« 『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン』レビュー | メイン

2018年7月12日

ゲオマートの甘い罠

 6月末に3日間ほど、ゲオのヤケクソセールがあった。
 普段は980円のソフトが540円に、480円のソフトは108円に……というもので、
 PS4などの現行ハードは対象外、1,100円以上のゲームにも関係なし。
 つまり、なかなかの在庫処分感あふれるセール。

 リアル店舗のほうだと、店舗ごとの品揃えの問題から、結局大した物がない……なんてこともあるが、
 このセールはネット店舗であるゲオマートでも開催。
 「ちょっくら覗いてみるか……」と見ていたら、いつの間にか結構な量を買ってしまっていた。


 想定外だったのは、ゲオマートというのは通販用の倉庫で在庫を持っているわけではなく、
 全国のゲオ店舗から在庫を調べて、そのソフトがある店舗から直で送るらしいこと。
 これはつまり、その店舗にあるソフトだけが、とりあえず送られてくる。
 たとえば注文した20品中、3品だけが同店舗にあったら、まず、その3品だけが送られてくる。

 今回、俺が注文したのは、合計で177品に及ぶ。
 てっきり段ボール箱にでも詰めてまとめて送ってくると思っていたので、
 この超分割発送に「これは……受け取るだけでエラいことになるのでは……」と青ざめていたら、
 全国のゲオ店舗からソフトが1~2本単位で届き始めた。ヒィィィィィ
 家に来た郵便局員が手に封筒を25個くらい持ってたので、何事かと思ったよ。
 このままでは、俺は郵便局のブラックリストに載ってしまう。
 局内での仇名が「クソゲオ封筒」とかになってしまう。

 その一方で、在庫管理も、かなりズサン。
 各店舗の店頭在庫と連動しているらしく、注文確定後に
 「スマン、このソフトは店頭で売れたみたいで在庫なかったわ」的なメールが来る。
 まあ安いセールだし、そのへんにいちいち文句を言う気はな……かったのだが、
 「欠品のお知らせ」メールが日に日に増え続け、最終的に38品がキャンセル扱いになった。
 注文手続き中に他の人が買って在庫が切れた場合、
 「カートの中の〇〇は品切れになりました」的な表示も出ていたので、
 ある程度はリアルタイムで在庫を把握できているはずなのだが……ウーン、どうなってるのかよくワカラン。

 しかも厄介なことに、「発送しました」系のメールが来ないため、
 いつ、どれだけ発送されたのかが全く分からない……
 ……と思っていたら、品物が到着した日の夜に発送メールが届くという。
 ア、アンタら、仕事の順序ムチャクチャやで……。


 ・ ・ ・

 ……と、まあそんなわけで、セールから約2週間くらい経った今週で、すべての品を受け取り終わった。
 特に何も考えずに食いついたセールが、思いもよらない悲劇を呼ぶこともある。
 今後、ゲオマートのセールがあったとして、多めに注文する人は気を付けてほしい。
 「そもそも177本も買わねぇよ!」とか聞こえてきそうだが、これがたとえ20本だったとしても、
 最大で20回に分けて発送される可能性があるのだということは肝に銘じておいてほしいのです……。






| コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer