top

  ホーム > Games > 迷宮の塔 トレジャーダンジョン > 5F

5F

 クリックすると拡大します。拡大状態で←→で画像を切り替えられます。
 メニューボタンが邪魔な場合は、マウスカーソルを画像の上からどけると
 メニューが消えます。

Highslide JS
Highslide JS Highslide JS

@銅鑼と骸骨の部屋

 部屋にある2つの銅鑼を鳴らすと、2体の骸骨が起き上がって来る。
 骸骨の配置上、1体ずつ戦うことが困難なため、このフロアに来てすぐ戦うのは危険。
 放っておいても何の問題もないが、経験値目当てで倒すにしても、後で戻って来よう。

A2つのプレートと1本の剣

 壁にはプレートが2つあり、一方には「この剣は呪われている。近づくんじゃない!」と書かれており、
 もう一方には「この剣にはすごい力がある、なぜここに置いていくんだ・・・?」とある。

 ここに置いてある魔法の剣は、攻撃力は高いものの、体力が−10される。
 しかも、これを取るとこの部屋のシークレットドアが2つ同時に開き、2体のスケルトンを相手にしなければいけない。
 フロア入口の銅鑼同様、最初はスルーしたほうが無難だろう。
 スケルトンの片方は上質な木の盾を落とす。

Bここは危険すぎる。戻れ

 壁のプレートには、「ここは危険すぎる。戻れ」と書かれている。

 壁のレバーを操作すると、ほんの数秒だけ、一部のヤリが出なくなる。その隙に移動してしまおう。
 マップ上ので示したのがヤリ。

C炎弾の罠の小部屋

 部屋の中央1マスを踏むと、3方向から炎弾を浴びてしまう。中央さえ避ければ問題ない。
 ここで入手できるフレイルは、プリーストにとっては心強い武器。

D開閉レバーと離れた扉

 通路の行き止まりにあるレバーは、そのすぐ東側にある小部屋の扉の開閉用。
 レバー操作後、十字キーで後ろ→右→右→右→後ろ→後ろ→後ろ→左でギリギリ間に合う。
 おなじみになりつつある、方向転換封印系の仕掛け。

Eこの扉は永遠に閉ざされるべきである

 レバーの操作状況によって、開いている扉と閉まっている扉は変化する。
 そのため、このページに掲載しているマップ上では閉まっている扉も、場合によっては開けることも可能。
 その場合、どこかが閉まる。

 この牢獄は大きく分けて、左・中央・右で構成されているが、中央の部分には侵入できないようで、ちょっと気になる。

 骸骨の中には、両手持ちの剣を持っている個体も居る。

Fミイラとスケルトンの挟み撃ち

 部屋の中央3マスに踏み込むと、両側のシークレットドアが開き、ミイラとスケルトンが出現する。
 どうあがいても2体同時に戦うしかないので、苦戦必至。

 ミイラを正面に見据えて、まずミイラから倒し、スケルトンを後にする。
 1体を相手にしている最中、もう片方に側面から殴られ続けるわけで、
 その被ダメージを考えると、弱いスケルトンのほうを側面にしてミイラを先に倒したほうが良い……と思う。多分。

 ちなみに、2体とも相手にせず、黄金の鍵2つを使って扉を開き、ボスに突撃すれば……と思ってやってみたが、
 ボス戦中、2体のどちらかに背後から延々と攻撃され、地獄だった……。

G2体目のボス

 3階に続いて、2回目のボス戦となる。
 やはり移動も方向転換もできず、その場に踏みとどまってのガチの殴り合い。



コンテンツ

 ■フロアマップ

  1F
  2F
  3F
  4F
  5F ←
  6F
  7F
  8F


scroll