ホーム > Games > 悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 > クリア後の要素

クリア後の要素

 ドラキュラを倒してエンディングを見終わると、そのセーブデータは「クリアー」と表示される。
 このデータがある状態で別にセーブデータを作って新たにゲームを始めると、そのデータには「アナザープレイ」と表示される。この2つは同じ物と考えて構わない……ハズ。

●イベントシーンやムービーがスキップ可能に

 「アナザープレイ」では、イベントシーンやムービーをスキップできる。
 レベルアップ時のステータス吟味などをやろうとしている人は、「アナザープレイ」で挑戦したほうが無難。

●タイムアタック要素が追加される

 システムで「???」になっていた項目の1つが開放され、ゲーム中のボス戦など、一定の区切りでタイムが記録されるようになる。

●「ビッグ・がいこつ」のドロップ品が変化

 怪物図鑑の67番「ビッグ・がいこつ」のドロップ品は「ガントレット」と「どくろの指輪」となっているが、実は1周目では「どくろの指輪」は落とさず、「ターコイズ」を落とす。「どくろの指輪」は2周目以降限定となる。

●図書館の主の売り物が増える

 本来、ゲームの進行によって売り物が少しずつ増えていくのだが、これが最初からすべて開放された状態となる。また、消費アイテムを消費せずに使えるようになる「デュプリケーター」がリストに加わる。

●図書館の主と話すと「自由会話」と「音楽鑑賞」という項目が増える

「自由会話」は声優さんのトーク集。「音楽鑑賞」はゲーム中の音楽を自由に鑑賞できる。

●アルカードの名前入力による様々な変化

 アルカードの名前入力画面で特定の文字列を入れると、以下のような変化が起こる。

 ・RICHTER
  リヒターを主人公として使用可能になる。
  レベルアップはせず、アルカードより難度は高い。シャフトを倒すとエンディングとなる。

 ・MARIA
  マリアを主人公として使用可能になる。
  レベルアップはせず、アルカードより難度は高い。シャフトを倒すとエンディングとなる。

 ・AXEARMOR
  「アックスアーマーのよろい」を所持した状態で始まる。

 ・X-X!V''Q
  LCK99で「ラピスラズリ」を所持、ただし他のステータスは0という状態で始まる。


scroll