« 台風その後 | メイン | かすみちゃんクラブ »

2005年9月13日

『月館の殺人』上巻

tsukidate.JPG

 原作:綾辻行人 漫画:佐々木倫子『月館の殺人(上)』(小学館)
 ミステリ好きなら知らぬ者は居ない綾辻行人氏と、少女漫画好き……でなくとも知っている、昨今ドラマ化もされた『動物のお医者さん』の作者・佐々木倫子氏のコラボレーションによる、鉄道ミステリマンガ。月刊イッキという雑誌に連載されてるらしいんですが、この雑誌、店頭で見たことねぇー!

『動物のお医者さん』では獣医、『おたんこナース』では看護婦、『Heaven?』ではレストラン、と毎回その作品に関わる職業への緻密な取材と筆致で迫る氏ですが、今回は鉄道マニア。元々、佐々木マンガには「結末はホッとする、日常の ちょっとしたミステリ」要素が多く登場するので、鉄道関連に興味は無くとも、佐々木ファンは肩の力を抜いて、楽しんで読めます。

 カンタンな あらすじとしては、

 生まれて一度も電車に乗ったことがない主人公が、祖父の招きで初めて乗ることになった列車には、同じく祖父に招かれたという6人の鉄道マニアが乗っていた。雪の北海道を行く「幻夜」号で起こる殺人。外との連絡も途絶えたことにより、一行は緊急下車することになる。しかし、そこで主人公が見たものは―――。

 というのが、上巻までの内容。この巻だけでは完結しないのですが、それでも、そこまで読んだ者の根底をひっくり返す、ちょっとしたドンデン返しが結末に用意されています。

 次巻は、ここから殺人事件の真相に迫っていくのだと思いますが、ファミコン探偵倶楽部じゃないですけど、非常に先が気になって下巻が待ち遠しいので、下巻まで出てからまとめて買って読んだ方がいいのでは……って、これでは微妙にオススメになっていない―――!


[マンガ] | コメント (2)

コメント

上下巻読みましたが。
あんまり、印象に残らないと言うか・・・^^;

個人的には、動物のお医者さんが一番ですかね、この人は。


投稿者 Anonymous : 2009年8月 1日 15:37

推理モノにしてはコミカルな描写のほうが多いんですよね。
佐々木節と言いますか。
あと、後半になるにつれて、事件性がどんどん地味になっていくのも……。

「動物のお医者さん」は、何度も読み返しますね。なんでだろう。
親しみやすい何かがあるのかもしれない……。


投稿者 夢崎 : 2009年8月17日 09:09

コメントしてくれるのかい?


footer