« パラノーマル・アクティビティ4 | メイン | 『進撃の巨人』アニメスタート »

2013年4月11日

さよなら海腹川背

HP


 ヘタすると弾幕シューティングよりも人を選ぶ気がする高難度アクション『海腹川背』が、意味深に「さよなら」をつけての新作登場。
 別に弾幕繋がりではないけど、「大往生」の後に「大復活」した後に「最大往生」する作品もあるだけに、別に最終作にする気はなさそうな……。
「さよなら」と聞いて絶望先生を思い浮かべるか、青木幹治先生の「さよなら、おっぱい」を思い浮かべるかで、
 このサイトの適性が分かります。後者の方、


AA

AA


 さて、そんな『海腹川背』だが、2008年に発売されたPSP版では無数のバグが見つかり、
 どう見てもおかしいのに「仕様」と言い切る強硬手段で、悪い意味で話題になった。
 具体的にどんなバグがあったかはまとめwikiを御覧頂きたい。

 上から読んでいくと、最初は『海腹川背』の特性を把握していないとよく分からないバグが多いが、
 さすがに↓の写真を見たときは「Oh...」という感じだった。


もつれ
まとめwikiより。どう見ても川背さんNGシーン


 その1年後に発売されたDS版ではメーカーを変更し、ちゃんとしたものに。
 今でも高値を維持しており、『川背』ファン御用達の1本となっている。

 しかし、PSP版が新品680円で笑った。中古に至っては200円。そこまでして処分したいか。
 思うに、ここまでひどいバグが盛りだくさんなら、バグ前提でクリアに挑戦する新感覚ゲームとして、
 680円なら楽しめないだろうか。楽しめないか。

 そんな経緯もあってか、今回はトレーラームービーでも「シリーズ原作者による正当続編!」と、
 バグ騒ぎがあったことを知らない人が見たら正当ではない続編があったかのようなアオリ文句に笑ってしまう。
 新キャラも何人か登場するようだが、キャラ性能差はあるんだろうか?
 特徴あるゲームシステムだけに、何かしら性能差がないとキャラを追加する意味自体がなさそうな気がする。
 ゲーム自体はステージ追加していくだけでいくらでも作れそうだが、いっそステージエディット機能でもつけてくれんものか。
 それさえあれば永遠に遊べそうなゲームなんだが……。

 あと、特典にオリジナルサウンドトラックがついてくるようで、サントラが1万越えの現在の状況だと、かなり魅力的。
 何曲程度収録されるのかは分からないが、貴重なものになりそうなので、3DSを持ってないのに予約してしまった。
「新作のサントラだとしたら意味ないんじゃ……」と思われるかもしれないが、
 ステージ曲は既存のものを……よくてアレンジで使ってくると踏んだ!


 なお『海腹川背』には作者が考えた裏設定が存在し、それが結構ヘヴィーな内容なため、ファンの間では話題になることが多い。
 作者的には公式設定として作ったつもりはなく、予想以上にファンによって語られることが多くなったため、
 現在は自身のホームページから消してしまったようなのだが、ウェブアーカイブ先生に頼んでサルベージしてきた。

 ただ、これを読む限り、「あのシュールなステージ風景は川背の心象風景である」ということや、
「魚との格闘は、板前である川背の自分との戦いを表しており、また『海腹川背』のゲーム性が、まさに自分との戦いであることに通じる」
 ……といったあたりは、別に公式設定でいいんじゃないかと感じる。

 つまり本編の高難度アクションゲーム自体が川背さんの板前としての仕事中の心理そのものであり、
 ステージの攻略法がいくつもあって「ここはこうしたほうが速いな……」という工夫や気付きは、
 板前である川背の、料理中の工夫=プレイヤーの創意工夫。ステージの最後が「ドアを開けてどっかへ行く」ってのも、
 1日の仕事が終わった川背さんが自宅のドアを開けるところまでを表している……と考えると、なるほどと思わなくもない。
 ただ、姉ちゃんが無免許でフグさばいて食中毒で死んだってところはカットしよう。

 何かとシュールな世界観で、上記のような裏設定を除けば大した説明がなされていないため、非常に謎が多いゲームなのだが、
 後に作られたPS版の『旬』も「『2』というほどではないので『旬』とした」らしいので、
 今回の3DS版はスーパーファミコン版の1作目から、初といえる続編になる可能性がある。
 ゲームのほうは多分いつも通りだけど、説明書のストーリーに何て書いてあるかが気になるところだ。

 ……ハッ、まさか、あの新キャラのひとりは姉ちゃんだったりは……と思ったのだが、
 公式サイトのキャラクター紹介をよく見ると……


新キャラ


 時空警察の潜入調査員だった。しかも川背さんの子孫って……。
 心象風景に入り込んでくるスーパーテクノロジーなのか、裏設定全部なかったことにするのか……。


 とりあえず、このテのゲームはやっぱりスーパープレイを見てるとオモロイので、こういうものでも見てテンションを上げることにする。
 自分でもこんな動きができたら、さぞ気持ち良いんだろうけど……。


 


『海腹川背』やったことない人や、「久しぶりにちょっとやってみたいけど、4~5,000円出してまで3DSでは……」という人は、
ゲームアーカイブスでPS版が配信されているので、多分これが一番お手ごろ。
 同じ600円なら、こっちのほうがまともだしな……。



[さよなら海腹川背] | コメント (4)

コメント

ゲーム大好きっ子の夢崎さんがいまだに3DSを持っていないというのも意外ね。
まぁ、自分も去年の11月に買って以来、3DSのタイトルは1つしかやってないんですけどね…。
今年は個人的に興味のあるタイトルが多そうで既に何本か予約してしまった。

海腹川背の他にも、ファイアーエムブレムやスーパーマリオなんかにマップエディット機能付けたらええのに…。


投稿者 友人K : 2013年4月11日 16:37

どうせ貴方はメガテン4目当てでしょう……。

他のゲームだと、エディットで作ったステージをユーザーがアップロード&ダウンロードして
遊ぶ……というのが当たり前になりつつあるけど、
そのへんサッパリなのは何か技術的に問題があるのか、任天堂が遅れてるのか……。

と思ったけど、任天堂は特にエロに厳しいから、
キャラにエロいセリフ喋らせたり、
マップパーツ使って何かエロい形をしたステージを作られるのを危惧しとるのかもしれんね。


投稿者 夢崎 : 2013年4月12日 02:25

3DS持ってないのにサイドバー(?)のアフィリエイトのとこに3DSタイトルが3本も…。
しかもなぜか俺の購入しようと思ってるやつばかりだな…。

アフィリエイトには全くもって疎いんでよく分からんのだけど、
そこをクリックしてAmazonに飛んで購入したらYOUに何か良い事があるのかい!?

僅かばかりでも良い事あるというのならどうせ買うんだったらその方向でいきますよ!


投稿者 友人K : 2013年4月17日 12:16

>3DS持ってないのにサイドバー(?)のアフィリエイトのとこに3DSタイトルが3本も…。

3DSは買ってもいいんだけども、巷には改造して外部出力可能にした3DSというものが売られていてね……。
画面写真の撮影が簡単になるから、買うならそっちを買おうと思ってたんだけど、これがまたちょっと高いもんで。
あと、積みゲーがひどすぎて、3DS買ってもそっちまで手が回らない気がしてる。

一応、アフィリエイトとして貼ってるソフトは自分自身が気になってるゲームでもあるから、覚書の役目にも。


>そこをクリックしてAmazonに飛んで購入したらYOUに何か良い事があるのかい!?

それを経由して買ってもらえると、だいたい50円~100円くらいが入るのだ。
訪問者が少ないウチのようなサイトだと本当に雀の涙だけど、
年間累計で見ると、レンタルサーバー代くらいにはなる……ハズ。
どうせAmazonで買うなら、クリックしてくれる側には何の損もないのでヨロシク!
という感じでございます。


投稿者 夢崎 : 2013年4月17日 23:15

コメントしてくれるのかい?


footer