2018年3月29日

Re:Tune Romancing Sa・Ga BATTLE ARRANGE

pac

 いつの間にか発売されていた、新たなサガアレンジ盤。CD だと 3,200 円だけど、ダウンロード版だと 2,400 円。とにかく聴ければいいので、ダウンロード版をゲッツ。

 全体的にクラシカルなアレンジ多めで、全曲に激しいものを期待してると肩透かしをくらうかも。以下、全 10 曲のカンタンなレビュー……というか個人の感想。

●01 バトル1メドレー

 弦楽器とピアノのみによる、ロマサガ1・2・3の通常バトル曲メドレー。雰囲気としてはロマサガ3の通常バトル曲が最も合っている。また、曲の最後に『ミンストレルソング』バージョンの通常バトルのフレーズをもってきて、上手く締めている。「題名のない音楽会」感がスゴい。

 バトル1を聴いて思い出したが、ロマサガ1の通常バトル曲アレンジの最高峰といえば、これだろう。

 このアレンジを初めて聞いたときの正解出ちゃった感はスゴかった。かつて、アコースティックギターがここまでカッコ良く聴こえたことがあっただろうか。もう、ここはアコースティックギターしか考えられない。

●02 バトル2(ロマサガ1)

 ジャズ色強めのアレンジ。少し音量を絞って、夜の高速道路を車で走っているときなんかにかけると、スゲー雰囲気合いそう。

●03 クジンシーとの戦い

 妙にポップで、ダンスミュージック風味。『ミンストレルソング』の下水道や、『Re:Birth / 聖剣伝説 伊藤賢治アレンジアルバム』の「聖剣を求めて」アレンジを聴く限り、イトケンのダンスミュージック風アレンジには良い思い出がないので、正直「またやらかしやがったか」と思ったが、何かやりながらしばらく聴いていたら気にならなくなってくる。流し斬りならぬ、流し聴きが合う曲。

 でも、ハジケきれていないというか、どこか遠慮したような中途半端さも感じるので、いっそユーロビートくらいまでやってしまったほうが、おもしろくなりそう。

●04 七英雄バトル

 バイオリン(※ヴィオラとかコントラバスも交じってるかもしれんけど、俺のような素人にはよく分からぬ……)とアコースティックギターのみという大胆なアレンジ。ドラムなし。

 数ある七英雄バトルアレンジの中でも、イントロの雰囲気は「これだ」という決定打感がある。特に主旋律は「やはり弦楽器が合うな」と感じさせてくれる。これをベースにして、ドラムと伴奏を入れてゲーム用に仕上げたものも聴いてみたい……と思ったのだが、『Re:Birth II -閃- サガ バトルアレンジ』の 10 曲目が、まさにそれかもしれない。

●05 ラストバトル(ロマサガ2)

 合間に「オーレッ!」とか聞こえてきそうな、アコースティックギター全開のフラメンコ調。意外と合う。

『ミンストレルソング』の「熱情の律動」以降、こっち方面にも目覚めてしまったイトケンだが、イトケンのメロディーラインとフラメンコ調は合うので、どんどん模索してほしい。

●06 玄城バトル

 アコーディオンを取り入れるのはイトケン的には珍しい、新しい試み。

 しかしアコーディオンの活かし方の上手さは、浜渦正志氏による『サガフロ2』の「Feldschlacht Ⅳ」のほうが上という印象。『サガフロ2』の戦闘曲は、同じフレーズを様々なアレンジで何パターンにも見せているのだが、この曲の中盤辺り(動画の 01:32 辺り)で、さりげなくアコーディオンソロが入って来たときは「カッコええ……」と震えたものだ。

●07 四魔貴族バトル1

 曲が本格的に始まるまでに1分以上かかる。「四魔貴族バトル1」はロックアレンジが多い中、和風の笛の音が入って来るのが新しいパターンだろうか。そういや、ビューネイも着物を着てたな……。

「四魔貴族バトル1」は「四魔貴族バトル2」と違ってドラムがドンドコドンドコ鳴り続けるのが特徴だが、そのドンドコ感に初めて「そういうことか」という説得力が出た感じ。山奥に住む原住民の怪しげな儀式によって化け物を召喚してしまった感がある。これも、もしロマサガ3がリメイクされるなら、そのまま戦闘曲でいけそう。

●08 四魔貴族バトル2

 たっぷり 40 秒かけて焦らした後、バイオリンとピアノによる、しっとりエンディング調でスタート。この曲といえば圧倒的に激しいアレンジが多い中、まさかの静かめアレンジ……? と思いきや、油断しきっているところへの「紅だー!」と言わんばかりのスタートには笑った。顔にキングボンビーみたいな化粧をしたイトケンが「静かなアレンジかと思ったか? 残念だったな! お前ら結局こういうのが好きなんだろうが!」とか言うヤケクソシャウトが聞こえてきそう。曲が終わると同時にドラムセット破壊して倒れそう。

「四魔貴族バトル2」といえば、これまでアレンジで散々こすられてきた人気曲だが、今回のアレンジは、その最終形態の風格が漂う。

●09 ラストバトル(ロマサガ3)

 これも「四魔貴族バトル2」と並んで激しい曲の代表曲みたいなものだが、まさかのピアノオンリー。時には激しく、時には静かに。ずっと聴いてると、「あれ……? なんか有名なクラシック曲に聴こえてきた……」という錯覚を起こす。

 あと、『Re:Birth II / ロマンシング サ・ガ バトルアレンジ』でやったように、後半またしてもロマサガ1のバトル2のフレーズが入ってくるのだが、この曲はもう、そういう曲ということになったのだろうか。カッコイイし、集大成感出るからいいけど。

●10 邪神復活 ~ 決戦! サルーイン

 8曲目の「四魔貴族バトル2」と同様の人気バトル曲。激しさが過剰だった感のある『ミンストレルソング』版よりも、スーファミ版の頃のテンポに近付けた感じ。ロマサガ1をリメイクするなら、BGMはこれかなぁ……という、ラストバトル感や荘厳さは申し分ない。ただ、疾走感に関してはスーファミ版の頃が最もあったような気がする。

 ・ ・ ・

 激しい方向性でのバトル曲アレンジは『Re:Birth II / ロマンシング サ・ガ バトルアレンジ』で振り切った感があるので、それとはまた違うベクトルを模索しているのだろう。イトケンスキーとしては大歓迎なので、「いいぞ、どんどんやれ」という感じ。なんなら、全曲『頭文字D』でかかりそうなユーロビートアレンジとか、スーファミ以降に出たサガシリーズやゲームボーイの『サガ2』の曲などを、あえてスーファミ音源でやったりしてくれてもいいんじゃよ。

 リマスター版ロマサガ3も、さすがに今年中には出るだろうだし、年内には念願の PS4 移植が叶った『サガ スカーレットグレイス 緋色の野望』も予定されている。今年も、なかなかのサガイヤーとなりそうだ。

 この勢いで、ワンダースワン版にさらにプラスして、ディステニィストーンをすべて入手できるようにした『1』も出してほしい。『ミンストレルソング』ではない、ドット絵ベースの『1』を、現代風に遊びやすくしたものをやりたいんだ。さらに追加要素として、ロマサガ1の設定にしか存在していない破壊神サイヴァとも戦えるようにしてくれ。ハックロムに先を越されてるぞ。

 あと、武器を装備から外しても武器レベル 0 に戻ったりしないようにしてくれ。あれはあんまりだ。

adbar
adbar
adbar
adbar

[イトケン] [ゲーム音楽] | コメント (0)

2014年2月26日

「Romancing SaGa バトルアレンジ Re:Birth II -閃-」レビュー

パッケージ

公式サイト

 イトケンの『Re:birth』シリーズ第3弾。前回の「Re:birth」は、いつの間にか発売されてて、イトケンファンのくせに数ヶ月遅れで聴くザマだったが、今回は満を持して発売日に購入。ファンの期待も高かったのか、早速 Amazon でも売り切れで「7~10日以内に発送」になってるけど、iTunesストアで全曲購入だと 1,800 円とお安く、品切れもないのでオススメ。ただ、パッケージ版の初回生産分にはオリジナル楽曲のダウンロードコードがついてるので、そっちも欲しい人はパッケージ版を 10 日くらい待てばいいさ。俺は待てん! も、もう入れるぞッ!(iPodに)

 前回の『Re:birth』は、イトケンのゴールデンナンバーともいえる「七英雄バトル」「四魔貴族バトル」が入ってたうえに、『2』と『3』のラストバトル、「決戦! サルーイン」もブッ込んで来るという血管ブチ切れ全開ラインナップだっただけあってファン満足度は高かったのではないかと思うが、今回は『サガフロ』も入ってきて、後期中心……かと思いきや、前回の「七英雄バトル」アレンジは不評だったのか、違うアレンジで再登場。この曲もだが、全体的に変化よりも正統進化を目指した感じで、聴き方によってはインパクトが薄いかもしれない。

 そしてタイトルが「バトルアレンジ」なのに「下水道」が堂々の登場。ニコニコ動画でも「世界一抱かれたい下水道」などのタグが貼られるほどの、ホントなんでこれ下水道の曲なんだってくらい良い曲だが、個人的に残念だったのは『ミンストレルソング』版の下水道がベースというところだろうか。あっちはちょっとイントロがなんかキラキラしすぎてて、元の下水道の良さがあまり発揮できてないと感じるんだ……個人の感想です。「下水道」に関しては、ここのピアノアレンジが素晴らしい。

 トラックリストを見る限り、今回の見所はやはり「バトル#5(『サガフロ』のメタルアルカイザー戦)」だろう、と思っていたのだが、この曲、実は基本的な部分はそんなにアレンジされていない。後半はちょっとソロパートでハッスルするが……。

 奇しくも以前に書いた『聖剣伝説2』のアレンジアルバムっぽく、かなり原曲重視で、数年ぶりに聴いた人なら「あれ? 元々こんなんじゃなかったっけ?」と感じるかもしれないくらいの、各楽器の音色のみを現代相応にパワーアップさせた感じ。もし『サガフロ』がリメイクされたら、戦闘曲はこれこのままで全く問題ないレベル。元が、曲調も音色も特撮ヒーロー曲テイスト強めだったので、そこはちゃんとロックに置き換えたといったところだろうか。しかしこれの衝撃には敵わない……。

 その他の注目曲について、ちょこっとレビュー。

●呼び醒まされた記憶(『ミンストレルソング』)

 元が PS2 の頃の曲で、音色や音数が厳しかった頃でもないので、そんなにパワーアップした感じはないだろうと思っていたが、その予想は裏切らない、無難な落としどころを狙った印象。変えすぎて評価が分かれるのを避けたのか、元々激しい曲だったので変えようがなかったのかは分からないが、新鮮味はない。

 ここここのアレンジみたいに、あえてイトケン本人によるスーファミ音源アレンジも聴いてみたいなぁ。ていうか元のワンダースワン版の原曲が1回も CD に収録されていないので、なんとかしてほしい。あと『ワイルドカード』も頼むよ。あれ、名曲多すぎなんだよ。

●バトル2(『ロマサガ1』の「四天王」)

『ミンストレルソング』版から、そこまで大きな変化ではない。しかしロマサガ風アレンジの金曜ロードショー見てからというもの、『ミンストレルソング』版の四天王はもうそのイメージで固定されて困る。

 最後のほうがピアノアレンジになってフェードアウトしていくのだが、これが意外とメロディーライン的に良かったので、逆にこれをオープニングに持ってきて、X JAPANの「Silent Jealousy」みたいな始まり方にした激しいアレンジを聴いてみたかった。

●バトル1(『サガフロ1』通常戦闘)

 原曲は、聞き飽きないという意味で地味な名曲だと思っているのだが、これまた変わってなさすぎで、やや肩透かしか。これも、ゲームがリメイクされたらそのまま使える感じ。

 今回、サガフロ曲が多いので、実は水面下でサガフロシリーズの現行機リメイクでも進んでるのか? と勘繰ってしまいたくなるが、もしそうだったら嬉しいものの、それより先にケータイで配信されてるロマサガ2を移植してくれ。「強くてニューゲーム」とか強敵追加されてるんだよ。しかも最近のスマホのアプリじゃなくて、iモードだの EZWeb とかの時代の産物。マジでなんとかしてくれ。

●ラストバトル -アセルス-(『サガフロ1』)

 原曲からして往年のマリスミゼル的なムード全開だった曲だが、そのまま正統進化させた感じ。アレンジなんだからパートによってはもっとドラムをドコドコさせてもいいんじゃないかと思ったが、ゴシックというか耽美的な世界観を壊さないほうを選んだのかな。

 前回の「Re:birth」収録の、ロマサガ3の「ラストバトル」に、ロマサガ1の四天王の曲のフレーズが入ってきたときは震えたものだが、ああいった大胆なアレンジは今回はナシ。逆に、前回の賛否の否のほうの意見に対して作った正統バトルアレンジ、という印象。良いデキなんだけど、これだけ散々、動画などで素人がアレンジを発表しまくってる現代の状況だと、新鮮味は薄いかも。でも総じて多くの人に高評価を得られそうなところを狙った感じのする正統派アレンジ集なので、買って損はない仕上がり。

 そんなわけで、第4弾を出すなら『ジュエルサマナー』の通常戦闘曲とか、ギターフリークスの「OVER THE LIMIT!」とか、上でチョロッと書いた『ワイルドカード』とかもやってほしい。第1弾は『聖剣』で、2・3弾が『サガ』シリーズだったから、そろそろいいだろう……と思ったけど、『ワイルドカード』はともかくとしても、他の2つは版権が難しそうだ……。

 あと、ついでに……というか「合わせたのか?」と思うほどに同日だが、Wii U のバーチャルコンソールでロマサガ3が本日配信開始。少し前に『1』『2』も来ていて、やっとロマサガ3作全部が Wii U タブレットで遊べるように。これの何が重要って、Wii 版と違って Wii U 版はどこでもセーブができるから、戦闘終了直前にセーブしといて技の極意化狙いやレアアイテム狙いも容易に。これがロマサガ3スキーにとってどれだけありがたいことか! Wii 版を持っている人は 150 円で買えるので早速買ったけど、セーブデータ引き継げないのね……。

 ちなみにこのバーチャルコンソール版ロマサガ3、割と致命的な裏技は修正されているらしい。バーチャルコンソール化の際に、昔は良かったけど現在ではマズい表現(『たけしの挑戦状』における「土人」や、『ロマサガ1』の「アフマド」など」)のテキスト部分を修正していることがあるというのは知っていたが、バグ修正まで手を入れているのは初耳。テキスト部分ってのはデータさえ開くことができれば比較的いじりやすいほうだからなんとかなると思うけど、バグ技修正って原因突き止めないとだし、結構大変なはず。

 んで、大事なのは、今でも「いじれる」んだ、ということ。このテの復刻系って当時のスタッフがもういなかったりして、プログラムがいじれなくなってることが多かったり、たとえカンタンな修正でも「コストかかるから」ってやりたがらないメーカーが多いけど、いじれるならば、ロマサガ3で幻のモンスターとされているトウテツやスフィンクスが敵出現テーブルの手違いで絶対出現しなくなっている問題も、やろうと思えば修正できるはずなんだよな。あと、見切り技の「脳天割り」が絶対修得できない問題も。たしか Wii 版では結局これは放置だったので、Wii U 版ではここだけでも直してくれてると嬉しい……けど、どうだろうなぁ……。

 なお、王家の指輪増殖に関してはどうも仕様ということで良さそうで、Wii 版でも使えるのは確認している。ファンが多い作品なので、数日中には上記の幻モンスターの件がどうなってるか確認もできそうだが、ソワソワしてきたので、またカタリナでスタートするのであった。

adbar
adbar
adbar
adbar

[イトケン] [ゲーム音楽] [ロマサガ] | コメント (0)

2005年4月28日

『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』 サントラレビュー

rsms_sp.JPG

 さて昨日は『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』のサントラ発売日だったわけですが、元々、ゲームミュージックというものは CD ショップではコーナー自体がないところも多く、よくてアニメのコーナーにまとめて置かれているくらいで、それも FF などの人気作のみしか置かれてないことがほとんどです。

 あまつさえ田舎住まいともなると、もはや Amazon に頼るしか無く、熊本でも中心部まで行けば置いてある店があることはあるんですが、いかんせん遠い。しかし Amazon で注文して届くまでの日数が子供のように我慢できない俺は、愛車を駆って風になった―――。

 で、買ってきたわけなんですが、久々のイトケン節が炸裂しっぱなしの CD 4枚組・全 103 曲。『新約 聖剣伝説』の時は、過去の曲にとらわれすぎていたのと、GBA 音源の限界もあって総合的に良い評価は聞かれなかったのですが、今回は変えるべきところは変える大胆なアレンジと、スーファミ音源から一気に豪華になった音色とで、特に昔、ロマサガにハマっていた人にとっては懐かしさも相まって、魂に突き刺さるサウンド間違いなし。

 ゲームのほうは、リメイクでありながらもシリーズ集大成的な要素を持っているのですが、曲のほうもまさにイトケンヒストリーの集大成で、『ロマサガ3』のバトル曲から見られたハイスピードドラムもボス曲には積極的に取り入れられ、RPG サウンド史上、稀に見るアツい仕上がり。ワンダースワン版で登場した三邪神の1人・シェラハのバトル曲も恐ろしいほどヘビーメタルと化し、もうイトケンになら抱かれてもいい、そんな雰囲気。

 イトケンといえばバトル曲、というイメージがあるのですが、今作で追加された新曲は非常にバラエティに富んでおり、イトケンの成長を肌で感じられる1枚(4枚組だけど)に、なっているのではないかと思います。

 最近はゲーム曲は音源の豊かさからくるのか、昔の「ゲームっぽさ」みたいなものがなくなってきているように思うのですが、イトケンの曲は印象的なメロディーラインがハッキリしており、聴いててちょっと恥ずかしくなるほどの盛り上がりフレーズを使ってあったり。だが、そこが良い。聴く人によっては幼稚と感じるかもしれない、でもゲーム曲の良さってのはこれなんじゃないか、と思い返す良質の曲群。

 ロマサガファンでなくとも、このゲームをやらずとも、このサントラだけは買ってしまっても良いんじゃないかと思う、ゲームサントラ久々のクリティカルヒットでした!

adbar
adbar
adbar
adbar

[イトケン] [ゲーム音楽] | コメント (3)

2003年8月29日

『新約 聖剣伝説』サントラレビュー

sseiken_cd_p.jpg

 俺が特に好きな4曲に絞って、チョトだけ感想をば。

■「果てしなき戦場」

 フィールドの音楽「果てしなき戦場」は勇壮さが前面に出た行進曲的なアレンジになっており、初代の GB 音源を聴き直すと「勇壮さと同時に、どことなく淋しさも漂う」ようで、それがまたいいところだと感じるのだけれど、今回にはその「淋しさ」が薄れている感じ。しかし、その優れたメロディーラインは健在で、初代をやった人にとっては懐かしさがこみ上げてくる名曲には違いない。

■「戦闘2」

 ラスボス戦の曲と並んでカッコいい戦闘曲。しかし今回のアレンジ、メロディ的に昇りつめるところの、「チャー、チャララー、チャララー、チャララララララ……」ってところが「チャー、チャララー、チャララー、チャララッ!」になっており、昔の曲を知る者にとってはココがヒッジョーに気になった。違和感っつーか。でも、もしかしたらコレ、昔から「チャララッ!」で、単に音色が少なかったため、そう聞こえていただけなのかも。

 今回初めてプレイする方にとっては「?」な お話だと思いマス。

■「聖剣を求めて」

 後期のフィールド音楽「聖剣を求めて」は「果てしなき戦場」と並ぶ名曲。今回は前奏が長めのアレンジ。基本的には「果てしなき戦場」と似た印象だが、ドラム部分が派手で、だいぶ印象が違う。ちなみに GBA 版では、過去の GB 版と「この曲が、かかり始めるタイミングが違っている」ことで、旧ファンは大騒ぎさ。

■「最後の決戦」

 ラスボス戦の曲。いかにも最後っぽい曲調で、荘厳さが響くアレンジ。以上4曲の中では最も変わってない印象。まだラスボス戦までは行ってませんが、楽しみ。

 ただ、全体としては、タイトルに「新約」とつけるだけあって、ストーリーの細部もかなり変わっちゃってるんで、初代「聖剣」が大好きだった人ほど、軽い拒絶反応を示す気が。

 サントラのライナーノーツで、伊藤賢治氏が「ゲームボーイは3音しか出せず、どう頑張ってもオーケストラのような感じは出せなかったため、意識してメロディーラインを強調して作った」というようなことを書かれていたのだが、やはり当時の3音という限界の中、工夫を重ねた結果のメロディーラインが、名曲と呼ばれる所以なのだと感じた。そういった曲を今の音源で超えようと思う場合……しかもリメイクのため、原曲を大幅に変えるわけにもいかない場合、相当に難しいだろうなと。昔の、同時発音数が少なかった音源だったからこそ「必要な音」だけが残り、珠玉の1曲が完成していったようにも思う。

 しかし、サントラに「本作品は制作上の意図として、リアルにゲームのオリジナル音源を楽しんでいただけるよう、ゲーム音源の響きに忠実に収録を行っております。」と書かれているのだが、単にサンプリングレートが低くなった気がするだけのような気が無きにしもあらず。初回盤特典のボーナスディスクに付属の「果てしなき戦場」のオーケストラバージョンが、おそらく当時の聖剣で伊藤賢治氏がやりたかった理想の音なのだろう。こういうの聴くと、PS1 か PS2 でオール生音の聖剣がやってみたくもある。

 思えば、3音しか出ない音源とモノクロ画面、数メガしかないカートリッジで、よくぞあれだけのものが出来たな……と初代のスゴさを再確認。GBA 版のオマケで初代を付けてほしかった!

adbar
adbar
adbar
adbar

[イトケン] [ゲーム音楽] | コメント (0)