2012年1月27日

1月の備忘録

「これだけでブログ1記事ってのもなぁ……」と思ってたネタをまとめて。
 たまってから見ると、その都度更新してたほうが良かったと思う。


・知人に教えてもらったネタ1


 このネットショップとフェロモン沢田の関連性が謎すぎる。店名も品揃えも何もかも関係ねぇ。
「お薦めします」と言われても、まさに、勝手にしやがれとしか……。


・知人に教えてもらったネタ2

スゴい本がある」と聞いたので見てみたら、確かにスゴかった。
 評価高いし、価格も高いのだが、レビューのベクトルも異次元なので、★4~5つけられても、参考にしていいのかすら分からない。


・3DS『バイオハザード リベレーションズ』


 実況ではなく、単なるプレイ動画なので非常に見やすい。
 どんなゲームか知りたい場合、やはりこういう動画の存在は役に立つ。

 今回は『4』『5』のTPS方式を踏襲しつつ、『1』のホラー要素をもう一度見直して取り入れた感じ。
 個人的には理想的な作り。ああ、やりてぇ……。

 発売日の翌日にはこんな感じで動画がアップされるというのは、業界的には諸手を挙げては喜べない問題もあるだろうけど、
「動画でいいや」と満足して買わずに済ませる人、動画に触発または後押しされて購入に走る人、さて、どっちが多いだろうか。


バイオハザード15周年&3DS「バイオハザード リベレーションズ」発売記念
 加山雄三×鈴木史朗スペシャル対談

 毎度の事だけど、この2人は本当にやり込んでるから、ゲームの販促に起用される芸能人によくある薄っぺらさが、ない。

──追跡者に追いかけられています。ゾンビ10体の部屋、ゾンビ犬5匹の部屋、リッカー3匹の部屋、チェーンソーマジニ1体の部屋、ゴキブリ1000匹の部屋、どの部屋に逃げ込みますか?

加山さん:ゴキブリは手榴弾で全部いなくなるからな。どんな武器を使ってもいいならどの部屋でも大丈夫。チェーンソーマジニはハイドラでもちょっと外しただけでヤバいよな。

鈴木さん:ゾンビ犬5匹の部屋はマシンピストルを使えばすぐに殲滅できる自信があります。武器をレベルアップしていればどの部屋も恐くないですね。


 どの部屋がいいかと聞かれてるのに、2人揃って「どの部屋も怖くない」だよ。しかも戦法が具体的すぎ。
 こんな解答できる74歳になりてぇよ。


・怪しげな携帯機ーズ

 先日発表された携帯ネオジオは、そこまでしてやりたいソフトがあるかどうかとかいう以前に
 無条件で欲しくなってしまうパワーがあったが、調べてみると、スーファミ版も出ていたのかと今更ビックリ。



 中途半端にデカいサイズは、なぜか逆に好印象。
 初期のゲームボーイも分厚かったけど、後に発売された薄いゲームボーイポケットよりも、遥かに持ちやすかったんだよな……。

 本体のカラーも実機のグレー色に忠実な感じで、ムラムラと欲しくなる。
 4つのボタンが日本のスーファミの赤・青・黄・緑ではなく、海外のSNESの薄紫・紺色ボタンなのが、ちょっと残念か。
 海外の製品だから仕方ないけど。

 製造数が少ないらしく、あんまり出回ってないらしい。
 Amazonマーケットプレイスに4つほど在庫があるが、定価より若干高いか。
「今更、スーファミに1万円?」と言われると何も言い返せないが、
 これで何を遊ぶかというよりも、ただとにかくこれ自体が欲しくなる謎の魅力は、
 PCエンジンGTを買えなかったあの頃の欲求不満の表れだろうか……。

 こうなったら、以前の高橋名人のファミコンカセット改造記事を参考に、ちょっと本気でスーファミソフトの電池をどうにかして、
 お気に入りのソフトのデータが半永久に消えないカセットを作ろうかと画策してしまうが、
 そんなことより俺はXbox360を早く修理すべきなんだよな、きっと……。


・『FF13-2』簡易レビュー

 実はクリアしてしまったのだが、まさかの「to be continued...」。
 すげぇよ。あれだけ叩かれて、需要がないところにムリヤリ送り出した続編が未完て。
 どんな精神力なんだ。叩かれ耐性ハンパねぇ。マゾか?
 あと、都合が悪いものや説明しにくいものをすべて「パラドクス」の一言で片付けすぎ。


・風来のシレン 没アイテム他いろいろ


 


 これは知らなかった。内部には肉がこんなに用意されていたとは……。
 デバッグ用に作ったものをそのまま入れておいたんだろうか。


夢幻戦士ヴァリス COMPLETE BOX PLUS

 昨年11月発売で500本限定なのに、まだ売り切れてない事が一番驚いた。
 数年前に販売された、フィギュア付のCOMPLETE BOXはプレミアついてた気がするんだが、
 この差は……やはりフィギュアの有無なのか? でも攻略ビデオは、ちょっと欲しい。

 今度出るドラゴンスレイヤークロニクルも気になるが、
 そういやロードモナークもドラゴンスレイヤーシリーズだったな、一応……。
 クロニクルというほど数出てないけど、早くブランディッシュクロニクルを作るんだ。
 ドーラ・ドロンのフィギュア付きでな。



[FF13-2] [バイオハザード リベレーションズ] [本] [細かいネタ] | コメント (5)

2010年5月14日

La Bible PC ENGINE Volume 1 Les HuCARDs

 個人的にちょっと面白い本に出会ったので、ご紹介。


表紙


『La Bible PC ENGINE Volume 1 Les HuCARDs』。
 右上に小さく「PCエンジン」って書いてあるけど、フランスの本。
 PCエンジンのHuカードを完全網羅した、ファンにとってはその名の通りバイブルのような1冊。

「Volume 1」はHuカード編ということらしく、今後、一応CD-ROM2編の予定もあるらしい。
 Huカードを模した装丁がニクい……けど、中央の一番目立つとこにトイレキッズを持ってきてる時点で、どうも只者じゃない。

 フルカラー196ページで、カタログとしては完璧。
 ただ、当然ながら全編フランス語なので、フランス語を理解できない身としては、写真で見るカタログ本としての役目しか果たさないのだけど、それでも圧倒される。

 まず、PCエンジンのHuカードという括りだけで見ても、過去にこのテのカタログ本は存在していない。
 それを日本人じゃなくてフランス人が成し遂げちゃったという点。もちろん、日本国内でこういう本を作ろうとなると、様々なしがらみや事情から、そもそも発売が難しいのだけど……。

 次に、ゲーム画面写真だけでなく、パッケージ写真まで全て掲載していること。
 日本でも、たまーに明らかにエミュを使った売り逃げやっつけ仕事的なカタログ本が出ているが、そういうのはだいたい、タイトル画面だけ。これは気合が違う。

 しかし、ソフトによっては質の悪いJPGを拡大したようなものもあることから、ネットで拾ったんじゃないのーとか邪推しちゃう画像もあるのだが、
 超レアの『ダライアス アルファ』、『妖怪道中記』のゴールドバージョンまで確保していたり、ハッカーインターナショナル系の非公式ゲームも全て、
 周辺機器のページではDuoモニターから、幻にも程があるパワーコンソールにまで言及していたりと「完全に網羅したものを」という意気込みが伝わってくる。


ゴールド
『妖怪道中記』ゴールドバージョン


ストリップ
『ストリートファイターIIダッシュ』の下に、ちゃんと『ストリップファイターII』


PC
そもそも発売してないパワーコンソール。どこからこんな写真引っ張ってきたんだフランス人


 他にもページの合間に当時のチラシが載ってたり、PCエンジンのゲーム関連のテレカをズラッと並べたページもあったりして、仮に「これらの写真は全てネットで探しました」と言われたとしても、
 それでもアンタすげぇよレベル。一応、読みながら時々ググッていたのだが、レアなソフトの写真に関しても、同一と思われる写真は一切引っかからなかった。
 多分、この本の制作者はモノホンのマニアだろう……。単にカタログとしても貴重な存在なので、良い買い物だった。
 興味ある方は洋書を扱ってる本屋さんなどでなんとかして入手して下さい(頼りない)。

 ちなみに俺はココで注文したのだが、今見てみると売り切れになっている。
 Amazonも、せっかく洋書扱ってるんだから、こういう本をガンガン扱ってくれると嬉しいのだが……。


 ふと、奥付を見ていたら……


奥付


「Bibliographie」……参考文献。半分くらい日本のゲーム雑誌・書籍名が並ぶ。
 なるほど、これだけの書物をフル回転して、もしかすると画像も少しはそこから得たのかもしれない。
 フランス人がこれだけ揃えたのもすごいけど……と思ってたら、Game Sideの文字が。#5と#10ということは……PCエンジン入門の号とゲームヒロインの号。
 ちょうど、まだ俺が居た頃か……う、うーん。どこを参考にしたんだろう。

 よくわからんけどフランス人にも読まれてたんだなあと不思議な気持ちになりましたとさ。


追記:

 イギリスのAmazon.co.ukでも売ってる模様。
 海外のAmazonは日本からでも利用できますが、クレジットカードが必要です。
 利用方法は「Amazon uk 買い方」とかでググッてネ。


[本] | コメント (2)

2010年3月 9日

HIKKOSHI

 ちょっと引っ越しすることになったので、準備やら何やらでおそらく最長で1~2週間ほど更新が途絶える……かも。元々そんなに更新頻度高くないブログなので影響は少ないと思いますが、もし、何かしらのメールを送っても反応がない! とかの場合は、しばしのお待ちを。

 しかし、俺が幼稚園の頃から数えると9回目。母曰く、父が存命中の頃から数えると我が家は今回で18回目の引っ越しになるそうだ。スゲェ。引っ越しすぎ。頭おかしい。

 引っ越しの度に大量に本を処分しているのだが、引っ越しから引っ越しまでの間に、まるで失ったものを取り戻すかのように本が補充されており、結局、毎回毎回、相当な量の本を処分することになる。今回もすでに300冊以上は処分したが、それでも段ボールはおそらく30箱は本だけで埋まる計算。昔と違って、マンガの類はもうゼロに近づきつつあるのに、この状態。8割、ゲーム関連・攻略本だな……。

 ちょっとした古本屋を凌駕する程度の量を誇るゲーム攻略本の中、1割は推理小説、残り1割を占めるのは「あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度」とか「スマートモテリーマン講座」とか冷静に考えるとホントどうでもいい部類の本なんだけど、す、捨てられねェ……。しかも、中途半端に読みふけって荷造りを鈍らせる悪魔のバイブル。荷造り全然進んでねー! あと、エロマンガBOXの整理してたら見つけた安森然の「Release Zero」も捨てられん。フタナリスキー必携。

 エロ整理してて気付いたが、何冊かあったフランス書院の文庫が見当たらない。前の引っ越しの時に捨てたような気もする。エロ本というものは、こうして少しずつ「いつの間にか」手元から消え、少しずつ記憶からも消えていくものなんだろうなァと遠い目をしていたら、吉原有紀の「そうかもしんない」を発掘。ヤベーナツカシー 

表紙

 妙にポップでエロスな表紙が印象的だった1冊。
 この本も元々そうだったのかもしれないけど、今の時代だったらコレ、オビで尻のところを隠すだろうなー。『レッスルエンジェルス サバイバー』の攻略本みたいによ!

 これはもしかすると、子供の頃に「文で読むエロス」の扉を初めて叩いた本だったかもしれん。内容としては、少年が銃を手に入れたのをキッカケに、数々のレイプ事件を起こしていくという物騒な話。特に文章が優れているというわけではないのだけど、被害者側の女の子視点による語りがメインなのがポイント。Libidoの『女の子の仕組み』が好きな人なら多分、大好物。元は「くりいむれもん」シリーズのひとつで、アニメもあったので、多分そのノベライズ……だろう。

 今読むと、文中に「やだァ!」とか「なにやってんのよッ!」とか「~でサ」とか、妙にカタカナを多用しているのが湾岸ミッドナイトっぽく見えてきて、「やっぱこの表現古いよな……」と思った直後、自分自身も結構カタカナ使うほうだと気付いてショックを受けたり。カタカナって便利だよナ、アキオーッ!

 ……荷造り全然進んでねー!


[日常] [本] | コメント (3)

2010年2月 7日

幻想世界の職業FILE

表紙

 最近コンビニで「伝説の武器防具辞典」とか「幻獣辞典」とか「クトゥルー神話の本」とかが500~600円程度で売ってて、こーいうのが好きな俺は見事に出版社の策略にハマッて、ついつい買ってしまったりしている。このテの本が一番欲しかった中学生の頃は新紀元社くらいしか出しておらず、1冊2000円前後したので手が出なかったものだけど、そういう意味ではいい時代になったものだ。しかも出版社、学研だコレ。手広いなァ……。

 この本の特徴は、単なる「ジョブ辞典」で終わらず、幻想世界での就職本みたいな作りになってるところ。
 例えば「聖騎士」は「聖剣の入手が就職の分かれ目に」とかマジメに書いてある。いや無理だろ。どんだけ狭き門だよ。

 職業ごとの説明文に関しては、ゲーム的に一般的なジョブ設定を無難にまとめあげた感じ。
 ところどころ「戦争時は売り手市場で求人難、それ以外は買い手市場で就職難」とか妙に現実的な書き方をしているのが面白い。

 しかし「剣士」とかは数多くのファンタジーで見られるので、こういう本に載ってても納得だけど、「ペガサスナイト」ってファイアーエムブレムでしか見たことねーよ。「砲兵」の説明は「優遇されるが、つぶしは利かない」とか書いてあって、何気にファイアーエムブレム外伝のジェイクさんがディスられてる雰囲気だったり。ドラゴンナイト4のロザリンドも、移動力強化したら手に負えないバケモノになるというのに……。

 俺の中学時代のバイブル、富士見文庫の「アイテム・コレクション」は、ひとりの男が闘技場の奴隷時代を生き抜いて冒険者となり、その冒険で得たアイテムを「物語」のエピソードとして紹介する作りが秀逸だった。最後まで読むと、主人公は実はロードス島戦記の「あの人」ということも分かったりして。この職業本も悪くはないのだが、物語風にすることができれば、もっと本としてのデキが良くなった気がする。

 昔、ドラクエ世界のアイテムに限定した「アイテム物語」とかもあったけど、ああいう系統の本って、もう需要がなくなっちゃったのかしら。
 賢者の石が割れて、中から膨大な数のホイミスライムがワラワラ出てくる話とか好きだったんだけどなー。

 そういうのは、まず元となるゲームのほうが、副読本が出せるくらい大きなシリーズにならないとムリか……。
 シリーズを維持するだけでも難しい昨今だと、それ以前の問題なのかもしれん。そもそも攻略本ですら売れてないしなー……。

 とりあえず俺にできるのは、この孤島ブログで「こういう本って面白いよ」運動でもして普及に努めるくらいだ。
 ゲーム系副読本……買い手市場で就職難、と。



[本] | コメント (3)

2001年3月 1日

この真珠のネックレスも、お前には似合わないんだよ!(by 継母)

『ハイスクール! 奇面組』のDVD-BOXが出ると聞いて、「DVD」という響きがここまで合わない作品も珍しいと思いました。

 DVD発売予定表を見ていたら、劇場版のドラえもんもDVD化されるらしいことが発覚。まだ出てないようですが『のび太の宇宙小戦争』は何がなんでも即買い。全作品中、のび太・ドラえもん・ジャイアン・スネ夫・しずかちゃんの5人が、まんべんなく活躍する傑作です。特にスネ夫がここまで役に立っているのは珍しい。主題歌も最高。

 話は変わりまして……

表紙

 桐生 操『本当は恐ろしいグリム童話』(KKベストセラーズ・文庫版)。
 まあ、怖いというか「残酷」なんですけど。1巻と2巻が出ているのですが、1巻は「シンデレラ」、2巻には「人魚姫」が収録されていたので結局両方買ってしまいました。両方とも童話の中では好きな話なので。特にシンデレラはかなり好き。「小公女セーラ」と通じるものがあるからでしょうか。

 意地悪な継母に虐げられて屋根裏部屋で過ごすことになっても決してくじけず、「おはよう小鳥さん」と窓辺で笑顔で朝を迎えられるような、けなげなところに胸キュン。って、俺は不幸少女マニアですか。

 解釈の仕方は人様々なんですが、俺は童話というものは基本的に親が子へ読み聞かせるもの、子はいろんな童話を聞き覚え、世の中の様々なことを学ぶ……いわば家庭版の教科書のようなものと思っています。

 学校に教科書があるように、親が子にわかりやすく世の中の物事をやんわりと教えるための「教科書」。まだ善悪の区別すらついていない子供に読み聞かせることによって、ぼんやりとそれを伝える……誰もが覚えるべき事を、勉強という事を気付かせずに、子に学習させることができる……それが童話ではないか、と思ったりするのです。

 学校で「算数」の勉強をする時、「5つのリンゴから2つのリンゴを取ったらいくつ残る?」というような形で「引き算」を覚えます。これは「○から×を引く」という事をリンゴに置き換えてわかりやすくしているわけです。「童話」も同じようなもので、童話が語りたいことは全て何かに置き換えられています。子供には理解し難いことを噛み砕いて噛み砕いて、何かに置き換えて置き換えて。結果、仕上がった物語が「シンデレラ」であり「人魚姫」という童話なのだと思います。童話の作者が真に語りたかったテーマを読み解くのも面白いかもしれません。……この本は、やたら深読みしてますけど。

 で、この本には「魔法が解けてるのになんで魔法で出したガラスの靴は消滅しないのか」という俺の長年の疑問への、ひとつの解答がありました。童話の「置き換える」という性質を考えれば、なるほど納得です。置き換えられた結果が「魔法」であり、子供にとって、シンデレラがガラスの靴や豪華なドレスをどうやって手に入れたのか、なんて事は知らなくてよいことなのです。


[本] | コメント (0)


footer