« 『バイオハザード5』レビュー | メイン | 発売直前 »

2009年3月14日

あと5日

 気づけばPSP版『ブランディッシュ』発売まで一週間をきっていたわけですが、ふぁるコラムのほうで連載されていたプレイ日記が最終回を迎えています。ドーラモードはアレスモードより遥かに難しいらしいことや、謎の石碑の存在も明らかに。基本、リメイク作品なだけに、こういった新規要素の部分にはwktkが止まりません。

「こういった機会でもないと、いつまでも放置になりかねん!」と、PSP版の発売までに『ブランディッシュ4』の攻略ページの作り直しも目指していたのですが、さすがにクレール編とガラハッド編だけで精一杯かも。メルメラーダ編はクリアはしているのですが、マップ完成率が、ずーっと99.99%止まりなんですよね……。PSP版の攻略ページも神速で制作する気マンマンなので、ご期待下さい。

 そういや公式サイトのダウンロードページで現在3曲ほど試聴できますけど、FORTRESSの曲がいかにもラストダンジョンっぽいアレンジになってますな。元の曲が地味すぎるってのもありますけど、なんか『ダイナソア』のリメイクで試練の塔の曲がユーロ調になってたような違和感を感じないこともない。ヘッドレス先生の曲は順当というか予想通りというか。

 そういや全然関係ないんですけど、『マナケミア2』というゲームの戦闘曲「Roar of Delirium」がアツすぎてビビッタ


ゲームのキャラというか雰囲気だけ見ると、MAD動画にしか見えん

確か『マリーのアトリエ』シリーズから派生したシリーズだったと思うんですけど、なんでこんな『ギルティギア』シリーズの新曲ッスか!?」みたいな曲に……。YouTubeやニコニコ動画がなかったら知ることすらなかったかもしれん。これはサントラだけ購入ですね、わかります。

 個人的に『イース フェルガナの誓い』の「翼を持った少年」のアレンジは「まさに十数年前、FM音源聴きながら頭の中で思い描いていたものだ!」て感じで感動したんですけど、あれほどのキタコレ感を味わうことはできるのだろうか……。


バイオリンがたまらん

 なんだかんだでRUINS AREAの曲が一番好きなんですが、今作でも「ああもうここから出られなくてもいいや」という気になってくる屈指の落ち着きソングになってるといいなァ……。

 とりあえずRUINS AREAがユーロ調になってたらコロス。






[PSP] [ゲーム音楽] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer