2019年11月22日

『ライトクルセイダー』を求める君に……

title

 北米版メガドライブミニことSega Genesis Mini(セガ ジェネシス ミニ)が、Amazon で11月29日に追加販売されるらしい。商品説明には「このたび、香港の倉庫に秘匿されていたものを日本で発売することが可能となりました。」とあり、「秘匿」は大げさでは……という気もするが、買いそびれて「しまったー、買っときゃよかったー」と思ってた人には朗報。

 日本版に収録されておらず、北米版で遊べるタイトルは以下の17タイトル。

『エコー・ザ・ドルフィン』
『獣王記』
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』
『トージャム&アール』
『ぷよぷよ』
『Earthworm Jim(アースワームジム)』
『アイラブミッキーマウス ふしぎのお城大冒険』
『ザ・スーパー忍II』
『アレックスキッド 天空魔城』
『ソニック・スピンボール』
『VECTORMAN(ベクターマン)』
『ワンダーボーイV モンスターワールドIII』
『エターナルチャンピオンズ』
『カメレオンキッド』
『ストライダー飛竜』
『バーチャファイター2』
『ライトクルセイダー』

 メガドライブミニ発売時にアジア版との比較も書いたので、興味ある人はそちらもチェックしていただきたい。(■関連記事:メガドライブミニ所感

 こうしたメガドライブの昔のタイトルは意外と遊ぶ手段が多くて、特に Xbox360 にはかなりの数が移植されている。2009年に海外で発売された『Sonic Ultimate Genesis Collection』にも結構収録されていたので、このソフトを遊んだことがあれば、だいぶカバーできているはず。収録ソフトは wikipedia に詳しい。

title title
海外のゲームだが、日本の本体でも動く。現在でも 2,000 ~ 3,000 円程度で手に入るが、内部で使用されているエミュレータの質があんまりよろしくない。

 この中で、前々から個人的にやってみたくて、なおかつ遊ぶ手段がないのが『ライトクルセイダー』だった。ひとことで言うと、クォータービューでダンジョンを探索するアクションRPG……だろうか。

 2018年にリリースされた PS4 / Xbox One / Nintendo Switch『Sega Genesis Classics』(※欧州では『Sega Mega Drive Classics』)には収録されているのだが、これまた海外でしか出ていないソフトなので、収録タイトルはすべて英語。ただし、『エイリアンソルジャー』『ストーリー オブ トア 光を継ぐ者』『ダイナマイトヘッディー』『リスター・ザ・シューティングスター』『ベアナックルII 死闘への鎮魂歌』『ベアナックルIII』はゲーム内でリージョン変更が可能で、日本語版が選べる。

title title title
価格は 3,000~3,500 円程度。内部エミュレータの質が高く、巻き戻し・倍速機能もある。収録本数も多く、オススメ。収録タイトルはこのページが詳しい。

 この『Sega Genesis Classics』は Steam でもリリースされているのだが、日本からは買えず、その代わり、ソフトごとの切り売りでなら買えるようになっている。その分、1本のソフトが 98 円と安く、『ライトクルセイダー』もあるのだが、こちらもやっぱり英語。さすがに、街の人との会話がすべて英語なのはキツい。

title

『ライトクルセイダー』は現在ではプレミア価格になっており、箱説付きになると 15,000 円コース。メガドライブの『ライトクルセイダー』を買って実機やレトロフリークなどで遊ぶより、この1本のためだけに『Sega Genesis Mini』を買ったほうがお得だったりする。

 しかし、いろいろ調べているうちに、『ライトクルセイダー』には日本語化できる裏技があることを知ったので、メモ代わりに書いておきたい。基本的にここのページ(メガドライブファンサイト『MD の窓』)にすべて書かれているのだが、万が一、情報が失われたときのため& Steam 版や『Sega Genesis Classics』収録版でもできたよという報告も兼ねて、以下に記しておく。

title
手順1:メニュー画面から「MODE」を選ぶ(※画面写真ではカーソルが見えないが、ゲーム中はカーソルが高速で点滅している)
title
手順2:初期状態では「WINDOW ON」「ITEM AUTO USE」にチェックが入っているが、これを外す
title
手順3:この画面内で↓キーを8回入力すると、新たな項目が出現する
title
手順4:1つ画面を戻ると、「TEST」という項目が新たに出現している
title
手順5:一番下の「LANGUAGE」を選ぶ。初期状態では「ENGLISH」になっているが、「JAPANESE」が選べる

 以上の手順を踏むことで、ゲームが日本語化できる。

title
おお……

 どこでもセーブ機能に加えて、巻き戻しと倍速機能もあり、しかも Steam 版98 円で買えてしまうので、たいへんオトク。

 北米版メガドラミニには他にもいろいろなソフトが収録されているので、どのソフトが目当てかで購買意欲は変わってくると思うが、もし『ライトクルセイダー』のためだけに北米版メガドラミニを買おうか迷っている人がいたら、この方法をオススメしたい。そんな人おらんとは思うけど……。


2019年11月20日

1120

title
PS4 / Nintendo Switch / PC『侍道外伝 KATANAGAMI』2020年02月20日発売
 少し前に情報だけは出ていたタイトルだったが、発売日が決定。これまでの『侍道』シリーズとは違ったシステムのようで、ローグライク+ディアブロライクな印象を受けるが、詳細はまだよく分からない。和風ディアブロは需要あると思うので、できればしっかりと作り込んで欲しいが、価格が 3,980 円とお安めなのを見ると、ライトなゲームなのかなぁ……。ひとまず要注目。
title
ブラウザ版『ドラゴンクエストX』2020年春予定
 操作感の違いはともかくとして、PC 版と遜色ないレベルで動作できるのだとしたら、結構スゴい。こればっかりは出てみないことには分からなさそうだ。


2019年11月19日

1119

title
PS4 / Nintendo Switch『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』2020年2月27日発売
 ありそうでなかった、将棋+ミステリー。やだ、おもしろそう……。スマホアプリからの移植らしい。棋士や将棋が絡むミステリーはあったと思うが、棋士界そのものが舞台となるような物は珍しく感じる。というのも、あまり将棋を中心にしすぎると、将棋のルールを知らない人は入っていけない世界になっちゃうから。そのへん、どう料理してるのかな……という興味もある。
title
PS4『シェンムーIII』本日発売
 ゲームの発売日は木曜日が多いので、ちょっと珍しいケース。PC 版(Epic Games)は明日、11月20日リリース。昨年に PS4 で1・2作目のリマスター版が出たけど、あくまでドリームキャスト版を元にした物だったので、グラフィック面は時代を感じるものがあった。しかし、その後に「III」を見るとスゴい。また、ドリームキャスト版の頃はまだ「左スティックによる 3D 空間の移動」のスタンダードが定着していなかったこともあり、目的の位置を1~2歩行き過ぎて、ちょっとバックしたいときは、いちいち真後ろに方向転換→前進、とする必要があった。このあたり、1・2作目のリマスターから入った人はやりづらく感じたのではと思うが、こうした操作感も現代の物に置き換えられていて、非常に遊びやすい。急がず、のんびり進めたいと思う。あと、現時点ではトロフィーリストが確認できない。トロフィー関連は最近こういうの多いな……。
title
Steam『ドラゴンクエスト ビルダーズ2』2019年12月11日発売
 普通に日本語搭載。意外。『ドラゴンクエストヒーローズ』など、今までもドラクエシリーズで Steam でリリースされている物はあるっちゃあるのだが、全部英語だった。『ビルダーズ2』は発売後8か月に渡ってアップデートと DLC 配信をしてきたが、どちらかというと、発売を年末に間に合わせることを急いで、そこからきた開発の遅れを補っている印象が強かった。もちろん、そうした作業が延びれば人件費を回収しなければいけないわけで……という事情からの Steam 版リリースなのかなぁとも思う……が、Steam との相性は最高にいいはず。ブロックビルド系はハード性能が高ければ高いほど快適だし、PS Plus のような月額課金が不要でマルチプレイもできる。あと、可能かどうかは分からんけど、MOD が作られるようになったら化ける可能性は高い。


2019年11月17日

『ロマサガ3 リマスター』所感

title

 ついに配信されたロマサガ3リマスター。全国のロマサガファンの皆様は眠れない週末を過ごされているかと思われるが、かくいう私も Xbox One 版を購入。いくつかのバグに出くわしたものの、今のところ、基本的には良リマスターという感触。

title
『2』のリマスター同様、Xbox One 版は各実績に画像が用意されている。

 ただ、追加要素は、もうちょっとがんばってほしかった。スーパーファミコン版での、開発期間の問題からかカットしたと思われる部分の補完をやってほしかったが、残念ながら、その辺りはあまり力は入れられていないように見える。

「この部分は、そのままなのか……」という点

●ウンディーネが仲間になるのに、ボルカノはやっぱり仲間にならない。

●あれだけ魅力的なキャラとして描かれている教授だが、やっぱり仲間にならない(ティベリウスは要らないから、教授を……)。

●東方エリアが相変わらずスカスカすぎる。

●カタリナがマスカレイドを取り戻しても、ロアーヌ襲撃イベント時しか城内に入れない。この時を逃したら、ミカエルに報告すらできないというのは設定ミスではないだろうか……。髪型を元の長髪に戻すことが可能になっているのに、それを選べるのも、このときのみ。

●ヤーマスの道具屋の「そっちは出口じゃありませんよ。」の扉に入る手段がないのも、そのまま。キニナルー

title title
今回、背景グラフィックはすべて描き直されているが、イベントの追加等がないのであれば、扉を消して描き変えるべきだったのでは……。

●スーパーファミコン版のデバッグモードで発見されていた「シノンの村」や「魔王の玄室」なども一切追加ナシ。

「これはナイス!」な点

●セーブが12箇所まで可能に。これらとは別に、オートセーブもある。

●新ダンジョン「暗闇の迷宮」追加。そんなに大規模な物ではないが、新イベント、新ボス、新アイテムなど。リマスター版の目玉。また、敵シンボルから出現する敵が固定になっていて、技の閃きには欠かせない「アスラ」や、タイニイフェザー入手のための「グリフォン」、ヒドラ革のための「ドラゴンパンジー」などと戦いやすくなっている。このダンジョンでは、ダッシュでシンボルにぶつかっても陣形が崩れない。

●上記の追加ダンジョンで幻のモンスターと実際に戦えるようになったことで、そのドロップアイテムも入手可能になり、あのトウテツパターンも開発可能に。

title
これは、ファンには胸熱……。

●アビスゲートを4つ閉じた後に追加イベント。おそらく、砂漠から東方へ向かうことが分かりにくかったため、次に向かうべき場所を明確にする意図だろう。

title
地味に貴重な、四魔貴族たちが喋るシーン。中央上に表示されているのは魔王と思われるが……

●周回プレイによる引き継ぎが可能。ロマサガ2リマスターと同じく、クリアしていなくても、現在のセーブデータのアイテムや閃いた技の極意、武器の熟練度等を引き継いでリスタートできる。ただし、聖王・魔王遺物はダメっぽい。まだ試していないが、この引き継ぎを使えば、主人公をハリードにしたときしか取れないアイテム(鬼神小手など)を他のキャラが主人公のときにも使えそう……?

●仲間の加入制限が撤廃されている(おそらく)。カタリナで22人以上仲間にした後に各地を回ってみたが、問題なく加入させられた。
 ※スーパーファミコン版では、仲間にした数が一定数を越えると、それ以上は新規に加入させられない現象があり、これが「加入制限」と呼ばれていた。

●ポールに出会っていなくても、大野盗を倒した後にキドラントのニーナの家でポールを仲間にできる。
 ※このイベントについては詳しくないので自信がないが、たしかスーパーファミコン版は野盗の洞窟制圧時にポールと面識がないと、後々、ニーナの家で会っても仲間にできなかったような気がする。

●キドラントのいけにえイベントを解決した後、町長に関するイベントが追加。「報酬をよこせ」か「一発なぐらせろ」かの選択肢。報酬を選ぶと1万オーラムが得られるが、その後の町長のコメントが「私が町長です。フッ」になる。「一発なぐらせろ」を選ぶと、町長がヒィーッと言いながら家を出ていくが、画面を切り替えて戻ってくると何食わぬ顔で「私が町長です。」と言い放つ。

title
もう、勢いで町長を仲間にできても良かったんじゃよ?

●ナイスかどうかはアレだが、クリプトエルダーから「栄光の杖」が入手できていた件は修正され、「ルーンの杖」になっている。栄光の杖は聖王遺物の1つであり、これはどう見てもミスだったので、ちゃんと修正された感。

●これもナイスかどうかは人によるが、王家の指輪を増殖できる方法も、そのままになっている。

●「死のかけら」が追加ダンジョンで1つ手に入る。追加ダンジョンでアスラと何度も戦えることによって、洞窟寺院跡のガラテアも躊躇なく撃破できるようになり、ピドナ工房の武器防具開発が少しラクになった。
 ※スーパーファミコン版は「死のかけら」が1つしか手に入らなかったため、「死の弓」と「死の指輪」のどちらの開発に使うかという悩みや、そもそも「死のかけら」の入手先が洞窟寺院跡のボス・ガラテア撃破だったため、ガラテア撃破のためには途中のアスラを倒してしまわなければならず、そうするとアスラ道場が使えなくなる……という問題もあった。

・ ・ ・

 大きな追加要素は基本的に新ダンジョンのみで、ダンジョン内に、以前は出現しなくなってしまっていた“幻のモンスター”6体(スフィンクス、ザッハーク、蒼天女、トウテツ、ワンダーラスト、ヤマ)をボスとして再配置。そのボスとの戦闘前に、「もし、あのとき、こうしていたら……」という if の話として、ハリード、タチアナ、少年、ユリアン(幼少時)の新イベントがある。中でも、タチアナのイベントは上手く補完されていたと思う。

 タチアナは、これまで「名家のお家騒動に巻き込まれているらしい」ということしか分からない、奇妙なキャラだった。なぜ、出会う度に違うお菓子の名前を名乗るのか。積極的にぶつかってパーティーに入ろうとしてきて、酒場で別れようとしても拒否するのに、なぜ、リブロフに行こうとすると逃げるのか。このイベントを見れば、「そりゃ、こんなことがあったら、リブロフには近付きたくないよな」というのがよく分かる。24年ぶりに明かされる、タチアナの真実……。

 新アイテムは、ボス撃破で得られる新アクセサリが4つ。

・極意の指輪 器用さ+5 極意を取得しやすくなる
・達人の指輪 腕力+5 WP消費半減
・姫のくびかざり 意志力+5
・導師の指輪 魔力+5 JP消費半減

 姫のくびかざりがショボい気がするので、何らかの隠し性能がありそうだが……。2のリマスターは武器防具アクセサリと追加アイテムが豊富だったので、やはり少なく見える。一応、「霧の水環」など幻のモンスターのドロップアイテムだった物も落とすようになっているっぽいので、それらも新アイテムに数えるべきかもしれないけど……。

 ただ、上記6体のモンスターは1周に1回しか戦えないため、ドロップアイテム狙いの場合、戦闘前にイベントを挟むこれらのボスを連戦するのはキツい。元々ロマサガ3は敵のアイテムドロップ率が約2%、約4%、約8%、100%の4段階で、レアアイテムはほぼ全部が約2%なので、とにかく落とさない。ヒドラ革を落としたときは歓喜したよ……。マジで数時間出なかった。

title
最終装備を考えると、これをメンバー全員分、5着揃えるのが理想的だが、正直マジでキツい。こんなに落とさない物だったか……!?

 聖王と魔王絡みの追加要素もなく、追加ダンジョンの最奥で待ち受ける「ヤマ」も、従来の「破壊するもの」の強化バージョン(アビスで四魔貴族を倒さずに突撃した場合のやつ)ほどの強さではない。ロマサガ3の世界地図の右上と右下は結構空いているので、追加要素でなんとかしてほしかったが、結局これもそのまま。

title
左から3×4に区分けされていて、その右にラシュクータ、大草原、東方エリア。写真で光っている部分が大草原だが、この上下のエリアには何もない。何か欲しかった……。

 ネット上を見ると、バグについてはいろいろあるようだが、個人的に遭遇したバグのみを以下に。

「これは何らかのバグかも……」な点

●カタリナがブルクラッシュをまったく閃かない。同様に、エレンがメガホークをまったく閃かない。アスラ相手に結構な時間を費やし、その他の技はほとんど閃き終わった後でも、この2つだけは閃かなかった。その後、ハーマンに斧と大剣を持たせてやってみたら、両方ともすぐ閃いた。スーパーファミコン版の記憶と照らし合わせてみても、この2つは閃き難度が高いわけでもなく、そんなに引っかかる技ではないので、何かしらのバグを感じる。
 ※銀の手を装備したキャラの閃きタイプが変化するらしく、エレンのメガホークはこれが影響していた可能性も。カタリナのブルクラッシュはマジでおかしい。

●ムーランルージュのエフェクトがおかしい

title title
回転するエフェクトに赤い平行四辺形はなかったはず。エフェクトの範囲を示す物が表示されてしまっていると思われる。

●家出娘(タチアナ)を仲間にする際、タチアナがジグザグ走行しながら画面外へ歩いていき、数秒間何もできなくなった。少し待つと動かせるようになり、パーティーにはちゃんと加入していた。

●何かの拍子に、突然、王家の指輪が消滅する。おそらく、きれいな指輪を複数所持している場合に起こる。ヤーマスの道具屋に行き、売り物リストを見てからメニュー画面でアイテムを調べると、元通り出現したりする。スーパーファミコン版ではこんなことは起きなかったような……。

・ ・ ・

 その他、技&見切りの極意と封印に関しては、UI の変化もあって、メニュー画面を見ているだけではかなり分かりにくい。昔やってた人ならともかく、新規の人はマジでワケがわからんのでは……と思う。公式サイトの「デジタル解説書」をしっかりと読んでおくことをオススメしたい。

 スーパーファミコン版からの改善点や追加要素をすべて網羅したわけではないので、これから何かが判明する可能性はある。ただ、TGS だったかのイベントで河津氏が「主人公8人全員でクリアしたからといって何かがあるわけではない」というようなことを言っていたことや、もし何かあるなら宣伝材料として発売前に仄めかすと思うので、おそらくないんだろうなァ……と諦めモード。

 主人公8人全員でクリアすることがトロフィー/実績になっているので、トロフィー/実績コンプリートを目指すとちょっと大変だが、引き継ぎ機能があるので、以前よりはラクなはず。ひとまずは「破壊するもの」の強化版を倒すトロフィー/実績を達成することを目標にがんばっているところだが、術を一切使わない脳筋パーティーで来たからか、地味に苦戦中。アビスの四魔貴族と破壊するものに対して、妙に与ダメが低くなっているように感じる……。


2019年11月15日

1115

title
Xbox One『Bloodstained: Ritual of the Night』国内配信開始
 ストアの「新着」の欄にはなく、検索しないと出てこない。海外では6月に配信されていたから、日付的に新着に上がってこないとかだろうか……? 国内ストアで配信開始されたことで、支援者向けに配布されたコードも通るようになったのを確認した……が、バージョン的に、当初8月予定だったアップデートがまだ反映されていないのは一体……(※これは海外 PS4 版もだけど)。DLC も、まだ未配信。支援者にも DLC のコードは送られてきていない。ちなみに実績は全世界共通。

2019年10月31日

1031

title
PS4『仁王2』2020年3月12日発売
 着々と3月が激戦区になりつつある。また、明日11月1日~11月10日限定でβ体験版が配信されるらしく、体験版の最初のミッションをクリアすると、製品版で「鎌鼬兜(かまいたちかぶと)」を入手できる DLC「討魔の証」がもらえるらしい。さらに、11月4日からの PlayStation Plus フリープレイに前作の『仁王』が来るらしいので、未プレイの人はチャンス。
title
Nintendo Switch『バイオハザード5』本日配信開始
『4』~『6』がセットになったトリプルパックも本日発売。アップデートでJoy-Con を使ったジャイロ操作も追加されたらしい。それはそうと、3年以上前に作ったはいいけど「これだけじゃ攻略ページの体裁をなさないよなァ……」と思ってお蔵入りになっていた BSAA エンブレムリストをアップ。もし『5』を遊ぶ人がいたらドウゾー
title
PS4『Bloodstained: Ritual of the Night』ダウンロード版、本日配信開始
 パッケージ版から遅れること1週間、PS4 の国内ダウンロード版が配信開始。不思議なのが、公式が配信開始日を把握してないっぽいこと。「日程確定次第改めてお知らせ致します」の後、6日間、何の音沙汰もなく、突然配信。「ダウンロード版を買う予定だったけど、配信開始が遅れるなら……」とパッケージ版を買った人もいるのではないかと思うが、1週間でなんとかなるなら、そう言っておいてくれれば……。ちなみに、朗報と言っていいものかどうかだが、パッケージ版とトロフィーが別というウワサが。あと、Xbox One 版に関してが不明すぎる。
title
『セガサターンパーフェクトカタログ』発売
 発売日は28日だったようなのだが、最近の Amazon 先生は、本類は予約していても届くのが遅くなっていて、昨日届いた。1ページ8タイトル構成という詰め込み様で、ジャケ写も実寸 1.3 cm × 1.3 cm というウルトラミニマムサイズ。画面写真も、1ゲームに1枚。ハード・周辺機器類のページは「よくこれだけ揃えたなぁ」と思えるデキなだけに、惜しい。でも、初のカタログで貴重な存在なので、サターン好きなら買わない選択肢はないだろう。あと、サターン幻の未発売ソフトと言われている『スコーチャー』が掲載されていて、「発売してたのか!?」と物議を醸しているが、真相やいかに。


2019年10月27日

1027

title
Nintendo Switch『慟哭そして...』11月7日配信開始
 ニンテンドー e-shop で見かけてビックリしたけど、先週発表されてたのね……。完全に見逃していた。ダウンロード版のみの模様。

adbar