« 『バイオハザード5』追加エピソード2「DESPERATE ESCAPE」レビュー | メイン | お久しぶりでスー↑ »

2010年3月 9日

HIKKOSHI

 ちょっと引っ越しすることになったので、準備やら何やらでおそらく最長で1~2週間ほど更新が途絶える……かも。元々そんなに更新頻度高くないブログなので影響は少ないと思いますが、もし、何かしらのメールを送っても反応がない! とかの場合は、しばしのお待ちを。

 しかし、俺が幼稚園の頃から数えると9回目。母曰く、父が存命中の頃から数えると我が家は今回で18回目の引っ越しになるそうだ。スゲェ。引っ越しすぎ。頭おかしい。

 引っ越しの度に大量に本を処分しているのだが、引っ越しから引っ越しまでの間に、まるで失ったものを取り戻すかのように本が補充されており、結局、毎回毎回、相当な量の本を処分することになる。今回もすでに300冊以上は処分したが、それでも段ボールはおそらく30箱は本だけで埋まる計算。昔と違って、マンガの類はもうゼロに近づきつつあるのに、この状態。8割、ゲーム関連・攻略本だな……。

 ちょっとした古本屋を凌駕する程度の量を誇るゲーム攻略本の中、1割は推理小説、残り1割を占めるのは「あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度」とか「スマートモテリーマン講座」とか冷静に考えるとホントどうでもいい部類の本なんだけど、す、捨てられねェ……。しかも、中途半端に読みふけって荷造りを鈍らせる悪魔のバイブル。荷造り全然進んでねー! あと、エロマンガBOXの整理してたら見つけた安森然の「Release Zero」も捨てられん。フタナリスキー必携。

 エロ整理してて気付いたが、何冊かあったフランス書院の文庫が見当たらない。前の引っ越しの時に捨てたような気もする。エロ本というものは、こうして少しずつ「いつの間にか」手元から消え、少しずつ記憶からも消えていくものなんだろうなァと遠い目をしていたら、吉原有紀の「そうかもしんない」を発掘。ヤベーナツカシー 

表紙

 妙にポップでエロスな表紙が印象的だった1冊。
 この本も元々そうだったのかもしれないけど、今の時代だったらコレ、オビで尻のところを隠すだろうなー。『レッスルエンジェルス サバイバー』の攻略本みたいによ!

 これはもしかすると、子供の頃に「文で読むエロス」の扉を初めて叩いた本だったかもしれん。内容としては、少年が銃を手に入れたのをキッカケに、数々のレイプ事件を起こしていくという物騒な話。特に文章が優れているというわけではないのだけど、被害者側の女の子視点による語りがメインなのがポイント。Libidoの『女の子の仕組み』が好きな人なら多分、大好物。元は「くりいむれもん」シリーズのひとつで、アニメもあったので、多分そのノベライズ……だろう。

 今読むと、文中に「やだァ!」とか「なにやってんのよッ!」とか「~でサ」とか、妙にカタカナを多用しているのが湾岸ミッドナイトっぽく見えてきて、「やっぱこの表現古いよな……」と思った直後、自分自身も結構カタカナ使うほうだと気付いてショックを受けたり。カタカナって便利だよナ、アキオーッ!

 ……荷造り全然進んでねー!


[日常] [本] | コメント (3)

コメント

元気だろうか?と久方ぶりに訪れてみたら、夢さんが夢さんでホッとしました。
懐かしい単語がいっぱい出てきて、脳のいつもと違うところが活性化しました。
くりいむれもんは「い」が小文字だったような微かな記憶……雑誌の広告ページに
掲載されていたのを見て妄想などを膨らましていたあの頃を思い出しました。
「遊人」なんてのも時代を象徴したキーワードですな。
あぁ、「胸騒ぎの放課後」なんてのも…オレ、あの時、ピュアだった。

引越し頑張ってください。


投稿者 ふにょ : 2010年3月17日 20:37

あれこの絵塔山森じゃね?


投稿者 ぬま : 2010年4月14日 00:21

>ふにょさん

ヤベー お久しぶりです。ご無沙汰してます。
こっちはもう、いっぱいいっぱいです。

くりいむレモンは俺も「い」が小文字だった記憶があったんですが、
「くりぃむ」で検索すると、くりぃむシチューしか引っかからず、
ネット上で見るデータでは、くりいむレモンに関しては大文字のほうが多いんですよ。
ロゴの配置で「い」が小文字に見えたのか、
ホントは小文字だけど、いつの間にか大文字勢に飲み込まれたのかは……謎です。

>ぬまさん

そうだよ!


投稿者 夢崎 : 2010年4月22日 09:03

コメントしてくれるのかい?


footer