« 1214 | メイン | PS4『仁王2』β体験版の死闘 »

2019年12月16日

『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』における武器と STR のカンケイ

『月下の夜想曲』の武器リストを作っていて、ふと「やすつな」「グレートソード」「まさむね」の3つだけ、攻撃力がおかしいことに気付いた。これらはそれぞれ攻撃力が「やすつな……60」「グレートソード……65」「まさむね……90」のはずなのだが、「やすつな……33」「グレートソード……38」「まさむね……63」になっていたのだ。↓の画像の攻撃力上昇値を見てほしい。

title title title

 4冊の攻略本も調べ直してみたが、すべて「60」「65」「90」と書かれている。うーん、なんじゃこの現象……と思っていると、この3つの数字の「攻撃力差」は同じということに気付いた。「やすつな」と「グレートソード」の差は5で、「グレートソード」と「まさむね」の差は 25。これは変わらない。ということは、武器ではなく、アルカード側に何か理由がある……?

 いろいろ試していると、アクセサリで STR の底上げをすると、60,65,90 になるのを確認。むむむ……『月下』って、STR が一定以上に達していないと性能を満足に引き出せない武器があったのか……?

 その後、いろいろ試した結果、「武器の攻撃力が 90 なら、STR が 90 以上ないとダメ」っぽいことが分かった。この法則でいくと「やすつな」は STR が 60 以上ないと、本来の攻撃力を発揮できないはず。というわけで、アクセサリの組み合わせでなんとか STR を調整して、STR 59 と 61 の状態で調べてみると……

title title

・STR 59……攻撃力 30
・STR 61……攻撃力 60

 ほぼ間違いないようだ。今回、「やすつな」「グレートソード」「まさむね」の3つだけがおかしかったのは、この3つが特に攻撃力が高い武器だから。もしアルカードのレベルを上げまくっていたり、「どくろの指輪」や「マスターリング」で強化して STR が 90 以上あったら、気付かなかった。

 最後に念の為、両手武器特有の仕様なのかを調べるために、別のセーブデータで低レベル時のアルカードソードを調べてみた。デスをスルーして、アルカード装備を取られずに進めたデータ。

title

 STR 18 で、アルカードソードの攻撃力は 33。アルカードソードの本来の攻撃力は 42 なので、やはり本来の性能を引き出せていない。

 俺は知らなかった……『月下』にこんな仕様があったなんて……俺だけ?


 ・ ・ ・

■追記:
 調査の結果、「武器攻撃力より STR が低い場合、現在の STR の半分の値を本来の武器攻撃力から引く(小数点切り上げ)」ということのようだ。

 ↑のアルカードソードを例にすると、STR は 18 で、アルカードソードの攻撃力が 42 から 33 に下がっている。STR 18 の半分、9を 42 から引くと 33。↑のやすつなの場合だと、STR 59 で、やすつなの攻撃力が 60 から 30 に下がっている。59 の半分は 29.5 だが、小数点切り上げで 30 で計算して、60 から 30 を引くと 30。他のケースでも試したが、今のところ、これで辻褄が合っている。

adbar
adbar
adbar
adbar

| コメント (4)

コメント

知らなかったそんなの
別のIGA作品もこの計算式が採用されていなければ一代で忘れられたことになりますね…


投稿者 Anonymous : 2019年12月16日 17:06

デスヨネー


投稿者 夢崎(管理人) : 2019年12月16日 22:32

なにそのまるでソウルシリーズみたいな仕様…
ステータスが伸びるものを装備して、
それがたまたま武器攻撃力を超えたとかでも無い限りそうそう気付きませんねコレは…


投稿者 nanase : 2019年12月16日 23:45

結構重要な要素だと思うんですけど、古いゲームなのに、今まで聞いたことがなかったんですよね……。攻略本にもそれらしき記述がないし。詳しい人が「そんなことも知らなかったのかい、ボーイ!」と高笑いしながら来てくれることを祈ります……。


投稿者 夢崎(管理人) : 2019年12月17日 00:44

コメントしてくれるのかい?