« ゲームアーカイブス奇譚 | メイン | 懐古な品を回顧するために買い行こ »

2017年1月 1日

2017

 あけましておめでとうございます。
 更新頻度はどうなるか分かりませんが、本年もよろしくお願いいたします……。
 昨年は後半ちょっとがんばって更新したものの、まだまだだなぁという印象。


 ゲオが「1,480円以下の中古ソフトを3本以上買った場合にのみ、合計額を半額」という新年セールをやっていたので、
 クソ寒い中、イソイソと出陣。新年初日からゲームのことしか考えていない。

 というわけで以下のブツを購入して帰宅。カッコ内は実際の価格。


 PS4 スターオーシャン5 980円(490円)
 Wii U 幻影異聞録♯FE 1,380円(690円)
 PS3 エンチャント・アーム 480円(240円)
 Xbox360 バットマン: アーカム ツインパック 980円(490円)
 3DS ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D 680円(340円)
 3DS ドラゴンクエストモンスターズ イルとルカのふしぎな旅 980円(490円)
 3DS プロジェクトクロスゾーン 初回限定版サントラ付 980円(490円)
 DS ドラベース ドラマチック・スタジアム 480円(240円)


 最近、中古ショップはご無沙汰だったが、このセールは相当お得なんじゃないだろうか。
 そんなに昔というわけでもないゲームが結構ガクンと値下がってたりするので、
 安くて何かいいゲームないかね、という人は掘り出し物に出会えそうな予感。店舗の品揃えにもよると思うけど。
 もし近くにゲオがいっぱいあったら、全店まわりたかった……。
 セールは1月5日まででゴワス。

 そんなわけで、相当なクソだと名高い『スターオーシャン5』を起動しようとしたところ……


 


 ……まあこれはXbox OneにしろWii Uにしろ、最近のゲーム機あるあるだけど、空き容量が40ギガあってもダメなのかと衝撃。
 見てみたらFF15は54ギガあるし、今後を見据えると、内蔵HDDの換装を考えないとイカンのかこれは……。
 Xbox Oneもそうだが、録画機能があることで、キャプチャーした動画データが結構容量を食っているのも大きい。

 PS4の内蔵HDDはユーザーが自分で手軽に換装できるということで、ネットにも記事がいろいろと上がっているが、
 「外付けHDDが実質的に機能しないから、内蔵HDDのほうをどうにかするしかないんだ」という点には、
 あまり触れられていない。

 PS4は、外付けHDDはゲームのインストールに使えず、キャプチャーした録画データや、MP3などの音楽データ、
 内蔵HDDのバックアップ、セーブデータのバックアップ、などにしか使えない。
 HDD容量に困って内蔵HDDを換装するか外付けHDDを付けるかということを考える場合、
 大抵がゲームのインストールのためだと思うので、外付けHDDに対するPS4の対応は謎。(※後日追記:3月9日のアップデートで対応開始。)
 使えるのも2.5インチHDDのみなので、3.5インチに比べるとやや高価格になってしまうのも痛い。

 3.5インチで2テラなら7,000~8,000円も出せば買えるのだが、2.5インチで2テラとなると、12,000円くらいになってしまう。
 そんな中で調べていると、Seagateの内蔵SSHDがAmazonでも13,500円程度で良いんじゃないだろうかという結論に。

 SSHDは、SSDとHDDの良いとこ取りをしたようなブツで、ゲーム用を謳っていることもあって最適な感じではあるのだが、
 SSDの持ち味であるスピードはPS4だとゲームによって効果があったりなかったりのようで、
 総合的に見ると、高いお金を出してまで固執するものでもない感じ。
 しかし、そもそも普通のHDDでも2.5インチで2テラのを探すと12,000円くらいだったりする。
 だったら多少速くなりそうなSSHDが13,500円なら……みたいな感じ。予想以上に選択肢がない。
 これを書いている段階だと「1月3日に入荷予定」になってて、「みんなこれ選んでるんじゃろ?」的な雰囲気も。


 一方、Xbox Oneは外付けHDDが気軽に付けられる点は良いのだが、その代わり「内蔵HDDの換装はサポート外」らしく、
 本体を本格的に分解しないと行えないこともあり、やめたほうが無難。
 話によると、USB3.0なので、内蔵HDDよりも外付けHDDのほうが読み込みなども速いとかなんとか。

 ただ、外付けはラクだが、HDD用の電源確保のために新たにコンセントが必要になるのもネックで、外付けHDDの置き場所も余分に取る。
 両ハードともに、「ユーザーが内蔵HDDを自由に換装できる」「3.5インチHDDも使える」「外付けもできる」……
 ……の3本柱を実現してほしいものだ。

 ちなみにXbox Oneはすでに2テラの外付けHDDを付けているのだが、それでも残り容量が870ギガで、
 使用済み領域が60%を超えてしまった。


 


 Xbox Oneはゴールドメンバーになっていると頻繁に無料でゲームが落とせたり、豪快な価格破壊をやらかすセールなどが多いので、
 ついついHDDを圧迫してしまう。デジタル積みゲーが占領するHDD。
 Xbox Oneは内蔵HDD500ギガをそのまま使っているので、外付け2テラ+500ギガを使ってこの有り様。
 いかに積みゲーが多いかという……。

 なお、Wii Uは内蔵HDDからして存在しないため、容量切迫に関しては筆頭ハードなのだが、
 最初に容量が32ギガあるプレミアムセットを買っていたことと、ソフトが少ないというある意味喜べないことのおかげで、
 ギリギリもっていた。昨年にWiiの『零 ~眞紅の蝶~』と『ゼノブレイド』が配信されたとき、ついに容量が限界になって困ったのだが、
 この先、そんなにソフト出なさそうだったので、32ギガのUSBメモリで間に合わせたという。

 Xbox360時代、HDDは純正しか使えず、その純正HDDが120ギガで16,000円とかのクレイジープライスだったため、
 USBメモリをちょっとずつ買い足してやりくりしていたのだが、数えてみたらこのUSBメモリ、6個もあった。
 当時でだいたい1個2,400円くらいだった気がするから、14,400円。
 32ギガ×6で192ギガなので、ある意味、正しい選択だったと言える。

 Wii Uは1本あたりのゲーム容量が数十ギガもいくことはないので、まだこのUSBメモリ一時しのぎ作戦が使えるのだが、
 PS4は内蔵HDD以外はゲームのインストールができないため、不可能。
 仮に使えたとしても、64ギガのUSBメモリを用意しないとゲーム1本すら入らないなんてことになりかねない。


 ……というわけで、新年早々、ゲーム機の容量切迫ストレージ問題でした。
 嗚呼、スターオーシャン5を始めることすらできないまま、1月1日が過ぎていく……。







| コメント (2)

コメント

Xbox Oneの外付けの件ですが、安価なHDDでも内蔵よりはロード時間が改善されましたよ。
私はあまり詳しくないのですがUSB3.0のおかげとかなんとか・・・
ちなみにIO DATAの2TBを使用してますが、電源もしっかり連動して切れてくれるので便利です。


投稿者 おっさん : 2017年1月 2日 09:10

ロード時間検証はしなかったのですが、やっぱり速いんですね。
電源連動は便利ではありますが、コンセントをひとつ余計にとるため、やはり内蔵できるに越したことはないなぁと……。
バスパワー駆動のHDDでもいいらしいのですが、3.5インチだと難しそうだし、
さらに高いお金出してまでバスパワーにするならもう今のままでいいや的な。
内蔵可能で容量デカくて速くしてくれー!


投稿者 夢崎 : 2017年1月 3日 20:41

コメントしてくれるのかい?


footer