« PS3『ICO』『ワンダと巨像』のトロフィー詳細 | メイン | まんが日本昔ばなし »

2011年8月17日

ぶっかけカバー

 毎度コラムを書かせて頂いている二次元ドリームマガジンが60号、10周年達成。
 おめでとうございます! ……と同時に、時の流れを痛感して「ウワー……もう10年か……」って気持ちにも。

 それはそうと、今号は「ぶっかけカバー」という愉快なブツが付録に。
 公式サイトでも「みんなもぶっかけカバーかけて画像をアップしよう!」と書いてあるので、俺も宣伝に一役買ってみよう。

 しかし、いざカバーをかけようとしてみると、俺が試した文庫本はどれもサイズが微妙にカバーより大きくてかけられないという悲しい事態に。
 やや大きめに作っておくことはできなかったのか……。
 とりあえず表紙にカバーを合わせるだけにして、雰囲気を味わってみる。


fe


 一発目はファイアーエムブレムのゲームブック。
 何やら、白濁液をかけてくる強敵と戦ってるっぽい雰囲気に。
 マルスがタフガイすぎて俺の知ってるファイアーエムブレムと違うけど、二人とも、白濁液に怯んでなさすぎ。
 ちなみにこの本、↓のようなシーンもあるから、ぶっかけられても文句は言えんよ!


fe2


 娘のイヤがる表情がたいへんエロいし、太腿に伸びる兵士の手つきもやらしい。
 左手は完全に揉みに入ってるし。エロくない本の微エロシーンは、やっぱいいなー!
「イヤがってる割に足を閉じないってことは、心のどこかでこうされたいって思ってんだろ?」的な嗜虐心を刺激する。

「ヘヘ、オイ、あそこに居るのマルス王子だぜ……どうだい、王子に見られながら悪戯される気分は」
「嫌ぁっ……放してぇッ!」
「ほれ、触ってみろよ……王子のレイピアより俺のはがねの剣のほうがいいだろう?」
「す、すごい……あッ! ダ、ダメッ!」
「お前のココはもうこんなにエルファイアーじゃないか……ククク、こんな状況で……筋金入りのファイアーMブレムだなお前はッ!」
「ああーッ! あうッ、み、見ないでマルス様ッ!」

 ふう……。


情死


 2冊目。これは合うなー。
 ぶっかけられるのを待ってるような表紙だもんな、これ。
「パンがなければ精子を飲めばいいじゃない」
「出たー! アントワネット様の精飲アクメだー!」


美女


 3冊目。タイトルが中央に来るレイアウトが災いして、肝心の女のほうにぶっかけきれてないのが惜しい。
 でも、かけられてるのに凛とした表情を崩さずにキッと見据える感じが、これはこれで……。


triger


 4冊目。金髪美少年にぶっかけてるボーイズラブに見えないこともないけど、乱射してる銃から白濁液が飛び出してるようにも見えて、得体が知れない感が加速する。
「どんな話なんだろう、これ……」と想像力をかき立てる、ぶっかけカバーの新たな一面を覗くことができた好例。


moero


 5冊目。ぶっかけられても全く揺るがないな、この人は……。
 でも間違いなく、手に持ってる原稿用紙に描かれてるのはエロマンガだろう。
 18禁版『燃えよペン』、あったら読みてぇなー。
 タイトルは「燃えよ」じゃなくて「燃エロ」になるか、ペンじゃなくてペニスになりそうだけど。
「あえて、寝る!」などの名言が別の意味に。


 というわけで、ぶっかけカバーは想像力を鍛えるのにも最適です!
 いろいろな文庫本にかけてみてね! あ、カバーをね!



[日常] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer