« 『マトリックス リローデッド』レビュー | メイン | 『クイズDEバトル』ゴッドオブクイズモードで恥ずかしながら拙者が1位ゲッツ »

2003年8月 7日

PC-9800シリーズ生産終了

NEC の PC-98 シリーズ受注終了告知

 ちょうど俺たちの年代ってのは PC-98 直撃世代で、数々の良質のゲーム、そして黄金期のエロゲーに出会えた、まさに夢のマシンだったわけで。MS-DOS の基礎を覚えたり、BASIC に触れたりしたのも全て 98 がキッカケでした。

 そんな 98 が 2003 年9月 30 日に受注を終了、事実上の生産停止。惜しまれて、というかお疲れ様というか、さすがに実機での現役体勢を保つのは厳しいですが、現在では数種ある PC-98 エミュレータによって、一部の愛好家には未だ支持されています。こういったエミュレータを公式で対応してくれないかなぁという気もしますが、難しいんですかねぇ。

 ベーマガに載ってたプログラムを改造してボールの重力が明らかにおかしいバレーゲーム作って楽しんだり、元祖 RPG ツクールってカンジの『ブルトン・レイ』というゲームでオープニングだけ作って、友人が城の絵バックに「ここはハタ坊だ城」だとか表示させたり、未だにマイフェイバリットゲームである『ブランディッシュ』も98生まれのゲーム。あれだけの良ゲーム群をリアルタイムで経験できたことは誇りであり、宝だと感じます。「最近のゲームってツマンナイヨネー」とか言ってる若者たちよ、テンキーで久保田バスター出してみろっつうの!

……追悼ッ!

adbar
adbar
adbar
adbar

[PC-98] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?