2006年7月 7日

高熱! 歯痛! 胃潰瘍! 雨でジメジメ!

 38度6分の高熱→放置していた虫歯が疼く→胃潰瘍のスーパーコンボに繋がってました。そりゃリアルでピヨるっちゅーねん。

 ものすごい久々に歯医者行きましたけど、あれですね、神経に触れる痛さってのは麻酔効いてるとか効いてないとかそういう次元の話じゃないですね。
 もう「痛い!」じゃなくて「!?」なんですよ。マガジンのマンガばりに。キィーンキィーン鳴りまくる変な機械音と、長時間味わってたら絶対どうにかなりそうな種類の痛み。
 もし俺に秘められた力があったら間違いなく覚醒してましたね。歯医者周辺100メートルくらいをクレーターにして。

 胃潰瘍の方は1週間ほど薬を飲み続けて療養した結果、なんとか痛みはマシに。
 とりあえず、胃にきそうなことは考えないように頭カラッポにして夢詰めこみながら布団の中でゲームボーイアドバンス。
 結構前のゲームで恐縮なんですけど、GBAの『ふたりはプリキュア ありえな~い! 夢の園は大迷宮』(公式サイト)が普通に面白くて困ります。


『ふたりはプリキュア ありえな~い! 夢の園は大迷宮』
こんなパッケージ。28の男がこれをレジに持っていく、このド迫力


 内容としては頭の体操というか、「片方がスイッチ踏んでる間に開いたゲートをもうひとりが通る」みたいなアクションパズルで、
 制限時間内にハートを全部取ってゴールまで2人揃って行けばクリアなんですけど、
 序盤は余裕なものの、ステージ進むごとに本気になりかけてる自分に気付くんですよ。これホントに子供用?

 説明書の最後のページには可愛いフォントで「☆全部クリアしちゃった人へ! 表ワールドのステージをクリアすると、なんと、さらに手強い裏ワールドが遊べるようになるよ!」
 とか書いてあって、「マジマジ? ぶっちゃけありえなーい!」とか思いながら遊んでたんですが、28にもなってプリキュアのゲームやってる時点で「俺がありえない」とか考えてたら
 結構面倒なステージのゴール一歩手前で制限時間切れになり、なんだか胃にきそうだったので、おとなしく寝ることにしました。最近の子は結構頭いいんじゃないかと思った。

 これはアドバンスのソフトですけど、本体の方は先日やっと購入できたDS Liteでプレイしてたところ、画面の輝度明るいですなーコレ。
 初代アドバンス本体と比べたら吹き出しますよ。初代は「ブフッ、そちら様は停電でございますか?」ってな暗さでしたもの。
 なんでバックライトつけなかったのか初代。今と全然コスト違ったのかなぁ……携帯電話の異様な普及率でコスト安くなったのかなぁ……なんてのは素人考えですかねウフフ。

 そんなニンテンドーDSで発売されてる『ふたりはプリキュア マックスハート DANZEN! DSでプリキュア 力をあわせて大バトル!!』の方も、どうやら相当デキがいいらしいので、
 DANZEN購入予定です。

 胃潰瘍の28歳がお送りしました。



[ふたりはプリキュア ありえな~い! 夢の園は大迷宮] | コメント (0)


footer