« ゲーマーアイコン | メイン | BMFAN »

2011年3月15日

Xbox LIVE Labs

labs

 世間はそれどころじゃないとは思うけれど、期間限定の話題なので今のうちに。

 アメリカで3月10~27日に実施されている "Xbox LIVE Labs"。
 北米タグでログインすれば「My Community」のところにあるので、すぐ分かるハズ。
 これはXbox LIVEへの接続状況テストのようなもので、ただ放置しておくだけなんだけども、実績とアワードが用意されている。でも日本のダッシュボードには「Xbox LIVE Labs」の項目すらないし、北米タグ以外ではどうしようもなさそうに見えたが、日本タグでもこれに参加して実績とアワードを取る方法を見つけたので、書いておく。

 まず北米タグでログインしてXbox LIVE Labsをダウンロード、起動する。
 起動後にサインアウトして、日本タグでサインイン。画面では北米タグのアバターが表示されたままだけど、これで日本タグにXbox LIVE Labsを起動した履歴が残る。一度ダッシュボードに戻って、ガイドボタンから「履歴から始める」でXbox LIVE Labsを選択。これでOK。

 実績は30分経過、1時間経過、6時間経過の3つ。寝る時にセットしておくといいだろう。
 もし途中で回線切断状態になっても、次回起動時は続きからカウントされるようだ。
 ポイントは全部0Gで、数値的には何も増えないけど、「実績をすべて解除したゲーム」にはカウントされる。

 アワードは、白衣と変なメカ帽子と謎のライオンヘアー。
 ライオンヘアーは、ボサボサ頭のハカセをイメージしてるのかな。

labs

 今後、アメリカ以外の地域でも行うかもしれないらしいので、わざわざ今この方法でやる必要はないかもしれんけど、行わない可能性もあるわけで。北米タグ持ってる人で、取れる実績とアワードは片っ端から頂きマンモスって人はドウゾ。

 ただ、通常の方法では日本からは参加できないはずのモノなので、マイクロソフトの機嫌が悪いと「コイツ、北米タグ使って日本から参加しやがったな! 気にくわねえ! BANだ!」なんて可能性も無きにしもあらずなので、自己責任で。個人的には "アメリカ人がゲーマータグ持参で日本の友人宅にやって来てXbox LIVE Labsを起動したものの、途中で回線切断されたことに気付かず寝てしまい、日本の友人が「おっ、何だこのゲーム」と思って自分のタグでサインインしたけど画面のアバターが変わらないからダッシュボードに戻って履歴から起動した" というシチュエーションなら有り得る現象だと思うのでセーフ。多分。


[Xbox360] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer