« Wii U『スーパーマリオメーカー』Amazon予約開始 | メイン | 施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』(REXコミックス) »

2015年8月 2日

くりひろし『パソコン・レクチャー② Dr.Dとつぐ美の新パソコン・レクチャー(1)』


 マイコンBASICマガジンこと "ベーマガ" に連載されていたマンガ『Dr.Dとつぐ美の新パソコン・レクチャー』を、
 著者が自前で電子書籍としてまとめたもの。100円という謎の低価格と、あまりの懐かしさに即買い。
 Kindle用だけど、最近はKindle for PCというのもあるから、Kindle持ってなくても、買って読める。
 ②なのは、これの連載前に、つぐ美ちゃんではなく影さんが出ていた①があったから……だったと思う。

 一昔前にはゴロゴロ見かけた、典型的な「ちょっとマニアックな男性向けホビーを分かりやすく&取っ付きやすく紹介するために
 マスコット的な女性キャラをヒロインに据えた教育マンガ」。……我ながら、もっと良い言い方はなかったのかと思うけど。
 ベーマガ読者にはおなじみのマンガだが、毎回、題材にとても丁寧にアプローチしていて、1ページの密度が濃いのが特徴だった。


丁寧な解説と、唐突かつ疾走感のある「つづく」が名物。


 ただ、題材が日進月歩のコンピュータ関係ということもあり、現在では内容が古すぎて意味を成さないものもあるので、
 あくまで当時の読者が懐かしんで読む用……かな。
 最新鋭のデバイスとしてマウスが紹介されているのだが、「操作はカンタン、だれにでも使える入力装置だ!」とか書いてあって、
「そ、そんな大昔のマンガだっけ……」と、読んでてうろたえる場面も。



今の主流でもある光学式マウスは、一応この当時から存在はしていたけど、マウスパッドに仕掛けがあったのね……。


 表紙から漂う素人電子書籍臭で損をしている気がするが、1回4ページ×18回分収録しているので、これで100円は安い。
 現在、この作者さんはデジタル作画に移行中のようだが、アナログ時代にマンガ技術を修得した人は、
 無理にデジタルに対応する必要はないのでは……と思う。
 あの鳥山明ですらデジタルに移行する時代ではあるけど、過去のアナログ絵のほうが遥かに魅力がある。

 この作者さんは他にも『まんがDE入門MS-DOS』という本を出していて、これ見る限り、アナログでカラーやれる人なんだよなァ。
 こっちのが、よっぽどいいぞ。
 そしてこの本、約240ページあるのに200円という価格破壊。今MS-DOS学んでどーするんだと思われるかもしれないが、
 98エミュの操作で地味に役立つという……。さすがにいろいろ忘れてるからなァ。

 ちなみに今年はベーマガ関連でいろいろ動きがあるようで、電子工作マガジンの1コーナーとしてベーマガが復活してたり、
 東京でトークイベントもあるらしい。
 前にも少し話した気がするけど、読者投稿の4コマ(? だったと思う)「堕天使・悪キューレ」の情報が、ググッても全然出てこない。
 ALL ABOUT ベーマガにもそれらしき記述がない。嗚呼、ヨンドラ……ヨンドラ……。

 トークイベント行った人は、悪キューレの話が出てたかどうかだけ教えてくれると幸いです……。


 ■関連記事:BMFAN



[雑誌] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer