top

ホーム > Games > バイオハザードHDリマスター > 意外と知らない基礎知識

見出し

●Aボタン(○ボタン)押しっぱなしでドアに当たると開けるのが早い

 事前にAボタン(○ボタン)を押しっぱなしにしながらドアに向かって走ることで、
 最速の位置でドアを開けられる。

●階段昇降時のスピードアップ小技

 「Bボタン(走るボタン)を連打しながら階段昇降すると、モーションが固まったまま
 スーッと移動する」という、ゲームキューブ版にあった小技。
 HDリマスター版でも可能なのだが、操作方法が「ORIGINAL」のときにしかできない。
 「ARRANGE」は直感的に操作できるものの、自動的にダッシュしてしまうため、
 この技が使えないのだ。

 普通に昇降するよりも速く移動できるため、従来のラジコン型操作でも問題ない人なら、
 3時間以内クリアーを目指しているときなどに有用。
 操作方法の切り替えは、オプションメニューの「CONTROLLER SETUP」から行える。

●アイテムBOXを開けるときは連打ですぐ開閉

 連打で、ギギーッとフタが開くのを待たずに、すぐアイテム画面に行ける。
 連打といっても、2回押すだけでいい。

●武器を持たずに走ると速度アップ

 手に持っている武器によって、走る速度が変わる。
 そのため、基本的に移動時は素手にすると効率が良い。
 短時間クリアーでは地味に必須なテク。
 なお、サバイバルナイフは素手と同じ扱いで、速度は落ちない。

●クリスとジルの違い

 クリスとジルのメリット・デメリットは以下の通り。

 ・クリスは体力に優れ、ナイフでの攻撃力・攻撃速度も高いが、
  アイテムを持てる数がジルより2つ少なく、
  カギのかかった扉1つに対して "古びたカギ" が1つ必要。
  ただし、アイテム欄とは無関係に "ライター" を持ち歩ける。
  リチャードを助けていると、3回までならレベッカが回復してくれる。

 ・ジルはクリスより体力が少なく、ナイフでの攻撃力・攻撃速度も低いが、
  アイテムを持てる数がクリスより2つ多く、
  カギのかかった扉は、アイテム欄を圧迫しない "キーピック" で無制限に開けられる。

 ・解体真書によるとクリスの最大HPは 1400、ジルは 960、レベッカは 850 らしい。

 ・移動速度も、健康な状態のクリスを 100 %としたとき、ジルは 92 %とのこと。

 ・ディフェンスアイテムも異なる。
  "ダガーナイフ" は共通だが、クリスは "閃光手榴弾" 、ジルは "スタンガン" 。

 ・"火炎放射器 "はクリス編でしか入手できない。

 ・"バリーの44マグナム" と "グレネードランチャー" はジルしか入手できない。

 ・ジルはアサルトショットガンの入手時期が早い。

 ・ジルはプラント42戦をスルーできる。

●セーブデータの色でモード判別

 「あれ? このデータは何モードだっけ……」と分からなくなった人のために。

 ピンク……VERY EASY
 ……EASY
 白……NORMAL
 ……HARD
 ……リアル・サバイバル・モード
 ……インビジブル・エネミー・モード

●HARDモード

 難易度を問わず、ゲームを1回クリアーすると出現する。

●リアル・サバイバル・モード

 Highslide JS

 NORMAL以上でゲームをクリアーすると出現する。
 このモードの難易度はHARD固定となる。
 さらに自動照準が働かず、隠し武器が使用できないうえ、
 各アイテムBOXの中身が繋がっていない
ので、難度としては最高峰となる。

●インビジブル・エネミー・モード

 Highslide JS

 リアル・サバイバル・モードのクリアー、または、クリス編・ジル編の両方を
 NORMAL以上でクリアーすると出現する。

 本作最大の難関として最後に控えるモードで、リアル・サバイバル・モード同様、
 自動照準が働かず、隠し武器が使用できない
 ただ、難易度選択は可能なため、何周もした後で敵の配置を覚えてから
 VERY EASYで挑めば、ワリとラク。

 このモードをクリアーすると、当時の本作ディレクターだった三上真司氏からの
 メッセージと、未使用原画・設定資料などを見ることができる。
 これらは、後でもう1回見ようとしたときにいつでも見られるわけではなく、
 このモードをクリアーしたときにしか見ることができない。
 何度も見返したい人は、画面写真の撮影などをオススメ。

●フォレストゾンビ登場

 Highslide JS

 クリス編・ジル編の両方を難易度NORMAL以上でクリアすると、
 洋館内にフォレストゾンビが出現するようになる。
 これは、テラスで死体となっていた隊員・フォレストがゾンビ化したもので、
 体中に爆弾を付けているのが特徴。
 どんな攻撃でも当たると爆発し、即ゲームオーバーになってしまうため、
 見かけたら全力で避けること。
 カシャカシャという金属音が聞こえたら、近くに居る証拠なので気をつけよう。
 洋館内のどれかのゾンビと入れ代わりで配置されているが、
 ゲームの進行度によって出現位置が変わるため、注意。
 なお、リアル・サバイバル・モードでは出現しない。

 出現条件はあくまで「クリスとジルの両方を難易度NORMAL以上でクリア」なので、
 先にクリスかジルでNORMALで無限ロケットランチャーを取得し、
 そのキャラでないと解除できないトロフィー/実績をすべて終わらせた後に、
 もう片方のキャラを難易度VERY EASYで2回クリアしてコスチュームを獲得すれば、
 フォレストゾンビを登場させないままコンプリートすることもできる。

 ただしこの方法だと、挑戦するモードによってクリスとジルの使い分けができない。
 慣れると、出現してもそんなに怖くはないので、そこまで気にしなくてもいい気はする。

●コスチュームチェンジと衣裳部屋の開放

 Highslide JS

 2周目以降、「ONCE AGAIN..」で、一度クリアーしたキャラを選ぶと、
 アイテムBOXにクローゼットのカギが入っている。
 "水をくむ女" の部屋の奥のクローゼットにある隠し扉の先が衣裳部屋になっているので、
 そこでコスチュームチェンジが可能。
 コスチュームチェンジ自体はゲーム開始前にも可能なので、
 ゲーム中にどうしても変えたいというとき以外は立ち寄る必要性はない。

 なお、衣裳部屋の位置はココ。

 Highslide JS

●2つの隠し武器

 Highslide JS Highslide JS

 難易度NORMAL以上で5時間以内にゲームをクリアーすることで、
 サムライ エッジ バリー・ver.
 同条件で3時間以内にクリアーでロケットランチャーが手に入る。
 両方とも弾数無限で、特にロケットランチャーはHARDの挑戦時にあると便利。

 一方、サムライ エッジ バリー・ver.は残念ながら使い勝手が悪い。
 撃つときにボタンを押しっぱなしにすることで3連射まで可能な銃だが、
 いかんせんハンドガンなので、さほど強くない。

●ちょっと気になるところ……①

 リチャードが居た場所のドアの開閉時に、光源の設定がおかしいのか、ドアがやたら光る。
 Xbox360 版で確認。

 Highslide JS
 神々しい……。

●ちょっと気になるところ……②

 インビジブル・エネミー・モードをクリアーすると、
 設定資料やオマケ画像を見ることができるのだが、
 その中の1枚、「Congratulations!!」の画像の比率がおかしい気がする。

 Highslide JS

 ↑これが素の状態なのだが、若干縦長になっているのが分かるだろうか。
 多分こうだろうと思われる補正をしてみたのが、以下の写真。

 Highslide JS

 サムネイルだと間違い探し状態だが、アップにすると分かるだろう。
 元が4:3の画面比率で作られたゲームだったため、
 この画像だけ、16:9比率への補正を間違えたのではないかと思われる。


←謎解き解答集↑トップへトロフィー/実績ガイド→
コンテンツ

BIOHAZARD SOUND CHRONICLE

ディスク3枚目がゲームキューブ版のサントラ。


biohazard archives

『バイオハザード0』~『コード: ベロニカ』までのデータ・設定資料をまとめた本。クリーチャーの詳細や年表なども収録されており、オススメの1冊。


バイオハザード HDリマスター公式攻略ガイド

“HDリマスター対応” を謳った唯一の攻略本。Kindle 版もアリ。


バイオハザード 解体真書 Wii対応版

配信直後は強気の 1,500 円だった Kindle 版が、いつの間にか 810 円に!


biohazard 「メモリーカード59」付

ジルのパンチラを望むなら、これを買うしかないのだ……。


バイオハザード デッドリーサイレンス

手軽に初代『バイオハザード』を楽しむならコレ。独自の要素もいろいろアリ。


バイオハザードディレクターズカット デュアルショックVer.

初代『バイオハザード』は3種類出たが、その最終バージョン。隠し武器が最初から使えるセーブデータなどが収録されたおまけディスク付。PS3 でもそのまま遊べる。

scroll