« Deal of the Week 9/21~9/27 | メイン | 『ICO』PS2版とPS3版の画像比較 »

2011年9月23日

『ワンダと巨像』PS2版とPS3版の画像比較

 ついに発売となったPS3版『ICO』と『ワンダと巨像』。
 とりあえず、どれくらいキレイになったのか確かめるべく、PS2版を起動して画像を撮ってみた。
 両機種ともD端子接続。


1
PS2版

1
PS3版


1
PS2版

1
PS3版


1
PS2版

1
PS3版


 画像で見ると、ジャギってた部分がキレイになったり、視界が広くなっただけで、そこまで劇的な変化ではないように見える……
 ……が、実際のゲームプレイ中は、画面がかなりクリアになった感がある。
 HDMI接続だと、もっとキレイに撮れるのかもしれん。

 あと、タイトル画面だけ、どう調整してもアスペクト比がおかしかった。


1
PS2版

1
PS3版


 PS3版のほうが、どうしても横長になってしまう。
 ゲーム中のアスペクト比はおかしくないので、問題はないけど……原因不明。


 限定版同梱の特製ブックレットは、『ICO』や『ワンダ』の開発資料も掲載されているが、正確には上田文人ファンブック。
 100ページ中、前半の50ページが資料、残り50が上田文人の素顔に迫る、みたいな構成。
 上田氏本人へのインタビュー、周囲のスタッフへのインタビューをはじめ、上田氏の仕事場や本棚なども詳しく解説されており、『ICO』『ワンダ』ファンにとっては満足の内容。
 限定版のブックレットにのみ収録しておくにはもったいない感じもするので、PS2版の攻略本を再販して、それに再収録すれば……と思ったけど、それじゃ限定版の意味がなくなるか。
 まあ、これは良い限定版だったということで。

 攻略本については、PS2版のときに「古えの地綺譚」という攻略&設定資料本が出ていたのだが、いつの間にやらPS3版の本が出ていた。
 装丁が似ているので、中身は流用しているんだろうか……? ほとんど同じだったらどうしよう、と思いながら注文してみるのだった。

 それと、『ICO』の本も出ていた。こっちは今現在、売り切れ。迂闊だった。攻略情報など必要ないが、ファンとしてはおさえておきたい。
 本屋に探しに行くか……と思ったけど、ここ最近の書店における攻略本コーナーの縮小はハンパないので、徒労に終わりそうな気配もしている……。


■関連記事

 ・「ICO公式ガイドブック」レビュー



[PS2] [PS3] | コメント (2)

コメント

 古の祠の頂上で能力を最大まで下げ、各種アイテムで帰還してドルミン状態で兵士にやられると別のエンディングになるという話は本当ですか?


投稿者 ドル民 : 2013年2月23日 13:04

そのテの類のウワサはPS2版当時から飛び交っていましたが、
結局はそんなものは存在しない、という結論だったと思います。
攻略本にもそのような情報は記載されていません。

あと、古の祠の頂上で得られる木の実は能力を上げるものではなく、下げるものです。
ハッキリ言って存在価値が分からないブツですが、
「ドルミンに吸収される力を最小限に抑えるために、頂上の木の実は存在するのではないか……」
という説も生まれ、別エンディング説など、混乱を生む原因のひとつになっていた気がします。
何か仕掛けがあってほしかったですね。


投稿者 夢崎 : 2013年2月25日 21:41

コメントしてくれるのかい?


footer