« PS3/Xbox360『セインツロウ ザ・サード』11月17日発売 | メイン | Xbox360『シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん』レビュー »

2011年8月27日

「電撃ガンパレード・マーチ」復刻

電撃ガンパレードマーチ


 何気なくPlaystation Storeを見ていたら、プレミア攻略本「電撃ガンパレード・マーチ」の電子書籍版が配信されていて驚いた。
 セーブデータもついているらしい。
 なぜ今頃、という気もするが、『ガンパレード・マーチ』はゲームアーカイブスで配信されているので、そのダウンロード数が好調だったのかな。

「Play View」という、PS3・PSP用の電子書籍ビューワーがあることは知っていたが、今ひとつ活用されていない印象がある。
 実際、「それは本当に便利なのか?」という気もするし、iPad等での電子書籍の普及が爆発的に進んでいるかと言われるとそうでもない現状では、まだまだ試験運用段階というところだろう。

「電撃ガンパレード・マーチ」は元々、電撃の通販サイトでしか売らなかった少部数の特殊な本なので必然的にプレミアがついてしまったが、
 この本に限らず、プレミア本の入手手段が増えるのはありがたい。
 今までは要望があって復刻しようにも印刷費がネックになり、欲しがる人の数と再発行コストを天秤にかけると元が取れずに実現しないケースが大半だったが、
 これなら元手もリスクも極めて低くいけるはず。PS陣営に限らず、全ハードで実現してほしい。
 何が言いたいかというと『ロマサガ3』の練磨の書、高すぎ。

 ゲーム中に即読めて、知りたい情報の検索が素早くできることが絶対条件になるが、ゲーム機上で読める電子書籍は攻略本革命の可能性を秘めている。
 誤植があってもパッチで修正が可能だし、印刷費が浮くことや在庫を抱えずに済むことから、価格を大幅に安くできる。
 そして、閲覧をゲーム機上に絞ることで、コピーによる不法な拡散も防げる。
 ファイルをHDDから抜き出して、展開する手段を解析されてしまったらどうしようもないが……。
 さらに、作る手間を考えるとあまり想像したくはないが、技紹介のページなどは写真ではなく動画にしたり、マップも立体的に表示・閲覧が可能だろう。

 過去に、『FF9』の攻略本がオンラインで無料配信されていたことがあった。
 ダウンロードするのではなく、読むたびにデータを読み込んでいるから仕方ないと言えば仕方ないのだが、とにかく重かった。
 後に配信が終了し、紙媒体で販売していたが、今思えば、あれは迫り来る攻略本氷河期に向けた、早すぎた実験だったのかもしれない。

 攻略本衰退の一因でもある攻略wikiは、便利ではあるが、それがいつまでも残っているという保証はない。情報が間違っていることもある。
 以前、infoseekの無料ホームページサービスが終了したことにより、多くの有用なゲーム攻略関連サイトが消滅してしまった。
 ネット上のあらゆるサイトは、いつ消えるか分からない、非常に危うい状態で残っているものなのだということを肝に銘じておかなければいけない。

 速報性を求めるなら攻略wiki。
 正確な情報や設定資料、永久保存版としての電子攻略本。
 価格を抑えることができれば、両者は棲み分けできるのではないかと思う。


 先日、PS3とXbox360で『スト3』が配信され、ただでさえ未熟な俺は色々知りたかったのでALL ABOUT ストリートファイター3 THE FIGHTING BIBLEを注文したのだが、
 今見てみたら売り切れていた。旧作のリメイクに合わせて電子書籍版攻略本も販売すれば、それなりに需要はあるんじゃないかなァと感じる。

 古いゲームの攻略情報は貴重。
 今はググれば攻略サイトが出てきたとしても、そのサイトがずっとあるとは限らない。
 過去作品の復刻・リメイクは小遣い稼ぎだと叩かれることも多いが、もし、こういった攻略本の復活チャンスにもなるのだとしたら、個人的には大歓迎だ。



[PS3] [PSP] [ゲーム攻略本] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer