« PS4『仁王2』β体験版の死闘 | メイン | 2019年も御来訪ありがとうございました »

2019年12月25日

Nintendo Switch『スーパーリアル麻雀 LOVE♥2~7!』2020年4月23日発売

公式サイト

 Nintendo Switch で『P7』が出た後、サターンの『スーパーリアル麻雀グラフィティ』の移植が進められているという話はあったものの、続報が途絶えていたので気になっていた。今回、配信済みの『PV』『PVI』『P7』の3本を加えて、まさかの全部入りでのリリースが発表。クッ……25日に発表することで、『スーパーリアル麻雀』ファンへのクリスマスプレゼントのつもりかっ……! ありがとうございます……!

『PV』『PVI』『P7』がそれぞれ税込 1,980 ~ 2,480 円で配信されていたことを考えると、『グラフィティ』を入れた全部入りで税別 5,980 円はお得感はある……が、このソフトを欲しがるような人は『PV』~『P7』をもう買っていると思うので、既購入者にとっては、実質『グラフィティ』を 6,000 円で買うようなもの。

『グラフィティ』だけをダウンロード版で欲しい層はもちろんいるというか Nintendo Switch 版の『PV』~『P7』を買った人はみんなそうだと思うが、この『LOVE』、ダウンロード版がなく、パッケージ版のみらしい。『グラフィティ』の復刻にかかった手間が 2,000 円前後では回収できなくなってきて、ここらで一発、ファンからガッツリと搾り取る手段に出たような気がしなくもない。まあ、その目論見通り、くやしいけど買っちゃうビクンビクン
ただ、「※『スーパーリアル麻雀 LOVE♥2~7!』としてのダウンロード版の販売予定はございません。」という妙な注意書きがあることから、このパッケージ版の発売以降に『グラフィティ』単体で出る可能性は残っている。

 あと気になるのは、「『PV』は、本パッケージ版に合わせてアニメーションシーンの画質を向上させるためのリマスタリングを施します。」の一文。たしかに『PV』は色合いが暗めで、ちょっと画質が悪かったんだよな……。最初からがんばっておいてくれよという気がしないでもないが、良い物にしようとしている姿勢は評価できる。

 一方、“特装版” も発売される。こちらは「特製ケース」「復刻インストラクションカードセット」「豆本 新規制作版」が付属して税別 7,980 円。なるほど、ファンならこっちを買うだろう……と、俺も予約が始まっていた Amazon でポチりそうになったが、ちょっと待てっ……! 「ゲームと同時発売! 数量限定生産 復刻豆本セット」……! 豆本は、シリーズファンでもコンプリートしている人は少ないはず。それをまとめて復刻してくれるなんてありがたい。買うぜ……と思ったら、「※復刻豆本セットにゲームソフト及び特装版の同梱物は含まれません。」の一文。てっきり全部セットの限定版かと思ったが、よくよく考えてみると、豆本は脱衣シーン(※たしか、乳首も普通に全開)を載せたエロ全開のシロモノ。さすがに、ゲームに付けたら CERO Z でも発売できなくなってしまう。

 なるほどなるほど、了解したぜ……じゃあ特装版と豆本セットを買うか……と思ったら、豆本セットの価格に驚愕。税別 14,980 円……! ゲームなしで、これ……! 特装版とセットで買うと税別で約 23,000 円であり、消費税 10 %の今、税は 2,300 円乗る。しめて 25,000 円コース……! Nintendo Switch Lite より高い……!
 ……しかし、豆本はオークション等で個々に買い集めても、1冊 1,000 円ですべて集まるとは思えないレベルの品。15 冊セットでこの価格は妥当どころかお得と見る。

 ──逡巡の後、「販売は……シティコネクションか。なら、クラリスショップだな……」と冷静にこのページに辿り着き、予約を完了している自分がいた。クラリスショップ特典として、複製セル画セット(A6サイズ 9種)と、初代『スーパーリアル麻雀』の復刻インストラクションカードも付く。
 ちなみに初代『スーパーリアル麻雀』は女の子が一切登場せず、対局中の「手」だけが表示されるゲーム。そういう意味での「スーパーリアル」だったのだが、まさか2作目以降が脱衣麻雀になり、脱衣の様子がスーパーリアルになるとは……。

 ・ ・ ・

 Nintendo Switch というハード選択に関しては、他のハードがエロ関連に年々厳しくなっている事情もあってのものだと思うので、Nintendo Switch 版を出した後に他のハード版が……という展開は考えづらい。なぜエロ全開で PC 版を出さないのかは疑問だが、元となるソフトがそもそも家庭用ゲーム機という制約の中で戦った勇姿の復刻だからだろうか。アーケード版の復刻は難しいのかなぁ。

 それはそうと、「『スーパーリアル麻雀』シリーズは好きだけど、すぐに飛びつくほどでもない」という “見” の姿勢の人に言っておくと、これまでの『スーパーリアル麻雀』シリーズは、ことごとく品薄・入手困難になっている。しかも今回はダウンロード版がない。豆本セットに至っては数量限定生産だ。気を付けられよ……。

adbar
adbar
adbar
adbar

| コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?