« 『Rogue Warrior』レビュー | メイン | イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ »

2010年5月22日

いろいろ

 単体だとあまりにも内容がないよう(死語)(埋葬済)(笑)(爆)なので、最近の事をいくつかまとめて。

DS『エルミナージュII DS REMIX』7月1日発売:追記

 Amazon見てみたら、特典小冊子の他に「Amazonオリジナル ベストサウンドコレクションCD付き」の文字が追加されていた。これは予約して正解だった! ちなみに予約まだ間に合うよ! 急げ! と、通販サイトのアオリっぽく。しかし「急げ」って冷静に考えると命令形だよな……。

『放課後プレイ』第2巻、5月27日発売

 やっと2巻が。最近電撃PS見てないので、キャラ変更後のPart2編がどうなってるのかあんまり知らぬ。今回もまた最後はエロマンガ顔負けの展開までもっていくのだろうか……。

エロゲ『カスタムレイド4』が何故かタワーディフェンスSLGに

 このシリーズ、カスタム「隷奴」だったんだけど、カタカナになったのは何故だろう……レ○プレイ騒動の余波?
 それはそうと、このシリーズのウリであるカスタマイズとか調教はともかく、なぜかタワーディフェンスとシミュレーションRPGを足したような不思議ジャンルに。エロゲでここまでゲーム部分に力入れてるソフトは久々に見た気がする。

KISS カスタムレイド4 公式ねっくり実況HD Part1/2

 Youtubeにあった公式らしい動画。面白くて分かりやすかった。

 一番驚いたのは、今ひとつメジャーになれない感のあるタワーディフェンス系のシステムを、シミュレーションRPGと合体させてしまったところ。シミュレーションRPGのほうもシステム的に頭打ちになって停滞してるジャンルなので、見事というか。

 少なくとも俺は、

 ・敵が決まったルートを通らない
 ・固定砲台ではなく、シミュレーションRPGのユニット風に
 ・セットしたユニットが移動可能

 この3点を盛り込んだタワーディフェンスを知らない。実は他にもいろいろあるんだろうか?
 これ、上手く進化させればシミュレーションRPGの後継としてどんどん発展しそうなので、ちょっと気になっている。
 こーいうのはエルフが頑張って『ドラゴンナイト5』とかで出して欲しかったなー。

Xbox360『モンスターハンター フロンティア オンライン ビギナーズパッケージ』6月24日発売

 もうすでにネット各所で報じられてるけど、XBOX Live ゴールド12か月分が丸々ついてくるらしく、それを普通に買うだけで4000円越えるので、現時点で4,661円のコレはマジでオトク。最初速攻で売り切れてたけど、入荷数増やしたのか、今は一応予約可能。モンハン発売後も、とりあえずLiveゴールド12か月買うならこっち買うわって人が後を絶たなさそうな。

 で、おまけ……じゃなくて肝心のモンハンのほうは、最初の2か月程度が無料期間になるっぽいので、その間に取れる実績だけ取っておこう……って実績病患者が言ってました。俺だけど。

 これだけだとナンなので、現在実施されているベータテストの感想を。正直、このクオリティのものを据え置き機で月額&アイテム課金してまで継続プレイする人って居るんだろうか、と思ってしまった。今のカプコンならグラフィック面でもバトル面でももっと面白いものを作れそうな気はするのだが……。

 RPGのレベル上げなどでよく言われる「作業」というのがあるけど、作業の中にも、大して苦にならない、むしろ楽しいくらいの作業がある。この「作業」は旧型RPGの"快感"を担う一端だと思ってるんだけど、個人的に『モンハン』は、その部分に特化した奇ゲーだと思っている。何かの待ち時間にやるには最適な気はするが、自宅でゲーム機の電源入れて「さあ、やるか」というゲームではない……なー。今のところ。DOAXクラスのエロコス山盛りなら猿のようにやる気がするんだけど、どこにモチベーションを保てばいいのか分からん。

『レッドシーズプロファイル』プレイ中

 ずっと気になってはいたのだが、積みゲーあるしなー……と思ってたら、先日Amazonで新品4000円台まで下がってたので、つい購入。

 ・田舎町で起こった殺人事件の捜査
 ・町の人間は時間に従ってリアルタイムに動いている
 ・本編から外れた寄り道要素が妙に充実している

 この3点を見ると「どう見てもPS1の『ミザーナフォールズ』じゃねーか!」といった感じなのだが、開発に携わった人が共通してたりするのだろうか? 似てるよなァ……。

 ネットでは叩かれてる印象があったけど、確かに、露骨に叩きやすいというか、フォローしようがない細かい不満点がいっぱいある。けれど、それが霞むくらい意欲的な要素が多くて面白い。

 現時点で好感が持てるのは、登場人物のキャラクターが全員見事に「立っている」こと。最近なかなかこういうゲームに会えなかったので、ちょっと嬉しい。あとは、「グラフィックは異様にスゴいけど中身が今ひとつ」というゲームが多い中、「中身はいいのに、キャラの動きとか町のグラフィックとかシステムまわりが今ひとつ」という、全く真逆の存在ということ。とにかく珍しい。

 結構時間かかりそうなので、じっくり進める予定。なんというか、サッサとクリアしてしまうのがもったいないなーと感じたゲームはホント久々だ。町の人との会話を全部聞いていきたい感じ。


[NEWS] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer