« 第一印象は変えられない | メイン | 八百八町夢日記 DVD-BOX »

2011年4月27日

やりこみじいさんの謎

パッケージ


 4月20日に配信となったゲームアーカイブス版『ファイナルファンタジー6(以下、FF6)』。
 中身はPS1のFF6そのままだし、読み込み速度も速くなっているわけではないので、PS1版をまだ持っている人には特に恩恵はない。強いて言えば、ディスクレスで起動できるくらい。
 PS1版のFF6の中古価格は高値維持していたので、持っていない人や「FFは『7』からしか知らん」という世代にとってはいいのかもしれん……けど、
 戦闘前後とメニュー開閉の遅さくらいは改善して欲しかった。残念ながら、PS1版そのまま。実際に買って試した。

 当時のセーブデータが入ったメモリーカードを持っている人は、メモリーカードアダプターでPS3にセーブデータを移動すれば昔のデータがそのまま使えるし、
 メモリーカードのブロック数15に悩むことがなくなる。飛空艇ファルコンが大空に舞い上がるシーンをいつでも見るためのデータとか確保しまくれる。
 つくづく、PS3はPS1のゲームを遊ぶには最高のハードだよ。

 PS1のFF6というと、ずっと気になっていたことがあった。やりこみじいさんの存在だ。
 FF5では「ものしりじいさん」というのが宝箱回収率を教えてくれたが、あれを発展させた感じで、各キャラのやりこみ度を教えてくれるというもの。
 これはPS1版のFF6にしかない要素。

battle"
この画面写真は「スクウェアメモリーカードコレクション」という本についているセーブデータを利用したもの。
全キャラのLv99、HP9999、MP999、ステータス99でラスボス前などのブッチギリデータがいくつか収録されている。
今は亡きデジキューブが出していた本だけに、唯一のスクウェア公認改造データと言えなくもない。


 やりこみ度は1回のプレイでどうこうできるものではなく、レベルアップ時にボーナスがつく魔石を利用することによるステータス強化が主。
 当時、100%にしようと頑張ったものだが、緻密なレベルアップ調整を行いながら最初から最後まで4回以上はプレイする必要があるので、「これはやってられん」と諦めた記憶がある。

 月日は流れ、あるとき「今ならネットのどこかでやりこみ度100%にした猛者が居るんじゃないだろうか」と検索してみたところ、ここがヒットした。
 この検証により、モグ・ガウ・ゴゴ・ウーマロ以外は絶対に100%にならない疑惑が出てきた。
 まだ解明されていない、やりこみ度に関わる要素があるのなら話は別だが、このサイトを読む限りでは、それも怪しい。

 そこで、長年の疑問に決着をつけるべく、内部データに踏み込んでみることにした。
 と言っても、そんな大層なことはできないので、気になっていた点だけをピンポイントで調査。
 やりこみ度に関係のある「ちから」「すばやさ」「まりょく」に絞って、データをいじって数値を変化させてみた。

 それで分かった事実は以下のとおり。
 修得魔法54種コンプリート、固有技コンプリート、Lv99であることが前提。


・ティナ、ロック、シャドウ、エドガー、セリス、リルム、セッツァー

「ちから」「すばやさ」「まりょく」の合計値が390を越えた場合に100%となる。
 通常、どうあがいても合計値384が限界のため、上記7キャラは99%止まり。
 一部キャラは384にすら届かない。


・カイエン、マッシュ

「ちから」「すばやさ」「まりょく」の合計値が420を越えた場合に100%となる。
 カイエンは合計値376、マッシュは384が限界のため、100%どころか99%にすら及ばない。


・ストラゴス

「ちから」「すばやさ」「まりょく」の合計値が400を越えた場合に100%となる。
 合計値372が限界なので、カイエン・マッシュ同様、遠く及ばない。


・モグ

「ちから」「すばやさ」「まりょく」の合計値が360を越えた場合に100%となる。
 なぜかコイツだけ必要値が低いので、コツコツとステータスを更新していけば、普通に100%達成が可能。

※ガウ、ゴゴ、ウーマロについては100%達成が可能なので除外。


 カイエン、マッシュ、ストラゴス、モグについては、それぞれ「ひっさつけん」「ひっさつわざ」「あおまほう」「おどり」の全修得もやりこみ度に換算されているため、
 必要値が高く設定されているのだと思われる。でも、ちょっとテストプレイすれば分かるのに……。


 そもそものキッカケは、前述の「スクウェアメモリーカードコレクション」のデータだった。
 本の制作に関わった人は特に何も考えずに全ステータス99のデータを作って「これで最強データのできあがりだぜー」とか思っていたのかもしれないが、FF6の最高ステータスは128である。
「こんな凡ミスを……FF6を普通にやってれば分かるだろうに」と思ったのだが、ここで矢木に電流走る──!

 PS1版FF6の開発に携わった人……つまり、スーファミ版を移植して、おまけ要素を追加した人も同じような勘違いをしていたのではないか……?
 つまり、ステータスが128で止まってしまうことを知らなかったのでは……?

 キャラのステータスは初期値が30前後。最初はレベル3か4だから、それからレベルが95回は上がるとして、そのすべてに魔石による上方修正を加えると130前後になる。
 こんな適当な考え方をしていたとするなら、有り得る。
 「全ステータス128にしたのにやりこみ度が99%のまま」ということに説明がつかなくもない。
 事実、やりこみ度に関係のある「ちから」「すばやさ」「まりょく」を130にすれば、大半のキャラが100%になるのだ。

battle"
やりこみ度の画面。
ゲームをクリアするごとに記録が更新され、過去の最高・最低記録が保存されていく。
ステータス99だとこの程度で、128にすると99%になる。


 それでも不可解な点はいくつかある。

・100%達成不可能なのがひとりだけならまだしも、14人中、10人ものキャラが100%にすることができない点。
 いくらなんでも、こんなミスをするものだろうか?

・キャラによって、100%までの達成値に微妙に変化をつけている点。
 上記の「ひっさつけん」などを持つキャラは、それらの全修得もやりこみ度に換算される。
 つまり、各キャラ、何らかのチェックはした上で設定されている。


 これらを調べた上で、「ゲーム中、どんなバグでもいい……ステータスを129以上に上げる技はないものか」と頭をひねったが、無理だった。
 武器やアクセサリで128は突破するが、やりこみ度は「素の状態」でのみ判定される。

 余談だが、データをいじってレベルを99から100にしてみたところ、やりこみ度が上昇した。
 やりこみ度に関わっている項目の数値が上がれば、本来ならどんな無理な項目でも上がるようだ。
 修得魔法数は54/54と明記されている以上、レベル、ちから、すばやさ、まりょくの4項目しかなく、やはりステータスしかない、という結論になる。

 PS1のFF6発売から12年が経ったが、やりこみじいさんの謎は謎のままだった。
 ゲームアーカイブスで配信と聞いて「もしかして、コッソリ直してくるか……?」と期待したが、全然そんなことはなかった。
 嗚呼、これはミスなのか、それともまだ不明な、ステータス以外にやりこみ度に関わる何かがあるのか……。
 もしそれを発見すれば、貴方はヒーローだ。少なくとも俺の中では。



[PS1] [PS3] [PSP] | コメント (2)

コメント

懐かしい話だ…。
当時、考えうる最低LVで仲間全員を揃えて、レベルアップの回数を一回たりとも無駄にせずに魔石でドーピングしたりして頑張ったりしたが99%止まりのキャラ多数だったな。
99%にも届かないとか「これ何かの間違いでは…」と思ったもんだ。
今となっては、各ステータスの為にLV5くらからLv99まで上げる「作業」を複数回やってたのが信じられんぜ…。
ていうか「たいりょく」無関係かよ…。
一回分無駄な俺の「たいりょく」を使ったわ…。


投稿者 友人K : 2011年5月 9日 05:40

当時これに振り回された人って結構多いんじゃないかと思うな……。
FFタクティクスの攻略本「小数点以下の確率で源氏装備は盗める(キリッ)」
と並んで、ゲーム史上、許されざる時間浪費罪だな。

でも……もしかしたらまだ何か、やりこみ度に関する、
明かされていない秘密が……
あるのかも……しれない……わけないか……。

>ていうか「たいりょく」無関係かよ…。

俺も驚いた……というか、これが換算されてないのが
全ての原因じゃないかという気もしてくるな。
ちなみにHPとMPも無関係らしいぞ。

>一回分無駄な俺の「たいりょく」を使ったわ…。

だれうま


投稿者 夢崎 : 2011年5月11日 19:26

コメントしてくれるのかい?


footer