« 困ったときは動画紹介 | メイン | バーチャルコンソール、夏 »

2013年6月23日

3DS『さよなら海腹川背』雑感

 気がつけばもう1か月前の出来事になっちゃってるけど、5/23に発売されたPS3の『テラリア』で、モノづくりに励む記事を書かせて頂きました。
 全5回の紹介記事で、4~5回目が私の担当。どんなゲームか気になってる人は読んでみてネ。
 ちょうど1年前の5~6月は、同じくモノづくり系ゲームである『マインクラフト』にハマッていたことを考えると、
 感慨深いやら時の流れの早さに絶望するやら……。


set


 さて3DSの『さよなら海腹川背』なのだが、当初の発売予定から7日早まっていたらしく、20日に発売。
 特典のサントラは旧曲も含めて入っているようで、ナカナカのお得感。


tracklist


 ほぼ全曲入ってるので、プレミアついてるシリーズサントラ買うほどまでは、ちょっと……という人にはちょうど良い感じ。
 プレミアサントラにしか入ってない曲は、

 01. タイトル曲
 05. 「海・磯」面BGM
 06. 「海・大海原」面BGM
 07. 「海・波止場」面BGM
 13. ときめきが目を覚ましてる(歌:小森 まなみ)
 14. 空の青さ(歌:小森 まなみ)

 だけ……かな? それ以外は網羅してることを考えると、特典としては異例の充実サントラかもしれない。


 さて、そんな『海腹川背』に合わせて、ここで、ずっと迷っていたキャプチャ可能な3DSを購入。
 画面写真を撮ると、こんな感じに。


2


 これはドットバイドット表示から2倍に拡大したもの(画像をクリックで拡大)。
 3倍までいけるのだが、よほど巨大なモニタでないと縦に2画面並べて3倍はキツいかと思われる。
 下画面を分離することもできるので、上画面だけ全画面まで最大化、なんてこともできる。


dq9cap
DSのゲームも可能。


 ただ、この特殊3DS、専用のキャプチャソフトを使うのだが、これにはスクリーンショット撮影機能も動画の録画機能もない。
 写真についてはアクティブウィンドウをボタンひとつで撮影できるソフトがゴロゴロあるので別に困らないのだが、
 動画の撮影に関しては、デスクトップの一定範囲を録画できるアマレココのようなソフトを使うしかなさそう……と思っていたら、
 ロイロゲームレコーダーというソフトが、フリーながらも超優秀。

 録音に関しては3DSのヘッドホン端子とPCのLINE IN端子を繋ぐしかないと思っていたのだが、USBで音声も送っているようで、
 上記のロイロゲームレコーダーさえあれば問題なく動画撮影できた。
 ググッてみると「このキャプチャソフトの音声入力はノイズがひどいので、ノイズキャンセラーを別途用意したほうが……」という記事もヒットしたが、
 耳を澄ますと、ごくまれに「……ん?」と気付く程度のプツッという音が入るだけで、あとはキレイなもんだった。キャプチャソフトが改良されたのだろうか。
 ともあれ、「微細な雑音も許さない! 超美麗音声の動画を撮りたい!」という人以外は、これとロイロゲームレコーダーがあれば、DSと3DSはキャプチャし放題だ。


 さて、20日に発売したのに今まで何も書いてなかったのは、このキャプチャ関連の下調べをしていたのもあるのだが、
 そんな作業の傍ら、たまたま見つけたインタビュー記事が、なかなか内容が濃かった。
 これを読むと、ステージエディットは検討されていたようだが、今作についてるのだろうか?
 全ステージクリアで出現、とかだといいなぁ……。

 キャラクターを複数用意したのはキャラ性能の違いではなく、江美子と小学生川背はステージ途中にチェックポイントを用意、
 ノッコはスローモーション能力が使えるなど、元々難易度の高いゲームであることを意識したうえでの救済措置。
 ただキャラを増やすのではなく、ちゃんとゲーム自体のハードルを下げて幅広い層に受け入れてもらおうという姿勢が見えるのは好印象。

 ステージについても、これまでの「ゲームオーバーになったらステージ1から」ではなく、
 1ステージごとのクリア形式になっているので、短時間でちょっとだけ、というプレイも可能になった。
 解法が分からないときも、お手本が見られるようになっているので、ほぼ理想的な作りだろう。


 ただ「他人のリプレイは見れないのか?」という話になったときの、

 > 近藤氏:残念ながらそこは見られないですけれど、逆に言うと最近は動画のアップ環境とか整っているというか、昔に比べると楽になっているので。

 というのは、ちょっとどうかなぁという気がする。
 据え置き機だと、キャプチャーボードも安いのがイロイロ出ているので大したアレではないが、
 3DSに関しては、上記の、私が買ったアレのように、選択肢がひとつしかない。
 それ以外はもう、ミニ三脚みたいなのを使ってデジカメなりWebカメラなりで直に撮影するしかなく、画質も手間も結構なものになってしまう。
 単純に、タイム上位の人のスーパーリプレイはゲーム内で見たかった。

 それはともかく、早速チマチマと進めよう……と思ったところ、4ステージ目で難所が。


HP


 ここは足場が氷のため、ルアーが引っかけられない。
 お手本を見る限り、普通にジャンプして落ちそうになりつつもフチに触れてよっこいしょと登る感じらしいのだが、
 ジャンプの踏み切りのタイミングが異様にシビアで、個人的に10回に1回くらいしか成功しない。
 スーパーマリオの感覚でいくと絶対ムリで、踏み切るときに
「そろそろジャンプボタン押さないと落ちるよ! 落ち……いいや! 限界だ飛ぶね!」という感じで、やっとくらい。


move
だいたいこうなる


 ただクリアするだけではなく、各ステージ、取りにくい場所に配置されたリュックをすべて回収する楽しみや、
 コスチュームやギャラリーが増えていく楽しみもあるので、なんとか挫折せずに進めていき……


f4


 ……たい。


■関連記事

 ・さよなら海腹川背



[さよなら海腹川背] | コメント (2)

コメント

僕にもようやく届いて川背を始めましたよー
やはり3Dにする意味はありませんでしたね(爆)
夢崎さんが困った、ジャンプの踏みきりについては
「自機はリュックの方だと思え」というアドバイスでどうでしょうかw
それを意識してからはつるっと落ちる事はなくなるはずですよ。

しかし操作感がずいぶん変わりました。
ひもを伸ばす・縮めるスピード、ボタンを離した時とルアーが外れる時間のずれなど
慣れるまではずいぶん死ねそうです。

そしてプレイ中にきしむ本体がヤバイ。
振り子を作るのが難しくなってる気がするので、その間ずっと
3DSグリップがギシギシ鳴るんですよ。
3DSLLに変えようかとも思うんですが、3DSは本体情報が移動しにくいから
買い換えを渋っています。任天堂も損な事をしてますなー


投稿者 江ノ島 : 2013年6月29日 17:18

>やはり3Dにする意味は

「ぶっちゃけDSでもいいんだけど、ハードが3DSに移行してるから、3DSで出すかー」
ということでしょうな。
川背さんのセクシーシーンをでも3Dで眺めまわせるなら話は別だったのですが……。

>「自機はリュックの方だと思え」

なるほど! 私も「踏み切る直前の後ろ足が落ちていなければまだいける」という感覚で
ジャンプするのですが、なかなか思い切りというか、気持ちよく飛べず。
リュック本体でちょっとやってみます。

>プレイ中にきしむ本体がヤバイ

ついつい力入りますしね……。私はグリップは持っていないのですが、スタンドは早々に導入しました。

あと、3DSLLですが、ノーマル3DSよりは重くなると思うので、
海腹川背などのアクションを遊ぶ場合には、ちと向かないかも……。
親指やLRを使う際の人差し指の自然な移動を確保するには、
本体の重さを支えることから手を解放してやらんとイカンと思うので、
個人的にはスタンド必須だと思っています。

本体情報の移行についてはWiiのときからそうでしたが、
購入履歴から何からすべて、本体に依存しすぎているのが気になりました。
本体ぶっ壊れたらどうするんだろうと。
Wii Uはアカウントを作るようになっていた覚えがありますが、
話によると、そのアカウントを作った本体じゃないとログインできないようになっているとかで、
そ、それ意味あんの……? と不安になったり。
別の本体でログインする機会がないので未確認ですが……。


投稿者 夢崎 : 2013年6月30日 02:49

コメントしてくれるのかい?


footer