« 『プレイステーション クラシック』予約開始 | メイン | 1107 »

2018年11月 5日

1105

title
『R4 -THE 20TH ANNIV. SOUNDS-』2019年1月23日先行販売
『R4』20周年記念ということで、オリジナル BGM を新たにリマスターして高音質に仕上げた物と、リミックス CD との2枚組らしい。『R4』のサントラは、これまでに買ってきたゲームサントラの中でもトップクラスのクオリティと満足度の高さだったので、これは欲しい。「Your Vibe」は、車の中でかける BGM ベスト5に入る。1位は T-SQUARE の「TRUTH」。
title
Nintendo Switch『SNK 40th Anniversary Collection』11月13日発売
 海外で11月13日に発売となる『SNK 40th Anniversary Collection』。過去に PSP で発売された『SNK ARCADE CLASSIC』に似たソフトだが、収録ソフトが微妙に異なる。現時点で何の情報もないとなると、日本での展開はないのかなァ。ものすごく日本向けを意識した感のあるパッケージイラストなんだけど。日本での発売がないならないで play-asia.com あたりで買えばいいのだが、海外版には日本語バージョンは収録されてなさそうだし、遅れて日本版発表とかになったら目も当てられないしで、動くに動けない。海外の SNK オンラインショップでは、サントラやアートブックなどを同梱した限定版も。
title
『ラングリッサー I&II』公式サイトまで旧タイプを選べるように
 数日前にニュースになってたので今更だけど……。画面右上のボタンで切り替えられる。ここまでするなら、もう全面的にうるし原攻めでいいやん……と思わなくもない。多分これ、発表後の反響で、今の若年層の新規ファン獲得予想より、旧ファン狙いのほうが数が多く見込めそうなことに気付いてしまったんじゃなかろうか。でも同じシミュレーションRPGである『ファイアーエムブレム』シリーズがリブートによって低迷を脱した理由が絵柄の変更だったぽいので、今風の絵柄にしてイメージを変えること自体は決して間違った施策ではないとも思うし、もう何が正解なのか誰にも分からない状況になっている気がする。
title
『NEOGEO mini インターナショナル』は発売中
「NEOGEO mini インターナショナル」はもう発売されている。10月中旬頃に出ていたようだが、まあ日本版があんな感じだったので、個人的にはこっちはいいや……という感じ。国内での販売は現時点では未定らしいので、欲しい場合は Amazon で出品されている物を買うのが最も手っ取り早い。これを書いている時点では約 14,000 円なので、定価が約 12,500 円の品であることを考えると若干高く見えるかもしれないが、海外で買ったときの送料を考えると、むしろ良心的ですらある。それにしても、パッドが今なお品薄なのは驚いた。






| コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer