2015年8月 2日

くりひろし『パソコン・レクチャー② Dr.Dとつぐ美の新パソコン・レクチャー(1)』


 マイコンBASICマガジンこと "ベーマガ" に連載されていたマンガ『Dr.Dとつぐ美の新パソコン・レクチャー』を、
 著者が自前で電子書籍としてまとめたもの。100円という謎の低価格と、あまりの懐かしさに即買い。
 Kindle用だけど、最近はKindle for PCというのもあるから、Kindle持ってなくても、買って読める。
 ②なのは、これの連載前に、つぐ美ちゃんではなく影さんが出ていた①があったから……だったと思う。

 一昔前にはゴロゴロ見かけた、典型的な「ちょっとマニアックな男性向けホビーを分かりやすく&取っ付きやすく紹介するために
 マスコット的な女性キャラをヒロインに据えた教育マンガ」。……我ながら、もっと良い言い方はなかったのかと思うけど。
 ベーマガ読者にはおなじみのマンガだが、毎回、題材にとても丁寧にアプローチしていて、1ページの密度が濃いのが特徴だった。


丁寧な解説と、唐突かつ疾走感のある「つづく」が名物。


 ただ、題材が日進月歩のコンピュータ関係ということもあり、現在では内容が古すぎて意味を成さないものもあるので、
 あくまで当時の読者が懐かしんで読む用……かな。
 最新鋭のデバイスとしてマウスが紹介されているのだが、「操作はカンタン、だれにでも使える入力装置だ!」とか書いてあって、
「そ、そんな大昔のマンガだっけ……」と、読んでてうろたえる場面も。



今の主流でもある光学式マウスは、一応この当時から存在はしていたけど、マウスパッドに仕掛けがあったのね……。


 表紙から漂う素人電子書籍臭で損をしている気がするが、1回4ページ×18回分収録しているので、これで100円は安い。
 現在、この作者さんはデジタル作画に移行中のようだが、アナログ時代にマンガ技術を修得した人は、
 無理にデジタルに対応する必要はないのでは……と思う。
 あの鳥山明ですらデジタルに移行する時代ではあるけど、過去のアナログ絵のほうが遥かに魅力がある。

 この作者さんは他にも『まんがDE入門MS-DOS』という本を出していて、これ見る限り、アナログでカラーやれる人なんだよなァ。
 こっちのが、よっぽどいいぞ。
 そしてこの本、約240ページあるのに200円という価格破壊。今MS-DOS学んでどーするんだと思われるかもしれないが、
 98エミュの操作で地味に役立つという……。さすがにいろいろ忘れてるからなァ。

 ちなみに今年はベーマガ関連でいろいろ動きがあるようで、電子工作マガジンの1コーナーとしてベーマガが復活してたり、
 東京でトークイベントもあるらしい。
 前にも少し話した気がするけど、読者投稿の4コマ(? だったと思う)「堕天使・悪キューレ」の情報が、ググッても全然出てこない。
 ALL ABOUT ベーマガにもそれらしき記述がない。嗚呼、ヨンドラ……ヨンドラ……。

 トークイベント行った人は、悪キューレの話が出てたかどうかだけ教えてくれると幸いです……。


 ■関連記事:BMFAN



[雑誌] | コメント (0)

2011年12月22日

DLCまみれの12/22

 数日前からこのサイトでも何かとDLCの話題が続いていたが、今日はなぜかDLC関連が集中している日。
 ゲームといえば何かと木曜だが、来週はもう大概が年末休みに入ってしまうため、今年最後の活動日みたいなモンだろうか。


『FF13-2』
 DLC「オメガ」配信
(※2012年1月10日まで無料配信)

『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』
 DLC「犯人当て・鎌鼬の夜 解決編」(無料)
 DLC「混浴編」(¥400)
 DLC「みゆきとサトミ編」(¥400)


「オメガ」は1月10日までの期間限定で無料なので、今後、いつになるか分からんけど遊ぶことがあるかもしれないという人は、
 ソフト持ってなくても、とりあえずこれだけダウンロードしておくのもアリ。

『真かま』は、解決編はともかく、ピンクシナリオが400円と、予想より高ぇ。
 さらに、我孫子氏執筆らしい「みゆきとサトミ編」も有料。
 しかも「みゆきとサトミ編」は選択肢部分以外は音声のみのラジオドラマらしく、せっかくの我孫子文章を目で追えない謎仕様。
 ど、どうしちまったんだチュンソフト……ユーザー目線を失ってしまったのか?
 しかし俺も『かまいたち』ファンのはしくれ。買ってやるよ。
 そしてレビューも書いてやる。つまらなかったら覚悟しとけよ……。


 上記に加え、本日発売のファミ通電撃プレイステーションに、様々なゲームで使えるプロダクションコードが付録として付いてくる。


ftsu

・ファミ通

『FF13-2』
 アクセサリ「スティルツキン日誌」
  効果:「倒すとみやぶる」……敵を倒すだけで敵データ全開示?
     「弱点攻略MIN」……弱点属性を攻撃した場合のダメージが上昇
     「魔法攻撃+5%」……魔法攻撃が5%アップ
(コード有効期限:PS3版は2013年12月31日、Xbox360版は無期限)

『無双OROCHI2』
 陸遜とガラシャのオリジナル衣装&武器(※PS3版のみ)
(コード有効期限:2012年12月21日まで)

『ポケットモンスターブラック・ホワイト』
 ポケモングローバルリンクで出会える「特別なルカリオ」
(コード有効期限:2012年1月31日まで)


dps
・電撃プレイステーション

『俺の屍を越えてゆけ』「レア神様 ほろ酔い桜」
『フロンティアゲート』「ポリタン装備一式」
『魔界戦記ディスガイア4』「電撃の槍&電撃の杖」
『街ingメーカー4』「ドリームクラブ-全員集合」
『無双OROCHI 2』「電撃PlayStationオリジナル・妲己用の衣装&武器」
(コード有効期限:すべて2012年12月21日)


 このファミ通と電撃PS、すでにAmazonでは在庫切れになっており、プロダクトコード効果がモロに表れている感じ。
 もう雑誌を売るにはこうするしかないのか、という印象を受けるが、これもメーカーの協力あってのモノなわけで、決して経費ゼロではないはず。
 今後はゲーム雑誌の、こうした "あがき" が見られるようになるかもしれない……。


 そういえば『13-2』には「ライブラ」が存在しないそうで、敵の詳細データ開示が面倒なだけに、
 このDLCもまたかなり有効なブツだったりするのだろうか。

 ちなみに『無双OROCHI2』のDLCは、PS3版はちょっとずつ配信されていくらしいが、
 Xbox360版はそれらのDLCが最後まで出きってから一括で配信らしい。360ユーザー涙目仕様すぎる。

 何かを修正するためのパッチファイルの話だったか……
 Xbox LIVEにおいての配信には回数制限があるとかいうウワサもあったりなかったりするので、
 あんまり次々と気軽に配信できない理由でもあるのかもしれない。
 シェア取りたいならそれくらい融通利かせろよと思わなくもないが、真実や如何に。

 そういえば『13-2』にもXbox360版限定の武器がDLCで配信されるらしいが、配信日が1月10日。
 世間的には冬休みも終わった頃なのに、なぜこんな時期に。
 やり込む人はもうとっくに終わってる頃だろうし、そうでない人も終盤までは行ってるだろう。
 最強、もしくはそれに近い武器を持ってるであろう頃に中途半端な武器を配信されても……。

 ……ハッ、まさかこれも、月に1回しか配信できないとかの謎規定があって、
 しかもマイクロソフトは10日にならないと誰も出社しなくて仕事始められないから
 スクエニ側が血の涙を流して了承したとかそういう裏ストーリーがあったりするのだろうか。

 それはそうと全然関係ないけどsteamの年末セールでシャーロックホームズのPCゲー
 6本セットで9ドルを切るという血迷った価格で売られていて、買おうかどうしようか悩む。
 でも、英語なのよね、これ……。
 これも1日限りのセールなので、今夜までに決断しなければいけない。
 ああ、買っても絶対に6本もやらねぇよ……。



[PS3] [Xbox360] [雑誌] | コメント (0)

2011年3月19日

BMFAN

表紙

 ベーマガファンの手によって作られたベーマガ同人誌の存在は知っていたけど、公式サイトでPDFファイルを無料配布しているとは知らなかった。ありがたや~。

 ベーマガの歴史を振り返ったり、当時の誌面パロディを詰め込んだりと、32ページながら濃い内容。
 どうせならベーマガと同じページ数にして、プログラムページの下のほうにOVER FLOWのコーナーも再現してはどうか、と思ったが、同人誌でそれだけのページ数のものを作るのはやっぱ苦しいのだろうか。ブログラム掲載ページは、アスキーアートでポッカのコーヒーの顔でも作ってあればいいじゃん。

「読者の闘技場」パロディページでは、「堕天使・悪キューレの伝説(冒険だったか、どっちかは忘れた)」も再現してほしかった。毎回、サンドラが焚き火で焼かれて食べられるやつ。次の号では何事もなかったかのように「ヨンドラ」とか出てくるけど、また食べられる。さらにその敵討ちにナナドラだったかハチドラだったかが襲ってくるけど、返り討ちにされてまた食われる。最終的にジュウゴドラまで登場したという話をどっかで聞いた気がするのだが、ググッても出てこなかった。そういや、初期の電撃プレステの読者コーナーに載ってた4コマ「ナルシア伝説」は、悪キューレ的な匂いを感じて好きだったなァ……。あと、萩の月と見城こうじネタもあれば完璧だった。

 こういう昔の雑誌は、版元が電子書籍配信とかできないもんなんだろうか。
 当時だから許されたものとかもあるだろうし、やっぱ無理かなあ……。

 時効という法律は、こういうものにこそ適用してほしいよ。


[雑誌] | コメント (0)

2009年12月12日

二次元ドリームマガジン50号

二次元ドリームマガジン Vol.50

 二次元ドリームマガジンが遂に50号・10周年だそうで、俺も久々にコラム書かせて頂きました。

 俺がハイレグファンタジーの記事で初めてニジマガに書いたのが6号で……隔月刊だから……ウワー数えたくねぇー。光陰矢の如しって言うけど、矢どころじゃねえよレーザービームだよ。なお、レーザービームと聞いてヒロミGOと答えるかイチローと答えるかでジェネレーションギャップを測定できます。あと光陰で思い出したけど「荒淫」って単語が存在するんだぜ。これマメ知識な。エロだけに。

 しかし毒気を抜き去って解脱寸前の俺は、キン肉マンゼブラがパルテノンの影のシャワーを浴びるが如く、なにぶん久々に変態に戻らないといけないので、まだ文がちょっとぎこちなくて申し訳ないんですが、これから加速していければと……何? 加速するのは右手だろうって? やかましいわ! とりあえず売上に貢献するため、この過疎孤島ブログでもこうやって紹介はしておかねばなりますまい。別に立ち読みでもいいけど、買うより難易度高いよ!

 これだけだとナンなので、おまけ話でも。
 コラムのお話を頂いたとき、特に以前の形式にこだわらなくても良さそうだったので、ハイパーダッシュモーターを装備したスパイクタイヤのミニ四駆2台でナニを挟んで「いっけぇー!!(性的な意味で)」とフルスロットルにする企画を提案したところ、「それはいつか編集局長がやるのでダメです」と聞いたことない系のダメ出しをくらったので急遽、普通にコラムにシフト。しかし以前と違ってゲームの画面写真使用が難しい様子で、色々と方向転換せざるを得ない!

 とりあえず、お題は『ラブプラス』。しかし、もう考え得る限りの不祥事を全国の変態紳士どもが実践した後なので、「えらい騒がれてるけど、ゲーム部分は実際どうなの?」という問いに答える体験レポートに。実はこれも最初はナニをタッチペンとしてプレイする企画の予定だったのだが、「いいんだよ、そんな無理しなくて……」と、なんか哀れみと慈愛を受けてこの形に。 なんだかんだで、そういうのはボツにしてくれてホッと胸を撫で下ろした自分がいるけど。

 ……何? 撫で下ろしたのは胸じゃなくてもっと下だろうって? えーい、変態は出て行け!(退場)


[雑誌] | コメント (2)

2009年9月30日

電撃ゲームス

電撃ゲームス

 この出版大不況のご時世に専門誌ではなく総合誌という、個人的に最も需要ないんじゃないかという気がしないでもない分野の新雑誌「電撃ゲームス」が創刊。全ゲームハードをカバーする、いわゆる総合誌ではファミ通の独壇場なわけで、電撃プレイステーションで着実に読者を増やしていったところで満を持してファミ通のポジションを奪いにかかる反撃の狼煙ということなのだろうか。週刊と月刊という違いはあるけど。

 正直「フーン」としか思っておらず、今日、書店で見かけて手に取ってみて初めて気付いたのだが、これクソ分厚い。全盛期のログイン並。しかも340ページ中、モノクロページは16ページのみで、他全部カラー。判型も電撃PS並で大きいし、116ページの攻略小冊子付き。それでお値段390円。たぶん一発目だから採算度外視でフンパツしたんだとは思うけど、週刊誌であるファミ通と同じ値段とは。ていうかこの半分以下の薄さの電撃PSが650円で隣に並べられてて、スゲー違和感。

 とりあえず、どんなもんかと思って買ってみたのだが、「電撃PSそのまんま」という印象が強い。よく読んでみるとWiiとかDSのゲームの記事もあるんだけど、電撃PSにしか見えない。出版社も制作陣も同じだから仕方ないと言えば仕方ないけど、もうちょい見た目を変えた方が新鮮だったかも。とにかくページあたりの文字量が多く、読むのに体力要る感じ。色使いのせいか、目が疲れやすそうな感じもした。

 海外のゲーム雑誌は画面写真とキャラ絵をメインに持ってきて、テキストなんて飾りですよと言わんばかりのデザインが多い。まさに正反対の作りなのだが、誌面の作りがカッコイイため、ついつい何度も見てしまう。

 例えば『あつまれ! ピニャータ』というゲームがあるのだが……

ピニャータ

御覧の通り、どちらかというと子供向けっぽい雰囲気が漂うこんなパッケージ(※ゲームの方は大人でも楽しめるナイスゲームです)。しかし海外の手にかかって表紙に起用されると、こうだ。

EDGE
スタイリッシュにも程がある

今の時代、本もゲームも、とにかく時間がかかるものは敬遠される風潮があるので、かえってこういう海外のゲーム雑誌的な「テキスト少なめ、写真・キャラ大きめ」な作りの方がウケるのではないか……と思ったりも。

イヅナ
海外の雑誌「girls of gaming」より『降魔霊符伝イヅナ』のイヅナ。
この雑誌の性質もあるが、グラビア的な作りがたまらん

 ちょっと脱線したが、電撃ゲームスに対する印象は上の通り。記事の量に対して広告が少なく感じたが、不況でメーカーも広告費的にキツいのかもしれない。バブリーだった頃が広告多すぎたというせいもあるのかもしれないが……。

 巻末に、これまた電撃PSそのままな、点数つきの新作レビューがあるが、各レビュアーのプレイ時間も同時掲載している点や、レビュアーをベテランとルーキーの2チームに分け、若い世代とオッサン世代の両視点の意見を比較するように載せているのは面白い。

 ファミ通のクロスレビューで個人的に昔から思っていたことなのだが、内容がどうとかいう以前に文字数が少なすぎる。もちろん、限られた文字数の中で言いたいことを推敲するというのは大事なことなのだが、そのゲームの売れ行きを左右するほどの影響力を持つ雑誌になってからもあの文字数というのは、ちょっと疑問だった。

 電撃ゲームスはその点、文字数は十分に取られている……が、行間を詰めすぎているため、ちょっと読みづらい。点数も似たり寄ったり、ヌルめの高得点が多い(今回のラインナップだけで判断はできないけど)。やっぱりゲームメーカーとの関係を悪化させないためには、点数が一番難しいところだろうなァと思いつつも、ウォルフ中村はいつも通りでちょっと安心した。

 あと、Xbox360に関するページが8ページしかなくて、俺が深い悲しみに包まれた。

■おまけ(※9月30日現在)

 Amazonで「電撃ゲームス」を検索すると……

電撃ゲームス by Amazon

 なぜか雑誌名が「電撃DS & Wii」に。「電撃DS & Wii」は、この前、休刊……ゲフンゲフン


[雑誌] | コメント (2)

2002年8月18日

宣伝

 唐突ではありますが、業界に新風というより淫風を送り込んでいるエロノベル雑誌『二次元ドリームマガジン』にて、このサイトでもチラッと紹介している奇ゲー『ハイレグファンタジー』に関する原稿を書かせて頂きました。前人未踏(というか誰もやらなかっただけ)のハイレグファンタジー完全攻略をお届け。興味のある方もそうでない方も、8/20は本屋へ走れッ! 二次元ドリームマガジン最新号について詳しくはこちらで。

 せっかくなので、『二次元ドリームマガジン』という雑誌そのものの紹介を少し。

 とにかくビジュアル面から攻めて攻めて攻めまくる美少女雑誌が創刊ラッシュの昨今、「活字メインのエロノベル雑誌」というあえて時代に逆行したスタイルで創刊。昨年の創刊時に「ちゆ12歳」さんの方でも書かれていましたが、2号で休刊するだろうという大方の予想を裏切り、現在5号まで発刊。6号も発売間近で、軌道に乗っているかどうかは分かりませんが、まるっきり売れてないというわけでもなさそうです。

 しかし創刊号は静かな滑り出しを見せたものの、2号では早速掲載作品の40%近くに触手が登場し、その異端児かつ麒麟児っぷりを誇示。5号では、マンガを含む17ページを使ってフタナリ特集。もう、どの雑誌の追従も許さないというかどの雑誌もついてきてません。個人的にはこんな方向性大好きなんですが、4号から近辺の本屋全てで見かけなくなり、入手困難にも程がある状態。同社から出ている「ゲーム批評」が44号にしてやっと定期購読を開始したのに対して「二次元ドリームマガジン」は なんと3号から定期購読を開始しているので、どうしても見つからない場合はこれを利用するのもテ。色々調べましたところこちらの方では通販も行っているようです。トップの検索で「二次元」と入れると、今までのバックナンバーも注文可能な様子。ただ、1号は早くも絶版に。

 なお、この通販サイト、二次元ドリームマガジン最新号の紹介部分には「詳細は不明ですが、まあ今まで通りでしょう」という投げやりなコメントを見ることができます。

 そんなわけで他には無いという意味では競合相手がいないため独走状態にありましたが、今年6月に英知出版より『ドレグラ』が登場。身長153cm以下の女の子オンリーというコアもほどほどにしろといった感じのコンセプトで、これまたエロノベル主体の雑誌。コンセプトはともかく構成が酷似していることと、作家陣の25%がカブッているという非常事態に『二次元』『ドレグラ』編集部同士でパイ投げがあった模様。この様子は二次元ドリームマガジン5号に書かれています。

 しかしただのパクリ雑誌かと思いきや、「アダルトビデオの台本・完全公開」や「ダッチワイフ自作派」などといった微妙に読み飛ばせない企画満載。とどめには2号の表紙にデカデカと「巨乳なんて暑苦しいゼッ!!」などと書く始末。児ポ法上等なその姿勢は二次元ドリームマガジンも若干押され気味です。しかし「ドレグラ」誌上で二次元ドリームマガジンの紹介をしていたり、お互い隔月刊雑誌なものの、発売月が綺麗にズレていたり(6月…二次元、7月…ドレグラ、8月…二次元)と、結構、仲はいいみたい。

 まあ、そんなこんなで、誰も知らないところで唯一のライバル雑誌とただでさえ少ないシェアを凌ぎあっている孤高のエロノベル雑誌『二次元ドリームマガジン』。本屋に置いてあるのが奇跡みたいな雑誌なので、見かけた人は是非手に取り、一直線にレジへ。本屋で見かけない方も通販等を駆使して是非入手してみて下さい。

 今回の原稿を書くにあたってハイレグファンタジーを最初から最後まで3回ほど続けてプレイしたため、正直、このゲームについてこのサイトでこれ以上言及する気力がありませんので、ハイレグファンタジーファン(そもそもいない)はマストアイテム必至! か?(東スポ風)

追記:『ドレグラ』は2号で休刊?


[雑誌] | コメント (0)

2002年7月28日

緊張の夏

 以前よりウワサだった『トラウママンガマガジン』略して『トラマガ』が遂に創刊。

toramaga.png

……とは言え、発売は6/29で、話題の遅れも甚だしいのですが。ここ1か月、本屋に行ってなかったような気がするので勘弁して下さい。

 まず目玉となるのは『ゲームセンターあらしA』。絵柄・内容ともに、あの頃とほぼ変わらない状態での新連載。設定としては、今の時代に「あらし」がいたら……という感じ。しかし最近復活した『ファミコンロッキー(現・アクションロッキー)』が最近のゲームを題材にしているのに対し、『ゲームセンターあらしA』はあくまで過去のゲームで勝負の模様。第1回で扱われたゲームは『ブロックくずし』と『スペースインベーダー』。扉ページのアオリ文句には「複雑になり過ぎたゲームは俺を燃えさせない!!」とまで書かれており、それついてこれないだけじゃないのかとツッコミたくなりますが、誰もが知ってるゲーム内容なだけに、分かりやすさはあります。しかしただのスペースインベーダーでは終わりません。

arashi01.png

PS2が128ビットの今、「最新鋭の64ビット」というのもどうかと思いますが、その前にスペースインベーダーに64ビットも使うなと。あと、お前のそのマスクは何事だと。

 なお、『あらし』は『ファミコンロッキー』の連打技を遥かに凌ぐ、まず人間には不可能と思われる技ばかりやってのけるので、大抵、面白く感じるか呆れるかの二択。代名詞とも言える「炎のコマ」や「エレクトリックサンダー」までは百歩譲ってまだいいとして、前作では、時には出っ歯が伸びたり、勝負中に出っ歯が折れたものの、その勝負中に生え変わったり、出っ歯が歯茎から分離して わずかに繋がっている神経を使って出っ歯を意のままに操作するといった地球外生命体の動きを見せていたので、今作でもそれをやってくれるのかどうかが非常に楽しみです。

 他に注目すべきは、あの『あまいぞ! 男吾』の続編的作品(でも読み切り)『だんじて! 男児』、そしてあの『胸キュン刑事』の続編などが掲載。個人的には『もがりの首』というホラーマンガが良く出来ていて好きなのですが、絵柄が120%・水木しげるな為、あまりにも印象が強烈。「トラマガ」の名にふさわしい、もし子供が読んだら絶対トラウマになりそうなマンガです。機会があれば是非。ただ、雑誌のカラーに合ってなさそうなマンガもチラホラあり、雑誌としてのこれからの行く末が早くもちょっと心配でもあります。

 最後に全然関係ないのですが、部屋の整理をしていたら、俺が中学時代に描いていたマンガノートのタイトルページが出てきたので、一部スキャニングしてみました。

bolin.png

始まる前から終わってるし。

追記:
トラマガは3号目で休刊の模様。


[雑誌] | コメント (0)


footer