« 0429 | メイン | 0527 »

2021年5月15日

0515

 またも気付けば2週間くらい空いてしまった……。その間、個人的に気になったニュースをまとめて。

Nintendo Switch『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女』発売

 コレクターズエディションが届いたけど、箱でけぇ……。でも設定資料が予想以上に充実していて満足。水着姿のあゆみちゃんのイラストとか、何で使われた素材なんだろう……。ちなみにネタバレ満載なので、未プレイの人はクリアするまで設定資料は開けちゃダメ。資料には注意書きがされた封がされているので、そんな人はいないだろうけどね……。

title
パッケージのジャケット裏は旧作のパッケージイラストになっていて、リバーシブル仕様。これはイイネ

 まだ序盤を少しやっただけだが、「ここまでアニメーションさせる必要ある……?」と戦慄する。『うしろに立つ少女』の最初の喫茶店のシーンの背景の客とかウェイトレスまでアニメーションするんだぜ? アッという間に通り過ぎるシーンなのに……。ここまでやるなら、もうこれゲームじゃなくてアニメ化したほうが良かったのでは……。

 手間がかかっているのは分かるが、その手間がゲームにとって本当に必要な手間だったか……は、最後までプレイしてみないと分からない。この手間は確実に価格に乗っかっていると思うので、「価格を高くしてまで、ここまでする必要があったか」という点と、「価格が高くなったことで敬遠してしまう層ができてしまったんじゃないか」という点が、このゲームにとってどう影響するか。何にせよ、この1・2作目を現代に蘇らせて成功させないことには、『BS 探偵倶楽部』の復刻や新規の続編制作も難しいだろうし、売上的に成功してほしい。

 フルボイス化も気合が入っているが、ボイス要らない派は設定で音声なしにもできるし、昔のアドベンチャーゲームには付き物の、文章が流れるときの「ポポポポ……」という例の音が流れる「レトロ」設定もある。フォントも、デフォルトの明朝体フォントとは別に「レトロ」が用意されている。ここまで変えられるなら、いっそ、グラフィックを昔のままにする設定とかも用意して、画面はディスクシステムなのにフルボイスとかの組み合わせも試してみたかった。

 以上のように、システム周りは充実していて不満はないのだが、メニュー(「見る・調べる」とか)の選択時、カーソルの上下移動に若干の引っ掛かりを感じるというか、微妙にスムーズではないのが気になった。何だろう、これは……。

 あと、今回のキャラデザにはずっと違和感があったのだが、違和感の正体が分かった。全キャラ、頭部が縦に細長すぎるんだ。頭蓋骨を想定して描かれていないというか、それ以外の部分は普通な分、アスペクト比が狂っているように見えてしまう。ちょっと横に伸ばしてみたら、違和感はだいぶ解消された。

title

 『消えた後継者』の田辺とかも、眉毛とヒゲの分厚さが気になってしょうがない。昔のゲームは少ないドット数でキャラを描き分ける必要があったこともあり、極端なデフォルメを施すことも多かったのだが、そんな必要のない今の時代に、この色使い、この絵柄で変にデフォルメされると違和感が生じる。しかもファミコン探偵倶楽部は普通の現代劇であり、マンガのように特殊な世界設定でもなく、原作のキャラはそこまで個性的な造形をしていないので余計にそう感じる。

 今の若年層が好む絵柄というのが分からないのでなんとも言えないが、絵柄に抵抗がなければ、良作になっている感じはする。あとはクリアしてみないと分からないな……。スーパーファミコン版のクリア後にあった、あゆみちゃんとのラブラブチェックは今回もあるのだろうか。

 しかし、Nintendo Switch だけでも、この1~2か月で積みゲーが加速度的に増えてきているので、なんとかしないと……。

Steam『BloodRayne: Terminal Cut』に日本語字幕と吹替音声が追加

 これは驚き。日本では PS2 版が出ていたので、データはそれを使っているのだろうけど、日本では依然としてマイナータイトルなうえ、字幕はともかく音声はだいたい声優の所属事務所絡みで難しいのに。 ありがてぇ……。

『零 ~zero~』、パチスロに

 以前に『悪魔城ドラキュラ』や『バイオハザード』がパチスロ化していたが、タイトルとしての世間的な知名度が段違いだと思うので、これは意外。動画を観る限りでは、深紅のグラフィックは新規で作ったっぽい感じ。合わせて、1作目のリメイクが来てくれたら嬉しいなァ……。

PS4 / PS5 / Xbox One / Xbox Series X|S『LOST JUDGMENT: 裁かれざる記憶』9月 24 日発売予定

 前作の DLC が結構はっちゃけていたので、今回はあれをどう超えてくるかが気になる。本編のストーリーも、ドラマ化しても好評を博したのではと思えるデキだったので、良質のサスペンスドラマとして楽しみ。

Nintendo Switch『G-MODEアーカイブス+ 探偵・癸生川凌介事件譚 Vol.3 死者の楽園』5月6日配信開始

 4月 19 日に「配信が決定、日時はまだ未定」の話はあったものの、もうちょっと先の話かと思っていた。次々と出てくれるのは嬉しいけど、プレイする時間が……。とりあえず買ってはおいたぞ。

Nintendo Switch『NEOGEO POCKET COLOR SELECTION Vol.1』パッケージ版、8月 26 日発売?

 パッケージ版が遅れての発売となっている『NEOGEO POCKET COLOR SELECTION Vol.1』。特典付き版にはネオジオポケットのソフトケースと、収録タイトル 10 作品の差し替えスリーブが付属するようで、なかなかファン心理を突いたアイテム。6月 20 日(日)23 時 59 分までの予約受付で、お届け予定日は9月 24 日(金)となっている。Amazon でもページができている。Amazon によると、特典のない普通のパッケージ版の発売日は8月 26 日の予定になっているようだ。

adbar
adbar
adbar
adbar

| コメント (3)

コメント

> 「価格が高くなったことで敬遠してしまう層ができてしまったんじゃないか」
正に自分がそれでしたわ。
初報の印象は正直悪かったですが、それでも安ければ発売日買いするつもりではありました。

> 「ここまでアニメーションさせる必要ある……?」
良く取れば、場面臨場感が素晴らしかった原作の更なる拡張は目指していた、とは言えるのかなぁ……。
(近年の推理ADVの画面構成が基本汎用背景と汎用立ち絵だけで回す形式が増えて、何気ない一つ一つの場面での臨場感・緊張感が激減しているのに不満な身。
ギャルゲ筆頭に『常に場面の緊張感と変化を気にする』のが要らないADVなら構わないんですがねえ)

> 『消えた後継者』の田辺とかも、眉毛とヒゲの分厚さが気になってしょうがない。
初報で真っ先に思ったのが『玄信和尚、威厳は何処へやら妙に可愛くない?』でした(笑)。

> 水着姿のあゆみちゃんのイラストとか、何で使われた素材なんだろう……。
もしかして、これかな?
tps://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/btcj/ayumi_mizu.html
ニンテンドーパワー特設ページの隠し要素だとか。


投稿者 avoN : 2021年5月16日 06:50

探偵クラブは値段もそうなんですけど、絵柄もきつくて敬遠中です。
かまいたちリメイクのように、絵柄の好き嫌いが購入動機に著しく関係しているので、かなり安価にならないと買わないかな。

そう考えると初代かまいたちのキャラの表し方は完璧&最高。
殺人事件の雰囲気に、表情を描かない描写がマッチしてましたね。


投稿者 Anonymous : 2021年5月16日 13:49

> 場面臨場感が素晴らしかった原作の更なる拡張

スーパーファミコン版『うしろに立つ少女』も、場面によってはわりと細かくアニメーションしていたので、
ある意味、順当進化とはいえるのですが、やはり価格が4倍になると……。
アニメーションして良かったかどうかについては、やはり最後までやってみないと分からないですね。

> ニンテンドーパワー特設ページの隠し要素

あー、そういえばありましたね……。
でもこの絵柄、スーパーファミコン版ではなく、ディスクシステム版の頃のあゆみちゃんの絵柄なんですよね。
お蔵入りになっていたイラストを引っ張り出してきたんだろうか……。

> 絵柄の好き嫌いが購入動機に著しく関係

『かまいたちの』のシルエットは、個々人の絵柄の好みの問題に加え、
やはり事件の都合上、残虐でグロいシーンもあるため、それらも上手くカバーできて、
小説のおもしろさのひとつである「読者の想像力を刺激する」を最大限に引き出せる、完璧な案だったと思います。

『ファミ探』は元々キャラクター絵があり、特に両作とも犯人の豹変はシルエットでは表せないと思うので、
逆にシルエットにされたら「オイオイ」となりますが、絵柄についての是非は難しい問題ですね。
「昔遊んだ人たち」ではなく「やったことのない、今の若い人たち」に向けて作られているのだとしたら、
私も含め、一定以上の年齢の人たちには、今回の絵柄が良い選択だったのかどうかが評価できない。

そう考えると、スーパーファミコン版の絵柄は非常に上手いラインだったと思います。
当時の流行りの絵柄を考慮しても、スーパーファミコン版は「若干古臭い」に入る絵柄だったと思うのですが、
『うしろに立つ少女』という作品に、最高に合っていました。


投稿者 夢崎(管理人) : 2021年5月17日 06:30

コメントしてくれるのかい?