« 0325 | メイン | 0327 »

2020年3月26日

0326

title
PS4 / Xbox One / Nintendo Switch『ザ・コーマ2:ヴィシャスシスターズ』8月6日発売
『クロックタワー』や『トワイライトシンドローム』系の、サイドビューホラー。2作目はこれまで日本語化がされていなかったと思うので、何気に初の日本語化だろうか。PS4 と Xbox One はダウンロード版のみだが、Nintendo Switch は、1作目がセットになったパッケージ版『ザ・コーマ:ダブルカット』も同時発売。前々から気になってた作品なんだけど、国内で Nintendo Switch 以外のコンシューマ版がなかなか出ないので、棚上げしていた。1・2作のセットは良い機会かもしれない……(膨大な積みゲーを眺めながら)。
title
Xbox One『Oniken: Unstoppable Edition&Odallus: The Dark Call Bundle』が 841 円でセール中
『忍者龍剣伝』チックな『Oniken: Unstoppable Edition』と、ステージクリア型だった頃の『悪魔城ドラキュラ』風の『Odallus: The Dark Call』という2つのゲームのセット。ストアページに「※日本語字幕には対応しておりません」とあるものの、両方とも日本語化されている。期待せずに買ったけど、両作品とも意外な掘り出し物だった。
 海外製の 2D ドット絵アクションはクソ難しいことが多いのだが、この2本は難度が絶妙。初見でのステージクリアは厳しいと思うが、リトライを繰り返した果てに諦めてしまうほどではない。『Odallus: The Dark Call』は悪魔城ライクでありつつも、ショップでの買い物やチェックポイントがあり、各ステージにシークレットもあるので、探索のし甲斐もある。これで1本 400 円は安い。Xbox One ユーザーはゼヒこの機会に。セールにはなっていないが、Nintendo Switch でも出ている(『Oniken (オニケン)』『Odallus: The Dark Call (オダラス: 闇の呼び声)』)。Steam にもあるが、そちらは日本語化はされていないようだ。

 ただ、日本語化のクオリティはしっかりしているのに、両作品とも句読点の位置が行の真ん中に来ていて、そこだけがホントに惜しい。Nintendo Switch 版だとちゃんとなってるのかなぁ……。あと、このゲームに限ったことではないけど、現在、Xbox の実績に不具合が出ているようで、実績リストへの反映が異常に遅い。ゲーム起動から数時間後にやっとリストに載るとかザラ。実績を獲得していなくても、最後に起動したゲームがリストの一番上に来るはずだが、それも上に来ない。は、早よ直してー。
title
Nintendo Switch『ギルティギア』が 100 円
 数日前から始まってたセールだけど、『GUILTY GEAR』『GUILTY GEAR XX ACCENT CORE PLUS R』が、なんと 100 円という大盤振る舞い。4月1日まで。『GUILTY GEAR』は PS4、『GUILTY GEAR XX ACCENT CORE PLUS R』は Xbox360 で持ってるけど、勢いで両方買ってしまった。誰か、『GUILTY GEAR』のジャスティスをノーコンティニューで倒す方法を見つけて教えてくれ……。
title
Nintendo Switch『ブリガンダイン ルーナジア戦記』6月25日発売
 いつの間にか発売日が決定して、限定版の情報まで出ていて、Amazon で予約も始まっていた……。『ファイアーエムブレム』も『ラングリッサー』も、若年層を取り込むために伝統ともいえる特徴的な絵柄まで変えているのに、PS1 版の頃より濃い絵柄で登場。今時、これだけシブいシミュレーション RPG はなかなか出ないと思うので、期待を込めて限定版を予約しておいた。限定版に同梱されるという攻略本が気になって……。
adbar
adbar
adbar
adbar

| コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?