« PS4 / Xbox One / Nintendo Switch / Windows『DARK SOULS REMASTERED』5月24日発売予定 | メイン | PS4『ワンダと巨像』 »

2018年1月21日

Nintendo Switch『迷宮の塔 トレジャーダンジョン』

 18 日に Nintendo Switch で配信開始されたダウンロードソフト、『迷宮の塔 トレジャーダンジョン』。その攻略ページを勢いで仕上げたった。俺の大事な週末が……。ハッキリ言って攻略サイトなんか要らないレベルのゲームなのだが、なんかこう、マッピング欲がフツフツと沸いてきてさ……。限りなくいないと思うけど、このゲームやってる人、これからやる予定の人は参考にしてくれよな!

 PV を見て「オイオイ、『Legend of Grimrock』じゃん」という興味から買ってみたのだが、思った以上に『Legend of Grimrock』だった。「法的にセーフなのか?」と思ってしまうほど。

『Legend of Grimrock』と比べるとかなり難度を下げた感じで、数時間で終わってしまうため、ボリューム的にも物足りなさはある。けど、この系統のゲームの入門編としてはいいんじゃなかろうか。難易度「難しい」にするとさすがに敵も強いので、歯応えを求める人は「難しい」一択。あるいは、偏ったパーティー編成で難易度「普通」あたりで挑むのもいいかもしれない。攻略ページを作るために「簡単」と「普通」で2周クリアーして、「難しい」で3周目に入ったところまでやったよ……。

 全体的に『Legend of Grimrock』のイージー版みたいな感じなのだが、やはりマウス前提だったあの操作をコントローラですべて行わなければならない点が、このゲーム最大のネックかもしれない。ほとんどの人が、最初は操作に戸惑うと思う。ただ、『Legend of Grimrock』もそうだったが、まだまだ可能性を感じる戦闘システムなので、よりライトな入口が増えるのは大歓迎。戦闘の操作はもうちょい洗練できそうなので、発展させた次回作とか見てみたい。この辺りが上手くいけば、『Legend of Grimrock』のコンシューマ移植も夢ではないのでは……と、思わなくもない。

 個人的には、このテの 3D ダンジョン RPG ではカニ歩きが L・R で旋回は十字キー派なので、それが逆になっている本作は、最初慣れるのが大変だった。キーコンフィグさえあればなァ。(※後日追記:アップデートでコンフィグに追加された模様。)

 あと、このゲームでは戦闘中の移動はほぼ封じられているようなものなのだが、これの有無で戦略性が格段に変わってくるので、ここはちょいと残念な点だった。おそらく、操作がよりややこしくなることと、プレイヤーが考えなければならないことが増えるのを嫌ったのだろう。ボス戦なんか、一歩も動けないガチの殴り合いだしな……。

 そういえば、ザコの敵キャラに既視感があったのだが、『Crypt of the Serpent King』の敵モデルだった。蜘蛛、蛇、オーガ、スケルトンあたりは、色違いだったり、そのままだったり。もしかして、海外ではフリー素材みたいな感じで使われている敵キャラなのだろうか……。

 こういうゲームが出てくると、また『Legend of Grimrock』やりたくなってくるし、『ダンジョンマスター』もやりたくなるし、『ダンジョン飯』も読み返したくなる。とばっちり的に『ウィザードリィ』もやりたくなってくる。ダンジョン繋がりで、去年に何を血迷ったか『トバル No.1』のクエストモードを久しぶりにやったことまで思い出してくる。クッソ難しかった。当時は制覇して鳥山ロボを使えるようにしていたが、我ながら信じられん。

adbar
adbar
adbar
adbar

[ニンテンドースイッチ] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?