« ダ・ヴィンチ・トレジャー | メイン | 幻想世界の職業FILE »

2010年2月 6日

三匹が斬る! DVD-BOX化

パッケージ

 クソッ、マジか! 常々「なぜDVD化されん!」と嘆いていた作品なだけにオメガ嬉しい。3月12日発売だそうな。

 俺は時代劇スキーなんですが、最近は時代劇そのものが下火で悲しい。
 特にこの「三匹が斬る!」は最も好きだった作品で、殿様(高橋英樹)、千石(役所広司)、タコ(春風亭小朝)の3人組が、別に申し合わせたわけではないのに毎回偶然出会って、一緒に同じ事件を解決する話。ワイルドアームズのオープニングみたいだな。

 主役の貫禄タップリの殿様、暴れん坊の千石、ムードメーカーのタコ。性格の全然違う3人それぞれの個性がキレイに発揮されてて、どのキャラクターにもファンが大勢居ただろうなァと感じる見事なキャラ立ち。時代劇の持つ「堅苦しいイメージ」がなく、時代考証なんてクソくらえの現代風な親しみやすいノリが特徴。メタ時代劇を地でいくようなところがあって、千石がタコに向かって「ジャンプしろよ!」とか言ってた覚えがあるんだけど、記憶違いかなァ。あと、背景に電線が映ってたこともあるらしいぞ。

 時代劇最大のカタルシスシーンでもある殺陣のシーンは、主人公が3人居るということで、他の時代劇よりも見ごたえがあった。
 正統派で迫力のある殺陣をこなす殿様。荒々しくパワーのある千石。動きがどこか面白く、シリアスなシーンなのに笑いを誘う愉快な殺陣をするタコ。他の二人が凄い形相で敵を斬り伏せた後に、タコがコミカルなトドメの刺し方をしたりと、他の時代劇とは違う意味で「殺陣が楽しみ」な作品だった。

 昔に比べたらDVD-BOXも安くなったほうだとは思うけど、やはり2万越えはなかなかキツい。PS3買ってる場合じゃなかったなこれは……。
 しかも後のシリーズ「続」「続々」「また又」とかは収録されてなくて、初代のみ。売り上げ良けりゃ続きが出るかもしれないが、全部出たなら出たで嬉しく、財布は苦しい春の空。(エンディングの七五調で)


[日常] | コメント (2)

コメント

タイトルに最後のほう「ニュー」とかついてましたからね。
νだったらもっとすごいけど。


投稿者 ソニックウイングス : 2010年2月 7日 11:11

三匹が斬る! NEW GENERATION
三匹が斬る! セカンドイグニッション
三匹が斬る! モダン・ウォーフェア
三匹が斬る! MAX HEART
テイルズ・オブ・三匹が斬る!

どれも妙に違和感ない感じがして怖い。


投稿者 夢崎 : 2010年2月 7日 18:34

コメントしてくれるのかい?


footer