« 『仁王 公式ガイド』レビュー……と『仁王』進捗状況 | メイン | ニンテンドースイッチ レビュー »

2017年3月 2日

A KING'S TALE: FINAL FANTASY XV

 先日、無料配信するしないでゴタゴタしていた『A KING'S TALE: FINAL FANTASY XV』。
 結局海外では普通に無料配信されており、PS4・Xbox One共に、海外タグがあればダウンロードして遊べる。
 日本語化もされている。


 


 内容は、シンプルな横スクロール型のアクションゲーム。
 縦方向に移動できる幅が増えた『ファイナルファイト』のような感じなのだが、イメージとしては『アラド戦記』辺りが近いかもしれない。


 


 FFシリーズの昔の伝統でもある「デデデデデデ、デデ……」で始まる戦闘曲だったり、予想以上にドット絵ががんばっていたりと、好感触。
 サウンドも、ドットの画面に合わせた、ファミコン・スーパーファミコンの頃を意識した音色で、どことなく懐かしい。


 
 戦闘中、まれに出るボタン長押し指示からのラムウ出現も、見事に2Dで再現している


 オルティシエでレストランの店主やってるウィスカムが戦う姿も見れたり、ファントムソードがグルグル回る演出もドット絵で再現。
 さすがにファントムソード13本をドットで回すのはキツかったのか、4本くらいになってるのはご愛敬……と思ったけど、
 この頃のレギスはまだ4本くらいしか契約してなかったとか言われたら納得か。


 
 微妙に少ないファントムソード


 
 なんか特撮ヒーローみたいなポーズのレギス


 まだ序盤しかやれていないが、トロフィー/実績内容は結構ムズそうなので、コンプを目指すならそれなりに腰を据える必要がありそう。
 なお、海外タグの使用は自己責任で。


 あと、久々に海外のPSストアを覗いてみて気付いたが、『ワイルドアームズ3』がトロフィー付きで配信されていた。
 去年の5月にはもう配信されていたのか……。
 トロフィー内容は海外のトロフィーサイトで確認できる。


 


 海外のPSストアにはPS2のゲームをトロフィー付きでPS4に移植した「PS2 on PS4」というカテゴリがあって、
 そこそこの数のタイトルがリリースされている。
 『Samurai Shodown VI』(国内版の『サムライスピリッツ 天下一剣客伝』)、『ADK魂』など、
 「日本でも配信してくれたら、買うのに……」というタイトルもチラホラ。
 海外PSストアは、以前に『MANHUNT』が配信されたときにどうしてもやりたくてお世話になったが、
 うーむ、久々に『ワイルドアームズ3』は惹かれる。でも、RPGを英語でやるのはキツいしなァ……。
 いや、1度やってるんだから、そこは気合でなんとか……でもウーン、と煮え切らない現状。
 日本でも出してくれれば……。

 あと、画質はどうなるのかも気になっていたが、比較動画があったので見てみると、ちゃんとキレイになってる。
 うーん、こんな感じに復刻してくれたら、やり直したいPS2ゲーは、いっぱいあるぞ。



 先日、PS2の『スターオーシャン3』がPS4でHD復活というニュースがあったが、
 これが国内での「PS2 on PS4」の始まりになってくれればなァ……と思う。
 各メーカー、新たに1から開発するのもいいけど、PS2時代の遺産ってスゴいんだから、こういう方向でどんどん小銭を稼いでほしい。
 いや、場合によっては、小銭というほどバカにできない金額になるんじゃないだろうか。
 PS3の末期頃にPS2アーカイブスが増え始めてたけど、あれは時期が悪かった。
 Wii Uのバーチャルコンソールもそうだけど、次世代のハードにもすぐ移行できる仕組みを作るのって、難しいのだろうか……。

 欲を言えば、こうしたトロフィー/実績付きの復刻にプラスして、倍速機能と、どこでもセーブ機能を……。
 正直、そこまでやってくれたら、PS2時代のゲームだけで何年か持つぞ。
 PS1も、ゲームアーカイブスをそのままPS4に持ってきてくれたらそれはそれで嬉しいけど、
 トロフィー付けてくれたら、喜んでもう1回買うよ。
 『ワイルドアームズ』は通常版・ベスト版・PS one books版・ゲームアーカイブス版と4回買ってるけど、
 出してくれたら、5回目買ってもいい。


| コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer