« ほぼマイクラで終わった6月 | メイン | ドラクエ10、迫る »

2012年7月11日

雑記

 ファミ通.comにて、【『マインクラフトXbox360 edition』珍物件探訪】第3回を書かせて頂きました。
 第2回では、当サイトでも以前に書いた『かまいたちの夜』のペンション・シュプールの再現もやってますので、ゼヒ。


PS2アーカイブズ

 やっと来たかという感じだけど、初期ラインナップは、もうちょっとどうにかならんかったのかという気がする。
 よりによって『コード:ベロニカ完全版』は最近HD化されたのに……。

 今後のラインナップもだが、気になるのは画質。
 PS2引っ張り出してきてD端子で繋ぐよりもキレイになるのなら、価値はある。


コロコロコミック アーカイブズ

 アーカイブつながりで。
 もう2年前のことらしいが、『GO! GO! ミニ四ファイター』が単行本化されていて驚いたというか感動したというか。
 さすがに復刻系はニッチ市場なだけに単価は高いが、入手困難よりは遥かにイイ。『うわさの姫子』もあるなんて。

 でも、これ系は電子書籍として復刻できないもんだろうか。
 現行の電子書籍も専用のビューアーが乱立しすぎてて「統一規格ができるまで何年かかるんだろう。いや、もしかしたら永遠に……」
 と遠い目をしてしまうが、それでも、紙の本が部屋に貯まっていくよりはマシな気がする。

 ミニ四ファイターといえば「狂った軽量化」と「ワンウェイホイールの仕組みを説明不能」だが、
 今考えると、自社の製品を軽量化しすぎて壊しまくったり、自社の製品の利点を説明できないことを堂々と前面に出してるのはスゴい。
 でも、ある意味、そういう子供たちの目線に立ってたから、支持を得られたのかもしれん。


PS Vita『イース セルセタの樹海』PV

 もう次が出るのか感がスゴい。
 ナンバリングじゃないから、もしかして『4』のリメイクなのかと思ったら、一応、完全新作らしい。
『フェルガナの誓い』が『3』のリメイクということを、発売日にゲーム買ってプレイしてから気付いた俺としては疑いの眼差しを忘れない。

『4』は、ハドソンによるPCエンジン版と、トンキンハウスによるスーファミ版の2つがあってややこしいことになってたけど、
 ファルコム自ら手がけることで「これが正史だ!」宣言なんだろうか。

 でも、このPV、なんでこんなFLASHみたいな、部分的にしか動かないムービーなんだ。
 儲けてるんだろ!? PVやOPアニメは気合入れろよ!
 あとファルコムは羽ばたく白い鳥の群れと不意に空を見上げる女の子、好きすぎ。

 ふと『6』のPV見たくなって探してみたら、今でも通用しそうだった。
 この曲はホント、PV向けだな……。このときは『5』以降、8年ぶりのイースだったことと、このPVのおかげで盛り上がっ……
 ……2003年発売? 9年前? マジで?
 アーアー キコエナーイ


■『グランツーリスモ5』で『頭文字D』の名シーンを再現

 知人に教えてもらった動画だが、これはスゴい。
 そもそもグランツーリスモでこれだけリッジ並にドリフトするのも難しいのに、2台接触せずにこれだけの再現は……。


このゲームがすごい! (プレイステーション編)

このゲームがすごい! (プレイステーション編) (別冊宝島 (315))


 最近、一部のプレミア本を除いた紙の本の価値は低下する一方で、古本を買うことに関しては、あれこれと手を出しやすくなっている。
 これもAmazonで安く買った内のひとつで、もはや15年前の本。
 少し前からPS1がレトロゲームとして扱われることに違和感を感じていたが、15年前なら仕方ないか……。

 で、単にいろいろレビューを読みたくて買っただけだったのだが、我孫子武丸氏が『レイストーム』のレビュー書いてて驚いた。
 同じく作家の松岡圭祐氏が、作家になる前の "催眠術師" の肩書きで『ときめきメモリアル』のレビューを書いているのも面白い。
 う、うさんくせぇ……。

 何気に貴重な本なんじゃないかこれ……と思いつつ、毎晩、布団に潜り込んでパラパラと読みながら眠ることにしている。



[マンガ] [動画紹介] | コメント (1)

コメント

マイクラお疲れ様ですー。


『イース~セルセタの現地妻~』もうすぐ発売ですネ。

>疑いの眼差しを忘れない。

かつて『ヴァンテージマスターポータブル』を
「VMの新作? それってVMJよりスゴイってこと!?」と
早とちりした私は、ゲーム買ってから(゚д゚)となったもんです。

以後ファルコム作品は疑いまくってしまって、
廉価版が出てやっと買う感じです……ゴメンヨー、デモコワインダー

攻略ルート次第で妹にリストラされるムスタファとか、
ここのゲームはほんと女の子好きすぎ。


投稿者 作家K : 2012年7月12日 10:24

コメントしてくれるのかい?


footer