2016年12月 7日

『懐かしスーパーファミコン パーフェクトガイド』レビュー


 先日、この記事で「ロクな資料本がない」と書いておきながら恐縮だが、この本、一応、全ソフトのリストが掲載されているっぽいので、
「これも資料本の一種ではないか……? ううむ、チェックしておくべきか……」と悩んでいたところ、
 Kindle Unlimited の対象だったので、30日無料をお試ししてみることに。
 先の記事のコメント欄で、この本はウィキペディア及びゲームカタログ@wikiから文章を無断転載しているらしいことを教えて頂いたので、
 どうにも買う気にはなれなかったのだが、無料なら……。

 最近何でもそうだけど、Kindle Unlimited は放っとくと勝手に継続して契約することになってしまうので、
 無料期間後も契約するつもりがない人はここから解約しておくべし。

 ちなみに「どれが無断転載かなー」と思いつつ、とりあえずゲームカタログ@Wikiで『F-ZERO』を調べてみたら、
 「似通っている」では済みそうにないほど似ている箇所があって、初っ端からヒット。
 その後、ウィキペディアの『F-ZERO』の項を見てみると、これまたヒット。どう見ても両者の記述を足したとしか思えない。
 この本を持っている人や、同じく Kindle Unlimited で読める人は確認してみるといいと思います……。

 ・ ・ ・

 というわけでザッと読んでみたが、この内容で「パーフェクトガイド」は如何なものかと思うネーミング。
「隠れた神ゲー」「音楽が良かった」「乗り物が印象的」などカテゴリ分けしてのランキング形式で10本選んでいくのがメインで、
 別に全ソフトを紹介しているわけでもない。
 一応、巻末に全ソフトリストがあるが、あくまでタイトルと発売日だけのもので、価格は無記載。ウーン。

 あと、気になるとこだけササッと読んでいっただけでも結構なミスがあった。


 まず「これはひどい」と思ったのは、歴代ゲームハードのページの、旧Xboxの写真。



 なんと、Xbox One の写真になっている。

 OK、君たちが Xbox にまったく興味ないのはよく分かった。さては「なんか黒くてゴツい」くらいのイメージしかないな?

 黒いし、見た目が似てるのは分かるが、仮にもこういう本を作ろうとしているということは
 編集もライターもそれなりにゲームは好きだったり詳しかったりするはずで、そういう人たちがこんな見落としをするのかと驚いた。

 というか、グーグルの画像検索で「Xbox」と入れたら、ちゃんとトップに出てくるのだが、なぜ2番目のほうを載せたのか……。



 あと、気付いた点について、チョコチョコと。


●40ページ目:『エメラルドドラゴン』

「RPGとしては多少粗い点もあり、脇役キャラがスグに死んでしまうようなストーリーが災いしたのか、
 惜しくも『ドラクエ』や『FF』のような "主流" にはなれなかった。それでも愛された作品。」

 この野郎、ヤマンにケンカ売ってんな?
 ヤマン以外はシナリオ上、効果的な死亡だったろうが! ヤマン以外は!
 あとな、脇役が死にまくるならFFも負けてねぇぞ。FF2は何人死んだと思ってるんだ。通夜が追っ付かないレベルだぞ。

 エメドラが主流になれなかった、というのはワケワカメで、ドラクエ・FFと比べたら、
 ほぼすべてのRPGが主流になれていないだろう。エメドラは、むしろ成功した部類。
 まずパソコン版の時点でPC-88、PC-98、X68000、MSX2、FM-TOWNSと出まくってて、
 その後にPCエンジンでグラフィック大幅強化&キャラにドンピシャの声優熱演→
 →最後にスーパーファミコンにまで移植されたんだから、そこの変遷書いとかないと。
 移植度にしても、スーパーファミコンにしてはがんばってたほうだろう。ヤマン以外は。


●41ページ目:『美少女雀士スーチーパイ』

 見出しが「ジャレコの特技!? あからさまなオッサン狙い!!」って、オイオイ。
 当時のオッサンならニチブツマージャンとかそっち方面だろうし、
 脱衣目的なら、そもそもスーファミでスーチーパイやらんだろう。
 あと、オッサン狙いが特技って、地味にジャレコにも失礼。

 『スーチーパイ』はイカサマ技をメインに押し出して、初心者・未経験者には取っ付きにくい麻雀というゲームを
 より身近に、手軽に感じさせる入門的なソフトであり、同時に園田健一の描く可愛いキャラたちの掛け合いを楽しむ、
 言ってしまえば、純オタク向けの商品。女性ファンも居てほしいくらいにはキャラが可愛いのだが……。
 スーパーファミコン版を語るなら、この作品だけが後の「アイドル雀士」じゃなくて「美少女雀士」な点について書くべき。

 そして、これ。

「もちろん全年齢向けなのでアダルト要素はないが、作りこまれたグラフィックは美少女ゲームとして二十分に成立している。」

 まさかこんなところで「くぅ疲」リスペクトじゃないだろう。きっと。
「十二分に」という表現はあるが、「二十分に」は、ない。つよそうではあるけど。

 ……いやもちろん単純な誤植だとは思うが、これ、どうやったらこうなるんだろう。
「じゅうにぶん」ってタイピングしていく過程で、何をどうやっても「にじゅうぶん」にはならない。
 「くぅ疲」コピペは元から「にじゅうぶん」と勘違いしているとしか思えないが、
 こういう本に原稿を書く人間に、そんなヤツ居るのか? という。仮にも文章のプロだろ?

 さらにこのページの左上にある『ファイアーエムブレム』の紹介では、

「任天堂のシミュレーションRPGシリーズ『ファイアーエムブレム』は
 スーパーファミコンでも3作が『紋章の謎』『聖戦の系譜』『トラキア776』のリリースされた。」

 と、かなり混乱している。1回でも読み返せば気付きそうなものだが……。


●46ページ目:『かまいたちの夜』

『かまいたちの夜』が「ホラーゲーム」のコーナーに入れられていて、完全にホラーとして扱っているのが気になる。
 あれは犯人を推理するミステリーであって、決してホラーではないんだけどなぁ。
 同コーナーのラインナップが『クロックタワー』『弟切草』『学校であった怖い話』と完全にホラーなので、余計に気になった。

 あと、見出しが「サウンドノベルの金字塔 ピンクのしおり集めに 悪戦苦闘のセレクト」って、
 ピンクのしおりは集めるものじゃないぞ。
 頼むから、せめて『かまいたちの夜』をやったことがある人に書かせてくれ。
 紹介文を見ても、明らかにやったことない人がネットで調べた情報を元に内容を想像してる感が出てて、胡散臭さがスゴい。


●52ページ目:『アンダーカバーコップス』

「ウィットに聞いて富んでいる」という表現が気になった。
「ウィットに富んでいる」「ウィットに富む」は分かるが、誤植か? それとも俺の知らない表現があるのか?


 ・ ・ ・


 サテラビューやニンテンドウパワー、果ては幻の任天堂製プレイステーションにまで画像付きで言及しており、
「スーファミ都市伝説」や、CMを集めたコーナーなど、膨らませれば資料的に良い書籍になりそうな企画がちょいちょいあるのだが、
 よりによってこれらが全部後半のモノクロページに追いやられており、ページ数も少なく、なんとも残念なイメージが強い。

 全部を細かくチェックしていけば、まだまだ間違いや変な表現は出てきそうだが、そもそもなぜこうなったのかを想像すると怖い。
 これ、製作中に何かアクシデントでもあって、急遽ライター数人に声かけて、3日くらいで仕上げたんじゃないだろうか……
 ……みたいな怖い話が思い浮かんでしまう。

 奥付を見ると、書いてそうなのは8名。128ページを8で割ると、ひとり16ページ。1日に約5ページ。
 短期集中で1日15~20時間労働なんてゴロゴロある業界だから、3時間に1ページ完成させればいい計算になる。
 やったことのないゲームは概要をネットで調べて、写真はエミュで……いや、掲載されている写真はかなり小さいので、
 それすらもネットから拾ってきてOKとかアンビリーバブルな作り方をしていたと仮定して、
 もし、レイアウトと文字量出しだけは編集によってすでに完成していたとしたら……
 ……3日での完成も充分に有り得るんだよなァ。怖いことに。※個人の妄想です。

 さすがに3日はないにしても、人間、急ぐととんでもないミスが出るもの。
「怖いなぁ……怖いなぁ……」と稲川淳二みたいな独り言を言いながら読み終えるのでした。


 しかし改めて知ったが、この Kindle Unlimited は、なかなかにヤバい。
 かなりの雑誌が無料リストに載るので、月額980円だけで大量の雑誌を読めてしまう。
 特に女性の場合だと、ファッション誌は毎月複数買う人が居そうだが、980円で何種類も読めるので、スゴいお得な気が。

 欠点を挙げるなら、対象の本が多すぎて、順番に確認していったら日が暮れること。
 同じ雑誌のバックナンバーが引っかかるので、こういうのは「この雑誌のバックナンバーを調べる」とかにして、
 表紙画像だけバーッと並べてくれると検索性高そうなんだけどなァ。

 ネットの記事にもあったけど、あの『ムー』がバックナンバー含めて読みまくれるので、無料期間中にできるだけ読んでみたい。
 試しに今月号を読んでみたが、巻頭特集が「ミステリーサークル2016」。
「まだやっとったんかワレ」という気持ちもあるが、ミステリーサークルって元々は「UFOの着陸跡じゃないか」ということで
 関心が寄せられてたはずなのに、なんかもう「どれだけキレイな図形を描くか」の競争みたいになってて、
 もはや職人芸の域に達したミステリーサークルの数々を拝むことができる。

 あと、どういう意義のページなのか分からないが、2ページだけ、最近のゲーム紹介があった。
 まさかあの『ムー』で、『フィリスのアトリエ』なんて単語を見ることになるとは思わなかった。
 映画や書籍の紹介もあったので、こういう雑誌であっても、世俗の流行りものには触れておく感じなのだろうか。

 しかしこうして読んでみると、「いかに "ありそう" に見せるか」の誌面作りの技術を学ぶには最高の教材じゃなかろうか。
 と同時に、休刊・廃刊が相次ぐ現代の出版業界において刊行され続けているということは、
 それだけ読者が居るか、または赤字であっても別の何かで補填してでも存続させる勢力があるということの証明でもあり……。

 怖いなぁ……怖いなぁ……。



[ゲーム関連書籍] | コメント (2)

2016年11月29日

山崎 功『ファミコンコンプリートガイド』(主婦の友社)


 資料性が高そうな書籍だったので予約しておいた1冊。
 ファミコンのコンプリート系書籍は長年ファミ・コンプリートの独壇場……というかこれと
 ファミリーコンピュータ 1983-1994くらいしかない有り様だったが、ようやくそれを超えられそうなものが登場した感じ。
 ディスクシステムも網羅していることや、周辺機器やチラシなどのアイテムも紹介しているので、想定以上に資料性は高かった。

 というか周辺機器はホントによくこれだけ集めたと思う。こういうのは全記録している組織なんてないから、
 もしこういう本が出なければ、時間の経過と共にそのまま忘れ去られる可能性大だったんじゃないかという品もチラホラ。
 お値段は税別2,300円とそこそこ張る本だが、フルカラー320ページでこの内容なら個人的には文句なし。

 ただ、同著者の家庭用ゲーム機コンプリート ガイドに文章の盗用疑惑があり、
 このAmazonレビューに書いてあることがもし本当だとしたら、この著者はあまり良い人物ではなさそう。
 一見、ゲームに愛があるようで、実はビジネスの種としか考えていないタイプの人間なのかなぁと、ちょっと残念。

 Amazonレビューのひとつに「ブックオフの値札くらい剥がしてから撮影しろよ……」という、ごもっともな意見があったが、
 紙箱の場合は、ヘタに剥がそうとすると破けてしまうケースが多い。
 そんなことになるくらいなら、いっそ値札ついたままのほうが……という判断なのかもしれん。

 というかパッケージ箱の写真は小さすぎて判別できないレベルなので、個人的にはそっちのほうがキツい。
 誌面の実寸で1センチ×2センチくらいの大きさ。ここまで小さくする必要あるのかと考えたとき、
 元画像をネットから引っ張ってきて、それの誤魔化し……とかなら有り得るなァとか邪推してしまうが、
 奥付を見るとコレクターの酒缶さんが資料協力しているので、そんなことする必要もなさそう。
 その辺りのイマイチ度や、1ページに6タイトル詰め込んでることもあって
 各タイトルの紹介文が本当に必要最低限に留まっていて、ソフト紹介部分は超簡易カタログの域は出ない。

 国会図書館じゃないけど、各ハードメーカーが自分とこのハードで出たソフトは全部保管しておいて、
 自前で資料室というか博物館的なものを作っておかないと、通常このテの書籍製作は難しいよなァと思う。
 尋常じゃないレベルのコレクターがたまたま数人居てくれてるから成立しているという。

 資料性が高いゲーム関連書籍といえば、最近でもこれが盗用疑惑で物議を醸していた。
 こういう問題がポツポツ出てくるのを見るに、このテの資料系書籍は昔ほど信頼性が高くなくなってきているようにも思うが、
 その原因はやっぱりネットの普及にあるのだろうな、と思う。
 ネットがなかった頃は何が何でも自力で調べるしかなかった分、情報の盗用などは起きようがなかったわけだ。
 というかこの作者のツイッターの発言を見ると、盗用疑惑よりも、そことは無関係の面での発言のほうがマイナスイメージデカい。

 資料性が命の書籍はそれこそ国語辞典を作るくらいの気合と労力とチェック体制で挑むべきなのだが、
 実際はそう爆発的に売れるようなものでもないから、予想される利益に応じてスケジュールはタイトになるし、人員も割けない。
 結局、個人が趣味でやってる同人誌が最も信頼性が高い、みたいな悲しい結果になりがち。

 ファミコンはまだ結構いろいろと出ているが、これがスーパーファミコンになると
 SFC1445タイトル完全網羅エミュレータブック以外にロクな資料本がない有り様で、
 同時発売だったGB1236タイトル完全網羅エミュレータブックと合わせて重宝している。
 昔、たまたま本屋で見かけたときに買っておいて良かった。まさかこんなエミュレータ本がプレミア付くとは思わないよ。

 といっても各タイトルの紹介文は見るに堪えないレベルのひどさだし、
「どんなゲームがあったか」「発売年月日の確認」くらいにしか使えないし、Amazonレビューにもあるように
『スーパーマッドチャンプ』が未掲載なので、そこだけは覚えておかないといけないしで、なかなかストレートに良いとも言えない。
 それにしても資料本がエミュレータ本しかないって、ひどい状況だなあと思う。

 近々だと11月30日にジャレコ・アーカイブズというジャレコ特化の資料本が出るが、
 5,000円超えのハイパープライスには目を見張る。500ページくらいの本なのかなと思ったら192ページで二度驚く。
 よっぽど分厚い上質紙でも使っていない限り、多分ジャンプコミックスくらいの分厚さだろう。
 なんでこんなに高……と思っていたら、ゲームミュージックCDが付くそうな。
 うーむ、最近そっち方面は活発だから、音楽は音楽で任せて、本は本だけでいってほしかった気もする。

 とはいえ、ジャレコのコンテンツを正式に引き継いだ会社から出る、いわば公式本なので、信頼性は高い……と思いたい。
 5,000円かー……こういう本って大抵売り切れて、採算とれないから重版もかからなくて、
「あのとき買っておけばよかった」ってことになるんだよなァ。
 今、一生懸命、部屋から物を減らしているところなのにィィ……ギギギ。




[ゲーム関連書籍] | コメント (2)

2011年10月 4日

三条 陸/稲田 浩司「ドラゴンクエストIV外伝 地獄の迷宮」

表紙


 ドラクエ25周年記念BOOKの記事のときにチョロッと触れたマンガ「ドラゴンクエストIV 地獄の迷宮」。
 復刻版のほうがいつまで経っても品切れなので、近所の古本屋で昔のやつを買ってきた。
 昔に読んだ覚えがあるようなないような気がしていたのだが、
 今回改めて読んだ後も、やっぱり読んだことがあるようなないような感じだった。
 多分、古本屋で立ち読みか何かで見たのだろう。

 ベテランの女冒険者「プラナ」と、Lv11のくせに戦闘センスがケタ外れの少年「ギィン」の、アッテムト炭鉱での冒険を描く話。
 アッテムトという地名と、タイトルの「地獄の迷宮」と聞けば「絶対エスターク出てくるだろ」というのは予想できてしまうのだが、
 予想されることを予想して、最後の最後にもうひとつ仕掛けを張っているのは見事。おいしいところを少々かっさらいすぎな気もするが、
 このおかげで、『4』をプレイ済みの読者の記憶の中にある「『4』の世界」のイメージを崩さずに、上手いこと拡張できている感じもする。
 多くのプレイヤーの記憶の中の『4』の世界はそのままに、世界の片隅にこういう冒険者が居てもいいじゃない、っていう。

 そういう意味で、「ドラゴンクエストIV外伝 -地獄の迷宮-」というタイトルのつけ方は上手い。
 完全に思考を「アッテムト、地獄の迷宮」→「エスターク」という点だけに操られてしまう。
 真に注目すべきは「ドラゴンクエストIV外伝」のほうだった。

 ちなみにこの本の後半3分の1は「ドラゴンクエストI 秘伝 竜王バリバリ隊」という短編なのだが、
 いかにも少年マンガ的な展開は今読むと逆に新鮮で、マンガとしてはこっちのほうが好感が持てた。
 ドラクエそのものへの愛と、モンスターに対する愛がまぶしすぎる。
 2話以降は描かれていないらしいのだが、まだまだ続きが読みたくなる作品。
 でも、腹八分目と言うし、「まだ読みたい」くらいがちょうどいいところなのかもしれない。

 あと「主人公・ギィンのLvは、なぜ11なんだろう?」と思っていたら、あとがきで
「『4』に登場する全モンスターを1匹ずつ倒しても、Lv12にはならない」ということを調べた上での事と知って、脱帽した。
 実は次号ニジマガのコラム用に資料として読んだ1冊だったのだが、この姿勢だけは参考にさせてもらった。
 ……内容がエロだから、そういうとこくらいしか参考にできなかったんじゃないぞ。



[ゲーム関連書籍] [マンガ] | コメント (0)

2011年9月19日

ドラゴンクエスト 25周年記念BOOK

表紙


 ソフトと同時発売だった、ドラクエ25周念記念ブック。
 Vジャンプの増刊的存在で、100ページの薄い雑誌のような感じの本。

 大半は『1』~『9』をダイジェストで振り返る、パラパラと立ち読みしたら速攻で記憶から消えそうな内容。
 ただ、付属しているDVDに「ファミコン神拳アーカイブス」として、当時のファミコン神拳の記事がPDF形式で収録されている。
 Vジャンプというと低年齢層向けというイメージがあるが、これは完全にオッサン向けの特典。
 気になるから買ってしまったじゃないか。

 PDFは、当時の週刊少年ジャンプに掲載された、ドラクエ『1』~『3』に関してのファミコン神拳のページをスキャンしたもの。
 画質はそんなに良くないし、量もそこまで大量というほどでもない。1タイトル30~40ページ前後。
 ただ、現在だと都合が悪いのか、何かしらの許可が下りなかったのか、内容を伏せられている部分も見受けられる。


wii1
これは最もひどいページ。ほとんどが伏せられている


 ファミコン神拳アーカイブスが価値の大半を占めるような本ではあるが、『1』~『9』の公式イラストを拝めたり、当時の宣伝資料や関連グッズ、すぎやまこういちインタビューなども載っている。
 あまり目にすることがなかった公式イラストや宣伝資料に丸々1ページとか使ってくれると資料価値の高い本になった気もするのだが、小さめの掲載なのが、やや残念。
 書籍ではなく雑誌に近い本なので、そのうち書店からは消えると思うが、気になるマニアな方は今のうちに買っておくといいかもしれない。

 巻末の広告で「ダイの大冒険」の作者コンビによるマンガ「ドラゴンクエストIV 地獄の迷宮」が復刊されていることを知った。
 発行部数少なそうだし、書店の目に付く所に並ぶ確率も少なそうなので、これ見なかったら永遠に気付かなかった気がする。
 しかし「通常5~7日以内に発送」になってるということは、最初の在庫は売り切れたんかしら。

 この調子で「ドラクエ4コマ劇場」とか「アイテム物語」とか「知られざる伝説」とかも復刊してくれんものか……。



[ゲーム関連書籍] | コメント (0)

2010年8月30日

メガドライブ大全

表紙

 メガドライブ大全(太田出版)。
 2004年発売で、当時、買ったはいいけど流し読みしかしてなかった1冊。
 税抜き3,333円の豪華な本であることや、ちょっと手に持っているだけで裏表紙が手汗でフヤケて「げぇっ、豪華な本をしまったァッ!?」と焦らせてくれることなどから、
 気楽にパラパラと読むことをためらわせる本だったのだ。

 さて本の内容だが、ゲームごとに明らかに扱いが違い、画面写真だけで左1ページ使って右ページ丸々レビューという2ページ攻勢のゲームもあれば、
 写真とテキスト込みで半ページ、さらに3分の1ページなんてゲームもある。

 これ自体は別に間違いではない。「そんなにスペース割く必要ねぇな、このゲームは」ってのもあるし、全ソフトのレビューを、大人の都合で決定されたページ数に
 何が何でもブチ込まなきゃいけないんだから、編集もライターも頭を悩ませただろう。

 しかし、複数人のライターが主に無記名で手分けして書いているせいか、文体の違い、ですます調の違い、そして何よりクオリティの違いがモロに出ていて違和感を感じてしまうことが多い。
「大全」であるのが最大の存在理由である本なのに、読み進めていくほどに「そんなにも全ソフトをレビューしなければいけなかったのか!?」とか思っちゃう。

 先程言ったような「スペースを大きくとってあるタイプのゲーム」は、どのライターであろうとさすがに力が入っているのが分かるのだが、
 3分の1ページ扱いのゲームレビューの中には結構ひどいものも多い。
 奥付のライター陣を見ると、そうそうたるメンツなのだが、「やったことなかったから、とりあえず5分くらいプレイしてから書いたな」的なものも目に付く。

 そんなやっつけレビューの中にも、個人個人の「書き方」が出ていて面白い。
 少なすぎる文字数制限の中でも忠実にゲームのウリ部分を詰め込もうと努力している感が出ている……けど面白味は全くなかったり、
「もっと最低限、このゲームについてちゃんと書いたほうが……でも笑っちまったから俺の負けか」みたいな2パターンに分かれる。

 結論としては、ゲームのレビューを読むのも書くのも好きな人にとっては面白いサンプル。メガドラ限定とはいえ、300ページ近くレビュー三昧なんだから。

 でも調べてみたらコレ、プレミアついてるのな。元が高かったから、再販しようにも数見込めないと苦しそうだし……と思ったけど、iPadとかに電子書籍として配信したらいいんじゃないの。


 読み終わって感じるのは、俺はこの本を読む"資格"のようなものを得ていない気がする、ということだ。
 当時、特に意識はしていなかったが、分類するならば俺はファミコン派だった。
 派、というか家にファミコンしかなかったし、たとえ欲しいと願っても「2種類以上のゲーム機を所持する」なんて、富豪のやることだった頃だ。

 小学生の頃、唯一、メガドラを持っていた友人が居て、時々遊ばせて貰ったのだが、
 画面から得られる「ファミコンより遥かに性能が高い」という情報は、小学生である俺に「なんでファミコンのほうが普及してんだ?」という疑問を植え付けた。

 まあそれは一言で片付く問題でもないのだが、どうしても当時の俺が気になったのは、メガドラは本体が「実は中カラッポなんじゃないか?」というくらい異常に軽いことと、
 振ったらカラカラと音が鳴っていた
こと、それでいてファミコンを軽く上回る性能を持っていたという事実だ。
 ワケが分からなかった。スゴいのは分かるが、怪しすぎる。何なんだコイツは。

 しかも、その所持していた友人というのが、卒業アルバムの集合写真でスゲーカッコつけたポーズで不敵な笑みを輝かせるナイスガイだったので尚更だ。元気かなァ、T中君。



[ゲーム関連書籍] | コメント (3)


footer