« 阿佐田哲也/原 恵一郎『凌ぎの哲 バクチ麻雀地獄寺!』上・下巻 | メイン | 「キン肉マンII世 究極の超人タッグ編」完結 »

2011年10月 4日

三条 陸/稲田 浩司「ドラゴンクエストIV外伝 地獄の迷宮」

表紙


 ドラクエ25周年記念BOOKの記事のときにチョロッと触れたマンガ「ドラゴンクエストIV 地獄の迷宮」。
 復刻版のほうがいつまで経っても品切れなので、近所の古本屋で昔のやつを買ってきた。
 昔に読んだ覚えがあるようなないような気がしていたのだが、
 今回改めて読んだ後も、やっぱり読んだことがあるようなないような感じだった。
 多分、古本屋で立ち読みか何かで見たのだろう。

 ベテランの女冒険者「プラナ」と、Lv11のくせに戦闘センスがケタ外れの少年「ギィン」の、アッテムト炭鉱での冒険を描く話。
 アッテムトという地名と、タイトルの「地獄の迷宮」と聞けば「絶対エスターク出てくるだろ」というのは予想できてしまうのだが、
 予想されることを予想して、最後の最後にもうひとつ仕掛けを張っているのは見事。おいしいところを少々かっさらいすぎな気もするが、
 このおかげで、『4』をプレイ済みの読者の記憶の中にある「『4』の世界」のイメージを崩さずに、上手いこと拡張できている感じもする。
 多くのプレイヤーの記憶の中の『4』の世界はそのままに、世界の片隅にこういう冒険者が居てもいいじゃない、っていう。

 そういう意味で、「ドラゴンクエストIV外伝 -地獄の迷宮-」というタイトルのつけ方は上手い。
 完全に思考を「アッテムト、地獄の迷宮」→「エスターク」という点だけに操られてしまう。
 真に注目すべきは「ドラゴンクエストIV外伝」のほうだった。

 ちなみにこの本の後半3分の1は「ドラゴンクエストI 秘伝 竜王バリバリ隊」という短編なのだが、
 いかにも少年マンガ的な展開は今読むと逆に新鮮で、マンガとしてはこっちのほうが好感が持てた。
 ドラクエそのものへの愛と、モンスターに対する愛がまぶしすぎる。
 2話以降は描かれていないらしいのだが、まだまだ続きが読みたくなる作品。
 でも、腹八分目と言うし、「まだ読みたい」くらいがちょうどいいところなのかもしれない。

 あと「主人公・ギィンのLvは、なぜ11なんだろう?」と思っていたら、あとがきで
「『4』に登場する全モンスターを1匹ずつ倒しても、Lv12にはならない」ということを調べた上での事と知って、脱帽した。
 実は次号ニジマガのコラム用に資料として読んだ1冊だったのだが、この姿勢だけは参考にさせてもらった。
 ……内容がエロだから、そういうとこくらいしか参考にできなかったんじゃないぞ。



[ゲーム関連書籍] [マンガ] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer