« Huカードのビニール問題 | メイン | またしてもリフティングされるイセリア・クイーン先生 »

2018年4月26日

PS4 / Nintendo Switch『サガ スカーレットグレイス 緋色の野望』8月2日発売

 


 『サガ スカーレットグレイス』が、『サガ スカーレットグレイス 緋色の野望』として8月2日に発売決定。
 対応ハードは PS4 / Nintendo Switch / Steam / iOS / Android。
 2016年の年末くらいに「出たとこだけど、来年に PS4 版とか出してくれたら買うよ」とか言っていたのだが、1年遅れで実現したことに。

 『緋色の野望』が出ること自体は少し前にニュースになっていたが、
 発売日が決定したことと、それに伴い、新たな PV と開発者インタビュー動画がアップされている。



 開発者インタビュー動画を見る限りでは、以下の点が明らかになっている。

 ・読み込み時間のスピードアップ
 ・マップ上の移動速度アップ
 ・新キャラ追加(ボイスも?)
 ・新イベント追加
 ・新たな術・技追加
 ・新たな裏ボス追加
 ・裏ボス用の新バトル曲追加

 新イベントや新キャラといった追加要素が結構あることはすでに報じられていたが、
 今回、読み込み時間が速くなっていることが明言された。速くなるだろうとは思っていたが、確定するとやはり嬉しい。
 『サガ スカーレットグレイス』唯一にして最大の弱点が読み込み速度だったので、これで心置きなくやり込める。
 Vita 版は結局、頸椎ダメージが心配であまり遊べておらず、ラスボス直前で放置のままなので、
 今度こそ、ちゃんとやり込みたい。

 「発売後、しばらく経ってから完全版が……」のパターンは、
 「発売日に飛びついたファンが一番損をするハメに」みたいな批判を受けがちだが、
 今回の『緋色の野望』の場合は、ちょっと違う。

 多分『サガスカ』の場合は元が低予算で、奇跡的にシリーズ復刻のチャンスが巡ってきたところへ、
 PS Vita 版で、ちゃんとしたゲームのデキを示すことができた。一般層にも、サガファンにも、おそらくスクエニ社内的にも。
 だからこそ、「PS4 や Steam で出してもイケるんじゃない?」という空気を生み出すことができ、
 「どうせなら……」と追加要素も実現したのだろう。PS Vita 版は必要だったのだ。

 『ロマンシング サガ2』の復刻が上手くいったことも、一助だったに違いない。
 Steam 版と Win10 版の UI が、なぜかスマホ準拠でタッチ操作前提の謎パネルが表示されっぱなしになる問題があったが、
 その後、Steam 版は非表示が可能になったらしい。Win10 版は、さっき起動してみたら、まだそのままだったけど……。


 これを機に、サガシリーズの本格的な復活を祈りたい。
 ロマサガシリーズを復刻し終わっても、サガフロシリーズもあるし、久々に魔界塔士あたりも来てほしい。
 あと、『ワイルドカード』と『ラストレムナント』も……。
 特に『ラストレムナント』は、ほとんどサガ外伝みたいなもんだ。残念ながら PS3 版は幻のまま終わってしまったが、
 PS4 なら、PC 版のクオリティを移植できるはず。期待してますぜ。


■関連記事:PS Vita『サガ スカーレットグレイス』簡易レビュー

 






[サガ スカーレットグレイス] | コメント (2)

コメント

ロマサガ3が単なるリマスターで終わらないみたいな事を言っていたし、
完成された未完成品のサガフロもそんな復活、してくれないかなぁ…と常々思うのです
特に武器が剣と銃だけなのはあまりにもシンプル過ぎた…けどあの世界に斧だの弓だのは合わないか


投稿者 nanase : 2018年4月29日 10:50

サガフロだと、ヒューズが8人目の主人公になるはずだった……みたいな没ネタあたりは、
もし復刻するとしたら補完されそうですね。武器種は、言われてみればたしかに……。
ロマサガ3はホントに楽しみですなぁ。


投稿者 夢崎(管理人) : 2018年4月29日 20:06

コメントしてくれるのかい?


footer