2010年6月 7日

Xbox360 LIVEアーケード『悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲』

パッケージ


 Xbox360のLive Arcade版『悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲』(以下、『月下』)をクリアー&実績200達成。
 2007年の8月頃に配信されたゲームで、序盤だけやって放置になっていたのを今頃になって再開。
 PS1版が発売された頃にもハマッてたけど、1997年のゲームなので、実にあれから13年経ったことになる。
 こ、この数字はヘコむなー。

 もう今更語るまでもないほど有名で優れたゲームだし、すでにPS1版もクリアーしてるけど、それでもやっぱり楽しかった。
 ちょうどいい具合に記憶が薄れていたのも良かったのかもしれん。
 Xbox360版は読み込み時間がなく、PS1版の頃よりもストレスフリーで遊べるので、ある意味、最高のバージョンともいえる
(※2010年12月16日から、ゲームアーカイブスでも配信されている。価格は600円。PS3とPSPでプレイ可能)。

 マップ完成率的なものがあるゲームに弱い俺としてはもうそれだけで充分ハマる要因になるのに、ゼルダ的に「ちょっとずつ探索範囲が広がる」作りと、
「工夫次第ではあらゆる場面で楽勝になる」というバランスブレイカー上等な太っ腹な作りがたまらん。
 ダイアナックルと聖水サイコー!

 それはそうと『月下』はバグというか裏技というか的な小技がしこたま存在するゲームで、それがまた魅力のひとつでもあるのだけど、
 いわゆる "バージョン違い" のせいで、「初期ロットではできたけど……」という技も多い。

 で、問題なのが、ネット上に存在する『月下』の情報は主にPS1版の初期ロット・後期ロットとサターン版についてのものがほとんどで、Xbox360版についてはホンットに情報がないということ。
 実際に自分で試したことと調べた情報を照らし合わせた結果、どうやらXbox360版は後期ロットと同じらしいということは分かったのだが、
 その調査過程でイロイロと知らなかったものを見つけてしまったので、ご紹介。


 


 まずはリヒターモードにおいて、開始直後に門が閉まる前に門に挟まると没マップへワープできるという、スティール・ボール・ランの大統領も真っ青のバグ。
 Xbox360版は読み込み時間がなく、動画と違って「RICHTER」と名前入力後に即始まるため、かなりタイミングが難しい印象を受けたのだが、一応できた。
 スライディングではなく、左方向へのダッシュでないとダメ。
 ちなみに左方向へスライディングすると城外へ出てしまい、二度と戻ることができなくなる。


01
落下地点。右に行くとセーブポイントがある


02
脱出すると、入口の地面にあるフタのようなものが開き、以後、自由に行き来できる


 この技のメリットは「最初のセーブポイントに達する前にスタート地点でセーブしておける」ということくらいだが、
 通常ではマッピングされない部分に侵入できるため、リヒターモードにおける探索率パーセンテージの限界を突破できる。
 マップマニアは、最初にこれをやっておいたほうがいいかもしれない。

 なお、若干地形は異なるらしいのだが、サターン版ならこのバグを使わずに普通に行けるようになっているのだとか。


 こちらは、アルカードのタイムアタック動画。実質の本編開始は1:23頃から。
 動きが完全にイカレててフイタ


 本編の主人公・アルカードは、前方ダッシュはできないけどバックダッシュはできるという変わり者なため、
 通常移動は後ろを向いてバックダッシュ連打というのが半ば常識になっているのだが、
 バックダッシュ中に一瞬だけ盾を構えることによってバックダッシュからバックダッシュに繋げる際の硬直時間がなくなるという点に着目し、
 すさまじい速度で移動するというウル技を常用。
 タグでも「カサカサ動画」とか「悪魔城カサカサ」とか「アルカサカサ」とか言われ放題。
 これ、俺の知ってる『月下』と違うよ!


 


 こちらはサターン版のマリアモード動画。
 ハイジャンプと飛び蹴りの移動範囲がチートすぎて、もはや別ゲー。
 3:20辺りのヒポグリフと9:00辺りのシャフトの倒し方がひどい。
 アルカードがヒーコラ言いながら悪魔城さまよってる間、マリアはこんなフリーダムな探索してたなんて……。
 節子、これマリアやない、マリオや!


mz


 最後に、海外の人が作ったのであろう、超『月下』動画。


 以前にFFとDOAのキャラがドラゴンボールみたいな戦いを繰り広げる動画があったけど、あれを彷彿とさせる。
 これはもう作品に対する愛だなぁ……。どうやって作ったんだろう。


■おまけ

 リヒターモード攻略用に、リヒターの操作法と最短ルートマップを作ったので、これから実績200を目指す人がいれば、参考までに。


リヒター操作法

悪魔城 逆さ城


 Xbox360版はヘルプに載ってない操作が多すぎなので、技表を自作した。
 特にハイジャンプが載ってないのはひどい。これ使わないとクリアできねーよ!

 最短ルートマップについては、マップの見やすさを重視するため、一度入った部屋は隅々までマッピングした状態で表示。
 進行ルート上にあるセーブポイントには寄りつつ、あまり労力を必要としない位置にあるLife upの位置を記している。
「燭台に聖水」の位置にある聖水を取ったら、以後、アイテムは聖水を手放さずに進み、ボスはラスボスも含めてすべて聖水のアイテムクラッシュでOK。


ベルモントの復讐
ワイはやったで……。


■おまけ2

 Xbox360版は初回配信時に間違って海外版が配信され、後日、ちゃんとした日本語版が再配信されるという経緯があったのだが、
 誤配信時の海外版を消していなければ、そのまま別のゲームとして遊ぶことができる(基本的に日本語で遊べるが、モンスター名や音声は英語)。

 日本語版はめでたく実績200/200にできたので、記憶がしっかりしているうちに海外版もやってしまおうか……とチマチマやってたときの1コマ。


烹
アルカードは大変なものを入手していきました


 実際は「ソウルオブバット」を入手する場所なのだが、文字数からして全然違う「烹」に文字化けーション。なぜここだけ化ける……?
「ソウルオブバット」はコウモリに化けるアイテムだからという高度なアメリカンジョーク?


■『月下』のススメ

『月下』は、超絶難度アクションゲームとして有名だった『ドラキュラ』シリーズを、比較的誰でもクリアーできるよう設計されたアクションRPGとして方向性を大きく変えた作品。
 実際、俺は『ドラキュラ』シリーズに大して興味もなかったのが、この作品がキッカケで最新作をチェックするようになった。
 ストーリーに関しては毎回「またドラキュラ復活したから倒しに行って」なので、別にシリーズの知識がなくても楽しめる。

『月下』の魅力は、ひとことで言うと「収集癖を刺激する」、これに尽きるだろう。
 先に挙げた "探索率" ……いわゆるマップ完成率もそうだが、膨大な数のアイテム、モンスター図鑑。これらは上手く相互作用している。
 アイテムを求めてモンスターを探し回り、モンスター図鑑を埋めるために悪魔城をさまよう。
 そして探索率を最大にするのは、何の情報もナシで挑むと不可能に近いほどやり応えに満ちている。

 さらにマニアックになると、通常ならAというアイテムを取ってからでないと取れないはずのBというアイテムをAなしで取るというテクニックに目覚め、
 2周目以降はメニュー画面で各シーンまでの到達時間が表示されるようになるため、否が応にもタイムアタック欲を刺激する。

 さらにさらに、神経質な人によっては、レベルアップ時のステータス成長が気に入らなければリセットを繰り返すといったファイアーエムブレム症候群を発症する可能性すらある。
 やろうと思えば、どこまでも楽しめてしまう悪魔のソフトなのである。悪魔城だけに。なんつってなガハハ。

追記:
 時々、「昔のゲームだからかグラフィックが……」という理由で、体験版をやってみたけど敬遠したという話を聞くのだが、
 おそらくオプションでの「グラフィック」の項目がデフォルトで「エンハンスド」になっているため。
 これは画面にアンチエイリアスをかけて綺麗に見せるためなのだが、このゲームの場合、なんだか逆効果になっている。
「オリジナル」にするとドットクッキリで、むしろこっちの方が綺麗に見えるのでオススメ。


追記2:
 PSP『悪魔城ドラキュラXクロニクル』にも収録されているが、アンロックするにはステージ3辺りまで進める必要がある。



[悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲] | コメント (1)


footer