2016年10月30日

施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』(REXコミックス)3巻発売

 漫画の単行本の発売日を心待ちにしていたのって何十年ぶりだろうか……。……いや、でも昔の漫画の単行本って、本屋にブラリと行ったら「あ、出てる」って感じだったし、そもそも発売日が明確に分かっていなかった気もする。本屋の壁に貼ってある刊行予定表みたいな紙のスケジュール見て「下旬……なんとなく下旬に出るらしい! 覚えておこう!」程度だった気もする。さらに言うと九州は本の発売がだいたい3日遅れるので、予定表に書かれている日付+3くらいしていた気がする。そう考えると、漫画の単行本の発売日を心待ちにしていたことって実は1回もないんじゃないだろうか……漫画雑誌と混同しているのではないだろうか……この文は書き出しにしては長すぎないだろうか……などとどうでもいいことをダラダラと書いては消しをしていたら、せっかく発売日に Kindle 版を購入するという最先端のスタイルを決めたのに、+3日が過ぎていましたとさ。

 というわけで待ちに待った『バーナード嬢曰く。』3巻だが、相変わらずのクオリティの高さで、ホントいつまでも読んでいられる。読み終わった直後にまた最初から読めるレベル。以前に「ページ数に対して本ネタの消費量が凄まじい」と書いたのだが、作者もそれを気にしてかせずか、この3巻では本のレビュー抑えめな回がポツポツあり、そういう回ではあくまで本を中心に回る、さわ子や神林たちの青春模様を描いている。


普段から抱いていた、積みゲーに対する後ろめたさをたった4文字で一刀両断された。そうか、俺はふしだらだったんだ……。

 でも、本の貸し借りでジュースこぼして染みを作ってしまった話で、「ちゃんとすぐ謝ったド嬢は素直で良い、神林は器が小さい」かのように描かれているが、飲み物はまだいいとしても、クッキーのカスが挟まってるって相当じゃなかろうか。食べるとき、本の上にボロボロと粉が落ちてるのも気にしていないってことだし、ページにその粉が落ちても取り除こうともしてないってことだからね……。だまされるな、神林!


3巻で最もホッコリしたコマ。「ジュース」って書いてあるジュース。最近のマンガは小物も精密に描き込んであるものが多いけど、この適当感。それでいて「このサイズで、ちょうどこんなリンゴが描かれたジュース、どっかで見たぞ……」という既視感。

 しかし「いかに読まずして読書家ぶるか」に熱心だったはずのド嬢が、『羆嵐』は普通に徹夜して読破しており、その理由も「読書家ぶりたいから」ではなく「本に夢中だったから」である。図書室の友人を介してド嬢にも変化が表れたのか、友人たちの存在によって本当の読書家になっていくのか。本の染み事件のような失敗を経て、本の扱い方を改めたり友情が深まったりしていく、ド嬢や神林の成長物語へと昇華させようとしているのかもしれない……。

 あと、ゲームファンとしては『火の鳥』の回は嬉しい小ネタだった。ファミコンの『火の鳥 鳳凰編 ~我王の冒険~』が原作と無関係すぎるというアレ。

 まだ『火の鳥』を読んだこともない小学生の頃に、友人宅で『我王の冒険』をやらせてもらったことがあったのだが、まず主人公の名前が「我王」というところに「えっ、何かの王様とかじゃなくて名前が我王なの!? カッコイイ!」であり、天狗みたいな鼻したオッサンが主人公というところにも衝撃であり、主人公が宙に作り出している足場が鬼瓦と聞いて「主人公の武器が瓦!?」であり、「自分にはまだ早すぎるマンガなのではないか……?」と、内容が想像できなかった。

 その後、大人になってからちゃんと読んだのだが、結構壮絶でエグい話なので「子供の頃に読まなくて良かったかも……」と思いつつ、「このマンガから、どうやって鬼瓦を足場にするという発想が……!?」と戦慄したのも覚えている。ただ、音楽はどこか『ドラキュラ』ぽくてスゴく良いので、やったことない人は中古屋でカセット見つけてレトロフリークに突っ込むのオススメ。

 それはそうと今回の3巻の中で、あとがきで作者が書いていたコレが一番、身につまされた。

SNS の普及で、本に限らずあらゆる事物について不特定多数に向けて語ることが可能になった。
実際自分も、映画の感想等をツイッターでつぶやいたりしている。しかし書き込む前に、誰もが
「間違ったことを言ってないか? 誰かを傷つけたり怒らせたりしないだろうか?」と、
内容についてあらゆる方面から精査しなくてはならない状況になっている。
そこまで神経質にならないまでも、無意識の内に穏当な表現に自主規制してしまっている。
伝えたいという熱を一旦冷ましてからでなければ、表に出せないのだ。

 まさにそうなんだ、と感じた。自分もゲームレビューを書くときに同じようなことをしているし、これと同じ悩みをずっと抱えている。

 それでは「熱のほうを大事にして、最初に書いたものをそのまま出すのが正解か?」というと、そんなことはない。できるだけ熱が冷めないように細心の注意を払いつつの調整が正解だろう。熱湯入れた直後のカップメンをいきなり啜ったらヤケドするし、数十秒遅れるだけで冷めてしまう。熟練の手腕による絶妙の冷まし加減が求められるし、どうすればもっと美味くなるかの工夫・研究も必要。そもそも料理じゃなくてカップメンに例える時点で俺の心と食生活の貧しさが垣間見える。

 昨年にこのマンガに出会ったときは、ひょんなことから掘り出し物を見つけた幸福感でホワホワしていた程度だったのだが、今やアニメ化されるわ(ニコニコ動画で観れる)、本屋行ったらハヤカワの SF コーナーは大幅に拡大されてるわ、さらにそのハヤカワの本に『バーナード嬢曰く。』のオビがついてるわで、エラいことになってるなぁという感じ。

 あと、裏表紙に、ネタ元の本のタイトルが少し書かれているのだが、本編でわざわざ名前を伏せたタイトルがモロに書かれていて笑った。知りたくない人は裏表紙は読まないほうがいい。マンガ内で神林に「オビでネタバレするとは信じられん」とか言わせていたのに、まさかのセルフパロディなのか。それとも「超古典だからいいだろう」という「犯人はヤス」的なアレなのか……。

 もう、できることなら 100 巻くらいまで続けてほしいくらいに好きな作品だが、1冊出るのに1年と2か月が経過しているので、1年に1度のお楽しみということになりそうだ。

adbar
adbar
adbar
adbar

[バーナード嬢曰く。] | コメント (0)

2015年8月 3日

施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』(REXコミックス)

 

 何やら Amazon 先生がアツくオススメしてくるのでYahooブックスで試し読みしたところ、おもしろそうだったので購入。「たしか『がんばれ酢めし疑獄!!』描いてた人だよな」ということしか知らなかったのだが、あれとは方向性も作風すらもまったく異なる、「読書家ぶりたい女の子・町田さわ子が、いかに本を読まずに “通” ぶるか」を追求するという、他ではまずお目にかからない題材。さわ子はそんな調子だが他のキャラは本が好きな読書家で、登場人物のセリフを通して作者がその本への思い入れや、ツッコミを語るのがメイン。出てくる本すべて、作者がホントに好きなんだなーというのが伝わってくる。


「あらすじ本」をオススメされたときの、さわ子の抵抗。もう、いっそ普通に本を読んだほうがラクなんじゃ……。

 このマンガの登場人物は全員友達がいないようなヤツらだが、図書室と本を介して徐々に仲良くなっていくのが微笑ましい。イヤなヤツがひとりもいない。さわ子もさわ子で楽をしたいなりに真剣に本と向き合っており、 活字が壁となっているだけで、根っこのところは本大好きっ子なんだろうなーと感じられる点もイイ。

 特に、SF マニアの神林しおりが良いキャラ。本好きなだけに、読まずに通ぶろうとするさわ子に怒ったりアイアンクローを決めたりするのだが、ちょっとずつ仲が良くなっている。百合とまではいかないけど、この「ヘタするとヒロインを食ってしまいそうな魅力を持つ脇役がヒロインに対して過激なツッコミをする、微・百合的描写も」というスタイルは、何気に近年の萌えマンガ・アニメがキッチリ押さえてる重要な要素なんじゃないかと思う。『らきすた』とか。『キルミーベイベー』とか。『てーきゅう』とか。この前調べたら、いつの間にか5期までやっててビックリした。

 でも、さわ子と神林のイチャイチャは、そういう萌えとはかけ離れた、なんというか、ものスゴく中身のあるイチャイチャなんだ。神林は SF ファンだが、他ジャンルの本にも分け隔てなく接し、そのすべてのレビューが的確かつ共感できる。神林が出てくるたびに「今度はどんなアツいレビューを聞かせてくれるんだ」と楽しみになる。キャラデザインの段階で「SF は擁護するけど、他ジャンルは貶める」みたいなキャラ付けにしそうなのに、自分の好きなジャンルの本であってもダメな点はダメとして認めるし、他ジャンルの本も、良かったと思うものはガンガンほめる。そして、微妙だと感じたものに対しても、自分が感じた違和感の正体を突き止めるため、独特の視点で納得いくまで読む。その結果をさわ子にアツく語る。良いキャラだ。本好きなら全員「俺の嫁」って言い出すだろう。早くも個人的 2015 マンガベストヒロイン。水嶋ヒロの『KAGEROU』をここまでアツくフォローしたヤツを知らないよ、俺は……。

 怒涛のように本を挙げてはレビュー・ツッコミの繰り返しなのに、知識をひけらかすイヤミな感じになっていないのは、「正直、時々よく分からないものはあるし、分からないときは分からないまま読んでる」ということをぶっちゃけてるからだろう。多分、本好きには結構思い当たるんじゃないだろーか。でも「書いてる作者も多分、よく分からないまま書いてる」説をぶち上げたときは笑った。


こんな本のオススメ法、見たことねぇ

 このマンガに登場する本たちは、そのスジの評論家などの手にかかると「こんな単語、日常生活ではまず聞かねーよ」といった、半ばオナニーじみた自己陶酔的な気取った文で解説されがちなものが多いのだが、このマンガでは、多くの人の理解を得られるように丁寧に描かれている。作者が全然背伸びしないで、読書の際に思ったこと・感じたことをそのまま描いてるところにスゴく好印象。アーンド、それをおもしろく見せられるというのは生半可な技術ではない。

「気にはなってる本はあるけど活字が苦手」という人も、きっと共感を得ながら「この本、読んでみようかな」と思えるだろうし、本好きにとっては “あるある”、まったく本に興味がない人でも、多分おもしろい。「本好き」「本ニガテ」「興味なし」という相反する3つの層を楽しませる内容は見事の一言。

 長く続いてほしいマンガだけど、ページ数に対して本ネタの消費量が凄まじいので、長く続けるのは難しいかもしれない。とにかく「いつまでも読んでられるな、これ……」という安心感は、近年の他のマンガにはない居心地の良さ。

 自身の初単行本のあとがきで「僕はマンガ家のくせにマンガを描くのが嫌いだ。絵がどうしようもなくヘタクソだからだ。どうやったら効率的に手を抜くコトができるかというコトばかり日々考えている。おかげで一向に画力が上達しない。」などと書いてしまううえに『え!?絵が下手なのに漫画家に?』という著書まである施川センセイだが、このマンガに関しては、この絵柄のまま成長しないでほしいとすら思う。たしかに上手ではないが、切り紙版画のようなものを感じさせる、独特の訴求力と暖かみを持つ絵柄だ。神林とか、この絵柄じゃないと出せない表情がゴロゴロある。

 1巻の最後で電子書籍の話題が出てきて、「電子書籍で本を探すなら、図書室にはもう来なくていいのかー」とこぼすヒロインに対して、顔真っ赤にしながら「やめろやめろ電子書籍なんて!」と言う男主人公の図は新しいラブコメ表現。個人的には場所とりすぎで心底困ってたので電子書籍歓迎派だったが、このマンガのような、本好きたちによる図書室での出会いや会話そのものがなくなるのかと考えると、1冊の本が結びつける「人と人との関係」こそが、電子書籍が失わせる本当に大事なものなのかもしれない……。

 読んでてふと思い出したのが、マンガ内でも名前が挙がっていた村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』。Amazon カスタマーレビューのトップにある長文が珠玉の出来で、この書評だけでこの人は何か受賞すべき。町田さわ子じゃないけど、これ読むだけで、本のほうは読まなくていいレベル。しかもこの人、他にもやたら村上春樹の本のレビューしてて、わけわかんないのに、なんでそんなに読むんだよ!? 理解しようとして必死にいっぱい読んで、その結果、自分の心に正直になってブチ切れたのがこのレビューなんだろう。

 どんなに批判的な内容であっても、姿勢は真摯。ゲームレビューもこうありてぇなァ、と思った夏の朝でございました。暑い。

adbar
adbar
adbar
adbar

[バーナード嬢曰く。] | コメント (0)