2010年9月19日

富豪熟女殺人事件

パッケージ


 『ビキニ航空』探したけど見つからなかったので他の借りてきたよ。

「ちょいエロサスペンスと思ったら全エロ・ノーサスペンス」を喰らいすぎたので、「今度こそは」と、タイトルがそれっぽいヤツを借りてみた。
 "熟女" は別に射程範囲ではないのだが、"富豪" と来てる。
 少なくとも金絡みのどろどろしたサスペンスを期待できるに違いない。

 開始30秒でいきなり巨乳……いや二次元で言うなら魔乳の域に達している「マジで中に何入ってんスか?」クラスのヌード爆誕。
 洋画では割とよく見るジェットバスみたいな浴槽に浸かりながら「A-ha」と気持ちよさそうにしてたら、さらにもう1人、巨乳女追加でレズり合いスタート。

 この、無駄にダラダラ焦らさないクイックエロスには、コブラでなくとも「ヒューッ!」と口笛を吹きかねないが、
 正直、レズシーンってイッたのかイッてないのかよく分からないまま終わるから男性視聴者的には不完全燃焼なんだよ……。

 そんな感じでモヤモヤしていると、「仕事だからもう行かなくちゃ」「あン、行かないでよ……」と名残惜しそうな素振りをしながら、片方が退場。

 第一レズパート完、か……と思っていると、あからさまに怪しいBGMと共に忍び寄る、謎のハイヒール女。
 気付かない魔乳女。一気に背後から首を絞められ、そのまま浴槽に沈められる!

「サスペンスシーンと思わせといて、どうせさっきの仕事に行ったはずの女がビックリさせるためにクソエロい服着てまたレズりに来たんでしょ? そうはいかねーっつの」と
 完全に毒されてたので、普通に殺人が起きてビックリした。
 いや、そうだよな。これが普通だよな。

 場面変わって、車に乗って山へやって来たカップル。
 車を止めて辺りを見渡し、「地図を貸して」「道に迷ったの? もう、見栄を張ってガソリンスタンドで道を聞かないから……」と割とアリガチックなラブラブカップル紹介シーン。
「急がなくてもいいじゃない。景色を楽しみましょ」と女。
 山の、かなり高い所へ来ているらしく、たしかに絶景。男も「そうだな。景色がいい」

男「こんな自然を前にしていると……」
女「ムラムラする?

 今までが結構普通のシーンだったので思わず「なんでやねん!」とツッこんでしまったが、それに対する男の返しが「俺のトウモロコシ食う?」で、
 またなんでやねんっていうかなんで?
 そして濃厚なキスシーン入ったー! 始まったー! また始まったー! ちょっと見直したらこれだよエロティックサスペンスはよー!

 とか憤慨してたら、いつの間にかピクニックシート敷いて、陽射しの中、ランチスタート(女を食べる的な意味で)。
 クイズのシンキングタイムみたいなリズミカルなBGMに乗せて、淫靡というより、明るい青春エロス開幕。
 ていうか、ただのエンジョイ青姦。「さーて、何をしているところでしょーかっ!」という逸見さんの声が聞こえてきそうな雰囲気の中、シンキングならぬファッキングタイム絶好調。
 心なしか腰の動きが「ズンチャッ、ズンチャッ」ってBGMに合ってきて、個人的にはもう全然エロくないので「どうしよう……」と置いてけぼり状態。

 あのなあ、勃たせるかサスペンスるかどっちかにしてくれよ!
 お前ら、これホラーだったら山に棲む殺人鬼に、いの一番に惨殺されてるところだぞ!

 やることやって、やっと到着したのは山奥の一軒家。
 個人的に「いいねー、山荘いいねー。これは間違いなく殺人起きるよー」と興奮。
 出迎えたのは弁護士で、これから遺産についてのビデオを流すという。
 リビングにはすでに他の関係者(巨乳女4人)が集まっていた。サスペンスぽくなってきた!
 つまり、特に説明はなされてないけど、青姦カップルも遺産相続権利を持つ2人で、他の権利者もここに集められたわけだ。

 弁護士は別室に行き、秘書に「そろそろ始めるぞ。ビデオはどこへやった?」
「ここにあるわよ。でもタダじゃイヤよ」
「参ったな。いくらだい?」
「近くに来て」
「もう隣に居るだろ」→ズンチャッBGM & 濃厚キスシーン。

 また始まったー! しっかりしてくれ弁護士ー! みんなもうリビングで待ってるよー!

 弁護士もコトが終わってスッキリした顔で「それでは、時間です。ビデオを再生します」

 被害者が生前に、自分が死んだ場合の財産分与に関する説明を記録したビデオ。
 食い入るように見る一堂。しかし、条件が提示されていた。
 24時間以内にある謎を解くこと──。
 解けなければ、財産はある施設に寄付するよう、弁護士に頼んである、と。

 なんか急に面白くなってきた!
 しかもビデオの最後に「私は確信しているわ。犯人はこの中に居ると。誰なのか判明することを願ってる」と衝撃発言。

 つまり、被害者はすでに殺される予感がしていて、その予感どおりに殺されたということだ。
 やべぇ、また見直した! すげぇサスペンスっぽい!

 弁護士から全員に渡される封筒。中に書かれている謎はどれも同じ。
 明朝9時から宝探しスタート。今夜一晩じっくり考える余裕がある。

 予想外に面白くなってきたなぁ……と思っていると、男がひとりしか居ないからか、『禁断の血族』ばりに、女が順番に男に迫ってくる。マジ片っ端。
 この映画、エロシーンが何故か全て「ズンチャッ ズンチャッ」とダンスミュージック風味なので、BGMかかったら「あー、始まったよ」と判断可能。
 もう面倒なので以下、ダイジェスト。


~夜に妻が風呂に入ってる間に他の女が接触してくるシーン~

「○○がアヤシイと思うの。だって、あのビデオの最後で○○……」
「なるほど、確かに。アイツを見張るべきだ」
ねぇ、こっちも見張って……」→ズンチャッ ズンチャッ……

~深夜に忠告シーン~

「○○は危険だわ」
「だからと言って君が犯人じゃないという証拠もないだろう?」
(無言でキス)
……これが殺人鬼のキスだと?
……思えないね」→ズンチャッ ズンチャッ……

~翌朝、宝探しシーン~

「そっちはどう?」
「特に何も見つかってないよ。そっちは?」
「昔から謎解きは苦手なの。直感で進むタイプ」
「現実的だな」
そう、これが現実よ(キス)」→ズンチャッ ズンチャッ……

~宝探しシーン・一方その頃、弁護士偏~

「貴方、弁護士でしょ? 何の用?」
「君に情報を教えて、手数料をもらおうかなと」
「何を知ってるの?」
「多分、君が思っている以上に」
「いいわ。教えて」
「何で払うつもりだい?」
……これが頭金よ(キス)」→ズンチャッ ズンチャッ……


 こんな具合でエロ挟んでくるので、マジで誰が犯人か分からないという。ある意味、画期的すぎる。

 しかし『トロピカル殺人事件』や『ミステリアス・サマー』と違って、話の先が気になる状態を上手く維持したままエロを挟んでる感じ。
「この中に犯人が……」と言ってる割には、女はガンガン男にアタックしていくし、男もガンガン喰っていくのがちょっと不自然ではあるけど。
 普通、こういう状況だと、もうちょっと疑心暗鬼にならね?

 しかし昼間→夜→深夜→翌日の朝→昼と、すごい頻度でセクシータイフーン巻き起こってるんで、犯人がどうとかいうより男が衰弱死しないか心配。
 この精力と体力は見習いたい。


 ……そうこうしてるうちに(主に宝探しと称して外でヤッてるうちに。確かにお宝だけど)リミットまで残り10時間。
 一堂は、ビデオを見たリビングルームに戻って来ていた。

 残り時間も少ないことだし、今まで反対していた者も「全員で協力し、発見した宝は山分けする」という案に同意。

女A「で……何かいい案でもあるの?」
男「レンタホの儀式を使う
女B「何それ?
男「ネイティブアメリカンに伝わる儀式だ」
女A「非現実的ね(笑いながら)」
男「上半身脱いで輪になって謎を3回唱えるだけだ(真顔)
女A「何言ってるの? まともじゃないわ
男「これでビーチで失くした車の鍵を見つけた(真顔)

 男クン、やりすぎておかしくなっちゃったのかな?
 普通、こういう会話が来ると「これだから男は……随分スケベな儀式だこと!」とか言われながらバシッと叩かれて「いてっ」とかいう流れだが、
 女の1人が「ここまできたらやってみるだけ(真顔)」とか言い出すから、さあ大変。
 ホントに儀式始めちゃったよオイ!

 しかも謎を3回唱える時、何故かオッパイをプルンプルン揺らすモーションつきで、完全にオッパイが主役のカメラワーク。
 急にバカ映画に成り下がった感に襲われていると、

「oh,ホーリィーシーット!(ウソでしょ!)」
「動いてる!」

「何が?」と思ってたら、女の1人のオッパイが片乳だけピクンピクン動いてる。
見て、向こうを指してる
見に行こう!

 あんまりな展開に「えっ、ちょっ、待っ、えー……?」と思ってたら、速攻で部屋の棚から宝発見。
 男も突然「数百年前にバンコクの娼館から盗まれたというダイヤだ!」と説明的セリフ。

「な、何なのそれ? 今初めて聞い……」と呆気に取られていると、ここで犯人がその素顔を現す。
 なんと犯人は……!

……という話なのだが、具体的に言うとレンタホの儀式から結末までが突然やっつけ仕事なので、すさまじい裏切られ感。
 スタッフロール始まったときは「コラァーーー!」と吼えたね。
 弄ばれたの、弄ばれたのよアタイのサスペンス好き心を!
 熟女っていうけど、洋モノの女優って元々老けて見えるから別に熟女って感じでもなかったし!

 畜生……今度レンタル屋で面白そうなの探すときはレンタホの儀式で探すことにします。(レンタ繋がり)



[富豪熟女殺人事件] | コメント (2)


footer