2002年10月26日

異議なし! GBA『逆転裁判2』レビュー

パッケージ

 10 月 18 日に発売されたゲームボーイアドバンスの期待作『逆転裁判2』。期待を裏切らない出来で、見事な「続編」だった。推理モノの要素があるので「この話の、あの部分がね」などを詳しくは話せないのがツラいところだが、とにかく未プレイの方は前作『1』からのプレイをオススメ。『2』から始めるのはダメ! ゼッタイ! 公式サイトには FLASH を使った体験版も。
(※『1』は DS 版の発売に伴い、ゲームボーイアドバンス版のサイトが消滅しています。DS 版『1』の公式サイトはこちら
(『2』の体験版はこちら

 なお、『2』の発売日と同時に、前作『1』が『逆転裁判 Best Price!』という廉価版として 2,980 円で販売されているので、前作未プレイの人はこの機会に是非(数が無くなり次第、終了だとか)。以前に、「PS2 を持ってる人全員に『ICO』をプレイしてもらいたい」というような事を書いたのだけど、GBA を持ってる人は全員『逆転裁判』をプレイして頂きたい! それだけの価値は絶対あるゲーム。

 前作で「ボリューム不足」という声が多かったようで、全4話という構成はそのままに、1話ごとのボリュームが増えているのだが、個人的には1話のボリュームは前回と同程度で良かったかな、とも思ったり。事件の真相が気になるがゆえに「1つの話の途中で中断する」ということが難しく、1話始めるとついついその話の最後までやってしまうため、正直かなり疲れるというか……そこを我慢して中断すればいいんだろうけど。「腹八分目」という言葉があるが、ちょっと物足りないくらいがちょうどいいのかも……と、前作をクリアした時の事を思い出したり。

 先週のファミ通で、『バイオハザード』シリーズの三上氏と、『メタルギア』シリーズの小島氏による『逆転裁判』をテーマにした対談があったのだが、その中で小島氏の、

ゲームとミステリーの狭間にある作品で、やや簡単めだけど、ユーザーに自分が謎を解いていると思わせる力がある

 という発言には至極、納得。まさにその通りで、良いゲームには必ず、この要素があると思う。『ゼルダ』然り、『ICO』然り。

 同対談での三上氏の、

実際の裁判で こんなことは有り得ないけど、こういうのはゲームならではの表現。こういうことに目くじらを立てる心の狭い人はダメ。ユーモアのセンスがある人にやってもらいたい

 という内容の発言もあったが、これにも同感。ムチを振るう検事も随分アレだど、有り得ない証人が続々出てくるし。そこを笑い飛ばせるかどうか。実際の DJ の仕事を知ってる人が『ビートマニア』をプレイして「実際はこんなんじゃねぇよ」って言っちゃう人はダメ、という感じだろうか。

 前作と今作を比べた場合、おそらく大抵の人が「前作の方が面白かった」と答えるのではないかと思うが、これは今作がつまらないと言っているわけではなく、前作の完成度が極めて高かったことによる相対評価。

 前作の冒頭、初の裁判で緊張している成歩堂。

「こんなに緊張するのは小学校の学級裁判以来かもしれません」

 その学級裁判が終盤で大きな意味を成し、ストーリーを上手く締め上げる。とにかく前作には非常に「まとまり」が感じられ、やや物足りないと感じさせるほどのボリュームと、『逆転裁判』というゲームがまったくと言っていいほどノーマーク(失礼)だったことによる意外性で、プレイした人の大半が「名作」の太鼓判を押し、口コミで評判が伝わり、続編制作決定となるに至った。今回はそういった「期待」を一身に受けての続編なわけで、「期待してプレイすると肩透かしを食らう続編ゲーム」が多い中、『逆転裁判2』は続編として納得の完成度だったと思う。

 さらに、ここの開発者コラムを見る限り、今回の制作にはあまり時間が取れなかったことが分かる。前作の評判が良かったからこそ続編の制作が決定したわけだが、いざ決定したとなると大急ぎで開発に入らなければいけない会社体制にも責任はあるわけで……。

 しかし、この短い制作期間でこれだけの続編を作り上げる手腕はスゴい。願わくば、次の続編には時間をたっぷりかけてあげてくれ、カプコン。個人的には『バイオ』シリーズよりも注目している。あと、前作の同コラム内のタイトル案に関してのコラムはファン必見。

 唯一、不満を言うならば、このゲームはどちらかというと携帯機より家庭用機向きだと思うこと。上で書いた「真相が気になって中断できない」と同様、1度始めると腰を据えてプレイするタイプのゲームだと思うので。あとは「1度クリアすると、他にやり込む要素がない」ということくらいだろうか……。

 最後に……これも対談で三上氏が言っていたことだけど、『2』をクリアすると、妙に『1』をもう一度やりたくなるんだよなぁ、これ。


☆豆知識☆

 ※前作に比べ難易度は若干上がっているが、重大な選択と思われる直前で「中断」を選ぶ→タイトル画面に戻って中断したところからスタート→ゲームを進め、間違っていたら電源オフ→中断したところから。以上の手順を踏めば、大抵はクリアできるはず。ちょっと反則気味だけど。ゲージを大量に消費してしまい、ニッチもサッチもいかなくなったときにどうぞ。

adbar
adbar
adbar
adbar

[逆転裁判2] | コメント (1)