2011年12月21日

Deal of the Week 12/21~12/28……と全然関係ない話

dow
■2011年12月21日(水)午前1:00頃~2011年12月28日(水)午前1:00頃まで


hmh・Half-Minute Hero
800MSP→400MSP
roa・Rock of Ages(海外のみ)
800MSP→400MSP


 今週は『Half-Minute Hero』。
 少し前にも値下げされていたので新鮮味は薄いが、個人的にオススメの1品。対戦モードがアツすぎる。

 なお、これは日本のみで、海外では『Rock of Ages』のみとなる。
 海外でしか配信されていないものオンリーのDeal of the Weakの場合、日本では他の作品に置き換えるのだが、
 そういうとき、今まではやたら『The Maw』ばっかりだった。
「さすがにそろそろマズいか」と変えてきた感があるが、
 今度は『Half-Minute Hero』がDeal of the Weakの "おなじみの顔" にされそうな予感がする。
 もうちょい、いろんな作品を順繰りにセール対象にしたほうがいいと思うのだが……。
 ちなみに年末の日替わりセールはKinectゲーム2本だったので華麗にスルー。


 あと全然関係ないのだが、7年ほど前に流行ったネコミミモードという曲のCDのカスタマーレビューで……


nekomimi


 レビューでも何でもないのもアレだが、248人中、224人の方が、「このレビューが参考になった」って何なんだ。
 他のレビューはマジメでタメになる切り口で書かれているのだが、そのおかげでこれに原曲があるのを初めて知ったよ。



 そういえば、セーラームーンの「ムーンライト伝説」にも原曲があるのを知って驚いた覚えがある。
 ↓


 ちなみにこの「夢はマジョリカ・セニョリータ」のシングル、Amazonマーケットプレイスで198,000円。
 もう、ボッタクリなのか相応のプレミア価値があるのかも分からねぇ……。



[Xbox360] [音楽] | コメント (0)

2010年2月21日

愛が止まらない ~Turn it into love~


 Youtubeで動画を見ていると、なぜか高確率で懐メロ探訪になってしまう。
 そういうとき、ついつい聴き入ってしまうのは洋楽のカバー曲であることが多いのだけど、元の英語の歌詞と、どういう風に日本語化されているのかの違いまで調べてみるのがクセになっている。
 子供の頃は、それがカバー曲であることすら知らないまま聴いてるものもあり、大人になってからこうやって調べながら聴いてみると、また新たな味わいがある。

 特に、この「愛が止まらない ~Turn it into love~」は原曲の歌詞の意味とは異なっており、日本版はトレンディドラマのワンシーンを切り取ったような歌詞。
 でもこれ、自分が日本人だからということを抜きにしても日本版のほうがスゲェと感じる。
 あらかじめ決まったメロディに言葉を乗せるだけでも難しいものだが、「あなたにドラマ始まっている」なんて、今時の歌では出てこないフレーズ。
 「あーなたに」の「たに」が次第に「Turn it」に聞こえてくるくらいスゴイ。

 しかし西城秀樹バージョンがあるのは知らなかった。どう見ても女声を想定した歌だから無理があるだろーと思ってたら、普通にいい曲になってるし。
 曲のところどころにオメガトライブ的なものと、高橋ひろの「太陽がまた輝くとき」的なものを感じるけど。

 Winkの曲として見た場合、やっぱ「あーなたに」の「ーな」の部分の、鼻にかかった声が全てだな。CDでは、あんまり鼻にかからないんだコレ。
 綺麗に歌いすぎないところに出る色気。ここだけ執拗にリピートしたMP3作りたい。

 当時は特になんとも思ってなかったけど、1曲を交代で歌い、片方が歌ってるときにもう片方は踊る背景と化すというのは、歌に合わせて動いてるオルゴールを表現しているようで、なんかイイ。
 Winkは無機質さが持つ色気というか、女性の持つ儚さ、壊れやすそうなガラス細工的な危うさのようなものを体現してたから人気があった気がする。
 普通、2人組というと静と動というか対照的な2人を組ませるけど、静と静を組ませて成功した稀有な例というか。

 しかし「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」でもネタにされてたけど、歌の前に、ホントにどうでもいいことをコメントしててワラタ




[音楽] | コメント (0)

2010年1月15日

ゴールデン・ボンバー『The Golden Best -Pressure-』

ジャケット

 昨年、友人に教えてもらって知ったバンド「ゴールデン・ボンバー」のベストアルバムが1月アタマ頃に2枚同時で出てたぽいので、謙虚に片方だけ購入。正直、ベストアルバム出すほど活動してたのが一番驚いたんだけども。早速iTunesで取り込んでみたらCDデータベースにデータなし。さすがだ。

 見た目は懐かしのビジュアル系だけど中身はコミックバンドに近くて、ライブでは楽器を弾かずに演劇が始まったりするらしい。ていうかエアーバンド。公式サイトのバンド説明がこんなだから察して下さい。

 とりあえず5:「ultra PHANTOM」と6:「TSUNAMIのジョニー」は必聴。
「TSUNAMIのジョニー」はタイトルの時点ですでにアレだけど、わざわざ桑田佳祐の声マネまでしてサザンっぽさを徹底的に再現。この声マネが妙に上手くて、他の曲と聴き比べると声質の幅に驚く。どさくさに紛れて「Oh So Sweet」とか言ってるし、サビでは「この茅ヶ崎で~」とか言っちゃってるし、基本的にやりたい放題。でも何回か聴いてると良い曲に聴こえてくる悪魔の旋律。

「ultra PHANTOM」もタイトルの時点でアレだけど、B'zっぽさを追求しつつ、歌詞中にB'zの曲名をこれでもかと詰め込むという、新手のJASRAC殺し。果たしてベストアルバムのタイトル「Pressure」は、B'zの「Pleasure」のパロなのか……。

 普通、あからさまなパロディは本家のファンがあんまりいい顔しないものだけど、この2曲は多分、ファンでも笑ってしまうと思う。曲が秀逸すぎる。一見ふざけてるけど、このリーダーの技量と多彩さは異常。


約1年前に出たミニアルバムの告知動画。曲の感じは、この動画の0:37あたりを。

 パロディ以外は意外と普通の曲も入ってて、1:「抱きしめてシュヴァルツ」4:「ごめんね、愛してる」はビジュアル系っぽさに歌謡曲要素を足したような感じ。これがまた、いかにも90年代臭さ全開で個人的にはツボ。曲の最後の歌詞リピートでキッチリ半音上がる辺りが。

 この「どこまで本気かわからない」度が、このバンドの魅力なんだろうな……。
 もっと有名になって、いつかミュージックステーションに出るとしたら、B'zと鉢合わせした時の気まずさは見てみたい。「これがホントのバッドコミュニケーションですね」とか言って。


[音楽] | コメント (0)

2008年10月24日

ギュン様旋風

 去年の夏頃に知り合いに教えてもらって知ったんですが、YoutubeでPVを見た瞬間「これは!」と松田聖子ばりにビビッときたので翌日にはもうCDを買い、日本にも今にブームが……と確信していたのに未だに全くその波を感じることができないアーティストが居りまして。

「ギュンター」ことギュン様なんですけど、日本の公式サイトも大した狂いっぷりで、「愛の伝道師」だの「エロ・ダンディー」だの「火照リップ」だの褒めてるんだかどうだかわからない二つ名の嵐。とりあえず伝道は確実に失敗してると思うし、つうかこの公式サイト明らかに放置されてるよね。

 代表曲のひとつ「teeny weeny string bikini」のPV。観て頂くとわかる通り、歌ってるというより喋ってるし、歌ってるのは主に取り巻きの女の人たちのような気もするんですが、何だろうこのカリスマ性。いい意味で変態。バカと天才は紙一重と言いますが、確実にその境界線で踊ってる。

公式サイトに「ほぼ週刊ギュンター」という、第1号で発刊が止まってるpdfファイルがあるんですが、これに載ってるインタビューで「──天国があるとすれば、その扉にあなたがたどり着いたとき、神は何と言う?」という質問に「Welcome」と答えたギュン様。すげえ。そもそもこの質問の意味がわからねぇ。コイツを応援しなくて誰を応援するんだ。夏はもうギュン様の季節。TUBE? 帰れ!

 ちなみにこっちは世界一バチ当たりなクリスマスソング。キリストもまさか数世紀後にこんな祝われ方をされるとは思いもよるまいて。

 というわけでこんな場末のブログで今更応援してみました。しかし今年の夏こそはギュン様ブーム来ると思ってたのに来ないし! 日本もうダメだ! 滅びろ!


[音楽] | コメント (4)


footer