2017年6月 3日

NS『聖剣伝説コレクション』レビュー

 title


 ゲームボーイ版の『1』、スーパーファミコン版の『2』と『3』の計3作を収録したソフト。
 スーパーファミコン版の『2』以外は初の復刻で、今までバーチャルコンソールにもなかったので、復刻の価値は高い。

 実際に買ってみて初めて知ったことといえば、クイックセーブ/ロードが可能ということ。
 昔のゲームを今の時代に遊ぶにあたって、これの有無は非常に大事なことだと思うのだが、
 なんで、もっと大々的に宣伝しないかなぁ。あってホントに良かった。
 Amazonの商品ページに載せておくべき、重要な情報だと思う。

title
クイックセーブは1作ごとに3か所ずつ保存しておける。


 その他、サウンドテストも搭載。ここのインタビュー記事を読む限りでは、実機で聴こえる音を徹底的に再現したらしいので、
 サントラを持っている人でも、価値の高い機能となっている。

title
あの名曲『Powell』も聴き放題。
欲を言えば、曲ごとに、その曲が流れる場面の画面写真 or 動画を映し出してほしかった気もするが、
終盤の曲だとネタバレにもなってしまうのでダメか……。


 バーチャルコンソールの平均価格を考えると、3作で税抜4,800円という価格は高く感じるが、
 『セガ3D復刻アーカイブス』シリーズを手掛けたM2によるものなので、丁寧な復刻には絶大な安心感がある。
 画面モードも豊富で、大きめ・小さめ・ドットクッキリ・ドットぼかしに加え、ゲームボーイ版は色味の変化も多彩。
 Amazonの商品ページにある画面写真は、一体どこから引っ張ってきたんだという画質の悪さなので、スゴい損してる気がする。
 「実際は、こんなにキレイなんだぜ」という意味も込めて、実際に使えるすべての画面モードの写真を以下に載せておきたい。


 ※↓の画面写真は、実際のフルサイズ(1920×1080)でキャプチャーしたものを掲載している。
 クリックすると巨大な画像になるので、閲覧環境によっては注意。


title title
ゲームボーイ版・画面グレー

title title
ゲームボーイ版・画面赤(スーパーゲームボーイ時の再現)

title title
ゲームボーイ版・画面緑(ゲームボーイ時の再現)

title title
スーパーファミコン版・ドットクッキリ

title title
スーパーファミコン版・ドットぼやけ


 欲を言えば当時の資料や、パッケージ・説明書、広告なども収録してくれると嬉しかったが、
 その辺りはまったくなかったのが残念といえば残念か。


 基本的にベタ移植だし、移植具合は関しては完璧なので、何の文句もないデキ。
 ただ、『2』に関しては、当時からそうだったのだが、デフォルトの決定ボタンがBなのが、ちょっと厄介。
 クイックセーブの画面を開いたときの決定ボタンはAなので、ゲーム中にクイックセーブ/ロードをするとき、感覚が狂う。
 幸い、『2』にはキーコンフィグ機能があるので、↓の画面のように設定すると、Aで決定、Bでキャンセルにできる。

title
個人的なオススメ設定だけど、人によっては余計に混乱するかもしれないので、お好みで。


●総括

 3作とも軽くプレイしてみたが、どれもストレスなく、快適に遊ぶことができた。
 据え置きモードでやるときはNintendo Switch Proコントローラーでのプレイをオススメしたい。
 このコントローラは価格がお高いが、手に持ったときのシックリ感や、コードレス状態での充電池の持ちが長く、
 これまでの個人的ベストコントローラだったXbox360のコントローラを超えていると感じる。
 『ゼルダ』でも、このコントローラにお世話になっている。……中盤で止まってるけど。

 どれも古いゲームだが、今遊んでも古さを感じさせず、特に『2』と『3』を比較してみると、
 当時のスクウェアのドット絵黄金期時代のこだわりというか執念が感じられる。
 『2』はバーチャルコンソールでも配信されているが、このスイッチ版はバーチャルコンソール版特有の画面の暗さやぼやけもなく、
 明るくクッキリとした画面で楽しめる。聖剣シリーズを遊ぶなら、現時点での決定版といえる。


 このソフトは、スクエニ的にはニンテンドースイッチにまだソフトが不足しているこの時期に出すという "スピード" も重要だったはずで、
 そこを守りつつ、手を抜かない丁寧な移植を両立したという点でも、グッジョブな品。

 ただ、リメイク版の『聖剣伝説』も一緒に入れちゃって良かったんじゃないかなーという気もする。
 価格的には、そこまで入っていれば文句ないし、リメイク版の『聖剣』はまだやっていないという人や、
 「この3作のベタ移植だけじゃなぁ……」という人にも、最後の一押しになるし。
 でも、今回の収録タイトルはすべて過去に任天堂ハードで発売されたものなので、なんかそのへんの制約もあるのかなぁと思ったり。


 そういえば、『2』が記憶以上に難しくて驚いた。「こんなんだったっけ!?」と。
 敵の攻撃を受けるとダウンするのだが、ダウン中にもダメージ判定があるため、軽いハメ状態になって嬲り殺しにされることも多い。
 最初のボスのマンティスアントも、やたら気絶状態にさせられる攻撃が多く、「最初のボスがこんなことしてきたらダメだろ……」というレベル。
 この戦闘では死んでもいくらでも復活できるが、正直、何回復活したか分からんほど。


 とりあえず、『1』でレベル99になったときに無限レベルアップを繰り返すバグと、
 『2』のマナの剣が作れる裏技は潰されているのかの確認をしたいけど、どっちも、終盤までやらないと確認できないんだよな……。
 インタビュー記事を読む限りではでは致命的なバグは潰したらしいから多分できないとは思うけど、
 マナの剣に関しては、何らかの方法で作れてしまったほうがロマンがあるな……。

 あと、ポプテピピックでもネタにされている「ヘルサザンクロス」でクスッとするためにも、みんなもっと『聖剣伝説3』をやるといいと思います。



2017年4月 5日

スターオーシャン3 HDリマスター

 title


 なんかリマスターの話題続きでアレだけど、3月末にヒッソリと来ていた『スターオーシャン3』のHDリマスター。
 発表時に「2017年予定」とか言っていた気がするから、まだまだ先かと思ったら、もう配信とは……。
 まだ軽く触ってみた程度だが、ほんのりとボヤケ感はあるものの、予想以上にキレイで、
 このレベルでリマスターできるなら、PS2時代の資産活用、全然アリだなぁと思う。

 結構な年月の経過なので、「前に遊んだゲームをまた遊ぶのか」という感覚は薄いし、
 何より読み込み時間がほぼ皆無で、セーブも速く、快適。
 トロフィー付けてくれたらモチベーションが上がるという人も居るだろう。
 昔と違って、画面写真なり動画なり、プレイの過程を気軽に記録する手段も増えたので、
 リマスターという名の復刻は、どんどんやってほしい。
 自分で記憶しておくしかなかったゲームの思い出を、形あるものとして気軽に残せる時代って……素敵やん?


 title
 この角度で見ると下ぶくれみたいな顔の造形に、時代を感じる……。


 なお、オプションで画面サイズを16:9モードにすると、メニュー画面とイベントシーンの会話ウィンドウが
 ビローンと横長になってしまうので、4:3でやっている。
 ゲーム画面自体は16:9に完全対応しているっぽいだけに、残念。

 この辺りの仕様は当時そのままで、ちょうど、ゲームで「16:9モード」とか「プログレッシブ」とかの単語を聞き始めた頃だった。
 当時はまだまだ4:3のモニタが主流で、ワイドテレビへ対応するためのオプション項目だったように思う。
 「そんな、一部の人しか使わんようなオプションをわざわざ用意せんでも」という感じだったが、
 まさか、16:9が主流になった2017年になってから、リマスター時に役に立つことになろうとは、当時作った人も、夢にも思うまい。

 ↓参考までに、左が4:3モード、右が16:9モード。


 title title

 title title


 気になるトロフィー内容は、「FDモードでクリアー」と「バトルコレクションを80%収集する」があるので、
 コンプリートは、ちょっと大変そう。難しさというよりは、時間的な意味で。
 あと、前作『2』のPS4版リマスターのときは、妙なバグやらミスやらで、その移植度には随分と文句が言われていたが、
 今回は騒がれていないところを見ると、大丈夫そう……?

 ただ、視点操作が右スティックではなく、L1・R1の時代の産物なので、そこだけは少々やりづらい。
 この程度はキーコンフィグでどうにかならなかったものかとは思う。

 以前、久々にPS1の初代『アーマード・コア』をやったときも、視点の上下がLRでやりづらく、
 「ここさえなんとかなれば、今でも楽しいのになァ、これ……」と、惜しさ炸裂だった。
 「視点操作はL1・R1から右スティックへ」というのは、ここ十数年の間で変化した「ゲームのお約束」の中でも、
 かなり大きいものだと思う。ここがネックで、昔の『天誅』も、今やると操作が結構キツい。

 その一方で、『スターオーシャン3』の戦闘は、当時から完成度が相当高かったと思う。
 3Dのフィールドをリアルタイムに自由に動き回れるタイプの戦闘では、今なおトップクラスじゃなかろうか。
 ↓この動画の、1分8秒くらいからのリフティングは見もの。
 "最高難易度の最強隠しボスを、君とリフティングするRPG"。(テイルズ風に)



 あと、元々高かったのか、今回のリメイクで高騰したのかは分からないが、攻略本が4,980円とかになっててワロタ。
 こういうのに合わせて、格安で電子書籍で出せばいいのに……。


 しかし、昨年末から個人的に気になるゲームのリリースが続いていて、積みゲーがスゴい速さで増えていく。
 『FF15』『サガ スカーレットグレイス』『トリコ』『グラビティ・デイズ2』『バイオハザード7』『仁王』
 『かまいたちの夜 輪廻彩声』『ゼルダ』『YU-NO』と来て、『スターオーシャン3』←NEW! なところへ、
 4月6日には『LEGO (R) ワールド 目指せマスタービルダー』、27日には『DESIRE remaster ver.』である。
 毎月2本ペースで攻めてくるとは……。『FF15』『トリコ』『バイオハザード7』『かまいたちの夜 輪廻彩声』はクリアーしたものの、
 他の食い散らかしっぷりがひどい。一番やり込んだのが『かまいたちの夜 輪廻彩声』だなんて、ひどい皮肉だ……。



2017年3月29日

祝・ロマサガ3リマスター

ティザーサイト


 ロマサガ3のリマスターが決定したらしく、もう辛抱たまらんよね。

 正直、またもやVita/スマホということで、ロード時間だけは気になるのだが、それ以外は期待しかない。
 バグで出現しなかった幻のモンスターたちが出現するようになるのか?
 バグで見切り不可能になっていた "脳天割り" の見切りが取得できるようになるのか?
 人気キャラで、「どうして仲間にならないのよォーッ」ランキング1位だった教授が、ついに仲間になったりするのか?
 ヤーマスの開かない扉に入れるようになるのか?
 王家の指輪増殖が潰されるのか?
 夢みる宝石を夢の中から持ち出せなくなるのか?
 バグマップで有名な「エデッサ要塞」や「魔王の玄室」に入れるようになるのか?

 ……などなど、ロマサガファンとしては気になる要素が多すぎるが、十数年の時を経て巡ってきたチャンスなので、
 河津氏率いるサガチームには「これぞ」という決定版を作り上げてほしい。
 ……さすがに、主人公交代バグはデータ的に危ないので潰すだろうけど。

 幻のモンスターについては、河津氏のツイッターにて、3年前の11月にこんな発言がされていた。

 ヤマ、トウテツ、蒼天女、ザッハーク、ワンダーラスト、スフィンクスの6体は、
 『ロマサガ3』において "幻のモンスター" と呼ばれているもので、解析で有名な遠藤氏による解析結果によると、
 「おそらくは何らかの手違いで、絶対出現しないようになってしまっている」ことが判明していた。

 ネット上には昔から数々の目撃情報があるのだが、まるでUFOの目撃情報並にあやしいものばかりで、
 ヘタにエミュレータが出回ってしまっている時代ということもあって、たとえ写真があっても信憑性ゼロ。
 コードでいじれば、出現させることはできるんだもんね……。

 かくいう俺も「あれっ、蒼天女って、どっかで遭ったぞ……」と思ったクチ。
 エンディングで登場していたり、なぜか攻略本には載っているため、記憶違いだとは思うのだが、
 多分こういったことも、面倒なことになった原因のひとつではないかと思う。


 ただ、遠藤氏の解析結果ページにも、

 「最初に断っておきますが、ロマンシング サ・ガ3の出現モンスター決定処理はかなり複雑であるため、
 現段階では完全には解析しきれていません。ここでの調査結果も、ごく一般的(と思われる)ケースでの
 出現モンスター決定処理のみを解析したものであり、この調査結果に当てはまらない例外ケースも存在します。」

 ……とあり、もしかすると低確率で、通常とは異なる戦闘開始処理を挟んでいる可能性が、なきにしもあらず。
 実際、絶対出ないにしては目撃談が多すぎる。この辺りも、「もしかして、何らかのバグか、スゴい確率で
 本当に遭遇できるのでは……」という謎のロマン……ロマンシングがあった。


 あと、河津氏の発言としてはこれも気になる。

 トレードだけでクリアーとか超おもしろそうだけど、今回そこまで手を入れてくれるのかどうか……。
 ただ、トロフィーに「コマンダーモードだけでクリアー」とかはマジでありそうで戦々恐々。

 しかし、ロマサガ3のリマスターが実現するとは……。
 まさに "時代の風" が吹いたニュースでござった。



2017年3月19日

日本1位の男

 title

 Xbox OneでUBIセール中。多分、あと2日くらい。PS4ではやっていないセールなので注意。
 何がどれくらい値下げされてるかはこのサイトが詳しい。ありがたや……。

 いろいろとイイ感じに値下げされているのだが、その中で特に目を引いたのが、
 『TRIALS OF THE BLOOD DRAGON + TRIALS FUSION AWESOME MAX EDITION』。
 長い名前だが、これは『Trials of The Blood Dragon』と『Trials Fusion』という2タイトルのセットで、
 『Trials Fusion』のほうはDLC全部込みのヤツ。全部込みは通常時に買うと4,300円くらいするのだが、
 今回、2タイトルのセットにも関わらず、2,065円。相当安い。

 『Trials Fusion』は、Xbox360版でも一応買ってはいたのだか、あまりやらないまま積みゲーに入ってしまったことや、
 360とOneで別実績なので、実績マニア的には、安いなら買わないテはない! というわけで購入。

 当時、積みゲー化した理由は、おもしろくなかったからではなく、前2作で腹いっぱいになっていたのが一番大きい。
 特にこのシリーズは、序盤は爽快感もあってサクサク進めて気持ち良いのだが、
 終盤のエクストリームコースの難易度が容赦ないので、どうしてもそこで疲れてしまう。
 2作目の『Trials Evolution』だけは過去に軽くレビューしていたので、
 まったく知らない人はこれでだいたいどんなゲームか掴んでくれ……というかYoutubeで検索して動画でも見たほうが一発だな。


 んで、このセールで知人も購入したらしく、

 「あのコース、タイム更新しといたぜ」
 「ファック」
 「あれ? このコース更新されてる。ファック」
 「また更新し返しといたぜ」
 「ファック」

 みたいなやり取りをスカイプでやりつつ、コースごとのタイムを塗り替えたり塗り替えられたりしていたのだが、
 さすがに更新合戦を繰り返しているとタイムにも限界は来るもので、
 「もうこれ以上はキツいな……」と感じていた矢先に、ほんの少しだけ更新。
 自分のタイムが「世界で今何位なのか」が表示されるのだが、今までよくて4ケタだったのが、急に765位に。
 このランキングはカテゴリ切り替えが可能で、「日本で今何位なのか」も確認できるので、見てみたところ……


 title


 い……1位? このコースだけ、しかもXbox One版だけど、テッペンとっちゃった?
 ちなみにこのゲーム、世界で見るとプレイヤー数は56万5千人ほど居るのだが、日本に限定すると634人。す、少ねぇ。
 まあXbox One版だし、日本国内でのプレイヤー数は仕方ないにしても、
 これ2年くらい前に出たゲームなので、タイムは結構煮詰まってたハズ。なので、余計に嬉しい。
 しかし、世界1位とは、あと2秒の差がある。地味だが遠い2秒よ……。

 まあ少ないからこそだろうし、いずれ抜かれる気もするけど、
 こういったオンラインランキングで1位を獲ったのは初めてのことなので、せめてこういう場で自慢&記録しておきたい。
 獲ったどー!

 title



2017年3月18日

アンハッピーバースデイ

 3月16日は誕生日だったのだが、悪魔からのバースデープレゼントなのか、唐突にウィンドウズが起動しなくなった。
 なんて日だ!

 事の発端は、まず、何度再起動してもアマレコが動かなくなったことだった。
 現在、ゲームのプレイ・画面写真撮影・録画などをすべてこのソフトでやっているため、動かなくなるのは痛い。

 直前にWindows 10の更新があったので、それが原因かもしれないと思い、
 試しにその更新だけをアンインストールしたところ、再起動を促されたので再起動。
 その後、何をどうやってもブルースクリーンで、セーフモードにすら入れなくなった。
 ちなみに「Windows10の更新のアンインストール」というのは正式な機能としてあるので、
 これをやって、なおかつ再起動を促されて従ったら地獄行きってのは、あんまりだろう……。

 こういう経緯だったので、最初は「アマレコを諦めてさえいれば、こんな大事には……」と思っていたのだが、
 「PCを初期状態に戻す」という機能を使ってもブルースクリーンから復旧できず、次第に「このHDD、おかしくね?」と感じ始めた。

 幸い、中のデータはまだ無事で覗くことができたので別PCにUSBで繋げてCrystalDiskInfoでチェックしてみると、
 ハードディスクの使用時間が25,000時間に達していた。ハードディスクの寿命は約2万時間という話を聞いたことがあるので、
 今回の不具合とは別に、寿命が近づいていたのかもしれない。

 んで、中のデータがせっかくまだ無事なのに、すでにHDDがおかしいのかアクセス権限のせいなのか、
 一部のフォルダは覗くことすらできず、サルベージが不可能だった。
 今回、最もダメージを受けたのがこの部分で、おそらくここ10年近くのメールのデータがすべて消失した。
 正直、具体的に何を失ったのかが把握できていないのが一番怖い。

 2番目にダメージを受けたのが、Cドライブにインストールすることの多いタイプのソフトウェア。
 基本的な圧縮・解凍ソフトからFFFTPからメーラー、ブラウザ、スカイプ、全部、片っ端から入れ直しである。
 これも、何を入れていたのかすべて把握などしていないので、ふとしたときに「あ、あれがない」と気付いて、
 ネットで探してインストール……してみたら前のとバージョンが違うのか、使い勝手がまるで変わっていて、
 分かりにくいので前のバージョンを探したり……と、なかなかの時間泥棒。
 ネットにあるならまだいいけど、すでに存在しないソフトとかになると……。

 そんなことをしているうちにもう3日経ってしまったのだが、特に何もしていないのに急にPCのファンが高回転し始めたり、
 唐突にブルースクリーンになったりと、いよいよ、このPCへの不安がスゴい。
 このPCはまだ5年くらいだと思うのだが、早くもガタが来たのだろうか……。


 そして同じく3月16日は『YU-NO』リメイクの発売日。
 予約しておいた限定版が届いたものの、このハプニングと重なって、まるでプレイできていない。
 とりあえず初回特典の98版の始まり方がこの画面からだったので、早くも名リメイクの予感はしている。


 title
 あの「ピポッ」の起動音からHDDの作動音まで再現されており、当時のファンはこの時点で、もう……。


 title
 オプションも異様な充実度で、攻略補助機能まで付いている。


 title  title
 オープニングの一幕の比較。地味に屋上がシャレオツになってる……。


 学校の校舎のデザインなんて、俺らの頃と今でそこまで変わらないだろうというイメージがあったけど、
 「都会の高校って、今、こんななのけ!?」と、うろたえてしまう。
 「そんなうろてぇんなチチ、この高校は元からハイカラだったじゃねぇか。1階ホールを思い出せ。それにフィクションだしよ」
 と自分をなだめるが、1階ホールも、なんか円形になってた。


 title
 98版


title
 リメイク版。わぁ……美術館みたいナリィ……。


 ちなみに俺の高校なんて、こんな感じだったよ。


 98版はあくまでオマケということなのか、トロフィーが存在しないのが残念だったが、
 この特典は後から販売したりといったことはなく、初回特典でしか入手不可能と明言されているので、
 そういうものにトロフィーを付けるのは好ましくないという判断からだろうか……。
 なお、ダウンロード版でも、4月2日までの購入なら付くらしいので、この特典が欲しい人は急いだほうがいい。

 トロフィーはすべて隠しトロフィーなので、なかなか分からないお遊びトロフィーもあるのかな……と、ちょっと期待したが、
 トロフィーwiki(※未クリアの人は見ないほうがいい)によると、ほぼストーリー攻略のみっぽい。
 Vita版とは別トロフィーらしいので、YU-NO中毒な人はそっちも買えばトロフィーがマイウー。


 あと、当時のファンが今回のリメイクを遊ぶにあたって、この記事は一読しておくのをオススメ。
 おそらく今まで明かされなかった制作の裏側などが赤裸々に語られている。
 このインタビュアーは質問する際の知識量も完璧で、本当に良い仕事をしてくれたと思う。


 ・ ・ ・

 しかし今年のゲーム業界は年頭から攻めすぎ。
 『グラビティ・デイズ2』『バイオハザード7』『仁王』『かまいたちの夜 輪廻彩声』『ゼルダの伝説』『YU-NO』……
 ほぼ2週間に1回ペースで、気になる大作ゲームを放り込んでくるなんて……。
 『ニーア オートマタ』とか『Horizon Zero Dawn』辺りも気になっているが、とてもじゃないが手が回らない。

 あと、ファミ通.comや4Gamer.netにて、『ゴーストリコン ワイルドランズ』『LET IT DIE』のプレイ日記を書かせて頂いているので、
 このゲームをやっている人・気になっている人は、よかったら見てみろりん(飯島愛)。



 
footer