2016年12月20日

ドリームキャストのキャプチャ環境

 昨日の記事で、ドリームキャストの画面写真撮影のためのキャプチャ環境について少し話したので、
 ついでに、前々から書こうと思っていたドリームキャストの映像ケーブルネタを。
 XCAPTURE-135,000円とお高い商品なので、買うのを決意するまでには紆余曲折あったのだが、
 そのときに試した、いろんなケーブルたちによる実際の画像をお届けしてみたい。


 『電幻天使対戦麻雀 シャングリラ』のオープニング画面。
 目や唇は動いている画面なので、各写真によって目元と口元に多少の差はある。
 小さい画像のままだと差が分かりづらいと思うが、画像をクリックして大きくした後、左上の矢印マークを1回クリックしてから
 マウスのホイールで拡大・縮小が可能なので、お試しを。

 各画面写真の接続方法は、画像の左上に書いてある通り。
 VGA接続は、その画質が一目瞭然。XCAPTURE-1 とデミロを使用。
 純正VGAボックスはプレミア価格になりすぎていることもあり、同等の機能を持つデミロが無難なセン。
 拡大すると画像の精細さが分かると思う。この状態をキャプチャできたときは感動したものだ。


●S端子

 映像信号としてはコンポジットを除くと最下位になるが、そこまで悪くはない。
 ただ、焦点が微妙に合わない感じというか、ほんのりとぼやけているのが分かると思う。


●RGBケーブル

 ドリームキャストは非公式にRGB21ピンケーブルが存在している。
 正直、怪しさ爆発のシロモノで、画質的にも中途半端な位置なので、オススメはしない。
 S端子よりは多少エッジがクッキリしている気がするが、S端子と比較してそこまで変わっているようにも見えない。
 SかVGAの映像信号をRGB端子に変換しているだけだと思う。

 国内メーカーのものから海外の超怪しいものまで試したが、共通していたのは「画面が微妙に暗い」こと。
 RGB接続は元々暗くなりがちというのもあるが、海外製の怪しいケーブルは2種類試したところ、色合いが若干おかしいものも。
 これは接続方法というよりケーブルのほうに問題がある気もするし、なにぶん、どうしても古いケーブルになるので、
 これが完璧な状態なのではなく、ケーブルの劣化なのではないかとか考え出すとキリがない。

 仮に暗くなくても、画期的に良くなったとも言えないレベルだし、価格も中途半端に高く、そこまでして手に入れるものでもないと思う。
 もし安くて見つけたら、比較用というか調査・検証用に確保しておくのもいいかもしれない。


●VGA to HDMI

 これを使用……なんだけど、なんか商品の見た目が違うな。購入履歴から検索したので、これに間違いはないはずなのだが……。
 ウチにあるのは、白くて正方形のヤツ。

 これの本来の用途は、HDMI端子しかない液晶モニタなどに、D-Sub15ピンのパソコンなどを接続するためのもの。
 理由はよく分からないが、色が明らかに死んでいる。
 ただ、画面下部の文字を見ると分かると思うが、S端子やRGBと比べるとクッキリしている。
 紛れもなく映像信号はVGAを引っ張っているのだろう。……変換の過程で何か事故ってる感はあるが。


●VGA

 そして皆様お待たせいたしました。絶対正義、VGA接続。
 VGA to HDMIを試したときに、映像信号を分配して液晶モニタに映したほうで見るとメチャクチャ綺麗だったので、
 「これは本来のポテンシャルではない……HDMIに変換する過程で何かおかしくなっているに違いない……
 しかし、これ以上はもう XCAPTURE-1 しか……」という、欲望と真実の探求と財布のせめぎ合いの中、真相がハッキリして心底ホッとした。
 ただ、ドリームキャストのゲームにはVGA対応とそうでないものがあって、未対応のものは表示できないので注意。ここのリストが詳しい。

 XCAPTURE-1 は普通に現行機のキャプチャ機器としても優秀なのだが、
 HDCPに対応していないため、PS3のキャプチャはD端子で行う必要がある。USB3.0ポートが必須な点も注意。
 その他だと、コンポジット、S端子、D端子、VGA、HDMIのキャプチャが可能なので、これひとつでだいたい賄える。
 ただ、D端子はそこまでひどくない、むしろ高画質と記憶していたが、HDMIと比べると雲泥の差なので、
 少しでも高画質でPS3の画像や動画を残しておきたい場合はオススメできない。

 パソコンに内蔵するキャプチャーボードなら、同じく電波新聞社のSC-512N1 が、ほぼ同等の機能を持つ。
 といっても、USB3.0ポートさえあればパソコンのケースを開けてなんやかんやする手間なく
 サクッと使える XCAPTURE-1 が出た今となっては、わざわざこっちを選ぶ必要性はよく分からんけども……。

 あと、XSYNC-1というユニットがあれば、これに加えてRGB21ピンのキャプチャも可能になるため、
 フレームマイスターが不要になると思われるのだが、結構前から品切れに。来年2月に、これも復活してくれんかなァ……。

 ・ ・ ・

 というわけで、ドリームキャストのキャプチャに関しての色々でござんした。
 「ちょうどドリキャスを高画質で録画しようと思ってたところなんだよ!」という奇特な人の参考にでもなれば幸いでゴンス。

 最後に、XCAPTURE-1 とアマレコで『ゾンビリベンジ』を録画した動画を。
 できればタイトルをクリックしてYoutubeに飛んでから見たほうが、大きい画面で観れる。
 どんな感じかを伝えるためのものなので、スゴい中途半端なところでブツ切りだけども。
 この画質で録画できちゃうんだぜ……。


 




[DC] | コメント (0)

2000年5月21日

ドリームキャスト『久遠の絆 再臨詔』


パッケージ


 輪廻転生をテーマとしたビジュアルノベル。
 想像していたレベルは超えた作品だった。

"再臨詔" というサブタイトル(?)は、ただ単にPS版の移植だから……という意味にとっていたが、クリア後に読める「第2部」みたいな追加シナリオがあって、
 それを読むと "再臨詔" の意味を納得させられた。
 ただ、このシナリオの結末が秘石戦記ストーンバスターみたいな終わり方だったので、ちょっと嫌だったってのはあるんだが……。

 制作会社であるF・O・Gのホームページの掲示板では早速、この追加シナリオとその結末についての議論がなされており、
「追加シナリオ、なんか同人誌的なノリで嫌」「追加シナリオ、あの結末はちょっと」「追加シナリオ自体が蛇足」などの、なかなか手痛い意見が飛び出している。

 俺はPS版は未経験、このDC版が初プレイなので、追加シナリオ自体には特に違和感はなかったのだが、やはりPS版経験者からすれば色々言いたいことがあるのだろう。
 どの意見も分からないでもない。中にはこの結末をほめる人もいる。
 しかし結末をハッキリと語らないタイプの作品は決して傑作とは言えないというのが俺の意見。どうも「誤魔化した」としか思えないのだ。
 悪く言えば、制作者がユーザーの最大公約数を狙ってどうとでもとれる解釈を施した、というところだろうか。これはある意味、卑怯だとも思う。

 このタイプの結末の支持者は「プレイヤーに想像の余地を残してくれてて良い」という人が多いのだが、それは極端に、本当に極端に言えば、
 なら、キャラクターと設定だけ見て、ストーリー自体、自分で想像して作ればいいじゃねぇか?ってことになる。

 作り手は、むしろプレイヤーに想像する余地を残してはいけないというのが俺の、ちょっと乱暴な持論だ。
 ぼかしたところが一切なく、作品の持つ圧倒的なパワーでユーザーをグイグイ惹きつけ、最後にデカい筆文字で「完」ぐらいはやってほしい。
 結末をぼかしておいて「プレイヤーの数だけエンディングがある」とか言うのは詭弁もいいところ。
 俺には「作り手が自信を持って結末を決められなかった」としか思えない。

 プレイヤーは基本的にボタンを押して読み進めていくだけ。
 なら小説でいいじゃないかと言う声も聞こえてきそうだが、新キャラクター登場時、そのビジュアルがすぐさま目に飛び込んでくることは小説では不可能だ。
 特にこのゲームは輪廻転生がテーマで、誰が誰の生まれ変わりなのかが、キャラ絵を見ればなんとなくわかるので、この点は重要と言える。


 ……と、なんだかんだ書いたが、『久遠の絆』は良作の部類に入ると思う。
 輪廻転生をテーマにした壮大なストーリーは読み進めていくほど圧倒され、思わずジーンとしてしまうシーンも多々ある。
 しかし「他人に勧めよう」と思うまでには達していない、と感じる。

 その原因のひとつが、ボリューム過多。
 これだけボリュームのあるゲームを勧めても最後までプレイしてくれないんじゃないかという懸念だ。
 しかもそのボリュームに対応するだけの感動があるか、と聞かれると、ちょっと悩む。

 その長さゆえに、良いシーンがあっても、読み進めている間に上がったテンションが下がってしまうのを感じる点は残念だった。



[DC] [久遠の絆] | コメント (0)


footer