2017年2月28日

『仁王 公式ガイド』レビュー……と『仁王』進捗状況

 2月 27 日発売だった『仁王 公式ガイド』。コーエーの攻略本ということと、税別 1,800 円という価格もあって、何の疑いもなくAmazonで予約していたのだが、届いて見てビックリ。薄い。税別 1,800 円でこれは嘘だろ? と思い、最初のページを開いてみると……

 Oh……。Nioh……。最速攻略本だ、これ……。

 このトラップに引っかかった原因としては3つ。

●このご時勢に、まだ「最速→完全攻略本」の流れをやっていること自体が珍しい
●税別 1,800 円
●最速攻略本にしては、ゲームの発売から1か月経っている

 最近は攻略本が出ること自体が珍しいが、ゲームの発売から約1か月経過後の攻略本は、大抵、完全攻略本のほうである。このタイミングで、コンプリートじゃないほうの攻略本を出してくること自体がまずありえないので、攻略本を買い慣れた人間ほど引っかかりやすい、高度なトラップ。最速攻略本の価格が税別 1,800 円ってのも、なかなかない。

 コーエーの攻略本での過去の前例にしても、「マスターガイド」と「コンプリートガイド」に分けての同日発売や、上下巻に分かれているものはあったが、「公式ガイド」という微妙なネーミングで単巻であることと、この公式ガイドが Amazon に掲載されたときは、まだコンプリートガイドの存在は明らかになっていなかったというのも巧妙。計画的犯行臭がスゴい。せめて店頭で実物を見ることができていれば、薄さで回避できたのだが、Amazon ではそうもいかない。

 あと、以前の『零』のときに「コーエーの攻略本は売り切れやすい」ということを身をもって知ったので、買うなら早めのほうがいい、と 急いだのも裏目に出た。『零』シリーズの攻略本は、零 ~眞紅の蝶~ 攻略&設定資料集 くれなゐの杜といい、零 ~濡鴉ノ巫女~ コンプリートガイドといい、ことごとく売り切れ&プレミア価格になる傾向があるからな……。

 そして、残念無念なことに、内容も微妙だ。かろうじてステージのマップは役立つかも……程度で、肝心要のボス攻略法がページの4分の1スペースで、たった4行の解説に留まっているのは、さすがにどうかと思う。


もっと詳しく教えてくれよ!

『仁王』において攻略本が欲しくなる要素の大半が「ボスの攻略」だと思うので、ここは最低半ページ、できれば丸々1ページ使って「ここの地形を使って、こうするとラクだぞ」的な紹介などを、写真を交えて紹介するべきだろう。

 ボスの写真も、妙に暗い。↑の画像でも分かると思うが、実際の誌面をなるべく明るく撮ってみたのが、これ。


 多分これ、ゲーム内で見れる「妖怪図説」からのキャプチャだと思うが、こんなに暗くなる理由が分からん。ゲーム内の設定で、画面の輝度を一切上げてないんじゃないだろうか。紙への印刷は暗くなりがちなので、むしろ明るめに撮ってちょうどくらいなのだが……。

 元々、ややザラつく感じの紙質なので、普通以上に画面が暗く見えてイカン紙質ではあるのだが、それにしても……という感じ。ちなみに、同じ画面をキャプチャして、縮小してみたのが、これ。↓


うーん、これをどう縮小しても、あの暗さにはならないと思うんだが……。

 ステージ攻略にしても、載っているのは関ケ原編までで、アイテムや武器防具データのページにはアイコン表示もなく、単純に見づらい。守護霊のページの写真も、これまた暗く、しかも今度は写真に謎の斜線が入っている。


 よく見ると、写真や文の下地に斜線が入っているので、それが写真にも写ってしまっているような感じ。どういう処理をしたらこうなるのか知らんが、ただでさえ内容が薄いんだから、ホント勘弁してくれ。


ちなみにゲーム中の画面では、こんな感じ。

 ・ ・ ・

 ゲームのほうは、ちょっと忙しくてまだクリアーまではプレイできていないのだが、今のところ、イイ感じ。難しすぎずカンタンすぎず、ボスで苦戦して「あー、こりゃ、しばらくここで詰まるな」と感じても、しばらくリトライしていたら「あ、いけた」となることが多い。今のところ、『ダークソウル』シリーズよりリトライ率は低い。最終体験版は正直かなりキツかったが、あれよりは遥かにマシになっているように見える。最終体験版のステージとボスは中盤くらいにあるモノらしいので、そこに到達したら結局同じ苦労をすることになるかもしれないけど……。

 しかし、ただでさえ攻略本が死滅しかかってるんだから、良質な本だけを出していってくれよ……とガックリくる1冊だった。ステージマップにしても、大判の本にしたほうが見やすかっただろうし、せめて設定資料やインタビューでも入っていれば存在価値も生まれたのだが、この様子だと、コンプリートガイド発売後はまったく不要な本になりそうで、残念感が加速する。

 今の世代がこんな本を税別 1,800 円で掴んだ日には、攻略本不信になって、二度と攻略本なんか買わなくなるぞ。ていうか切実に返品させてくれ。最速攻略本と知っていたら買わなかったぜ。

 この質を見ると、3月 30 日発売の仁王 コンプリートガイドを予約する手にもブレーキがかかるのであった……。

■関連記事
『仁王』が思いのほか『ダークソウル』だった件

adbar
adbar
adbar
adbar

[ゲーム攻略本] [仁王] | コメント (1)

2017年1月22日

『仁王』が思いのほか『ダークソウル』だった件

 正直、完全にノーマークだったのだが、2月9日発売の『仁王』が和風『ダークソウル』らしいということを知り、早速、体験版をダウンロード。"最終体験版" と銘打たれたこのバージョンは、今日、22 日の 23 時 59 分を過ぎると遊べなくなるという仕様。ちょっとやっただけなら「おもしろい! もっとやりたい!」と思うかもしれないけど、長く遊びすぎると「やっぱ難しいな……買わないでおこう」となる可能性があるから、こんな方法にしたのだろうか。「やりたい! 買う! 早くやらせろ!」という人にとっても、発売は約3週間後なので、微妙に間が空くのも謎。何にしろ、気になる人は今のうちにドーゾ。

 やってみたところ、たしかに『ダークソウル』。開発者もそこを目標として目指したと言っているとかナントカなので、堂々としたパク……いやオマージュなのだろう。和風の世界観で『ダークソウル』とか、個人的にはむしろ大歓迎なので、どんどんやってほしい。


画面構成がもう『ダークソウル』っぽい

 なお、単純な『ダークソウル』オマージュではなく、ハクスラの要素も入っている。マップ上からは鍛冶屋に行けるのだが、そこで武器を合成することで、武器に付いている特殊効果を継承したり、すでに付いている効果の性能を上げたりと、『ディアブロ3』チックな強化ができる。


備前伝太刀の「強い攻撃の気力ダメージ」の左に変なマークがついているが、このマークが付いている能力が継承できる。ただし「愛用度」が MAX になっていないと継承できない。

『ダークソウル』と大きく異なる点は、全エリアが繋がっているわけではなく、ミッション形式になっていること。マップに点在するメインミッションやサブミッションを選択し、その場所で『ダークソウル』的な冒険をする。ボスを倒したりといったミッションの目的を達成すると、またマップ画面に戻る……という感じ。多分この形式のほうがエリアを狭く限定できるため、重くなりにくかったり、バグが起きにくいんじゃないかという気もする。このおかげかどうかは分からんけど、死んだ後のリトライもかなり速い。


マップ画面。体験版ではこのミッションと、あとは一騎打ちのサブミッションしか選べない。

 さて、『ダークソウル』シリーズは盾があったからこそ俺のようなポンコツ野郎でも凌いでこれたところがあったが、この『仁王』では、防御は武器によるガードしかない。

 問題は、武器ガード中は移動がほぼできないことと、敵の攻撃を1回防いだだけで気力(※ダークソウルの『スタミナ』)をゴッソリ削られること、一気に気力が切れると数秒間動けなくなること。これらのことから、武器ガードが有効な場面が思いつかない。

 敵はザコであっても2~3回連続で攻撃してくるので、初撃から武器ガードすると3回目の攻撃あたりでこっちのスタミナが切れてガードも回避もできなくなっているところをバッサリいかれる。このゲーム、ダメージ量がハンパないので、敵によっては、そのミス1回でこちらが即死することも。こうなってくるともう『ブシドーブレード』に近い。

 必然的に回避行動がメインとなり、『ダークソウル』でいうところの軽装 de 回避主体の戦いになる。つまり避け切らなければ大ダメージ、敵の動きを完全に見切ること前提の、相当な上級者プレイである。

 体験版にもボスがいて、とりあえずそいつを倒せば製品版に引き継げるおまけアイテムが貰えるのだが、このボスがまあ強い。「本当に最初のボスか?」と思えるほどで、これと戦った後だと、このゲームを買おうと思っていた人も「あ、やっぱ、やめときます……」ってなっちゃうんじゃないだろうか。めっちゃ死にまくってなんとか倒せたものの、『ダークソウル』シリーズ3作をクリアーしてきて、そこそこ自信がついた俺の天狗鼻が真っ二つになる程度にはムズい。せめてこっちの攻撃力がもうちょっとあったり、ボスの HP がもうちょい少なければ勝てていたであろう回もあったので、こっちのレベル不足の可能性は高い。ちなみに討伐時のレベルは9だった。

 フォローするわけではないが、社(※『ダークソウル』の篝火)を拝むことでザコが復活するので、根気さえあれば、レベルアップと武器防具強化を繰り返していつかはラクになるのでは……とも思ったり。ザコ敵が結構武器防具を落とすことや、他プレイヤーが死亡した跡(※『ダークソウル』でいう血痕)を調べるとそのプレイヤーと戦うことができ(※実際にそのプレイヤーが操作しているわけではない)、倒せば、そのプレイヤーが死亡時に装備していた装備のどれかを落とすので、武器防具集めは割とラク。

 結論としては、和風『ダークソウル』+『ディアブロ3』という俺の大好物コラボなので、Amazon でポチろうとする俺の右手を左手で抑えているところなのだが、そもそも積みゲーひどいし、昨年末に買った FF15 もまだしゃぶり尽くせていないし、『サガ スカーレットグレイス』に至っては、まだクリアーできていない。こんなにムズいなら、発売直後に値崩れするんじゃないか? とか思わないこともないので、ひとまず様子見……様子見……とか言いながら、やっぱり買いそう。

 最後に、ゲームの雰囲気を掴むために、中ボス的存在の鴉天狗との戦いを録画したものをドーゾ。PS4 で録画したものなので、解像度が 1280×720 になり、fpsも 30 になっている。実際は 60 fps のヌルヌル画面。大ボスのほうはリトライしすぎて、倒した直後に寝たので録画データがない……。

 武器ガードを封印した結果、「お前ホントに『ダークソウル3』クリアしたんか」という、何の工夫もない戦闘風景に。やってることがシンプルすぎるゆえに、その勝敗にハラハラしなくもないよね。

adbar
adbar
adbar
adbar

[PS4] [仁王] | コメント (0)