« 『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン』7月7日発売 | メイン | 『サガ スカーレットグレイス 緋色の野望』、読み込み時間が速すぎてビビる »

2018年5月17日

動画紹介2018

 1年に1回くらいやっている……ような気がする動画紹介。全部見事に旬を過ぎているというか、
 ブラウザのタブで開いたままになっていたものを整理してまとめただけの記事ともいう。
 とっくに見たことのある動画があったら、死んだ魚の目で「もう見た」「知ってる」とかつぶやきながら
 スクロールしてください。


●『ワンダと巨像』のアグロが……

 

 開始早々、外国人実況者の「ジーザス...」の一言と、あまりの衝撃映像に、ちょっと吹いてしまう。


●シドタイマー

 

 2か月ほど前に話題になっていたヤツ。
 バグ技の解説も興味深く観れるのだが、この1つ前のバットマンに嘘字幕を付けた動画の完成度が高すぎて、
 見入ってしまう。

 しかし、いまだに新たなバグ技が発見されるってスゴいなと、しみじみ思うよ……。


●イカサマ麻雀選手権

 

 ニコニコ動画への投稿日時からして2年ほど前のものだと思うが、久々に大笑いした動画。
 タイトルからして、スゴいイカサマ技が飛び交うのかと思いきや……


●Outrun 2006 吉幾三エディション

 

 数年前にニコニコ動画で流行っていた吉幾三ネタの1つ。
 この系統では俺らゲットワイルだ'89の完成度が群を抜いていたように思うが、
 このアウトラン(Magical Sound Shower)を改めて聴いてみると、双璧を成す勢い。
 「車もそれほど走ってねぇ」のところ、そこそこ走ってるのが笑ってしまう。


●リノア=アルティミシア説を北瀬氏が否定

 

 これも少し前のネタ。これ、FF8ファンにとっては何気に重大事件ではなかろうか。

 リノア=アルティミシア説は支持派と否定派がクッキリ分かれている印象で、
 個人的にはこの説の詳細を見たときに「これはスゴいな……FF8 という作品の評価が一変しかねないぞ」
 と思っていたのだが、ここへ来ての否定で、「違うんかーい!」という感じ。


●Rusty Nail(アニメ版)

 

 X JAPAN ファンにはおなじみの映像だけど、トゲトゲの肩当てをつけた Toshl が現れる辺りを見て、
 これもしかして PS2 の浜田省吾ゲーを仕掛けた人が関わってるんじゃ……と思ってしまった。
 真相は分からんけど。

 なーんか雰囲気が似てるというか、なぜロックアーティストとアニメを掛け合わせると、
 ボーカルが北斗の拳の登場人物みたいになってしまうのか。
 それにしても、恐ろしく情報量の多い5分半。

 あと、コメントにもあったけど、Yoshiki 強すぎ。


●FF4「バトル2」の、サントラ化されていない(?)アレンジ

 

 PSP 版(※ 3DS のダウンロード版も同様)の FF1 には追加ダンジョン「時の迷宮」があり、
 歴代 FF シリーズのボスと戦えるのだが、そこで使われている歴代 FF のボス曲のアレンジが良い。
 調べてみたが、どうもサントラ化されていない模様。

 特にこの FF4 の「バトル2」はアレンジが上手いというか、ティンパニを始めとするオーケストラ風の迫力と、
 ドゥムドゥム……と常に鳴っているシンセ風のキックドラム&ベースがスゴく合っている。
 この曲で最も特徴的なのはベースラインだったと思うが、こういう音色でも合うんだなァと。
 少しだけ長めになったイントロも、迫力が増していてナイス。
 バルバリシア戦なのに四天王の曲じゃなくて「バトル2」なのは謎だけど。

 ちなみにPSP 版の『4』は、また違うアレンジ。
 こちらはもっと原曲重視。というか音色を変えただけで、アレンジは一切ないかもしれん。

 でも FF4 の「バトル2」といったらもう少年律動体操が真っ先に出てきてしまうのが悩みどころ。
 この動画は罪深すぎる。






[動画紹介] | コメント (2)

コメント

奇遇にもちょうど昨日「イカサマ麻雀選手権」を見たところだった。
Jの「牌を確認してから交換する」という大胆なイカサマで爆笑した。


投稿者 友人K : 2018年5月17日 04:39

イカサマというか、ただの確認というか……。
Part 2 での、相手の手牌にくっつけていくのもフイタ
それを相手が仕方なさそうに受け入れてるのもフイタ


投稿者 夢崎(管理人) : 2018年5月18日 18:39

コメントしてくれるのかい?


footer