top

  ホーム > Games > 迷宮の塔 トレジャーダンジョン > 8F

8F

 クリックすると拡大します。拡大状態で←→で画像を切り替えられます。
 メニューボタンが邪魔な場合は、マウスカーソルを画像の上からどけると
 メニューが消えます。

Highslide JS
Highslide JS Highslide JS

 迷宮の塔・ラストフロア。
 最後だけあって、「伝説」の名を冠した武具が多数配置されている。

 ザコ敵がローマの剣を落とすこともあるので、討伐後は地面をよくチェックしておこう。

@一方だけが死なずに済む方法だ

 壁のプレートには、「一方だけが死なずに済む方法だ」と書かれている。

 マップ上にで示した部分を踏むと、矢が飛んで来る。
 この矢はかなり大ダメージなので注意。のない部分を歩くとよい。

A4つのレバー

 壁に4つのレバーがある小部屋。
 マップにも記載しているが、北の2つは左から上・下、南の2つは下・下で、シークレットドアが開く。

B杖の代償

 台座に蛇の杖がある。
 ……が、杖を取ると後ろの扉は閉ざされ、シークレットドアから敵が2体出現する。
 8階に到達した時点では強めの敵で、しかも2体同時となるので、ここは後回しにしたほうが無難。

C炎弾エキスパート

 床を踏むと前方から炎弾が飛んで来る、おなじみの仕掛け。

 安全ルートはなく、炎弾は必ず発射される。一歩進むごとに左右どちらかへ回避していくしかない。
 炎弾が来る方向を向き、まず右端から1歩進む。そこから、前進→左、前進→左、前進→右、前進→右で抜けられる。
 マップのが危険な場所なので、参考までに。

 途中の壁に隠しスイッチがあり、それで開くシークレットドアの先には伝説の兜がある。

D黄金の鍵を取ったら……

 壁にかかっている黄金の鍵を取ると、シークレットドアが開いて敵が2体出現する。
 幸い、部屋の入口まで後退が間に合うので、鍵を取ったらすぐに部屋の入口まで引き返し、1体ずつ戦おう。

E床ヤリの間

 定期的に床からヤリが突き出てきており、レバーも何もなく、見切るしかない。
 ヤリの出る場所はパターンがあり、全体で見るとチェック模様のようになっている。
 分かりやすく言うと、ヤリが突き出たマスは、次はヤリが出ない。
 引っ込みつつあるヤリには当たり判定がないため、ヤリが引っ込みつつあるのを見計らって前進、を繰り返すだけでいい。

 ヤリの回避で手一杯な部屋だが、いやらしいことに、部屋の隅に隠しスイッチがある。
 スイッチで開くシークレットドアの先には4冊目の魔法の書。なんとしてでも取っておきたい。

F一番良いものには犠牲がつきものだ

 プレートには、「一番良いものには犠牲がつきものだ」と書かれている。

 ここは正直、解法がよく分からない。「犠牲はつきもの」とあるので、ノーダメージは無理なのかもしれない。

 プレートから右を向いて一番手前のマスをしばらく観察すると、ヤリが出ないことがある。
 なので、ヤリが出ないのが見えたらすぐに前進、その次のマスもヤリが下がるときなので当たり判定もなく前進。
 これで少なくとも開幕2マスはノーダメージでいけるので、あとはもうズンズンと進んでしまった。

 「良いもの」と言うだけあり、ヤリの先には最強の鎧が置かれている。
 しかし重装職しか装備できないため、パーティー編成次第では装備可能者が居ない、なんてことも……。
 さらに、この部屋には隠しスイッチもあり、シークレットドアの先にはこれまた重装職用のブーツが。

Gボス戦

 公式サイトなどで見られるあの敵が、ついに登場。
 この次の階はもうラスボスなので、えらく終盤の敵を載せていたんだなと思わなくもないが、
 冷静に考えると、これ以外の敵は見映えがしなかったからかもしれない……。



コンテンツ

 ■フロアマップ

  1F
  2F
  3F
  4F
  5F
  6F
  7F
  8F ←


scroll