« いろいろ | メイン | ドラゴンクエスト モンスターバトルロード »

2010年5月26日

イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ

 7月29日発売のPSP『イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ』。
 最近のイースや『空の軌跡』シリーズには疎いので、ゲームとしては全く関心を持ってないのだけど、PVに『英雄伝説II』の名戦闘曲「ストッパー」のアレンジを持ってくる謎のファンサービスに、サントラCD欲しい→初回特典にサントラ丸ごとついてくるらしい→購入がチラつく←今ここ。そして、買ってすぐ中古へ持っ……いや何でもないよウフフ。しかしこのPV、「いーすばーさすそらのきせき」言いすぎ。「イースバーサス」って聞くと、jdk BANDのCD「イースIV vs 風の伝説ザナドゥ」が真っ先に思い浮かぶオッサンがお送りします。

 しかしコレ、ファルコムオールスターズにして欲しかったなー……とか言うと懐古ファンとか言われるのかな。『ブランディッシュ』とか『ぽっぷるメイル』とか『ダイナソア』とか『風の伝説ザナドゥ』とか良い作品がゴロゴロしてるだけにそう思うんだけど、最近のファルコムファンにはそもそも「何それ?」って状態だろうしなァ……。

 日本ファルコムのファンというのは、たぶん今、新旧の2つにキレイに分かれていて、ファルコム自身がターゲットとしているのは「新」のほうなのだということが良く分かる作品でもある。「旧」向けに作っても金にならないってことなんだろーなー……。旧ファンはすでにファルコムの変貌を目の当たりにして少しずつ去ってる状態だし。

 過去、リメイクそのものに驚いたのは『ダイナソア』と『ブランディッシュ』だったけど、元が地味でシブいゲームだけに、今時の「売れる要素」がない。実際、リメイクしても続編を望めるほどの売り上げは出なかったんだろうなー……とか暗い想像をしてしまう。『ブランディッシュ』はマイフェイバリットゲームだけど、「前髪で目が隠れた陰気な剣士が地下から徒歩で脱出を目指すアクションゲームです」と聞くと、売れそうな要素が何一つないもんな……。

『ウィザードリィ』シリーズも「地味だけどファンが多いゲーム」だけど、初めて遊ぶ人にはとことん厳しいゲームなので、手を変え品を変え、『世界樹の迷宮』『エルミナージュ』のような形で再び世に出てきている。絵柄を今でも通用しそうなものに変えたり、システム面をサクサク楽しめるように変えたりして、ファルコムも上手く資産を活用してくれるといいんだが……。大暮維人キャラデザの『ぽっぷるメイル』とか。白レオタードがえらい事になりそうだ。もう全然ぽっぷるって雰囲気じゃなくなるけどな。むしろ、にっぷるだな(どや顔)。

 でもPSPで今風の絵柄にリメイクされた『バーストエラー イブ・ザ・ファースト』は予想通りAmazonカスタマーレビューでフルボッコだったので、なんでも今風の絵柄にすれば良いというものではないという良い反面教師になったと思う。

 何が怖いってコレ、タイトルにわざわざ「ファースト」と付け直したところ。セカンド以降作る気マンマンじゃねーか。2作目ってあの『LOST ONE』だろ? あれをこの絵柄でリメイクしたら一体どうなってしまうのか……。別の意味で興味津々丸なので、早く出ないかなー。



[PSP] | コメント (0)

コメント

コメントしてくれるのかい?


footer