« 『サガ スカーレットグレイス 緋色の野望』8月2日発売 | メイン | 『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン』7月7日発売 »

2018年4月27日

またしてもリフティングされるイセリア・クイーン先生

 約1年前に配信された『スターオーシャン3 HDリマスター』。そのときの記事で、
 裏ボスを延々リフティングし続けるというスーパープレイ動画を紹介させていただいたのだが、
 今月アタマ頃に、その記事になんと動画の投稿者ご本人からコメントをいただけるという珍事が。
 ホント、こんなネットの海に浮かぶ無人島みたいなサイトにお越しいただいたうえに
 コメントまでしていただけるなんて、拙僧、軽く尿漏れを禁じ得ないでござるよ。


 その動画は当時の PS2 版のものだったのだが、今回、リマスター版でもやってしまった動画を
 投稿されたらしく、これはご紹介させていただかねばなりますまい。2パターンあるとのこと。



●マリアとミラージュだけの、当時の再現パターン


●マリアとミラージュ+ソフィアを回復役にしてコンボ繋げるのを狙ったパターン


●以前の PS2 版動画


 これ、カンタンにやってるように見えるけど、大変なんだぜ……。
 『スターオーシャン3』をやったことのない人には、このスゴさが伝わりにくいと思うけど。
 徐々に中央からズレていくバトルフィールドをまた徐々に軌道修正していくあたりが見物です。

 リマスターに際して、もし微妙に仕様が変わっていたらできない可能性もあったので、
 「できるで!」と実践してくれたことに感謝と敬意を表したい。
 新競技「イセリアクイーンリフティング」の競技人口が増えることを祈るばかりであります。
 多分、セパタクローに近い。







| コメント (2)

コメント

また記事にしていただき、ありがとうございます!

「セパタクローに近い」とは言いえて妙な表現ですね笑

やるにあたってHD版で少しだけ仕様が変わっていました。ハード違いによるラグみたいなものだと思うのですが。

PS2版では問題なく繋がっていたのに、
PS4HD版ではミラージュのクレッセント・ローカスからトライデント・アーツが繋がらなくなっていました。
なので、クレッセント・ローカスでの始動は必ずマリアからでなければいけない制約がありました。

でもそれ以外は問題なくできました。

ここまでやり込んで満足できたので、これで私も潔くゲーム引退です。
ありがとうございました。


投稿者 あい(おさかな) : 2018年5月10日 11:33

> クレッセント・ローカスでの始動は必ずマリアからでなければいけない

なるほど! やはり微妙な仕様の違いは出ていたのですね。


> これで私も潔くゲーム引退です

えー! 何も辞めなくても!


しかし、わざわざこのサイトにコメントを残していただき、ありがとうございました。
私もちゃんと『スターオーシャン3』やり直さなきゃなぁ……と積みゲーの山を眺めながら、
優しく微笑む今日この頃です。


投稿者 夢崎(管理人) : 2018年5月12日 15:30

コメントしてくれるのかい?


footer