« 『PCエンジンコンプリートガイド』(主婦の友社) | メイン | Steam『Bullet Witch』4月26日配信 »

2018年4月11日

Xbox One に『イース・オリジン』が来た、が……

title


 ※21時頃に記事内容を修正しました。


 まさか Xbox One でイースが遊べる日が来るとは。
 少し前に配信された PS4 版も買い、PS4 版を持っていると PS Vita 版が100円になるので、これも買った。
 PS Vita 版は PS4 版とはトロフィーが別扱いなので、トロフィーマニアには嬉しいというかツラいというか……。
 それはそうと、Steam 版もセールのときに買っていた(※これは英語なので注意)ので、
 最初に国内で発売された PC 版から全機種制覇である。イース・オリジン、好きすぎ。

 今回気になってわざわざ買った理由は、「実績内容は PS4 版のトロフィーと同じなのか?」という点と、
 Xbox One 版限定らしい「スピードランモード」「流血表現レベル」

title
ストアページの情報より。

 二頭身キャラのこのゲームで流血表現も何も……と思ったが、「なし」「小」「大」「ゴア」の4段階になっていて、
 「ゴア」にしても、敵を倒した床に血痕が残る程度のようだ。しかも、しばらくしたら消える。

title title
敵への攻撃中に血しぶきが飛び散ったりすることはない。

 スピードランモードとやらは、少なくともゲーム開始時には見当たらない。クリアー後の出現なのだろうか。
 まあいい、実績コンプを目指すなら、どうせいずれはできるのだから……と思い、実績を確認しようとしたら……

title
実績が……ない!? ウ……ウソだろ?

 午前中に購入して心底ビックリしていたのだが、夜になってから再度確認してみたら、実績画面が出現していた。

title

 リストの一番上が難易度 Nightmare でのクリア実績「悪夢は覚めた」だけど、ホントに悪夢は覚めたって感じだよ。
 わざわざ Xbox One に移植しておいて実績がないとか、クレイジーにも程がある。

 配信日当日になっても、さらに言えばゲームを購入・起動しても実績機能そのものがないように見えるというのは初めてのことだった。
 Windows10 の Xbox アプリで確認しても、このゲームだけ「実績」タブが消えていたのを確認している。
 パッケージソフトの場合はフライングで入手する人が出てくるので数日前に対応しているが、
 ダウンロード専用ソフトの場合はギリギリまで裏でなんやかんやしているということなのだろうか。
 ギリギリっていうかギリギリアウトだけどな。

 気になっていた実績内容は、おそらく PS4 版とは変わらず。
 秘密の実績が11個あるが、コッソリと内容が差し替わったりしていなければ、PS4 版の隠しトロフィーと数が合う。


 ただ、テキストの乱れが気になる。

title
オープニングから、これ。

 おそらく「¥n」はテキストのスクリプトにおける改行を示すものだと思うが、普通に改行されている箇所もあり、
 なんでこんなことになっているのか謎。しかも、ゲーム中、1~2か所程度ならともかく、量が尋常じゃない。
 確実にテストプレイしていない。

title
アイテム入手時は確実に「¥n」が出る模様。

 最初は「バグチェックの見落としかな?」と思って、「¥n」が混ざっている場面のスクリーンショットを
 パシャパシャと撮っておいたのだが、オープニングイベントが終わってキャラを動かせるようになった時点で
 「¥n」の数がすでに20を超えていたので、撮るのをやめた……。

 ・ ・ ・

 PS4 版の頃から言われていた「決定ボタンとキャンセルボタンが逆」な問題についても、キーコンフィグすら用意していないし、
 切望されていたキーコンフィグを差し置いて、大して意味のない流血表現を追加した意味は、ちょっと分からなかった。
 とりあえず、テキストはアップデートでなんとかしてほしい。







[イース] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer