2019年3月25日

0325

title
『PS Vita タイトルセール』4月1日まで
 いつからやってたのか知らんけど、PS Vita 系のセール。Vita 以外にも、PSP やゲームアーカイブスもある。ザッと見たところ、『シレン』シリーズ、『ペルソナ』『真・女神転生』シリーズ、『侍道』『忍道』シリーズがお手頃価格に。PSP の『プリンセスクラウン』も 40 %オフ。オススメは『忍道2 散華』。PS Vita のキラーソフトと名高いデキで、『天誅』系に飢えている人は必見の傑作。Vita TV に対応していないのが難点か。なぜ『忍道』シリーズの続編を作らないんだ、スパチュン先生! PS2 の『忍道』シリーズのリマスターでもいいぞ!
title
『DLmarket』サービス終了、再ダウンロードは6月28日まで
 昨年に個人情報の流出があったのか……知らんかった。この DLmarket、あまり知られていないかもしれんけど、ハッカーインターナショナルの一部のソフトを正式にダウンロード販売していた貴重な存在でもあった。ラインナップの中には『ボディコンクエストI』もあったんじゃよ。
title
PS4 / Xbox One / Steam『Final Fantasy XV Multiplayer: Comrades』に追加トロフィー/実績
 トロフィー/実績名「『クロウズ・ネスト』ゴールド会員」、内容は「ケニー・クロウを倒した」、トロフィーはゴールド、実績は 200 G。無料アップデートでの追加となっている。エクストラ・クエストに「漆黒の来訪者」というのが追加されており、これに勝てば解除されそうだが、シャレにならないくらい強い。 ほぼ一撃で殺された。クエストの推奨レベルは99、敵のレベルは120となっている。前回のアップデートから、ちゃんとコツコツと強化していた人向けの強敵ということになりそうだ。

2019年3月20日

0320

title
コナミ、『アニバーサリーコレクション』シリーズ発表
 少し前に海外のレーティング機関に『Castlevania anniversary collection』が登録されたというニュースを聞いて以降、ソワソワしていたが、ようやく判明。ドラキュラシリーズは今年でシリーズ33周年のはずなので、「何のアニバーサリーだよ!?」とか言われていたのだが、まさかコナミの創業50周年とは。まず『アーケードクラシックス アニバーサリーコレクション』を4月19日にリリースし、その後、『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』、『魂斗羅 アニバーサリーコレクション』と続くらしい。対象ハードは PS4 / Xbox One / Steam / Nintendo Switchで、ダウンロード販売のみ。正直、メチャクチャ楽しみ。いいぞコナミ、自社の持っているコンテンツパワーをフル活用してくれ。まだまだあるだろ?
title
PS4 / Xbox One / Steam / Nintendo Switch『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』2019 年 春予定
公式サイトを見る限りでは、現時点でディスクシステム『悪魔城ドラキュラ』、ファミコン『悪魔城伝説』、ゲームボーイ『ドラキュラ伝説II』、スーパーファミコン『悪魔城ドラキュラ』の4作品が確定しており、あと4作品が収録される模様。バーチャルコンソールになかった『ドラキュラ伝説II』が嬉しい。“「悪魔城ドラキュラ」シリーズの礎を築いた傑作集”……とあるので、新しめの作品はなさそうか。ここでも見ながら、どれが入るかソワソワするしかない。メガドライブの『バンパイアキラー』が来たら失神しかねん。
title
PS4 / Xbox One / Steam / Nintendo Switch『魂斗羅 アニバーサリーコレクション』2019 年予定
「2019 年予定」となっていることから、おそらく一番最後のリリースとなるアニバーサリーコレクション。 『真魂斗羅』あたりになるともう PS2 なので、『悪魔城ドラキュラ』シリーズと比べると、初期のシリーズ本数が少ない。こちらもあと4作品来るらしいが、ゲームボーイの『コントラ』と『魂斗羅ザ・ハードコア』を入れると、あとはもう PS2 以降の作品も持ってこないとソフトの弾数がない。一体、何が入るのか……という意味ではスゲェ気になるし、そもそも『魂斗羅ザ・ハードコア』が入るとしたら2回目の失神。

2019年3月19日

0319

title
『Bloodstained: Ritual of the Night』発売日はやはり9月17日か
 play-asia.com でもパッケージ画像付きで登場し、発売日が9月17日との表記。海外と日本とでは発売日が少しズレることもあるが、おおむね9月17日前後ということは間違いなさそうな感じになってきた。Xbox One 版のパッケージ画像には「4K ULTRA HD」「HDR」「Xbox One X ENHANCED」の文字も。
title
PS Store『SPRING SALE 2019』4月1日まで
 数が多めのスプリングセール。セールの常連ソフトも多数あるが、先日廉価版が出た『アンチャーテッド コレクション』が PS Plus 会員だと 20 %引きで 1,719 円になっており、Amazon のパッケージ版(1,702 円)と勝負できる価格に。その他、セールではまだあまり見ない『シェンムー I & II』が PS Plus 会員だと 30 %引きで 3,016 円。あと、セールと関係ないけど、先日発売された『LEFT ALIVE』の Amazon 価格がどこまで下がるか注視中。

2019年3月18日

0318

title
Nintendo Switch『スーパーリアル麻雀PV』一時配信停止に
 謎の光によるガードが一瞬遅れるシーンがあったため、やむなしという感じか。ツイッターでは写真付きで当該シーンを触れ回る人もいたし。俺は散々迷った挙句、薄い色の小文字でコッソリ書いておくに留めたというのに……まあ、どっちみち、時間の問題だったろう。ちなみに肉眼だと「あれ? 今、見えたような……」というくらいの一瞬で、ほぼ視認はできないが、録画してのコマ送りでチェックすると、最低でも3か所は見えている。さすがにガバガバすぎたかもしれないが、この男気、俺たちは確かに受け止めた。さて、スイッチの「ソフトの自動更新」を OFF にしておくか……。

2019年3月15日

0315

title
PS4 / Xbox One / Steam『DEAD OR ALIVE 6』基本無料版が配信
 前作と同じく、使用キャラクターを制限した基本無料版が配信。トロフィーはダメっぽいが、実績は無料版でも解除できるので、Xbox One ユーザー業界ではご褒美的存在。おそらく、上手い人なら基本無料版だけで実績 1,000 までいける。難しいコンボ系の実績と、ランクマッチ 100 戦、ランクマッチ5連勝、ランクマッチ 50 勝などがあるので、俺は実績 650 くらいが限界になりそう。これ以上は取れる気がしない。ちなみに現在キャンペーン中で、コスチューム開放のための設計図がモリモリ取れる。
title
iOS / Android『風来のシレン』風来救助のパスワードは DS 版と互換性アリ
 iOS 版の救助依頼パスワードを DS 版で受けてみたら、いけてしまった。パスワードの互換性がある……というか内容は本当に DS 版そのままってことかな。DS 版を持っている人は「セルフ救助」という寂しい最終手段があるぞ。しかし風来救助は当然オンラインを使ったものに作り直しているかと思っていたのだが、旧来のパスワード方式。救助してもらう側はパスワード画面のスクリーンショットを撮って SNS で上げればいいかもしれないが、救助する側は結構長いパスワード(しかも平仮名・カタカナ・英数字・記号が混在)を入力する必要があるので、これはさすがに今の時代、厳しいのでは。とはいえ、オンラインを使うとサーバの問題とかも出てくるから、ノーコストで長続きさせるにはパスワードであるべきなのだろうか……。ファンによる DS 版の救助依頼掲示板が、iOS 版とは無関係にまだ活発に動いていて感動した。
title
Xbox360『悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair』後方互換
 これは嬉しい。『悪魔城ドラキュラ』のゲーム性・世界観・キャラクターを使ったハクスラ……をさらにオンラインで協力プレイも可能にという新たな試みで、これが配信された当時は相当やり込んだ……ってもう9年前かよ。しかし互換を試してみると、セーブデータの移行が上手くいかない。ストレージの選択ができなくなっているため、クラウドストレージからセーブデータを読み込めず、Xbox One 本体からしか読み込んでいないのではないだろうか。再インストも試したがダメだ。さすがに最初からやり直しはキツいなぁ。(※解決。ビューボタンとメニューボタンの同時押しで Xbox360 時代のメニューが出せるので、そこから「データ保存機器を管理」を選び、『悪魔城ドラキュラHD』を選んで X ボタンで同期させればいけた。これ、Xbox360 上では『Castlevania Harmony of Despair』になっていたので、『悪魔城ドラキュラHD』とは別のゲームのセーブデータと認識されてしまっているのが原因では……。)

2019年3月14日

Nintendo Switch『スーパーリアル麻雀PV』配信開始

『スーパーリアル麻雀』ブランド復活の狼煙になるかもしれない本作。今後、他機種でのリリースの可能性があろうが何だろうが、とりあえず買わせていただきましたとも。

続きを読む


2019年3月13日

0313

title
Nintendo Switch Online ファミリーコンピュータ 3月のラインナップ配信開始
 3月のラインナップは『イー・アル・カンフー』『パルテナの鏡』『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』に加え、『星のカービィ 夢の泉の物語「エキストラゲーム」バージョン』『リンクの冒険 力持ちバージョン』の計5本。着実に総数が増えているのは良いのだが、Wii U バーチャルコンソールで配信済みのタイトルが中心なので、驚きというか新鮮味に欠ける。と言っても、12か月契約だと1か月あたり 200 円なので、オンライン使用料のオマケとしては破格のサービスではあるのだが……。
title
ピエール瀧の逮捕を受けて PS4『ジャッジアイズ』、販売を当面自粛
 逮捕のニュースを知って「これは……いや、まさかな……」と思っていたら、危惧が現実になってしまった。良いゲームなのになぁ。しばらくは中古価格が跳ね上がるのだろうか……。公式サイトも、現在見れなくなっている。
title
Xbox One『One Leaves』海外で無料配信
 Xbox One ユーザーなら特に説明も要らないと思うが、海外ストアから無料で落とせる。4人の内、生き残れるのはただ1人……という、わりとよく聞く感じの設定だが、オンラインではなくオフラインゲーム。実績もちゃんと 1,000 用意されていて、コンプリートは難しくない。適当に2~3回やれば、だいたい分かると思う。地形が毎回ランダムで変化し、特定の地形では取れない実績があるので、何度もプレイすることになる……が、20回クリアする実績があるので、その過程で取れるはず。1プレイにかかる時間は7~8分ってところだが……20回は多いなぁ。