« 法の抜け穴 | メイン | 新年のご挨拶 »

2006年10月23日

『月館の殺人』下巻

tsukidate_ge.jpg

 2ヶ月くらい前の話で恐縮なんですけど、ちょうど1年ほど前に御紹介した『月館の殺人』の下巻が出てたので、その感想など。

 実際に買う前にAmazonのカスタマーレビューを見ていたのですが、これが結構散々な評価だったんですね。で「ダメだったのかー?」と思いつつ買ってみたんですが、これまでに ひどいミステリも散々読んできたせいか、意外と普通に感じました。事前の期待は最大の敵!

 とは言え、上巻の方が完成度が高く、上巻の最初の犠牲者のインパクト、上巻ラストのどんでん返しのインパクトに勝るものが下巻では無かったようにも思います。特に下巻の冒頭の回想シーンで、子供の素顔を出してしまったのはマズイ。その容貌から必然的に犯人の予想がついてしまうので、ここはコナンみたいに、黒いシルエットに留めるべきだったかなと。

 作品全体としては、佐々木倫子さんのコミカルな作風の方が強く出てます。あと「つきだて」で変換すると「月館」と「月舘」の二種類が出るんですが、前者です(後者は地名)。綾辻氏といえば「館」シリーズなので、館シリーズ番外編、といったところでしょうか。そういえば綾辻氏の最新作「暗黒館の殺人」も、かなり前に上下巻買ってあるんですが、なんかスゴい酷評されてて、読むのを躊躇う今日この頃。京極さん並に分厚いんだもの、この上下巻……。

『月館の殺人』は月刊イッキに連載されている作品でしたが、カスタマーレビューで「犯人が早く知りたくて上下巻イッキ読みしてしまいました!」とか書いてる人がいて、クッ、上手いこと言いやがって……。


[マンガ] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer