』
 『スーパーストリートファイターII』『スーパードンキーコング』の4タイトルに絞られており、
 それ以外のタイトルについては、前半のページで軽く紹介するだけに留まっている。
 攻略内容のボリュームは良いものの、対象が4タイトルのみという点がネックだろうか。

 一方のファミマガは付録DVDに収録の攻略ページスキャンPDFで全タイトルをカバーしてはいるが、
 充分とはいえないタイトルも多い。『パネルでポン』なんか、実質、当時の紹介記事2ページのみである。

 ただ、『スーパーマリオワールド』や『スーパーストリートファイターII』は当時の付録だった小冊子がそのまま全ページ収録されていて、
 『スーパーマリオワールド』の場合は4号に渡ってちょっとずつ攻略内容が進行していた小冊子がフル収録されているため、
 ラスト辺りまでのステージが完全攻略レベルで載っている。
 クッパ城どころかスペシャルゾーンのコースまで攻略しているので、『スーパーマリオワールド』に関しては攻略本相当の価値。
 当時の雑誌の力の入れ方にもよるのだろうが、当時あまり特集されていなかったタイトルに関しては素材がなかったのかなという感じ。
 タイトルによってデータ量が全然違うが、それでも総合的に見るとファミマガ優勢だろうか。

 ・ ・ ・

 価格はファミ通が194ページで税抜925円、ファミマガが96ページで税抜1,833円。
 ファミマガはほぼ倍の価格だが、さすがにDVDが付録となると価格が上がるのは仕方ないし、
 DVDのボリュームがスゴいので、価格に見合った……というか確実にそれ以上の価値はある。
 総合的には、今回もファミマガに軍配が上がる感じだろうか。参考になれば、幸い。

 ただ、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』『ファイアーエムブレム 紋章の謎』『星のカービィ スーパーデラックス』
 の3タイトルについては、デジタル攻略本が丸々付いているファミ通の圧勝。
 ファミ通はKindle版も同時発売しているので、入手のしやすさや場所の取らなさでは強い。

 結論を言うと、どっちも買っておけ。
 ファミマガは言うまでもないけど、ファミ通のほうも、3冊の攻略本データだけでも1,000円は安い。

 ミニスーファミ買えなくても、ソフトをレトロフリークにでも突っ込んでプレイすればいいさ……。



2017年10月 5日

読み返すために……

 気付けば、4か月も空いてしまった……。
 やっぱり、何かと書き残しておかないと、わりとマジで「この期間、何があったっけ」となったり、
 あとで自分で読み返す楽しみがなくなるので、継続的に何か書いておかないとイカンなぁと反省。
 読み返す楽しみを得るために書く、新世紀オナニー。
 イェーイ、数年後の自分、見てるー? こちらは現在、ミニスーファミの転売屋がウザいで~す。

 というわけで、書き残すというほどでもないのだけど、メモッておきたいことが。


 title

 ↑のリンク先は、2年ほど前に開催されたベーマガ関連トークイベントの第2弾の告知なのだが、
 登場する人たちのリストを見て驚いた。


 title

 つぐ美さんって実在してたのか……。ファミ通でいう森下万里子のような存在だと思ってたよ。

 ベーマガは、時代の流れに飲み込まれて消えた雑誌のひとつではあるのだけど、
 今もしKindleなどで過去のバックナンバーが安く読めたら、余裕で片っ端から買う。
 少しでも読み返したいと思える雑誌は、良い雑誌であった証拠だと思う。

 血気盛んな山下章の記事も読みたいし、読者の闘技場も読み返したい。
 見城こうじと萩の月ネタも読み返したいし、堕天使・悪キューレも読み返したい。
 プログラムのページすら読み返したいし、プログラムページの欄外に載っていた、他愛もない掛け合いですら読み返したい。
 現状、読み返せるのが『パソコン・レクチャー』だけだなんて……。

title
『パソコン・レクチャー』より。嗚呼、愛すべき90年代のノリと絵柄。
一見、全然パソコンと関係ないけど、さりげなく本題と絡んでくる導入だったり、
よくよく考えたら祝日に全員出社してるって相当ブラックだけど、やってることがおかしいのでセーフ。

 今は亡き雑誌『ゲームサイド』で、私が在籍していた頃の読者ページにおける編集部員の会話文はすべて私が書いていたのだが、
 ここから受けた影響は強かったと思う。

 『ユーゲー』時代はともかく、『ゲームサイド』になってからの読者ページでの会話ときたら、事務報告みたいな平坦な会話文で、
 「つまらない」を通り越して、お通夜みたいになっていたので、「こんなんで読者がハガキを送りたくなるわけないだろう!」と
 改革を試みたのだった。編集部員の分かりやすいキャラクター性や「楽しげな雰囲気」は雑誌として絶対に大事だと思ったので。
 そういったテイストの好みは人それぞれなので、もし、当時そういうのがイヤだなーと感じた人が居たら、スマン。
 良かったと感じてくれた人が居たら、ありがとう。

 ちなみに『パソコン・レクチャー』も、いつの間にか④まで出ているので、ベーマガファンは要チェックや!(スラムダンク)
 私はもちろん全部購入済み。全部買っても400円って……。

 ……というわけで、期せずして "読み返したい"……というキーワードで冒頭と内容が繋がり、ひとりでニヤついているわけですが、
 読み返したくなるものを目指して、コツコツ書いていきたいと思います。
 ……とか書くとハードルが高くなるので、ぼやきみたいな内容でいいから書こう。
 「アマゾンって、高額の買い物のときだけ、やたら発送が早くない?」とか。


 ■関連記事:くりひろし『パソコン・レクチャー② Dr.Dとつぐ美の新パソコン・レクチャー(1)』



2017年6月 3日

NS『聖剣伝説コレクション』レビュー

 title


 ゲームボーイ版の『1』、スーパーファミコン版の『2』と『3』の計3作を収録したソフト。
 スーパーファミコン版の『2』以外は初の復刻で、今までバーチャルコンソールにもなかったので、復刻の価値は高い。

 実際に買ってみて初めて知ったことといえば、クイックセーブ/ロードが可能ということ。
 昔のゲームを今の時代に遊ぶにあたって、これの有無は非常に大事なことだと思うのだが、
 なんで、もっと大々的に宣伝しないかなぁ。あってホントに良かった。
 公式サイトAmazonの商品ページに載せておくべき、重要な情報だと思う。
(※後日、公式サイトにてクイックセーブデータについての解説や、当時の取扱説明書などが掲載された模様。)

title
クイックセーブは1作ごとに3か所ずつ保存しておける。


 その他、サウンドテストも搭載。ここのインタビュー記事を読む限りでは、実機で聴こえる音を徹底的に再現したらしいので、
 サントラを持っている人でも、価値の高い機能となっている。

title
あの名曲『Powell』も聴き放題。
欲を言えば、曲ごとに、その曲が流れる場面の画面写真 or 動画を映し出してほしかった気もするが、
終盤の曲だとネタバレにもなってしまうのでダメか……。


 バーチャルコンソールの平均価格を考えると、3作で税抜4,800円という価格は高く感じるが、
 『セガ3D復刻アーカイブス』シリーズを手掛けたM2によるものなので、丁寧な復刻には絶大な安心感がある。
 画面モードも豊富で、大きめ・小さめ・ドットクッキリ・ドットぼかしに加え、ゲームボーイ版は色味の変化も多彩。
 Amazonの商品ページにある画面写真は、一体どこから引っ張ってきた画像なんだという画質の悪さなので、スゴい損してる気がする。
 「実際は、こんなにキレイなんだぜ」という意味も込めて、実際に使えるすべての画面モードの写真を以下に載せておきたい。


 ※↓の画面写真は、実際のフルサイズ(1920×1080)でキャプチャーしたものを掲載している。
 クリックすると巨大な画像になるので、閲覧環境によっては注意。


title title
ゲームボーイ版・画面グレー

title title
ゲームボーイ版・画面赤(スーパーゲームボーイ時の再現)

title title
ゲームボーイ版・画面緑(ゲームボーイ時の再現)

title title
スーパーファミコン版・ドットクッキリ

title title
スーパーファミコン版・ドットぼやけ


 欲を言えば当時の資料や、パッケージ・説明書、広告なども収録してくれると嬉しかったが、
 その辺りはまったくなかったのが残念といえば残念か。


 基本的にベタ移植だし、移植具合は関しては完璧なので、何の文句もないデキ。
 ただ、『2』に関しては、当時からそうだったのだが、デフォルトの決定ボタンがBなのが、ちょっと厄介。
 クイックセーブの画面を開いたときの決定ボタンはAなので、ゲーム中にクイックセーブ/ロードをするとき、感覚が狂う。
 幸い、『2』にはキーコンフィグ機能があるので、↓の画面のように設定すると、Aで決定、Bでキャンセルにできる。

title
個人的なオススメ設定だけど、人によっては余計に混乱するかもしれないので、お好みで。


●総括

 3作とも軽くプレイしてみたが、どれもストレスなく、快適に遊ぶことができた。
 据え置きモードでやるときはNintendo Switch Proコントローラーでのプレイをオススメしたい。
 このコントローラは価格がお高いが、手に持ったときのシックリ感や、コードレス状態での充電池の持ちが長く、
 これまでの個人的ベストコントローラだったXbox360のコントローラを超えていると感じる。
 『ゼルダ』でも、このコントローラにお世話になっている。……中盤で止まってるけど。

 どれも古いゲームだが、今遊んでも古さを感じさせず、特に『2』と『3』を比較してみると、
 当時のスクウェアのドット絵黄金期時代のこだわりというか執念が感じられる。
 『2』はバーチャルコンソールでも配信されているが、このスイッチ版はバーチャルコンソール版特有の画面の暗さやぼやけもなく、
 明るくクッキリとした画面で楽しめる。聖剣シリーズを遊ぶなら、現時点での決定版といえる。


 このソフトは、スクエニ的にはニンテンドースイッチにまだソフトが不足しているこの時期に出すという "スピード" も重要だったはずで、
 そこを守りつつ、手を抜かない丁寧な移植を両立したという点でも、グッジョブな品。

 ただ、リメイク版の『聖剣伝説』も一緒に入れちゃって良かったんじゃないかなーという気もする。
 価格的には、そこまで入っていれば文句ないし、リメイク版の『聖剣』はまだやっていないという人や、
 「この3作のベタ移植だけじゃなぁ……」という人にも、最後の一押しになるし。
 でも、今回の収録タイトルはすべて過去に任天堂ハードで発売されたものなので、なんかそのへんの制約もあるのかなぁと思ったり。


 そういえば、『2』が記憶以上に難しくて驚いた。「こんなんだったっけ!?」と。
 敵の攻撃を受けるとダウンするのだが、ダウン中にもダメージ判定があるため、軽いハメ状態になって嬲り殺しにされることも多い。
 最初のボスのマンティスアントも、やたら気絶状態にさせられる攻撃が多く、「最初のボスがこんなことしてきたらダメだろ……」というレベル。
 この戦闘では死んでもいくらでも復活できるが、正直、何回復活したか分からんほど。


 とりあえず、『1』でレベル99になったときに無限レベルアップを繰り返すバグと、
 『2』のマナの剣が作れる裏技は潰されているのかの確認をしたいけど、どっちも、終盤までやらないと確認できないんだよな……。
 インタビュー記事を読む限りではでは致命的なバグは潰したらしいから多分できないとは思うけど、
 マナの剣に関しては、何らかの方法で作れてしまったほうがロマンがあるな……。

 あと、ポプテピピックでもネタにされている「ヘルサザンクロス」でクスッとするためにも、みんなもっと『聖剣伝説3』をやるといいと思います。



2017年4月 5日

スターオーシャン3 HDリマスター

 title


 なんかリマスターの話題続きでアレだけど、3月末にヒッソリと来ていた『スターオーシャン3』のHDリマスター。
 発表時に「2017年予定」とか言っていた気がするから、まだまだ先かと思ったら、もう配信とは……。
 まだ軽く触ってみた程度だが、ほんのりとボヤケ感はあるものの、予想以上にキレイで、
 このレベルでリマスターできるなら、PS2時代の資産活用、全然アリだなぁと思う。

 結構な年月の経過なので、「前に遊んだゲームをまた遊ぶのか」という感覚は薄いし、
 何より読み込み時間がほぼ皆無で、セーブも速く、快適。
 トロフィー付けてくれたらモチベーションが上がるという人も居るだろう。
 昔と違って、画面写真なり動画なり、プレイの過程を気軽に記録する手段も増えたので、
 リマスターという名の復刻は、どんどんやってほしい。
 自分で記憶しておくしかなかったゲームの思い出を、形あるものとして気軽に残せる時代って……素敵やん?


 title
 この角度で見ると下ぶくれみたいな顔の造形に、時代を感じる……。


 なお、オプションで画面サイズを16:9モードにすると、メニュー画面とイベントシーンの会話ウィンドウが
 ビローンと横長になってしまうので、4:3でやっている。
 ゲーム画面自体は16:9に完全対応しているっぽいだけに、残念。

 この辺りの仕様は当時そのままで、ちょうど、ゲームで「16:9モード」とか「プログレッシブ」とかの単語を聞き始めた頃だった。
 当時はまだまだ4:3のモニタが主流で、ワイドテレビへ対応するためのオプション項目だったように思う。
 「そんな、一部の人しか使わんようなオプションをわざわざ用意せんでも」という感じだったが、
 まさか、16:9が主流になった2017年になってから、リマスター時に役に立つことになろうとは、当時作った人も夢にも思うまい。

 ↓参考までに、左が4:3モード、右が16:9モード。


 title title

 title title


 気になるトロフィー内容は、「FDモードでクリアー」と「バトルコレクションを80%収集する」があるので、
 コンプリートは、ちょっと大変そう。難しさというよりは、時間的な意味で。
 あと、前作『2』のPS4版リマスターのときは、妙なバグやらミスやらで、その移植度には随分と文句が言われていたが、
 今回は騒がれていないところを見ると、大丈夫そう……?

 ただ、視点操作が右スティックではなく、L1・R1の時代の産物なので、そこだけは少々やりづらい。
 この程度はキーコンフィグでどうにかならなかったものかとは思う。

 以前、久々にPS1の初代『アーマード・コア』をやったときも、視点の上下がLRでやりづらく、
 「ここさえなんとかなれば、今でも楽しいのになァ、これ……」と、惜しさ炸裂だった。
 「視点操作はL1・R1から右スティックへ」というのは、ここ十数年の間で変化した「ゲームのお約束」の中でも、
 かなり大きいものだと思う。ここがネックで、昔の『天誅』も、今やると操作が結構キツい。

 その一方で、『スターオーシャン3』の戦闘は当時から完成度が高かったと思う。
 3Dのフィールドをリアルタイムに自由に動き回れるタイプの戦闘では、今なおトップクラスじゃなかろうか。
 ↓この動画の、1分8秒くらいからのリフティングは見もの。
 "最高難易度の最強隠しボスを、君とリフティングするRPG"。(テイルズ風に)



 あと、元々高かったのか、今回のリメイクで高騰したのかは分からないが、攻略本が4,980円とかになっててワロタ。
 こういうのに合わせて、格安で電子書籍で出せばいいのに……。


 しかし、昨年末から個人的に気になるゲームのリリースが続いていて、積みゲーがスゴい速さで増えていく。
 『FF15』『サガ スカーレットグレイス』『トリコ』『グラビティ・デイズ2』『バイオハザード7』『仁王』
 『かまいたちの夜 輪廻彩声』『ゼルダ』『YU-NO』と来て、『スターオーシャン3』←NEW! なところへ、
 4月6日には『LEGO (R) ワールド 目指せマスタービルダー』、27日には『DESIRE remaster ver.』である。
 毎月2本ペースで攻めてくるとは……。『FF15』『トリコ』『バイオハザード7』『かまいたちの夜 輪廻彩声』はクリアーしたものの、
 他の食い散らかしっぷりがひどい。一番やり込んだのが『かまいたちの夜 輪廻彩声』だなんて、ひどい皮肉だ……。



2017年3月29日

祝・ロマサガ3リマスター

ティザーサイト


 ロマサガ3のリマスターが決定したらしく、もう辛抱たまらんよね。

 正直、またもやVita/スマホということで、ロード時間だけは気になるのだが、それ以外は期待しかない。
 バグで出現しなかった幻のモンスターたちが出現するようになるのか?
 バグで見切り不可能になっていた "脳天割り" の見切りが取得できるようになるのか?
 人気キャラで、「どうして仲間にならないのよォーッ」ランキング1位だった教授が、ついに仲間になったりするのか?
 ヤーマスの開かない扉に入れるようになるのか?
 王家の指輪増殖が潰されるのか?
 夢みる宝石を夢の中から持ち出せなくなるのか?
 バグマップで有名な「エデッサ要塞」や「魔王の玄室」に入れるようになるのか?

 ……などなど、ロマサガファンとしては気になる要素が多すぎるが、十数年の時を経て巡ってきたチャンスなので、
 河津氏率いるサガチームには「これぞ」という決定版を作り上げてほしい。
 ……さすがに、主人公交代バグはデータ的に危ないので潰すだろうけど。

 幻のモンスターについては、河津氏のツイッターにて、3年前の11月にこんな発言がされていた。

 ヤマ、トウテツ、蒼天女、ザッハーク、ワンダーラスト、スフィンクスの6体は、
 『ロマサガ3』において "幻のモンスター" と呼ばれているもので、解析で有名な遠藤氏による解析結果によると、
 「おそらくは何らかの手違いで、絶対出現しないようになってしまっている」ことが判明していた。

 ネット上には昔から数々の目撃情報があるのだが、まるでUFOの目撃情報並にあやしいものばかりで、
 ヘタにエミュレータが出回ってしまっている時代ということもあって、たとえ写真があっても信憑性ゼロ。
 コードでいじれば、出現させることはできるんだもんね……。

 かくいう俺も「あれっ、蒼天女って、どっかで遭ったぞ……」と思ったクチ。
 エンディングで登場していたり、なぜか攻略本には載っているため、記憶違いだとは思うのだが、
 多分こういったことも、面倒なことになった原因のひとつではないかと思う。


 ただ、遠藤氏の解析結果ページにも、

 「最初に断っておきますが、ロマンシング サ・ガ3の出現モンスター決定処理はかなり複雑であるため、
 現段階では完全には解析しきれていません。ここでの調査結果も、ごく一般的(と思われる)ケースでの
 出現モンスター決定処理のみを解析したものであり、この調査結果に当てはまらない例外ケースも存在します。」

 ……とあり、もしかすると低確率で、通常とは異なる戦闘開始処理を挟んでいる可能性が、なきにしもあらず。
 実際、絶対出ないにしては目撃談が多すぎる。この辺りも、「もしかして、何らかのバグか、スゴい確率で
 本当に遭遇できるのでは……」という謎のロマン……ロマンシングがあった。


 あと、河津氏の発言としてはこれも気になる。

 トレードだけでクリアーとか超おもしろそうだけど、今回そこまで手を入れてくれるのかどうか……。
 ただ、トロフィーに「コマンダーモードだけでクリアー」とかはマジでありそうで戦々恐々。

 しかし、ロマサガ3のリマスターが実現するとは……。
 まさに "時代の風" が吹いたニュースでござった。



 
footer